Q.実の両親との関係性について悩んでいます。

育児について色々と口を出してくる実親にどうしたらいいものかと思っています。思っていることを言ってしまって口論になるのも嫌だし、ありがたい申し入れに素直になれない自分もいます。実親とうまくやっていくコツなどはありますか?




PA,実の親,関係性,

A.相手を肯定しつつ自分の気持ちややり方を伝えています

匿名さん

今と昔では子育ての方法が違っていて、それで口論になるということが多いと思います。私は、病院や市からもらったパンフレットを見せながら、今はこういう風になって昔とは変わったんだよと実母に話をして、育児の協力をしてもらうようにしました。

実母のやり方を否定するのではなく、実母のやり方も肯定しつつ、現代のやり方を、自分はこう習ったんだ、変わったんだよと何気なく伝えることで、育児方法の違い・すれ違いをなくすことができ、一緒にスムーズに仲良く育児をすることができています。

編集部からのコメント

今回は、一番回答数の多かった「実親とうまくやっていくコツ」という口コミ・体験談のひとつをピックアップしてみました。

このほかにも「実親と口論になったエピソード」「実親だからこそ甘えられなかったエピソード」という回答が寄せられましたよ。妊娠中や子育て中の疑問や悩みに対するヒントがたくさん!ぜひ読んでみてくださいね。

A.実親とうまくやっていくコツ

匿名さん

妊娠中に親と話が合わなくてついつい喧嘩口調に。親の世代の常識が今は非常識だったり、新しい情報があることを知ってもらわないといけないなと思ったので、病院の祖父母学級に行ってもらいました。

結果、娘よりもプロの言葉の方が効き目があって、かなり話しやすくなりました。第三者、特にプロの話を聞いてもらうのはおすすめです!

匿名さん

口論になるのが嫌な気持ちも分かりますが、私は実親に対して我慢をしないし、言いたいことははっきり言うタイプなので、例えばですけどネットでたくさん調べて~とか、先輩ママの話を聞いて~とか、理由をつけた反論をすることで母も納得してくれるのかなーと思います。

自分の子ですし!母も分かってくれるはずです!最後にありがとうと言えば大丈夫です。笑

匿名さん

あなたの時はこうだったよーと言われたことを同じようにやるかやらないかは自分次第だと思っているので活用できそうなものはやってみて、違うなと思ったらフェードアウトしています。甘えられるところは甘えますが、あくまでも私の子どもなので実母には過度に期待せず、子どものことは自分でやろうと考えています。

匿名さん

雑誌の付録や病院の祖父祖母学級に参加してもらったり、はじめに今と昔の育児は違うことを第三者の説明で認識してもらう。そのうえで、育児についてやめてほしいこと、やって欲しいことのイメージが共有できるように話をする。

匿名さん

私も同じような思いをした事があります。私は同居ではないので、ちょっとした事の時はその場では「そうなんだ?!」と同調しますが自宅では実践しません(笑)。

母親の時はやらせてあげても、私が自宅で過ごす時間の方が長いので、そんなに差し支えないかなって思うようにしてます。でも、自分にとって譲れないことははっきり言うようにしています。

例えば私の場合、車の中は抱っこじゃなくてチャイルドシートに必ず乗せて欲しいことや、お風呂上がりは昔はよく白湯を飲ませたそうなんですが母乳をあげたいとか。多少口論になってしまったとしても実の母ですし、関係性が崩れる事もないと思います。我慢しすぎず、ご自分の思いをある程度ぶつけるのもありかなって思います!

匿名さん

私は実親とは良いことも悪いことも、何でも言い合う約束をしています。口論になるのを恐れていると、お互いの気持ちを知ることができないからです。

実親は良かれと思って口出ししていることでも、現代の育児の方法や私のライフスタイルとは異なっていることも多くあり、それを伝えると引いてくれることもあります。ありがたい申し入れにも素直に受け止めるべきだと思います。

そのように言ってくれているのは、実親が子育てをするときに親からそのような援助を受けていてありがたかったから自分の子どもにも言っている、もしくは自分はそのような援助を受けられなかったから子どもにはこうしてあげたいという気持ちから、ありがたい申し入れをしてくれているのだと思います。

子育てする方も、実親も素直な感情をぶつけ合うことで、私はストレスなく子育てすることができています。

匿名さん

私は基本的には、実親とは思ったことをなんでも言える関係でした。でも、出産のため里帰りをした際には、自分のホルモンバランスの乱れもあり、口論になってしまいました。

親しき仲にも礼儀あり、という言葉もあるように、言いたいことがあっても、我慢できることは堪える、態度に出さないようにすると、衝突することが減りました。子どもが産まれてから、アドバイスなど自分の方針と違うことを言われた時は、実親の前では納得したように返事をし、実際は聞き流すだけにしました。

また、出産後実父に対してイライラすることが増えてしまいました。なるべく顔を合わせないようにしたり、心を無にして対応しました。

ままぱぱさん

あぁじゃない?こうじゃない?となにかと口を出す母に、自分と子どものペースがあるから少し待ってほしい、見守ってほしいことを伝えた。また、自信がなくなるから口を挟むのは命に関わる時だけにしてとも話した。

とにかく生きていればいい。無事に今日という一日が過ごせたらいい。と育児になれるまでの間は周りの家族に伝え、自分のやりたいように、子どものことを想って育児に取り組んだ。

匿名さん

わからないことは素直に聞き、その意見を素直に受け取ること。自分のやり方に意見を言ってきて違うと思ったら、調べたり先生にこうと教えてもらったと説明する。参考にできる部分はする、素直に受け取る、お礼を言う、報告するができればうまくやっていけると思う。

匿名さん

初めての妊娠で何もわからないから色々教えてくれる母にありがたく思う反面、昔と今とでは、変わってることも増えているので意見のすれ違いが多々ありました。でも初孫を楽しみにしてくれている気持ちは伝わっていたのでなかなか自分の気持ちを言い出せず…。

我慢ばかり増えていってしまい、出産準備の時など距離感もできてしまいました。元々仲良かったのでそれがショックでその時に自分の気持ちを伝えてみようと決意しました。

出産も育児も昔と今とでは違うんだよ。こうだったから!!とか押し付けないで。と伝えてみたら、今では今はこういう物があるんだね。こういうやり方もあるんだね。と私の意見も取り入れてくれるようになりました。

大好きな母だからこそ、自分の気持ちを伝えるのは勇気がいることだと思いますが、はじめての出産、育児に母は絶対いてくれてよかったと思える存在だと思うので勇気を出して気持ちを伝えてみてください。きっと分かってくれると思います!!

匿名さん

実親だから断りにくいことはしばしばありました。昔の体験談であれもこれもと言ってくれることはいいのですが、大昔のことと現代では子どもを育てること以外はまるで違っています。

使っているものの質や便利さが違います。このため、はっきりは言わなくても、現代のモノの便利さや、トレンドをこちらから伝えて、昔と違うんだと認識してもらえるように発信しました。

匿名さん

親も人間ですし、お互い良い大人なので、今後の事など口出しされても、「そうなん!」「なるほど」「そういう考え方もあるんやねぇ」と、聞き流したり、有難い申し入れには素直に「ありがとう」と言えれば良いと思います!

「ありがとう」は魔法の言葉よ。人に何かしてもらった!と感じた時は素直に「ありがとう」って言えると、相手もうれしいものよ。と昔母に言われました!当たり前の事ですが、確かに照れたり恥ずかしかったりすると、素直になれない事もあるかもしれませんが、実親ですから!甘えてみてはどうでしょう。

匿名さん

やはり1番心配してくれて助けてくれるのは、実の母です。母も同じように、自分のことを育ててくれたということを忘れずに、尊敬と感謝、娘として甘える時は存分に甘えればいいんだと思います。なんだかんだいって、孫のこと以上に娘のことを大事に思ってくれています。

匿名さん

実際に子育てを体験しているからこそのアドバイスだと思うので、現在でも取り入れることができそうなことはとりあえず話を聞くだけでもいいと思います。

昔と今はまた違いますが、子育てに正解はないので経験者の話は聞くだけでも参考になりますし、その中で自分たちの子育てに取り入れても良いなと思うものを実践してみるといいと思います。

何かあったときに頼りにできる人がいることはすごく大切なことなので信頼関係が維持できるといいと思います。

匿名さん

私も自分の考えと違うことを言われると、イライラしていました。もめないためにもとりあえず忠告はありがたく聞いておきました。

いつも感謝の言葉を伝える。自分のやり方を否定されると腹も立つけど、流せるように頑張ってみる。

匿名さん

私の場合は、実親はそこまでうるさくありませんでしたが、「これもいい、あーした方がいい。」というのはたくさんあります。

たまに、面倒くさいなと思う時もありますが、何かあった時はやはり実親が1番頼りになるし、自分とお腹の子を思っての言葉だと感じてるので、「そうなんだ。そうなんだ。ありがとうね。」と言っています。そうしていたら、妊娠前よりも親が優しくしてくれてる様な気がします。

匿名さん

私はシングルで出産し、今も実家暮らしのため、実親とは毎日会います。母自体も私のことをとても気にかけてくれ、気晴らしをさせてくれたり、1人で寝る日をくれたりするのですが、口を出されたくないこともあります。

特に、母乳のことを言われると、悔しい気持ちになります。母も私を責めるつもりなんて全くなく、そう感じてしまうのはホルモンバランスのせいだ、よく考えると気にすることじゃない、ただ子育ての先輩としてアドバイスをしてくれている、と思うようにすると口論になることもなく、毎日仲良くやっています。

匿名さん

うちの親は海外在住、日本に実家がありません。故に妊娠中も立ち合いにも来ることもなく、産後も手伝いなんかあるわけもなく…。

たまーに、来日したときにふらっと数時間会いに来るだけ…でした。なのに子育てについてあれこれ…言われたくない!…と思ってましたが、、、やはり孫をかわいく思ってくれてるんだな、と愛情を感じるし、かわいがってくれる姿を見て、自分もこうやってかわいがってもらってたのかな、と思うようになってからあまりイライラしなくなりました。

匿名さん

私は実親とは住んでる場所が少し遠いです。東名つかって30分なので、近すぎず遠すぎずの距離にいます。しかも、私は旦那さんのお父さん(義父)と同居なのでそのおかげで実親の方からこちらに来ることはありません。

たまにしか会わないからこそちょうど良い距離感が保てていると思っています。思い切って多少距離をあけてみたらどうでしょうか?

匿名さん

特に私の両親はうるさく口出しをしてくる方ではないと思ってます。ですが、両親が子育てをしたのも20年以上も前の話になるので、心配になりすぎいろいろ言ってきたこともあります。

私の性格上、几帳面すぎずどちらかというと適当な方なので、のんびり育児をしています。先にママになった友達もこうしてて大丈夫だったから大丈夫だよ、と伝えてあげると納得してくれます。

今と昔では育児の仕方や便利性も違ってきてるので、それを両親に伝えてあげればいいと思います。何かと心配でいろいろ言いたくなるのが親だと思うので、その心配を拭ってあげれば…。

匿名さん

口論になりそうだからといって自分の意見を我慢するのもストレスになると思うので、まずは実親の意見をちゃんと聞いた上で、それは意見として取り入れるけど私はこうしてみたいという風に話すのはどうでしょうか?自分のやり方でまずはやってみて、それがうまくいかなかったらアドバイスを取り入れると言うことでお互いを尊重しあえると思います。

匿名さん

私は実親とは一緒に暮らしています。母はまだ仕事をバリバリしているので私が代わりに家のことをやったりしています。

実親は自分の子どもだからこそ言いたいことも子どものことにも口を出しますが、姑に言われることを考えるとイライラもしなくなりました。実親だからこそ言いたいことははっきり言って意見もしっかり聞ければいいかなと思います。

匿名さん

私も今初めての子育てをしていて色々と不安などあったりして、母からも色々とこうした方がいいああした方が良いと言われますが、私は全部聞くというよりは確かにと同感するものは聞いてそれ以外は聞き流してます。

それで、前言ったのにとか言われたら自分で調べたり助産師さんとかに聞いたらこうした方がいいと言われたんだよね~と言ったら母も最近はそうなのねと前よりは口出しは減りました。頻繁に会う訳ではないなら正直日頃何してるか分からないから、口出しされても聞き流すのが1番かもしれないです。

匿名さん

近くにいると難しいかもしれませんが、物理的に距離を置いてしまうのが1番かもしれません。離れれば冷静になれるかも!?

色々言われて嫌な時もハイハイ聞いて、あとは自分の好きにしちゃうかもしれません。あまり口答えはしないかもです。

匿名さん

我慢をして思ったことを言わないのでは、ストレスが溜まってしまうと思います。なので、口論には決してならないように、親の助言をしっかりと受け止め感謝の気持ちを表した後に、自分の意見を伝えれば良いと思います。強い口調にならないように、気をつけることが大事だと思います。

匿名さん

昔とは育児のやり方が時代とともに変わっていると伝えている。こう言う時は、こう言った方が子どもの成長にはいいらしいよ?と伝えるようにしている。

理由がわかるものは理由も一緒に!今のところうまくいっている。

匿名さん

苦手だからと本当に大事な時しか電話はせず、基本的にはLINEでやり取りしています。また、実家に姉が一緒に住んでいるので帰省する時も姉に連絡して親には自分からは伝えてません。

そういった接し方をしているからか親から子育てに対する口出しは直接会ったときに少しされるだけですが、内心イラッとしながらも「なるほどねー」、「へぇー」っと軽い感じで流します笑。自分が本当に悩んでいる時だけ参考にしようと連絡することはあります。

匿名さん

もともと母子家庭で友達親子みたいな関係なので互いに干渉しすぎずいい距離感を、保つことができています。ただ、やっぱり子どものことになると気になることも多いのでその都度伝えてます。母がそれに対してムッとする事はあるけど伝えないと後に困るので伝えてます。

匿名さん

私も実母の言葉にたくさん傷つきました。私の子どもは生後1ヶ月半頃から夜中一晩中泣いている子。昼間もよく泣く子で私は一日中抱っこしていて、寝ている時も私の腹の上でしか子どもは寝ませんでした。

本当にしんどい時に母は育児を手伝ってくれることもなく(抱き癖がつくよ。)(抱き癖がついてるからだ。)(育て方が下手だから)等言ってきました。私は初産で里帰りもせず旦那も育児に協力もしてくれず1人で頑張ってきたのにその言葉に傷つきました。

その時は何も言い返すことはできず1人で悩みましたが、今どき抱き癖なんてないし母の言葉がどうしても許せなくて、ネット記事で抱き癖がないと書いてあるページを母にメールで送り、抱き癖という考え方は古いと伝えました。そしたら疑いつつも理解してくれました。

また、自分は素直に肯定の意見はうれしいけど否定的な意見はいらない。と素直に言いました。その後、母は否定的は意見はあまり言わなくなりました。

1度、お母様に育児の相談などは聞いて欲しいが、あまり口だしして欲しくない。とお伝えするのはいかがですが?義母ではないですしそこまで険悪な空気にはならないと思います。

匿名さん

35歳で初産です。産後に実家に里帰りをしました。やはり私の親も色々と育児にアドバイスをくれていたのですが、昔と今では変わっていることも多々あり、産院で言われたこととは違うやり方を言ってくることも。

そんな時、そんな事言われてない!これは違う。などと少しイライラしたりしました。でもやはり、ありがたい事にサポートしてくれているのは事実助かる事もありました。

親も口出ししてはいけないと思いつつも、心配してくれていると分かっていたので、少し喧嘩もしましたが、やはり子どものかわいさの前では皆笑顔。必ず感謝の言葉を伝えるようにしています。

匿名さん

自分の親だからこそ、甘えたりワガママというか協力をお願いしやすかったりします。その都度、ありがとう!本当に助かります!ということを言葉やLINEで伝えるようにしてます(^^)また娘の写メや動画も送って元気な様子も伝えるようにしてます!

匿名さん

自分は旦那と子どもと母と4人で暮らしてますが、母も子どもにベタ惚れです。母が子どもを見てくれている時は素直に甘えて休んだり、ほかの家事をしたり自分の時間を過ごしています。無理に自分が子どもを見てるから。というよりは母が自分からしてくれることには素直に甘えています。

匿名さん

それぞれの家庭で違うとは思いますが、うちは特に母親が、すべてのことに批判的と言うか基本ディスってきます。孫のこともあまりよく言わないので、基本的なやり取り、電話や直接会っての年末年始の挨拶、妊娠の報告などは夫を通して行っています。

夫と母は他人同士だからか、一定の距離感が生まれてトラブルになりにくいので。最初夫に申し訳ないなって思ってましたが、今は私と母が喧嘩して険悪なムードになる方が良くないなと思って、極力母とは話はしません。メールは私がしますけど、文章だと喧嘩にならないのでちょうど良いです。

匿名さん

実家は雪が積もる田舎。12月が出産予定日だったので寒さや病院へのアクセスを考えて里帰りせず都内で出産しました。

1人目で心配だったので母親に1ヶ月手伝いに来てもらいました。姪がいるのでそこまで古くはありませんがやはり病院からの指導とは、ずれていることがありました。(湯ざましを飲ますかどうかなど)

とりあえず病院から教えてもらったことを医療関係者からの知識!として優先していましたが、ミルクの作り方や湯ざましを少しのませて便秘解消などあったので、とりあえず両方やってみて子どもにとって良さそうな方、合理的な方をお互い納得してやり方を統一しました。初めての育児、かたや久しぶりの育児、まずどっちもやってみることで揉めることなくやっていけたと思います。

匿名さん

私は実家が離れているからだからか、たまに帰ると泣いてしまうくらい帰るのが寂しくなる方で、近くにいたらこんな感じもわからなくうっとーしく思えてくるのかな?とか考えた時もありました。

でも、何事にも先にする親なので、自分のやりやすい場所に、置いて片付けていくので、あとでやり直したりは、私もします。でもそれって、結局母からしたら、私たちがやりやすいように並べてくれて考えてくれていての動く行動なんだなと、あとで直接聞いて分かった事がありました。それから、母の見方も変わり、さすが母だなーと思えたきっかけにもなりました^^

匿名さん

言いたい事は言う。実親の意見にも耳を傾けてから自分の意見も伝える。たとえ喧嘩になってもそれで実親が気づいてくれたり気持ちをわかってくれたりもする。

言い方も大事。少し言い方を変えるだけでも口論になりにくい。口出ししてくる、うざいなと思わないで意見を提供してくれてるしてくれているうちが花。と考えたらすこしは気待ちが楽になると思う。

匿名さん

初産で里帰り出産しました。昔ながらだけどためになるやり方もあったけど、今どき衛生的にどうなの?と思うやり方もあり、ストレスに。

やってもらうことに感謝をしつつ、自宅に戻って自分でやらなきゃいけないからと、やれることはやりました。私の場合、はっきり嫌と言うこともできましたが、お世話になってることもあり、聞いているふりで受け流すようにもしてました。適度な距離を保つのがよいかと思います。

A.実親と口論になったエピソード

匿名さん

母親が小児科の看護師なので、何かあるごとに自分の仕事上での経験談を自分に伝えて比べてくるので、そのことで口論になることは多々あります。

言っていることが正しかったり参考になることも多いので、とりあえず話をしっかり聞いて、それに対しての自分の意見や自分の子育て論を冷静に話すようにして、お互いが我が子の性格や性質から物事を考えれるように努力しています。

匿名さん

私の出産の前に姉が出産し実母が姉がお手本になっており何でも押し付けがありました。絶対母乳でないといけない、これはこうしなければいけないと決めつけて言われ鬱気味になってしまい大喧嘩をしました。

その後怒鳴り合い喧嘩をしましたが母の気持ちも聞きお互い仲直りしました。何事も嫌な時はその時に言おうという結果になり、それからは喧嘩もないです

♪Aya♪さん

私は産後1ヶ月実家で過ごす予定でしたが、実親から口うるさく育児のことや生活リズムの事を言われました。価値観が合わなかったので、一緒に生活するのは3週間が限界で早めに帰宅しました。離れた方がうまく行きました。

5mさん

私は実親とも義実家とも離れて暮らしている為里帰り出産しました。妊娠中から切迫気味だったので予定よりも早く里帰りしました。産前は自宅安静の事もあり特にぶつかることはなかったのですが産後私の気持ちにも余裕もなく実母とはよく衝突しました。

育て方の違い、今と昔のこと、母乳のことなどたくさんありました。今思えば私に余裕がなかっただけだと思いますがやはり適度な距離感や頼りすぎずにやることが温厚に過ごせると思います。

匿名さん

実親と育児の方向性や、家事のやり方でよく口論になります。私には私のやり方があるし、親に口出しされる義理もないので、言われたことははいはいと聞き流し、自分の行動は改めません。実親と関われば関わるほど、仲が悪くなるので、里帰りなどもせず、極力関わらずに生活していく予定です。

匿名さん

実親の口出し、素直に受け入れられないお気持ちわかります。親から言われることが正しくても口出しされるたびになぜかイライラしてました。私は反論はせずに、自分が受け入れたくない意見は聞いてないふりをしてました。

くどい場合は、『そうなんだね、参考にしてみます』と軽く流してました。なので、うまくやっていくコツは、スルーするスキルを上げることですかね…。 いいアドバイスができなくてすみません…。お互い育児頑張りましょう!

匿名さん

1人目の時は私も余裕がなく、実親から「あんたにさせたらかわいそう」と子どもを取り上げられていました。しかし、実家住みのため反論できず、親のやりたいようにさせていると、「あんたは何もできない」「自分の子どもくらい自分で見ろ」「あんたが触ると泣くから近づくな」などたくさんひどいことを言われました。

私は精神的に参ってしまって、仕事に没頭して気を紛らわしていました。そのせいで1人目は爺婆が親と思い込み、私には心を開いてくれず、今でも溝が空いています。今は子どもも3人に増え、上の子は小学校中学年になりました。

実親も小学生より小さい子がかわいいのか、下の子たちにいってしまうので、上の子は情緒不安定になり荒れて、児相が絡むほどです。なので、嫌なことは嫌とはっきり言った方がいいと思います!

実親と揉めたくない気持ちはわかりますが、もうあなたも母親です。あなたのお子さんは実親のお子さんではありません。良かれと思ってのアドレスかもしれませんが、子育てに正解はないし、今と昔では教育の仕方や考え方も全く違います。

イライラモヤモヤしながら我慢していると子どもにも伝わってしまうので、私は私のやり方で育てる!と思って、楽しくお子さんと一緒に成長できるといいかなと思います。つい感情的になって偉そうなこと言ってしまいましたが、どうか楽しい子育てライフをお過ごしください。

匿名さん

私は育児のこと以外にも実親から必要以上の意見をされることがとても嫌いで、普段から気にさわることがあれば『それについてはもう言わないで、放っておいて。』とはっきり伝えています。

それでも忘れた頃に言ってきたりすると『それ言わないでって言ったよね』と冷たく返しています。そうすることで、実親も余計なことを言ってこなくなったし、私も言わなくてもわかってもらえるようになりました。

shoko-jさん

産後2ヶ月ほど実家にいましたが、自分もイライラしているしよくケンカになりました。レンタルしていた赤ちゃん用の体重計の説明書がなくなったことですごく文句を言われて、それくらい別にいいじゃんと思ってこちらも謝ることができず口論になりました。

匿名さん

私は、退院してすぐ、実親と口論になりました。口論の要因は、入浴後に麦茶やお茶を飲ませるかどうかでした。

口論になった際には、入院していた病院に確認し、看護師から実親に教えてもらうように手配しました。第三者が入ることで、冷静になることができると思います。

匿名さん

逆子のため帝王切開で出産したのですが、妊娠中に実父から「逆子の何が問題なの?」「帝王切開は安産に決まってる」「手術日って自分で選んだの?その日は仕事休めない」などと言われ口もききたくありませんでした。

手術の日に父が来なくても私はまったく困らないし、むしろ来て欲しくないと思っていました。私は帝王切開が怖くてできれば避けたく、お灸に通ったりと逆子が戻るようにいろんなことを試しているときにこんなことを言われて本当に腹が立ちました。

そんなとき、Instagramで見つけた愚痴アカウントで同じようなハラスメントにあってる方の投稿を見つけ、それを実母経由で見せて母から説教してもらいました。幸い、手術後数日は母がインフルエンザにかかり父も面会に来れなかったので心を痛めずに済みました笑。

A.実親だからこそ甘えられなかったエピソード

匿名さん

つわりが辛くても、辛いと親に言えず……1人耐えて家事などしてました。わたしは第一子の長女で、昔から親に甘えるのが苦手です。それもあり、頼るのが恥ずかしいという気持ちがあったと思います。

親の方から気にかけて、連絡をくれることで少しずつ気持ちも落ち着き、いまでは良き相談相手になってくれています。幸いにも、親は現代の子育てに理解があるので話しやすいです。

匿名さん

近ければ近いほど言いづらいことも私はありました。里帰りしてたんですがおむつにしろ、ミルクにしろ。買ってもらうのが申し訳なく。

でも、新生児なので1ヶ月は外出れないし両親が家にいるときに買いに行けばいいんですが、預けるのも手間かかるし悪い気しかしなく変なところ謙虚でした笑笑。でも、思ったのは実の親なのでこれでもか!というほど甘えていいと思います。

甘えられたら親もうれしいでしょうし頼ってくれてる!って思うみたいですよ(^^)

匿名さん

下の子を妊娠中、切迫早産になり実母と義母に手伝いに来てもらっていました。実際に来てもらうと実母は「もう少し片付けたら?」とか「食生活が違くて何を作ったらいいのかわからない」など言い、上の子も細かな事まで注意をする実母に懐かず「ばばじゃない、ママとやる」となって安静にしていられませんでした。

一方義母はあまり注意をしたり食事も子どもが喜ぶメニューを作ってくれたので上の子も懐いてくれました。義母と昼間に2人は気まずいかと思いましたが実母の干渉が強かったので実母より甘えさせてもらいました。家庭を持つと実母とはいえ甘えるのが難しいと感じました。

たっこゆーさん

里帰り出産で帰省したとき、実家の汚さが気になってしかたなくなり、掃除グッズ(カビ取り系の洗剤)を買ってきて自分で掃除をしたり、何十年も触られる事のなかった不要物を片付けたり(了解を得て捨てたり)しました。

また、出産後、数時間おきに起きて赤ちゃんの世話をしていましたが、寝室が母と同じ部屋で、起こさないように世話をするのが大変でした。起こしていいと言われていましたが、日中の家事をすべてやってもらっていたので、起こさないよう部屋を出てリビングで世話をしていました。

実の親だとしても、文句を言ったり夜中起こしたり、果てしなく甘えることはしないようにしました。親しい家族だとしても、思いやりを持ち合うことが大切だと思います。

その他の回答

匿名さん

実親なら私は言ってしまいます。うちの場合は義実家からの方が多く、今の育児は違うんですよ。と穏やかに説明しても全く耳に届かず…困ってます。

自治体によっては、昔の育児と今の育児の違い等のじいじやばあばに渡す用の冊子があるそうです。私の住んでる地区はありませんでしたが…。旦那さんに聞いてもらうなり、少し距離を置くなり…ママさん自身があまりストレス溜め込み過ぎないで下さいね。

匿名さん

私の地域は結構世間が狭い地域でして、コミュニティが密です。

その影響もあるのか色々な世代の育児に触れる機会も多く、子ども好きの母は同じように子ども好きのおじおば、子宝に続く従姉と学ぶ場や触れあう場が多々あったようでこちらが懸念するようなことをされることもなく、あくまで補助に徹しているように感じました。

何かするにも必ず私に一言聞きにきて(私は勝手にやって~という心情でしたが)、伺ってやる。また、親戚のおばあちゃんからの豆知識なども役に立ち、今のいいこと昔のいいことを上手く活用してこれました。

ただこのようにコミュニケーションが上手くとれなかった場合、状況は変わっていたのかもと思います。実の親でもあくまで子どもの親は自分。主体は自分なのだとしっかり話し合い認識してもらい参加してもらうことができればいいのかなって思います。

それが難しいのであれば、一歩引いてかわいがってもらうように工夫してもらうしかないのかもしれませんね。

匿名さん

私の親は、自分の育児を押し付けるような話はしてこないのですが、聞けばこうしてた、ああしてたと答えが返ってきます。人それぞれ性格が違うように、育児のあり方も違うと思うので、そこは自分は将来こうしたいというのを言ってみてはいかがですか。

例えば、したいことだけをいうのではなく、することによって子どもにどんなメリットがあって、昔とは違ってきていることを、最新情報を教えてあげているという気持ちで伝えてみてもいいかもしれません。

匿名さん

まだ妊娠中なので、口論になったりは、しないのでわからないですが、親のアドバイスを受け入れながらも、自分はこうされたら、どうかって思う事を自分が子どもの時に感じた事を伝えて、私は私のやり方で試してみる。

なにが正解かも誰が正解とかもないと思うので、子どもにあったやり方、をその都度考えて行きたいと思っている。

匿名さん

私は揉めたり喧嘩するのが本当に嫌なので、一切頼らず夫婦でがんばることに決めています。親にとってはかわいがるだけの孫のほうがお互いに関係性がうまくいくと思うので…。

ご両親が健在していない方も夫婦だけでやっていけるほど今の世の中は多少は生きやすいと思うので、親子関係で悩むぐらいなら、夫婦でうまくやっていくように考えて悩んだほうが確実だと思います。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード