Q.パパになる自覚がない夫に対して、最もやってよかった方法を教えて!以下の質問についてもお答えください!

・具体的な対策方法
・商品の名前、メーカー名、値段(使ったものがあれば)
・お子さんの性別
・お子さんの月齢、年齢
・どのような点がやってよかったと思ったか
・いつからはじめて、いつまで行ったか

A.やってよかった「パパになる自覚がない夫への対策」は、「話し合いを重ねた」が37%!

パパになる自覚がない夫の対策グラフ,パパになる自覚がない夫,

コズレ会員のみなさんに「パパになる自覚がない夫への対策」についてアンケートを行った結果、

・1位:話し合いを重ねた(37%)
・2位:先輩パパからの話を聞かせた(11%)
・3位:親戚の子どもを見せる(7%)
・4位:夫の母親から説得してもらった(2%)

という結果になりました。

以下では、アンケート結果の中から先輩ママパパの口コミの一部をご紹介します。ぜひみなさんも「やってよかった!」と思える方法を見つけてくださいね。(n=546)

A.やってよかった「パパになる自覚がない夫への対策」は、話し合いを重ねた!

まいたそ?さん

今5ヶ月の女の子がいます。今は夫もかなり慣れて、泣いてれば抱っこしたり、おむつ変えたり、抱っこ紐して寝かしつけてくれたり、あとはミルクの分量やら今日の様子やらいろいろ関心をもってくれます。

が、最初の頃はどうしていいのかわからないのか、泣いてても放置が多くて、イライラすることばっかりで、よく喧嘩しました。その度に一つずつ話していきました。

また、こーすると喜ぶよーとか、丁寧に一つずつ教えてあげて、見せることで、少しずつ接し方が慣れてきたようです。もともとそんなに育児に消極的というわけではなかったので、そこは助かりました。

育児は2人でやるものです。ママ自身のためにも、必ず話し合いをして、子どもとの接し方を見せてあげて、ゆっくりわからせるのがとっても大事です。

N03さん

・具体的な対策方法、話し合い
・商品の名前、メーカー名、値段(使ったものがあれば)
たまひよの本
・お子さんの性別

・お子さんの月齢、年齢
0歳4ヶ月

・どのような点がやってよかったと思ったか
旦那が赤ちゃんに対して、泣いても放置でいい、あまりだっこするなと昔の間違った育児を信じていたので、たまひよやネットの情報を見せそれじゃぁダメだ!と話し合って育児をしていくようになった。

匿名さん

とにかく「妊婦さんってこんなんだよ」「これは妊娠中良くないんだよ」「今赤ちゃんこのくらいみたい」などを男の人は体感できないので、逐一話をしました。

夫はタバコを吸っていたのですが、つわりがそこそこあり臭いつわりになった時にこれはチャンスだと思い、色んな臭いが辛いと話してからは、会社では吸いますが家では基本的に吸わなくなってくれました。

ガミガミ言うのは相手にストレスかなと思うのですが、どうして欲しいか簡潔に伝えるのがうちには合っていました。何も言わないと分からないことも多いのが男性なので、逐一簡単に説明する事を心掛けています。 

妊活の際も、生理や排卵の仕組みもしらなければ、妊婦健診という言葉も最初知らなかったので、説明をしたり、現在では洗濯物を干してくれたり、悪阻で辛いときには寄り添って擦ってくれたり、何か欲しいものあるか聞いてくれるようになりました。 

他にも出産についてのノウハウが書いた本を一緒に読むのも効果あったのかな、と今では思います。

匿名さん

切迫早産で危ないっていう時に、自営業なのでほとんど手伝い。早く帰っても、5日連チャンで飲みに出る旦那。本当に辛いマタニティライフでした。

だけど産まれた直後から変わってくれて、本当に安心しました。産まれないとわからないことたくさんあるけど、ちゃんと十月十日の間も支えて欲しいし、ずっと居てほしかったのが本音。

匿名さん

少しずつパパにしていこうと話し合ったり、これをやってとその都度お願いをして、旦那に手伝ってもらうようにお願いをしていった。

女の子
7ヶ月

昔は、なんでもやってもらえるという環境で育ってきたので、今は共働き社会になってきてるので、少しずつ手伝ってもらえるように仕向けてる最中です!

よせまるこさん

息子、0歳4ヶ月。

仕事柄飲み会が多いのは分かるが、産まれてから大変、産まれる前も大変ということを常日頃から伝えており、飲むなら我が家でという条件にしました。例え飲みに出たとしても、門限を作りました。その結果、ちゃんと約束を守り、私もストレスなく育児が出来てます。

2525パインさん

うちのパパは釣りが大好きで、子どもが産まれてからも毎週釣りに出かけていました。私の実家がすぐ近くなので、孫の面倒を見に手伝いに来てくれていたため、不自由ではなかったのですが、そこが悪かったですね。

パパは私の実家に頼りっぱなしで、好きな時だけ子どもにかまうようになっていきました。生後5ヶ月がたち、子どもの生活リズムもわからないパパに、さすがにこのままではまずい!と話し合いの結果、釣り禁止期間を設けることになりました。

この期間は、子どもの生活リズムを知る。を目標に過ごすことにしたのです。子どもと過ごす時間が増え、パパにも少しは自覚がわいてきたかな?そう期待したいです。

sk0604さん

生後6ヶ月の女の子です。夫がパパの自覚がまだないと思ったので、1週間に1回だけママは手を出さず、パパだけで育児をする方法を始めました。

そのおかげで普段から少しずつですがミルクをあげてくれたり、おむつを変えてくれたり、すすんでやってくれるようになりました!!

匿名さん

妊娠中にはまったく父親になる!という自覚がなかった夫でした。妊娠中の身体の辛さなども全然わかってくれなくて、外出中、イライラしてしまったこともあります。

先輩ママに相談したところ、男は生まれるまでそんなものだよと言われて、逆に納得してからあまり期待をしないようになり、心が軽くなりました。が、これから赤ちゃんをむかえるにあたり、金銭的なことや生活のことなどをきちんと話し合いました。

おかげで、夫はタバコを辞めてくれ、家事も少しですが手伝ってくれるようになりました。いまは、子どものお世話を進んでみてくれます。

匿名さん

パパにたくさん抱っこしてもらって、子と父の間でコミュニケーションをたくさん取らせる。そうする事で日々の成長が目の当たりにでき、それが喜びになり育児が楽しく感じてもらえる。

ママじゃ埋められないものを、パパが埋めるという役割分担があるという事をわかってもらう。

匿名さん

何度も何度も約束しては裏切られました。ですが、諦めずに話し合い、裏切り、喧嘩を繰り返した結果、少しずつやってくれるようになり、その度に感謝の言葉を出すようにしました。

今では家事、育児を立派にやってくれています。まだまだ完璧ではないですが、それは私も同じなのでこれから少しずつお互いに成長していきたいです。

匿名さん

健診行くたびに、エコー写真や大きさ、体重とかを伝えてました。

性別はわかった瞬間に伝えてから、たくさんの名前の候補とか出してきたので、パパになる自覚がその時から芽生えたのか、産まれたらあれやりたい。これやってあげたい、というのを積極的に伝えてきてくれたかなぁって思います。

匿名さん

いま6ヶ月目の初めての妊婦です。お腹に赤ちゃんがいると分かった8週の頃から、うちでは赤ちゃんに呼び名をつけて、たくさん旦那と赤ちゃんの話をしてきました。

あとアプリを共有して、日々赤ちゃんの変化、自分の状況や健診の結果を載せることで、彼も積極的に情報を得るようになってくれた気がします。

匿名さん

妊娠初期から、アプリや雑誌等での情報を一緒に読んだり、役に立つならと思う知識を見つけたらサイト送ったりして、なるべくパパママでの知識情報量の差がないようにした。

子どもが生まれてからどうしても育児にかける時間が違うため、経験の差が出てしまうが、今でもこのアプリでのコラム等を共有している。

匿名さん

疲れてる雰囲気をかもし出した。パパが帰ってくるとうれしそうだよ?っと伝え、息子への愛情をUPさせた。また、子育てグッズ選びを一緒にした。何にでもこるタイプなので、私が何となくコレと決めようとすると、機能や使い勝手、品質色々見て選んでくれた。

チャイルドシートや抱っこ紐は夫の意見で決めました。エルゴベビーの抱っこ紐は、使い方を覚えてしまえば調節も簡単で、夫も積極的に抱っこしてくれました。私が肩こり持ちだったので、尚更やってくれました。

子育てグッズを一緒に選んだり、使い方を一緒に覚えたりするといいと思います。

ふみのすけ☆さん

あまり父親になる実感がないみたいで、ずーっとゲームばかりする旦那でした。なので、胎動を感じた時は無理やりでもお腹をさわらせることや、自らお腹に話しかけるところを見させようと、旦那が気づくようにしていました。

匿名さん

最初の頃、抱っこの仕方も下手だったせいか、生後3ヶ月あたりから腱鞘炎になり、泣いてもあやすために抱っこが必須だったが、旦那はかわいがるも、泣き始めるとすぐにこっちに赤ちゃんを連れてくるので、結局長時間の抱っこは私だった。

腕が痛いということと、泣き止ませることも一緒にしてもらえるのが一番の手助けになることを伝えて、泣いている時のあやしも交互で取り組んでもらうようにした。

やぎさわさん

本を見せたり、参考になる周りのパパの話をしたりした。それでも響いてない場合は、真剣に感情的にならないように気持ちを伝えたり、こうしてほしい、こうやったらいいと思う、など具体的に伝えた。そのあとできた場合は、褒めたりお礼を伝えたりした。

みたろ0708さん

父親としてもっとしっかりしてとか、仕事から帰ってきたら、積極的に子どもがパパとの交流の時間を設けた。

子どもにパパどこー?って言ったり、パパが帰ってきたらパパが子どもと遊べるように、子どもからもパパが帰ってきたらパパは遊んでくれるんだーって認識させるように、お話をしています。

匿名さん

寝かしつけなど、パパでも出来ることをお願いすることで、育児に参加させるようにした。夜泣きが酷い時は一緒に対策を考えたり、月に一度はパパと子どもだけで過ごす日を設けた。

そうすることで、徐々に育児の大変さを理解してくれるようになり、こちらからお願いしなくても手伝ってくれるようになった。

匿名さん

やはりお腹の中で子どもを育てるために、様々な身体の不調が出てしまう女性と、子どもができたと言われても、自分には何の変化もない男性とでは、やはり考え方も行動も発言も全てが違うと思います。

私は安定期に入るまでは性行為はあまりしたくありませんでしたが、夫はそうではなく…。あまり傷付けないように断るのが大変でした。

なので、通院するたびにエコー写真を見せ、ケータイにその写真を取り込み夫に送り、お義母さんお義父さんにも送ってあげてね、と促し、少しでも父であるという自覚を持ってもらうようにしました。

keikomarimさん

子どもができてもそれまでと変わらず、休みの日は昼前まで寝るところが許せませんでした。私が日々してる事を全部説明して、自分の苦労も聞いてもらいました。

そしたら休みの日は少しでも手伝ってくれようと思ったのか、早く起きて子どもの面倒を見てくれるようになりました。

匿名さん

夫は普段から飲みに行くことが多いのですが、出産予定日間近になっても頻繁に飲みに出かけてました。何度も何度も1から説明し、出産は何があるか分からない。と、突然破水した友達のエピソードも踏まえて毎日言い聞かせました。

A.やってよかった「パパになる自覚がない夫への対策」は、先輩パパからの話を聞かせた!

??ENAさん

うちの旦那は構いたい時だけ構う様な父親で、それが毎日ストレスだったので、私の知り合いの先輩ママや先輩パパに会う機会を増やして、こういう父親はクソだよね、と目の前で分かるように言ったら、効果抜群!

徐々に私が言わなくても、料理してる時など見ててくれるようになりました。まだまだですが、少しずつ治ってきてます!

匿名さん

・先輩パパママ(姉夫婦)の話を聞かせたり、トツキトウカアプリで共有したり、パパの前で胎教として絵本の読み聞かせをしたり、育児本などの情報をよく共有している。また、姪っ子に触れる機会を増やした。

・トツキトウカアプリ、みてねアプリ
・女児

(生まれる前)
・子どもが小さいときからパパが子育てに参加しないと、子どもが懐かないから余計パパが子育てに参加しなくなる傾向があると聞いたので、よく子どもの話題を出している。

・胎動が一日なかった日があり、その日から毎日胎動確認をしてきたり、今日は残り100日だねとか積極的に子どもの話題をしてくるようになった。
・妊娠3ヶ月くらいから

匿名さん

区で開催されている、助産師さんの面接やパパ学級などに参加し、妊婦体験や先輩ママ・パパからの話を具体的に聞いた。また毎日お腹の中の赤ちゃんに話しかけてもらう事で、一緒に育てている自覚を持ってもらった。

匿名さん

もうすぐ4人のパパになる夫。しかし1人目の時から自覚がないというか、新生児を抱っこするにも沐浴もおむつ替えも怖くて出来ない。毎度毎度わたしが全てやっています。

もう4人目がうまれそうな時期で、まだ上の子も小さいので、流石に手伝ってもらわなきゃ困るので、私は友達の旦那さんは、ちゃんと積極的に育児してることを常に話しています。

匿名さん

仲のいい友達夫婦と食事をした時などに、妊娠中の大変さ、体が思うように動かないストレスなど相談しながら、食器洗いの手伝いをしてもらう、洗濯物は交代でやるなど先輩パパの意見を聞いてから、今まで私に頼りきりだった旦那が家事の手伝いをしてくれるようになりました。

やっぱり経験者の話って説得力あるみたいで、胎動をすごくうれしそうにしてくれたり、ゆったりとした服装の提案などしてくれるようになり、喧嘩も少なくなりました!

匿名さん

市がやっているパパママ教室に、早い段階から一緒に行こうと誘いました。先輩パパママの話しを2人で聞く事は、とても意識が高まってくれたので良かったです。

また、産婦人科健診なども一緒に行ける時は常に2人で行き、周りのパパ達も一緒にママと来ているんだという事を認識してもらうようにしました。

えりえりゆうちんさん

職場にいる子持ちの先輩や同期などに、赤ちゃんとの接し方や奥さんとのコミュニケーションの取り方、他にも準備しておいた方がいいものや、レンタルで試した方が良いものなど教えてもらった。また、子供服があるおすすめのお店などを聞いた時は、一緒に選びに行った。

A.やってよかった「パパになる自覚がない夫への対策」は、親戚の子どもを見せる!

Akiaさん

甥っ子が生まれたときからの動画を一緒に見て、子どものイメージ、そして関わり方を見てもらっていました!さらに妹の子どもと関わる機会を設け、妹夫婦とくに妹の夫の子どもとの関わり方を、実際に会ったときみてもらいました!

妹から更新される1歳10ヶ月になる甥っ子の動画を、4ヶ月の娘もこんなふうに成長するのかとイメージしながら、一緒に楽しくみています。

A.やってよかった「パパになる自覚がない夫への対策」は、夫の母親から説得してもらった!

匿名さん

何度話し合いやケンカをしても変わらず、ずっと独身でいるような生活...。嫌気がさし、旦那の母に説教してもらいました。どんな話し合いや喧嘩よりもそれが1番効果あった。

結局男はマザコンだし、自分の親が1番正しいと思ってるから、親に怒られたら素直に聞き入れるんだと思う。

A.やってよかった「パパになる自覚がない夫への対策」 その他の回答

匿名さん

妊娠初期は私の見た目の変化もなく、男の人は体調の変化もないため、妊娠に対しての実感がないようでした。初期から一緒に妊婦健診に行き、エコーを見て心音を聞いたことによって実感が湧いたようです。

それからは、お腹にはなしかけたり、体調が悪いときには進んで家事をしてくれるようになりました。早いうちからパパ育もはじめた方が良いと友だちに言われていたので、これから夫婦で話をしながら、親になる準備をしていきたいと思います。

きなこぉさん

生後4ヶ月、女の子

InstagramやYouTubeで出産をする女性の映像を観ることで、少しだけパパになる実感をしたそうです。ただ、実際は立ち会い出産の翌日に我が子を抱っこした際が、1番パパという自覚をもったようです…(笑)。

winchan28さん

両親学級やプレママイベントなど、積極的に参加させました。嫌がらず、前向きに抱っこ紐やベビーカーのこと考えてくれたり、産まれたらあれやりたいなどといってくれたりしたので、行ってよかったなと。

両親学級で妊婦体験をしてから、今まで以上に体も気遣ってくれるので、そういったのに夫婦で参加するのはいいとおもいます。

みわ29さん

プレママプレパパ教室に2回ほど連れて行き、ほかのご夫婦の話を聞いてもらったり、助産師さんの話を聞いてもらったりして、ママの体の変化、赤ちゃんの成長の過程、出産時にやってほしいことを第三者から知ってもらう機会を作った。

あやーね2720さん

妊娠中は、一緒に病院に行ったり、胎動を感じさせたりして、「お腹の中にいる」という感覚を意識させるようにした。

産まれてからは、おむつ替え、ミルク、爪切り、耳掃除、着替え、げっぷ、など私がやっているほぼ全てのことをやらせるようにした。それによって育児の大変さを実感し、さらに愛情が増えるのではないかと思った。

だんだんと自分は父親なんだ、と分かってきたような気がしています。

na5915youさん

よくツイッターやブログで、夫の非協力的な姿勢を嘆いたり批判する記事があるので、妊娠中にそういう記事をたくさん見せて、「わたしの旦那さんは、こんなこと心配しなくていいからよかった。本当に幸せ。家族が増えるの楽しみだね」と呪文のように言い続けて刷り込みました。

娘は今生後8ヶ月ですが、夫はとても協力的です。たまに不満があるときにはわたしの感情として話すのではなく、誰かのブログ等を見せて、伝えるようにしています。

匿名さん

パパになる自覚がない・子どもが嫌いな旦那に対して取った行動です。

10ヶ月もお腹の中にいるわけですので、毎日お腹の子の報告をしたり、お腹を触ってもらったり、大きくなるお腹を見せたり、健診に一緒に行ったりと、一緒に出来ることを考えました。

またどちらも地方出身ですが、すぐに子育てに参加できるよう、都内で編むことにしました。それらの理由をきちんと話し、理解してもらうまで伝えました。

rinrin109さん

産前から複数の父親教室などに参加させ、妊婦の大変さと、出産後の赤ちゃんのお世話や、妻であるわたしの精神的ケアの重要性について学んでもらった。

もしあの教室に参加していなければしてもらえなかったこと、理解してもらえなかったことなどたくさんあったと思うので、とても意義のある時間になったと思う。

匿名さん

ファミリー教室や、妊婦健診で一緒に行ける時は一緒に行って、行けない時はエコー写真を見せてました。

女の子
生後4ヶ月

自覚あるの?って聞いた時に無いって言われてから、毎日のようにお腹の赤ちゃんの話をしてました。

ゆかぽにょさん

「トツキトオカ」というアプリを連携して、一緒に大きくなっていく子どもの姿を目で見られるようにしました!他には自分でつけた名前だと愛着が湧き、パパになる自覚がでると思ったので、子どもの名前を夫に考えてもらいました!

最終的には2人で相談して決めましたが、自分が提案した名前がつき、とてもうれしそうでした!

匿名さん

土日は泣いてもパパがお風呂担当と決めていました。母乳育児だったため、なかなかパパの自覚が芽生えるのが遅かったと思う。2歳からは付録絵本などを作るのはパパの担当と決めて、土日を楽しみにしています!めばえやベビーブックなど。

ひとひとひとさん

最近は育児雑誌にパパに読ませる物も付いてくるので、事あるごとに読ませました。あとは、毎回は無理でも休みの時で予定が合う時には、一緒に健診に行きエコーを見る事で、本当に赤ちゃん産まれるんだなと自覚させました。

後期になると赤ちゃんらしい顔がエコーでも見られるので、パパ似だね!とか言って自分の子だということを認識させました。

匿名さん

第一子であったが里帰りせずに、おむつ替えやミルクあげ、お風呂等全て一緒に本を見ながら、また動画を見ながら覚えた。ちなみに私は産院で教えて貰っていたが、そこは主人には教えずに私もレベル1を装って一緒になって勉強した。

初期段階で夫婦共に同じスキルを身につけて、一緒にレベルアップしたので連体感が備わった。

使用商品:ナシ
女の子11ヶ月

期間:産まれる前のお父さんお母さん教室から出産後、現在

匿名さん

私と一緒に妊婦健診(妊婦健康診断)に行きました。地域自治体にもよりますが、妊婦健診は妊娠期間中で約14回設定されており、多くの健診施設や分娩施設でパパの同伴が可能です。

妊婦健診は回によって内容が異なりますが、赤ちゃんの心音を聞けたり、パパの同室が許可される超音波検査(エコー検査)室で、赤ちゃんが動いている様子を見ることができたりする回は、そう多くありません。

赤ちゃんの存在を実感するために、積極的に参加させました。妊娠中から、一緒に赤ちゃんの事を学んだりしていたお陰か、産後も積極的に子育てに参加してくれています。

匿名さん

立ち会い出産をしたことで、なんとなく変わった気がします。夫の場合は、1人目の時は立ち会い出産に絶対間に合わない状況だったので、ラインのみの報告でした。そのせいか、全てにおいてどこか他人事と言う感じで、父というより親戚の人でした。

2人目の時初めて立会いをし、私と子どもが頑張っているところ、生まれたての我が子を抱いた時、本当に感動したそうです。それ以来子どもへの接し方がお父さんになったように思います。

MaRi★さん

共有アプリを使用する。
アプリ名:トツキトオカ
男の子、5ヶ月

妊娠中の赤ちゃんの経過を共有できる。赤ちゃんの経過を共有することで、一緒に出産までの準備や心がまえなどを得ることができる。
妊娠中から出産まで。

こうまま☆さん

大きくなっていくお腹に一緒に話しかけてもらったり、病院は必ず付き添いに来てもらいました。今、お腹の中の赤ちゃんはこんな感じだよ、とか毎日のように話していました。生まれてからも、健診や予防接種にはついて来てもらいました。

チエ♪さん

上の子の時は妊娠中、特に家事を手伝ってくれるわけでもなく、名前どうする?と聞いても、う~ん…という感じで、なかなかスイッチが入りませんでした。

そんな時に企業のセミナーで、沐浴実習やパパ芸人のお話が聞けたりするイベントがあり参加したところ、沐浴は本人もかなり自信があったのもあり、講師の方にも褒められ、産まれた後にはパパの育児はお風呂メインで今もやってくれています。

イベントでおむつ交換の実習もあったので、上の子も下の子もオシッコ、うんちに関わらず交換も気づいたらやってくれています。

匿名さん

生後6ヶ月の女の子です。夫にもっとパパの自覚が欲しかったので、1週間に1回、パパだけ育児をしてみました。その時わたしは育児に手を出さず(ちょっと遊んだりあやしたりする程度はやります)、見守ります。

そのおかげか、今ではすすんでおむつやミルクをあげてくれたりします!!

匿名さん

妊婦用アプリを旦那にもインストールしてもらい、おなかの中で胎児がどんな風に成長していっているのか、女性側の体調の変化などを情報共有した。なるべく早く愛着や、親となる実感を持ってもらう為、旦那主体でこどもの名前を決めた。

nicomeさん

予定日よりも早く緊急帝王切開で産まれたため、産んでから実家に帰ることにしたけど、一般的には1ヶ月で程度帰るところを1週間にした。

1ヶ月も帰っていたら、旦那さんが赤ちゃんのお世話を覚えられないし、パパとして自覚を持って接してほしかったために早く家に戻った。そのおかげか今もよくお世話してくれる気がする。

mimi819twさん

自覚が無いわけではなかったが、男親は女親に比べると実感が湧きづらいと感じたので、赤ちゃんの成長過程を詳しく伝えるようにした。例えば、そろそろ外の音が分かるようになってきたみたいだよ、話しかけないとお父さんって認識してもらえないかもよー?など。

みーこ0574さん

長男の時なんですが、何も手伝ってくれず、言っても「今、忙しいから無理」とか言われてました。わざと「パパおはよー」とか「パパとお風呂入ろうか!」など言っても、「何かにつけてパパをつけるな」など言われました。

何しても駄目だったので、息子が4ヶ月ぐらいの時からパパがいない時に「パパ」って教えてました。8ヶ月ぐらいで「パァ」と言いながら主人を見て笑いました。それが良かったのか、何でもしてくれるようになりました!!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード