注文住宅を建てるステップ

注文住宅を建てるステップ,マイホーム探し,

注文住宅は、建築会社と打ち合わせをし、1から注文して建てる住宅のことです。

外観から間取りまで、自分たちで決めることが出来るので、まさに理想のマイホームを手に入れることが出来ます。「他にはない自分たちだけの家」をつくりたい、家へのこだわりが強い人にはピッタリです。

でも、1から家づくりをするとなると、どれくらい時間や費用はかかるの?本当に希望通りの家を建てられるの?そんな疑問を、一緒に解消していきましょう!

情報収集スタート!

注文住宅を建てるにあたり、まず最初にしなければならないのが、土地探しです。

住みたい場所・地域から土地を探すのか、住みたい理想の家に合う条件から場所・地域を探すのか、探し方はそれぞれです。

庭は欲しいのか、部屋数はいくつ欲しいのか、何階建てにしたいのか、などによって、土地の形や広さは変わってきます。将来の家族構成や、キャリアプランなどを洗い出して、「理想のマイホーム」に合った土地探しをしてみましょう。

「現実」に向き合う

ご存知の通り、「マイホームは人生で一番大きな買い物」と言われるほど、家を建てるには大きなお金が必要になります。

キャッシュで買えてしまう人はかなり稀で、大体の人は住宅ローンを利用して家を購入します。住宅ローンには様々な種類がありますが、35年ローンで毎月定額を支払いが一般的のようです。

世帯年収や、夫婦の年齢を考慮し、返済計画をしっかり立てた上で、現実的にどれぐらいの予算で家を購入できるかをしっかり落とし込んでいきましょう。

土地と建物を決める

全体的な予算を立てたら、それに見合った理想の土地を探すと同時に、ハウスメーカーを探し始めましょう。

実は、ハウスメーカー探しは土地探しと同じぐらい悩む人が多いのです。ハウスメーカーによって、デザインも建築方式も全く違ってくるので、昔から好きなハウスメーカーがあったとしても、まずは慌てずに色んな会社の住宅展示場に行ったり、完成見学会に訪れて、じっくり依頼先を絞り込んでいきましょう。

ハウスメーカーによっては、土地探しを手伝ってくれる所もあります。住宅ローンを組む前にしっかりと土地や建築費用の見積もりを用意しておくとスムーズですよ。

住宅ローン開始

土地を購入する際、全額ローンを組めるかというとそういう訳ではなく、まずは頭金が必要となります。一般的には土地の購入額の10%~20%程度とされています。

頭金を支払った後、「建築確認申請」などの必要書類を提出し、事前審査に通ったら、無事住宅ローンを組むことが出来ます。これらの必要書類作成は、依頼すれば建築会社や不動産会社が請け負ってくれますが、きちんと自分でも確認・把握しておくとより安心です。

着工&引き渡し

建築確認申請が取れて、住宅ローン審査にも無事通過したら、いよいよ工事開始となります。着工の前には、まずご近所さんに挨拶に行きましょう。長いお付き合いとなるので、工事の騒音なども含めご挨拶おくと安心です。また、着工前に安全祈願のための地鎮祭をしたい人は済ませておきましょう。

どんな家にするかにもよりますが、着工から家の完成・引き渡しまで、一般的には約4~5ヶ月かかります。工事中も、何度か現場に行き、建築会社や職人さんとコミュニケーションを取っておくことで、完成後のトラブルを最小限に減らすことが出来ますよ。

新築マンションを購入するステップ

新築マンションを購入するステップ,マイホーム探し,

マイホームなら、新築マンション一択!という人も少なくないはず。

マンションは、駅チカ・セキュリティが安心・365日24時間ゴミ出し可能・宅配ボックスあり・管理人さんが常駐など、色々なメリットがあります。
それに加え、新築マンションとなると、新品のきれいな部屋だけでなく、最新のシステムやセキュリティも期待できます。

では、新築マンションを買うにあたり、どんな流れになるのかを一緒にチェックしてきましょう!

情報収集スタート!

新築マンションを購入するにあたっても、注文住宅同様、まずはどの地域に、どんな風に暮らしたいかを考えましょう。将来の家族構成やキャリアプランなどを洗い出して、部屋はいくつ欲しいのか、学区や仕事場までの距離を調べ、理想の場所を絞っていくと同時に、どんなマンションが売り出されているか情報収集を開始していきます。

人気の新築マンションは、発売してするに売り切れてしまうこともありので、早めの情報収集は大切です。

マンションは、購入の申込みをしてから売買契約までの期間が短いので、事前にしっかりと予算についても家族で話し合っておくと良いでしょう。

モデルルーム見学

新築マンションの多くが、モデルルームの見学が可能です。バーチャルで行うところも増えてきました。

モデルルーム施工前だと、チラシやネット情報からしかマンションについて知ることが出来ませんが、モデルルームを見ることで、マンションの内装が具体的に分かり、どんな暮らしが出来るか想像がつきやすくなるので安心です。

最近では、見学前に1時間程度の説明会を実施するところも増えています。

見学には事前予約が必要なことが多いので、情報収集の際に予約についても下調べしておきましょう。

購入申込&売買契約

購入したいマンションが決まり、希望する部屋に空きがあれば、購入申込みや購入予約に進みます。

申込証拠金として、数万円を支払うケースもあり、この証拠金は後に申込みキャンセルをしても戻ってこないので注意です。

マンションの不動産会社と正式な売買契約が結ばれたら、次に住宅ローンの申請が始まります。

新築マンションでも、注文住宅と同じく頭金および必要書類が必要となります。不動産会社の「提携ローン」を使えば、資料を用意してくれるので手間が省けて便利です。

引き渡し

全ての売買契約における手続きが終了したら、部屋の引き渡しとなります。
入居前・鍵の引き渡し時に、事前説明として不動産登記に関する説明などが行われます。

さらには、引っ越しについて・マンションの管理について・火災保険についてなどの詳しい説明もあり、申込書類などを貰えるので、しっかりと確認しながら手続きを進めていきましょう。

また、新築マンションが施工前に売買契約を終わらせた場合は、施工完成後に部屋のチェックなどがあるので、契約と異なる部分がないかチェックしましょう。

中古マンションの場合は?

出来るだけ駅チカのマンションに住みたい!でも、住みたい地域に新築マンションが無い、もしくは購入費用を出来るだけおさえたい、という人には、中古マンションがおすすめです。

築浅であったり、前の住人がリフォームを済ましていれば、新築同様にきれいな部屋を見つけることも出来ます。また、中古だと両隣や上下の住人がどんな人達か把握できるので、安心です。

中古マンションは、仲介業者を通じて探すのが一般的ですが、売買契約前後の基本的な流れは新築マンションと変わりません。

新築戸建てを購入するステップ

新築戸建てを購入するステップ,マイホーム探し,

新築戸建て、いわゆる「建売住宅」は、注文住宅よりお手頃価格で、いいところがあれば出来る限り早く引っ越したい人におすすめです。

土地と建物の金額が既に決まっているので、自分の予算内で探しやすく、住宅ローンの計画も始めから立てやすくなります。

また、既に家が建っている場合は、しっかりと中を見てから決められるので、「思っていたのと違った!」というトラブルも無くなります。

では、新築戸建ての購入の流れを一緒に見ていきましょう!

情報収集スタート!

まずは、自分の理想の戸建ての条件と予算を洗い出しましょう。

部屋数や間取り、庭や駐車場の有無など、「これは絶対に外せない」「これは妥協できる」など、ある程度頭の中で思い描いてから、ネットや不動産会社を通して、予算内の物件を探していきます。

これは全ての住宅に言えますが、仲介業者を通して家を探し、購入すると、仲介手数料がかかります。しかし、自分で探す手間が省けるので、子育て中や妊娠中で動き回るのが大変な時はとても便利です。

現地見学

新築戸建は、既に建っている物件もあれば、これから建てる物件もあるので、いつ見学できるかどうかもチェックしておくことが重要です。

施工中の物件であれば、構造見学会などを通じて現地の見学をすることも可能です。

完成済の物件であれば、実際に住んだときのイメージがしやすく、今ある家具や新しく買う家具のサイズなどもすぐに測ることが出来るのでスムーズです。

施工前であれば、ハウスメーカーに間取りや完成予想図などの資料を貰うことが出来ます。

購入申込&売買契約

見学会などに行って、良い物件に出会うことが出来れば、購入の申込みに進みます。

人気の物件だと、見学会初日に売れてしまうこともあるので、ここにしよう!という強い希望がある場合は、早めに申し込むことをおすすめします。

ここでも、新築マンション購入時と同様に、キャンセルしても返金されない申込証拠金を支払う場合があります。

申し込み後、「重要事項説明」を受け、売買契約の流れとなりますが、頭金が必要となるので、用意しておきましょう。頭金を支払い、住宅ローンの審査が無事通過すれば、売買契約完了となります。

引き渡し

建物の完成前に売買契約を行った物件の場合、物件が引き渡される前に「建物の内覧」をします。この時に、事前に確認したところと相違がないか、しっかりとチェックしておきましょう。

相違があった場合、それは契約違反となるので、すぐに申し出て、直すか直さないか、直すのにどれくらい時間がかかるかなどを相談しましょう。

仕上がりに違が無ければ、無事引き渡しとなります。また、建築済の物件であっても、引き渡し前に再度しっかりと部屋の内部を確認しておくことで、引き渡し後のトラブルを防げますよ。

中古戸建ての場合は?

気に入った地域に住めるのであれば、新築にこだわらない、出来るだけ費用をおさえたい、という人には、中古の戸建てもおすすめです。

中古戸建ては、前の住人の人のこだわりが詰まっていることもあり、住まいの好みが合えばとても住みやすい家に自分で建てることなく住むことが出来ます。

また、築年数が古かったり、少し暮らしにくい間取りだと感じても、リフォームすることが可能なので、その費用も踏まえて家探しをすると良いでしょう。

迷ったらプロに相談してみよう

家の相談をする家族,マイホーム探し,

これからの将来設計を立てた時に、自分の家族にとって、マンションが良いのか、戸建てが良いのか、戸建てなら、1から建てた方が良いのかなど、候補は色々浮かびますよね。頭ではしっかりと理想が描けていても、実際に物件を見てみたら思っていたのと違った…なんてことも多々あります。

まずは、不動産屋やハウスメーカーなど、住まいのプロに気軽に相談にし行ってみましょう。ベストな選択のためのアドバイスをたくさんくれるはずです!

まとめ

一戸建て、マンション、新築、中古、どれにもメリットとデメリットがあり、また予算によってもどれを選べるか変わってきます。新築のマイホームを1から建てるにしても、どのハウスメーカーを選ぶかによって完成図は全く違うものになるので、自分にとってベストな選択は何かを、まずは家族みんなでゆっくり話し合ってみましょう。

そして、話し合うだけでは絵に描いた餅。大体の理想図が固まったら、早速気になるハウスメーカーや仲介業者などのプロに相談しに行きましょう!

新しい視点から、自分たちに合った住居を提案してくれるので、選択肢がさらに広がるかもしれませんよ!(執筆:永井)

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。