cozre person 無料登録
☆5
49%
☆4
39%
☆3
10%
☆2
0%
☆1
0%
評価項目 評価点 項目別順位
4.09 420位
ストーリー 4.19 317位
テーマ 4.31 202位
子どもが気に入ったか 4.14 291位
並び替え:
評価絞り込み:
条件絞り込み:
  • 2018/05/30
    avator はづママさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後9-11ヶ月
    5
    オバケのイラストを娘がとても気に入っている。 寝ない子だーれだ?の所を必ず真似するのが可愛い。 オバケが登場すると、キャー??と怖がったり、喜んだり。 実際中々寝ない時に、この本を読むと頑張って寝ようとする。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator じーざすさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    5
    おばけという、子どもが怖いながらも好きなものをかわいいタッチの絵で書かれているので、子どもが気に入っている。また、寝るという生活に根ざしたことを取り入れているので、夜に寝かしつけることが、おやからするとラク。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator ゆかり~。さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後0-2ヶ月
    5
    オバケの話なのですが、月齢が小さいので怖がらず笑顔を見せます。オバケが気に入ったようなので絵本ナビでオバケのガラガラを購入した程です。黒と白が沢山なので視力のはっきりしない月齢の子供にも楽しんで貰える本です。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator みっこ22さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    5
    この絵本は上の子たちが大好きでいま0歳の赤ちゃんにも読み始めました。ストーリー性もありますが、原色が多いので赤ちゃんもよく集中して読んでくれています。上の子はこの絵本でどろぼうやおばけという単語を覚えました。絵本がなくても暗記しているぐらい大好きな一冊です。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator ぽちゃっこりくちゃんさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    5
    他の絵本を読んでも途中で気がちったりしてたのに、この本をみたときは興奮して笑顔でした。読んでるときも真剣にきいていたのでほほえましかったです。 これを読んだらこわがるかなっつて思い、購入しました。 一番お気に入りだと思います。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator のどか姫さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後0-2ヶ月
    5
    仕事柄、何回も読んだことがあり、 文章もリズムがあり、読みやすい本でした。 絵もちぎり絵で、かわいらしく親しみを持てるあったかい絵本でした。 シリーズが他にもあるのですが、どれもオススメで大好きな絵本です。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator さなんぼさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    5
    宵っ張りの娘が好んだ本。おばけという概念がないせいか、怖がりはしませんでしたが、わかりやすい絵とストーリーで何を言っているかは何となく理解していたように思います。終盤の「おばけのせかいへとんでいけー」はなぜか喜んでいましたが、小さい子でも入ってきやすい言葉でした。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator macochanさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後6-8ヶ月
    5
    いただいたものですが、オバケの絵本はあまりないし文章も短かかったので、読みきかせました。こわがりな娘なのでこわがるかなと思ったけどとても気に入ったみたいで自分で、これ読んでと持ってきます。部分的にフレーズを覚えたり、オバケの手振りをする姿がとても可愛いです。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator より23さん この絵本を与えた年齢(月齢):2歳0-5ヶ月
    5
    夜泣きなどは無かったのですが夜寝室に行くと 遊びスイッチが入り中々寝てくれない日が多々ありました。それで職場の人に相談したところこのねないこだれだと言う絵本を紹介して頂き試しに買って読み聞かせをしました!すると効きめがあったみたいで夜寝室に行った際に寝ないとお化けが来るよと子供に言うとすんなり布団に入り寝てくれるようになりました! 詳細を見る
  • 2018/10/30
    avator えなママさん この絵本を与えた年齢(月齢):2歳0-5ヶ月
    5
    誕生日にセットでプレゼントして頂きました。他にも、にんじん、もじゃもじゃ、いやだいやだ、がありますが、ねないこだれだは、お化けの存在を知るきっかけとなり、2歳なって読み始めたばかりの頃はお化けが怖い存在だと理解できてなかったのです。しかし段々理解出来るようになってきて、この本を読むと早く寝なきゃと思うようになってくれて早く寝てくれて助かっています! 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator maimai3さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    5
    いとこがよく読んでいた本ということで、寝る前の習慣づけにぴったりと思い購入。絵を見るとニッコリ笑うのでおとなしく見ていてくれるし買って良かったです。お化けの絵が可愛いです。寝ない子だーれだ?の響きが気に入ってる様子。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator ヤコさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    5
    はじめはキョトンとしていましたが、他の本とは違うちょっと怖い雰囲気で読んでいるとかなり興味が沸いたようです。ねこやフクロウの場面では鳴き声の真似をしたり、オバケの場面ではコワイコワイと恐がる真似?をしてみたりと楽しく読んでいます。 詳細を見る
  • 2018/06/29
    avator けんけん号さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後0-2ヶ月
    5
    怖いもの知らずの強い子に育てたかったのですが、いつまでも寝ないで遊んでいるとお化けがでるぞ。さっさとベッドに入らないとお化けの世界に連れていかれちゃうぞ。と、怖いものがあることも必要だなと思いました。 お化けは怖いですが、必要以上に臆病になることはなく、その世界に連れていかれちゃうことが怖い。そのことを上手に絵本で教えることができたと思います。 詳細を見る
  • 2018/10/30
    avator mai_dai6さん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    5
    寝る時用の絵本として使用しています。 おばけが連れていくところで、目をつぶって、そのまま寝てくれるのでうちでは寝かしつけの絵本になっています 内容としては、子供にはまだ理解は出来てないと思いますが、おばけは怖いものとして認識しているので、おばけが出て来るとお利口にしなきゃと、すぐ寝てくれるんだと思います。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator ゆみんさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    5
    まだ小さい時に読んだので、あまり反応はなかったが、印象には残っているはず。イラストにインパクトがあるため、私自身小さかった頃に母に読んでもらったのをよく覚えている。代々本が受け継がれていくことは素晴らしいことだと思う。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator fumipoconさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後9-11ヶ月
    5
    夜、ねない、おばけ、というワードが子供をひきつけるのか、小さい頃から何度も読んであげた。また、せなけいこさんの絵本は絵がわかりやすかったり、泣き声とか擬態語も多いので他の種類の本も子供がたくさん手に取ったので読んであげた。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator まーーーーーさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳6-11ヶ月
    5
    YouTubeに読み聞かせ動画があり、息子も書店でねないこだれだを見つけてきては買ってアピールを繰り返してきたのでついに買うことに決めました。息子のお気に入りのようで何度も読んで読んでとやってきます。寝かしつけには聞きませんが本人が楽しそうならそれで良いなと思いました。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator みーた728さん この絵本を与えた年齢(月齢):2歳6-11ヶ月
    5
    こどもがなかなか寝ないので寝る前に読むようにしています。 絵も怖い感じがするし、ストーリーの最後はお化けの世界に飛んでいくというアンハッピーエンドな感じで寝かしつけの効果は倍増です。 本人は怖がりながらも楽しんでいるようで読んでいると、途中で「キャー」と叫んだりしています。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator てんしくんさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳6-11ヶ月
    5
    なかなか寝つきが悪く、ちょっと脅すつもりで読んであげたんですが、すごく、じーっと見てました。でも、怖がっている様子もなく、毎日のように見たりしています。 何度も読んでいると、慣れて来た頃には、私が寝たふりしていると、寝ない子だれだ!と言ったりして、楽しい絵本になりました。 詳細を見る
  • 2018/05/30
    avator おほしさまさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    5
    この絵本はもともと好きで、周りの子どもの反応も良かったので、毎晩の就寝前の読み聞かせ用として選んだ。毎日、読み聞かせることで、絵本に対しての愛着もわき、子どもも自分からえほんを持ってくるようになったり、おばけが出てくると声をあげて喜んでいた。 詳細を見る
前へ
2/30
次へ

絵本ランキング