Q.やってよかった「家探しの情報収集方法」のうち最もおすすめは?以下の質問についてもお答えください!

・マンションか一戸建てか
・具体的な方法
・サービス名(ハウスメーカー、不動産、住宅情報サイトなど)
・家選びを始めた時期(妊娠期、子どもの年齢など)
・どのような点がやってよかったと思ったか
・家を選びはじめて決めるまでの期間

A.やってよかった「家探しの情報収集方法」は、「インターネット」が46%!

家選び情報収集グラフ,家探し,

コズレ会員のみなさんに「家選びの情報収集方法」についてアンケートを行った結果、

・1位:インターネット(46%)
・2位:職員やスタッフ(29%)
・3位:口コミ(5%)
・4位:チラシ(4%)
・5位:テレビ(2%)
・6位:新聞、雑誌(1%)

という結果になりました。

以下では、アンケート結果の中から先輩ママパパの口コミの一部をご紹介します。ぜひみなさんも「やってよかった!」と思える方法を見つけてくださいね。(n=181)

A.やってよかった「家探しの情報収集方法」は、インターネット!

匿名さん

色々なサイトを見て連絡をし話を聞いたり、実際に見に行ったりました。体調が良かったので早めに動き、お腹が大きくなる前に引っ越しも終えることができたので良かったと思います。

生まれた後のことを考えて、近くにスーパーや薬局、コンビニなどが揃っている地域を見つけたので、今もお買い物に不便なく生活できています。

匿名さん

二階建ての戸建てです。インスタグラムからおしゃれな家や、口コミを参考にさせてもらうことがほとんどでした。自分では思いつかないデザインやアイデアを知れたことが良かったです。

1人目が生まれて間もなく、清潔で、温度管理のできる家で子育てしたいと思い、ハウスメーカー巡りを始めました。床暖房と床冷房が決め手となり、ハウスメーカーを決めました。

りょうま、たまさん

一戸建てを妊娠中から検討した。いろんなハウスメーカーから資料請求して決めた。産まれて少ししてから引っ越せた。広くてストレスも少なく快適に育児が出来た。ただ、産まれる前に建っていたら、引っ越しをもう少し落ち着いて出来たと思う。

匿名さん

一戸建て。子どもの生活を考えた間取り。子どもを産むまでと産んだ後では絶対違ったと思います。インターネットでたくさん情報収集しました。ハウスメーカーもたくさん行きました。一年くらいかけて決めました。

小さい子どもを連れて打ち合わせなど大変でしたが、産む前に建てなくてよかったと思いました。

gudetamaさん

住んでいる家が1LDKで子どもが生まれたら狭くなるので妊娠中に引っ越した。

・マンション
・インターネットで検索
・住宅情報サイト、URのサイト
・妊娠5ヶ月頃
・2LDKの部屋にあまり家賃上がらずに引っ越せた
・1ヶ月程度で決めた

匿名さん

・一戸建て、マンションは管理費がかかるため戸建てにしました。
・インターネットやチラシで気になる所は問い合わせして見学をしていました。
・スーモ、ホームズ
・妊娠前の半年前から
・乳幼児を抱えて見学に行くのは授乳のタイミングがあるので大変だと思う。また1.2歳くらいだと色んな所に行っちゃったり階段で落っこちてしまったりしたら大変。保育園、幼稚園、小学生だと転校でお友達と離れてしまうのがかわいそうだと思います。
・1年半くらい

匿名さん

妊娠前は、2階建てのアパートの2階の部屋を借りていました。普段から下の階の人からの嫌がらせがあったことと、妊娠が分かったのをきっかけに平屋の一軒家の借家に引っ越しました。

また、前から夢だった一軒家の購入をし、建築中です。子育てするならアパートより一軒家が気持ち的にもいいなと思います。

匿名さん

マンションを購入。学校、病院、買い物できるお店、近所の子どもたちの様子、実家の近く、保育園はたくさんありそうか。たくさんの条件の中、妊娠前に決めてよかったです。

妊娠してからだと、体調が万全ではないので、何をするにもゆっくりになってしまうので、事が早く進まない。

知り合いに不動産がいたので、スムーズに相手の人と話が勧められて、こちらががんばらなくても値切ってもらえたので助かった。2ヶ月くらいで引き渡しになった。

匿名さん

妊活中から新築計画を実行しました。インターネットで様々な情報収集をしました。妊活中から行うことで体力的にも乗り越えることができました。戸建、タマホームで建てました。20代で貯金もあまりなかったので、かなり情報収集して、試行錯誤しました。

408mymさん

まだ歩かないうちから、工務店探しをしていました。工務店が決まってからも、寝たまんまの時期から打ち合わせだったので、歩き始めてじっとしてられない時期も少なく良かったなと思ったのを覚えています!注文住宅なら、妊娠中位から始めても良いかなと思います。

匿名さん

色々な家を見に行き、好みに合った家を選ぶことができた。不動産屋も何軒か回り自分たちに合った家探しを行った。注文住宅を希望していたが、建て売りだが予算内で希望の家を見つけることができ最終的に決めることができた。

inomaru919さん

マンションを購入しました。家選びを始めた時期は妊娠中からですが、結局すぐには決められず、子どもが1歳半になってから購入に至りました。

良かった点は共働きのためアクセスの良さです。駅から近く、通勤がとても楽です。また、周辺に大型のショッピングモールがあり土日は子どもを連れて遊びに行くのが楽しみです。

匿名さん

・一戸建
・インターネットで中古物件探し
・不動産
・下の子が走れるようになってきたころから(2歳すぎ)
・広さや築年数、価格を比較できたこと。
・知っている家が売りに出ていたので、すっと決まった。売りに出ていることを知らなかったので偶然でも見つけられてよかった。

匿名さん

たくさん調べて、自分の納得のいく間取りや壁紙を考えました。調べたら調べた分だけいろんなアイデアがでてきてとても楽しかったです。たくさん調べたつもりでも家を建ててから後悔ポイントもでてくるので、もっともっと調べておけばよかったなぁと思いました

匿名さん

賃貸物件 内階段のあるアパート。事情があり急いで決めた。歩き回るようになったので内階段に行くまでに扉のあるところに引っ越しした。バリアフリーの物件だったので、全ての部屋お風呂などに段差がなく子どもが自由に行き来できる。

かな1102さん

2人目の子どもを妊娠した頃から家をどうするか考えだし、2人目の子どもが生まれて産休、育休の間に家を建てました。仕事をしながらではなかなかやりきれなかったなと今では思います。家の作りや、引っ越しなど含めて。

なつ0624さん

アパートにいま住んでいます。少し狭いですが、まだ子どもが小さいのでいいかなって思っています。もう少し大きくなったら広い部屋に引っ越しをしようと思っています。一戸建てもいいなって悩んでいるところです。

子どもの泣き声とか気になってる方は一戸建ての方がいいかもしれないです。

匿名さん

子どもができるまでは、一人で住んでいたワンルームのマンションに住んでいたが、妊娠が発覚してから、家探しをはじめた。

体も思うように動かなかったので、インターネットでさまざまな情報を得ていった。そこで、大体の物件に目星をつけてから、内見のアポをとっていったので比較的に楽であった。

匿名さん

・マンションか一戸建てか:一戸建て
・具体的な方法:スーモカウンターで自分たちの要望から必要な情報を収集、中古戸建のリノベで進めることを決め、気になるハウスメーカーをピックアップ&訪問。インターネットでもハウスメーカーをピックアップ&訪問
・サービス名(ハウスメーカー、不動産、住宅情報サイトなど):ハウスメーカー 伊田工務店
Grand Living 大和住建 不動産 逆瀬川住建(地元の不動産)住宅情報サイト 不動産検索(一括まとめサイト)
・家選びを始めた時期(妊娠期、子どもの年齢など): 結婚の半年後
・どのような点がやってよかったと思ったか:理想の空間に住める満足感
・家を選びはじめて決めるまで:4ヶ月くらい

匿名さん

マンション。妊娠初期に部屋選びを開始し、安定期ごろに引っ越し。新築、買い物、近くに公園がある、高速から近いが決めてでした。

ちょうど時期が春だったので、空きもあれば埋まりも早かったため、毎日のように物件をみては不動産に連絡をいれた。

マリアム99さん

・マンションか一戸建てか→戸建て
・具体的な方法→ネット収集
・サービス名(ハウスメーカー、不動産、住宅情報サイトなど)→スーモにて検索。3社くらいの個人不動産で物件を見学させていただきました
・家選びを始めた時期(妊娠期、子どもの年齢など)→子どもが動き出す(ハイハイなど)前に決めました。
・どのような点がやってよかったと思ったか→広さ重視したところ
・家を選びはじめて決めるまで→運が良く2週間で内見~契約まで済ませました。

匿名さん

子どもがまだ生後半年くらいの時に、アパートでうるさくないか気になって、一戸建てをインターネットで探しました。地元に不動産屋さんもあったので即決して、自分の育休中に引っ越しも終われるようにしました。

働きながら打ち合わせや引っ越しや片付けとなると大変だと思ったので、良い時期だったと思います!

ぽめこ213さん

一戸建ての賃貸。インターネットで探しました。その前に近くで引越しを考えていたので
子どもが一歳になる前にベビーカーに乗せて散歩しながら物件を探したこともあります。

子どもがハイハイしだした頃に広い部屋があった方がいいと思い、物件を探しました。引越しも、まだあまり動き回らないうちに実家へ預けて自分たちで引越し作業をしました。部屋が広いとこどもが動き回れるので引っ越して良かったです。

匿名さん

結婚してすぐ、マンションを購入しました。人気の学校区でどこも販売情報が出てすぐに内覧しても他の人に先に購入されてしまい、苦労しましたが、なんとか希望通りの場所に購入する事が出来ました。

とても静かな場所で、近くに病院も充実しており、公民館や公園もある地域。小学校もとても近くて、駅も近いので長く住める場所だと思っています。

ちゃんなーなさん

次女を妊娠中にハウスメーカーの見学へ。長女が学校へ上がる前に土地を決めたかったので、ゆっくり探すつもりが、トントンと話が進み、メーカーもインスピレーションで速決定!

SNSで間取りや壁紙などイメージをしながら打合せするとスムーズでした!子どもの成長・夫婦の老後も考えながら、育休中に引っ越せる様に計画しました。

匿名さん

一戸建てが良くて駅が近く治安が良い、騒音やネオンが気にならない場所を探し土地を購入。ハウスメーカーは知り合いの方に割とお安く建てて頂きました。我が家のポイントは二階にお風呂があること。増築予定もあり子どもの成長と共に変えていけたらと決めました。

nakamami26さん

・一戸建てです。
・インターネット検索で主に情報収集しました。
・アップルホーム R +house
・妊娠前に子どもが出来てからではローンも組めなかったし、産まれた後に引っ越しだと大変だったので、妊娠前でよかった。
・1年半かかりました

匿名さん

妊娠発覚時に都内の広いワンルームに住んでいたため、妊娠中期までに実家近くの1LDKの部屋に引っ越しをした。妊娠初期は職場近くだったため、通勤時間が短く悪阻にも耐えられる出勤だった。

その後お腹が大きくなり周りのサポートが必要な時期を実家近くで過ごすことができ時期場所共に最大限のサポートを受けることができた。

みつkさん

一戸建て。長男を妊娠し、現在の家が築50年だったため、建て替え計画を始めた。Instagram等でハウスメーカー選びや住み心地、デザインを検索、子育てや家事・災害対策に重点を当てて決めました。

育休中なので、ハウスメーカーとの打ち合わせは旦那に合わせやすく、現在の家の片付けが1番大変だったので、時間に余裕があり助かりました。

DogStarさん

妊娠超初期に中古マンションの角部屋を購入。住宅情報サイトで検索。私が使ったのはSUUMO。双子妊娠だったのでつわりが始まる辺りからは出産まで全く動けず、超初期にやってしまって正解だった。

まず住むエリアはこだわった。会社から近い上で、区の福祉が手厚く、公園が多くて、都内でも保育園に入れる可能性が高い場所を選んだ。また、具体的な家を検討する際には、子どもが小学校を卒業するまでの部屋割りと使い方、風通しが良く空が見えることなどを重視した。

あとは主人の承諾と金額の折り合いで決定。

匿名さん

・一戸建てです。
・住みたい地域と希望の間取りをひたすらネット検索しました。
・妊活中です。
・私は、つわりがかなり重い方だったので、妊活中に先に家を決められた事で、家選びや、引っ越しなど忙しい時期と被らなくて助かりました。住みたい地域は、私達には値段が高かったので、最終的には築浅中古物件を探し、納得のいく物と巡り会えました。

築浅なので安く済みましたし、壁紙など補修したい部分は自分たち好みの物にしてそれなりにオリジナルに出来たので良かったです。

匿名さん

こどもの泣き声や足音、遊ぶ音など周囲に気を遣うことを考えて一軒家にしました。隣もすぐ近くではないので気がねなく過ごせて、こどもにも注意しなくていいのでのびのび過ごせそうで安心しています。

また、ドアノブも上に上げて開けるという、通常とは逆の開けかたなので、こどもが開けづらいのでそういうところも安心しています。

また玄関フードが広く、洗濯物も干せるのでよく日に当たり乾きやすくて助かっています。遊ぶ部屋と居間も別にあるので広く遊べて、お客さんが来たときにも気にせず遊ばせることができそうです。

匿名さん

夫婦の話し合いの中で騒音などのトラブルにもならないよう一戸建てを選びました。家選びの情報収集には一番にインターネットで口コミなどから得ました。そこから気になるハウスメーカーを2人目ができる前に見学にたくさんいきました。

夫婦で相談して気に入ったハウスメーカーが決定したためそこに土地探しからお願いし建てました。

匿名さん

子どもの子育て環境や治安、学区の安全性等考えます。後、保育園や小学校等の歩いて何分くらいで着けるか、商業施設は近くにあるか、小児科、病院は徒歩圏内に良い病院があるかなど把握しました。

ご近所さんも子どもの年齢が近いかや、育児の面でも相談できる環境かも考慮し、職場までの通勤時間や、地下鉄も15分以内の距離を視野に入れて、家探しをかなりたくさんしました。

A.やってよかった「家探しの情報収集方法」は、職員やスタッフに相談!

8kinikuさん

妊活を始めた頃に家探しも始めました。住宅展示場に行ったり、ハウスメーカーの方に相談したりして戸建て住宅に決めました。注文住宅のため、家が建つまでに時間がかかるので出産の時期との兼ね合いが不安でしたが、妊娠前から探し始めていて良かったと思います。

ひがしさん

妊娠初期にマンションを購入し、安定期に入ってから引っ越しました。実際モデルルームを見に行き、産まれてからの周りの環境やスーパー、病院などを確認出来、産まれる前から保育園の場所など見に行けたので妊娠中に家を購入してしまって良かったです。

匿名さん

・マンション
・具体的な方法→ちらし、モデルルーム巡り
・家選びを始めた時期→妊娠期
・どのような点がやってよかったと思ったか→新築だったので間取りも早い者勝ちだったため、早めに動き出したのが良かった。
・家を選びはじめて決めるまで→2ヶ月

Oh!さん

安定期に入ってから戸建について調べ始めました。住宅展示場へ見学に行ったり、FPに金銭的なシミュレーションをしてもらったり、様々な工務店について調べたりしています。

すぐに買う予定というよりはもうすぐ後期に入るので、子どもが少し大きくなったら本格的に探し始めます。生まれるまでに家の内装や外装について資料集めをし、工務店に目星をつける予定です。

匿名さん

広いスペースと収納を重視して家の新しさは特に気にしなかった。妊娠中は何かと大変なので出来れば妊娠前に少し広いところに引っ越しできた方が楽だったなと思うが、生まれてからの方がきっと大変だと思うのでどちらとも言えないかな。

でも妊娠中の引っ越しはやっぱり大変。健康妊婦じゃないとできないかも

匿名さん

・マンションか一戸建てか:一戸建て
・具体的な方法:ポストに入っていたチラシを見て。モデルルーム見学がきっかけ
・サービス名:ヤング開発
・家選びを始めた時期:子どもが3歳、2人目妊娠初期
・やってよかった点: 家族構成を考えて 物件探しをすることができた。
・家を選び始めて決めるまで:モデルルームに一目惚れして即決でした。

はむこ622さん

上の子が生後3ヶ月くらいになってから、住宅展示場巡りを始めました。特に気になったメーカーを3、4店絞って、住宅展示場を何回もハシゴしました。生後6ヶ月くらいにメーカーを決定し、生後11ヶ月頃に着工、1歳2ヶ月の時に引渡しといった流れでした。

アパートの2階に住んでいたため、本格的に歩き出す頃には一軒家に引っ越すことができたので、下の階への騒音などあまり気にせず過ごすことができたのでちょうどよかったです。

匿名さん

子どもが1歳を超えた頃、アパートが手狭だし、このままでは下の子も産めないだろうということで、家探しを始めました。

月々の支払いから3300万以内で家の購入を検討していました。我が家はローコスト住宅ではなく、しっかりしたメーカーで建て売り住宅が理想的で、主人が通った小学校に通える校区エリアという希望もありました。

住宅展示場で、セキスイハイムの営業マンのいい方に出会い、建て売り住宅を値引きしてもらって3500万円を3300万円にしてもらって購入に至りました。長期優良住宅で、ソーラー発電付で快適空調もよかったです。建物の壁などの角がない作りにしてあって、子どもにも優しいです。

MUTSUMIwaさん

妊娠期に戸建ての注文住宅を購入しました。ハウスメーカーの方からも、子どもが生まれてからだと幼稚園や学校などに縛られて、買いたい地域で買えないことがあると聞いていたので、早めに購入しました。

特に注文住宅ということもあって打ち合わせの時間が長いので、妊娠期に打ち合わせが終えられたのは良かったなと思います。

愛翼さん

結婚後は私の一人暮らしをしていたアパートに住んでいたので狭くて不便でした。子どもが産まれるにあたり、ベビーベットやベビー用のスペースなどが必要になってくるため、安定期に入ってからもう少し広めの新築の賃貸アパートへ引っ越しました。

赤ちゃんが産まれる前に環境を整えることが出来て準備も出来たので、妊娠中にお家選びを検討する事は大切だと思いました。赤ちゃんが産まれてからではなかなか引っ越しは大変だと思います。

匿名さん

妊娠を機に一戸建ての家を探し始めた。無知の為住宅展示場へ行った。色々なHMを見学し話を聞き情報集めをしたり、親や知人からもアドバイスをもらったりした。

出産してからも打ち合わせなど大変だったが、旦那の両親が見てくれてたので順調に進める事ができた。

匿名さん

口コミや先輩ママさんの意見を参考にした。また住む区域での子育て支援がどのようなものが利便性など鑑みて利用できる内容などを確認、比較して場所も選んだ。時間がたくさんあったので体調が良い日にこまめにチェックして条件がいい物件を探した。

匿名さん

出産後は予想外のことばかりで思った以上に余裕が持てなかったので、夫婦だけの時にハウスメーカーの方との打ち合わせ、家選びの時間は貴重でした。

我が家は一戸建てですが、子どもの泣き声や騒ぐ声をまわりに気にせず子育てできているので気持ちがとても楽です。育児にゆとりができます。

egamikiさん

一戸建てをリフォームしました。古い家なのでできる範囲は限られていましたが、子どもが産まれる前にきれいにしておきたくて急いで決めました。住んでみると、あーしとけば良かった、など後悔も出ては来ますが、とりあえずはきれいになってよかったです。

匿名さん

賃貸のマンションで鉄骨鉄筋作り、小さい子どものいる家庭が多い所、部屋が2階が良いなど条件を伝え、1つの管理会社のみが大家さんと提携している所を選びました。

不動産会社も3つ程めぐり、色々と見せてもらいましたが、なかなか良い物件が見つからず、希望の物件を見つけるまで10ヶ月ほどかかりました。

子どもが2歳で走り回ることが多く、マットを敷くなどの対策はしていますが、隣の家の物音等も気にならないほど静かで安心して子どもとの生活を送れています。

また、同じぐらいの小さい子どものいる家庭が多く、家の前で一緒に遊べるなど、子どもにとっても良い環境で安心して子育てが出来る点がとても気に入っています。

何軒か家を見ましたが、内階段の部屋は急な階段が多く危険を感じた為、我が家では候補から外し、エレベーターがなくても子どもにも危険のない外階段の部屋等条件をいくつか出した為、探し始めてから少し時間はかかりましたが、希望の部屋が見つかり家族で安心して生活出来ています。

A.やってよかった「家探しの情報収集方法」は、口コミ!

匿名さん

今はハイツにすんでいます。まわりのひとからのすすめで、こどもたちにとって環境のよいところに引っ越したいと思っています。その際に、一戸建てを購入したいと考えています。できるだけ庭が広く、開放感があり、こどもたちがリビングに集う家にしたいです。

亜沙美さん

1番上の子を妊娠中に一戸建てを購入。産まれていないので引越し準備など楽だったが、今5歳になり小学校のことを考えると小学校の近くに家を買えばよかったと後悔です。

引っ越す前にご近所の方に日当たりなど詳しいことを聞いたりしていたので、やはり近所の人に聞くのはいいことだと思います。近所付き合いも見れるので。

匿名さん

妊活と同時に軽い気持ちで展示場巡り。すぐに決めるつもりはなかったですが一生住む家と考えたら、いまのメーカーさんに決まりました。こどもが小さいうちは広くのびのび自由に遊ばせたく、マンションよりは一戸建てがいいと考えました。

今は妊娠中でつわりも終わり、打ち合わせも順調ですが、つわりの最中は打ち合わせどころではなかったので、その場合は担当の方に相談し、少しお休みしたりすることも大切かなと思います。

korosukenoさん

大東建託のアパートに住んでいましたが、狭かったのと、子どもの泣き声とかでご近所に迷惑かけないかと心配したので、思い切って一戸建てを建てました。色々なハウスメーカーさんを見学しましたが、断熱性と保障期間が長い北洲さんに決めました。

アパートにいた頃は、狭い駐車場にも困っていました。子どもが増えると荷物も増えるので、思い切って一戸建てにして良かったです。

A.やってよかった「家探しの情報収集方法」は、チラシ!

ぎーちゃんさん

妊娠を機に、広い間取りの部屋に引っ越しを検討しました。出来るだけ私の実家の近くで総合駅が5分以内のところで。

当時住んでいた場所もこの条件で選んでいました。なので物件のチラシがたくさんポストに届いていて、妊娠4~5ヶ月頃に届いた三井のリハウスのチラシが条件ピッタリだったので即内覧!
中古でしたがとても良いところでした。

でも頭金も何もなく、でも人気だから早くしないと!とのことでバタバタ頭金をかき集めて契約!妊娠中で条件付だったのでそこだけしか内覧してないのが知識不足になった原因かなと思います。

リフォームは金銭面的に後からしようとなりましたが、後悔するところといえばあの時に一気にやった方が後々良かったのかも。何はともあれ広い間取りで赤ちゃんを迎えられて良かったです☆

匿名さん

戸建て。子どもが1歳の時。1LDKで手狭だったのとアパートの家賃を払い続けるより広くて庭のある戸建てを選んだ。

後は学校やスーパーも近かったため、建売でチラシが入ってて、決めるまでは2ヶ月くらいでそんなに時間もかからなかった。マイナーなハウスメーカーであったが、マンションでの販売で名前もよく知っていたため抵抗もなく、何より価格も安いし家具などもある程度ついていた。

A.やってよかった「家探しの情報収集方法」は、テレビ!

りんくろさん

テレビでBESSの家の特集をやっていたのがきっかけで、(面倒なアンケートや話を聞くなどがないとの事だったので)それから他の住宅展示場に足を運び、資料を請求するようになりました。

臨月の時だったのですが、興味を持って話を聞いてみると、子どもが保育園に入るまでに家を買う家庭が多い事や、間取りについての良し悪しなど、いろいろ勉強になりました。資料だけでなく、実際に見て比べる事が大切だと思いました。

A.やってよかった「家探しの情報収集方法」は、新聞や雑誌!

もなるさん

私は中古住宅を購入しましたが、家選び開始の時期が遅く、引っ越しは生後2ヶ月頃にしました。抱っこしないと寝ない時期でもあり、引っ越し後の片付けなど非常に大変でした。早めに家を決め、産まれる前に引っ越しをすべきだったと思います。

A.やってよかった「家探しの情報収集方法」 その他の回答

匿名さん

家選びは、とりあえず2階を選びました。階段しかないハイツにしました。妊娠中期に家を見に行き,割と早めに決まり引越しもすぐ終わりました。

2階に決めたためベビーカーも軽めの物を買いました。1階は既に子どもさんがいる家族なので物音も気にならないとこがいいなと思いました。

匿名さん

分譲マンションを購入しました。決めたのは妊娠8ヶ月ごろで引っ越したのは娘が生まれる一ヶ月半前でした。妊娠がわかってから、出産後に引っ越しは大変だなと思ったのと、つわりがあまりなかったこともありこの時期にしました。

担当の不動産屋さんは賃貸の頃からお世話になってる方で親身になって相談にのってくれていたのでその方にお願いしました。仕事復帰のことを考えると旦那の実家近くがいいと思っていて、結局は同じマンションの階違いの部屋にしました。

最初は毎日気を使うのかなと思っていましたが、あちらも必要以上に干渉はしてこないし、娘をお願いしたいときはすぐにいける、同じマンションなのでどちらかの家に泊まることもないので思っていたよりも気楽に過ごせています。

せリちむさん

古い二階建ての賃貸に住んでいます。妊娠前は、マンションに住んでおり雨漏りなどのトラブルで対処してもらえず引っ越すことを検討した時に、近くの家に張り紙があり連絡して住むことになりました。

古いこともあり、賃貸ですが穴を開けたり、どこか壊してしまったりしても引っ越す時にお金はかからないと言われDIYもできてとても有難く、子どもが産まれてからも心配が減りました。大家さんもとてもいい方で野菜などくれます。

匿名さん

20年前に住んでいた一戸建てをリフォームしました。妊娠がわかってから取り掛かり、出産前に完成できたのでよかったです。実家の近くなのが一番の決め手でした。子どもと一緒に入れるように大きいお風呂にしました。

匿名さん

親戚にハウスメーカーがいて土地もあるため注文住宅を検討しています。里帰りする予定の少し前に主人の転勤が決まりちょうど地元に戻ることになったので一戸建てを検討中です。お互いの両親も近いため子育てもしやすい。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード