cozre person 無料登録
冨山房

ピエールとライオン-ためになるおはなし

商品写真
総合ランキング
-位
商品レビュー
5.0
(1件)

書籍情報

発行日
1905年6月8日
希望価格
800 円
参考価格
出版社
冨山房

内容紹介・読み聞かせのポイント

だれが何を言っても、「ぼくしらない」が口癖のピエール。その態度にお母さんもお父さんもあきれ果て、ピエールをおいて出かけてしまいます。そして留守中にやってきたライオンが、ピエールをのみこんでしまいます!モーリス・センダックならではの不思議な展開でどんどん物語に引き込まれていきます。ピエールはライオンから出てこられるのでしょうか?そして「ぼくしらない」ばかり言っていた態度はちゃんと直るのでしょうか?

基本情報

作者(作) モーリス・センダック
作者(文)
作者(絵)
作者(訳) じんぐう てるお
言語 日本語
ISBN 9784572002884
対象年齢
商品パッケージの寸法 18 x 13.4 x 1 cm
テーマ 外国の作品
特徴・付録

新着レビュー

  • 2018/11/13
    avator ekolueiwaさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後6-8ヶ月
    5
    自分も小さい頃読んでいて すごく好きだったので 子どもにも読ませてあげたくて 購入しました。 保育園で働いているお友達からの 勧めもあり、読ませてみたところ すごく興味を持って ニコニコしながら一緒に 楽しむことができました。 詳細を見る
口コミをもっと見る(1件)