母親学級と両親学級について

母親学級と両親学級の違いは?

妊婦女性,両親学級,

母親学級と両親学級。名前が違うので、想像がつくかもしれませんね。大まかに言うと、母親学級は妊婦さん、両親学級は夫婦が対象です。

母親学級では主に、妊婦さんの栄養指導や出産の基礎知識を教わります。初めての妊娠出産に対する正しい知識を得て、不安を取り除く場所ととらえてもよいでしょう。

一方の両親学級では、妊婦さん向けの内容と、パートナー向けの内容を教わります。男性向けの妊婦体験や、赤ちゃん人形を使った沐浴指導などです。それぞれの具体的な内容は、後程ご説明していきますね。

母親学級や両親学級という名前ではなく、自治体や産院独自のネーミングがあるところもあります。プレママだけを対象としているか、男性の参加も促しているかで内容が違いますので、対象をチェックして参加するようにしましょう。

母親学級や両親学級の費用は?

母親学級や両親学級にもよりますが、参加費がかからない場合が多いです。無料で参加できるとあれば、気軽に参加しやすいですよね。

主催する自治体や産院によって、参加費とは別にテキスト代や飲食代などがかかる場合もあるようです。ご自身の参加できる母親学級や両親学級を調べ、参加費などの有無をチェックしてみてくださいね。

母親学級・両親学級の申し込み方法|予約制や事前申込制も

母親学級・両親学級は、定員があるため事前に申し込みが必要な場合が多いです。うっかり申し込みを忘れないよう、申し込み締め切りがいつなのかをチェックしておきましょう。

主催している自治体や産院によって、申し込み方法も違います。電話で申し込むほか、メールや直接受付に行く、往復はがきで申し込むなどです。

また学級にもよりますが、「妊娠5ヶ月から8ヶ月までの方におすすめ」「初めて妊娠・出産を迎える方」などと注意書きがある場合があります。

ご自身の妊娠週数と母親学級のおすすめする妊娠週数が合う時期に行けると、その時期特有の不安や悩みなども相談しやすくなりますよ。

母親学級・両親学級へ行く際の持ち物は?

母子手帳には、母親学級や両親学級への参加有無を記載する欄があるものもあります。参加する母親学級や両親学級にもよりますが、母子手帳は必ず持参しておきましょう。

また、ハンドタオルや筆記用具を持っていくと安心です。タオルは沐浴指導がある時に、実際に赤ちゃんの人形を沐浴させた後、手を拭くのにあると便利です。

参加する学級にもよりますが、テキストなどがない場合もあるため、筆記用具があるといいでしょう。気になったところや、大事なことをメモするのに使いましょう。

母親学級の目的は?いつ頃参加する?

出産を迎えるママの不安を解消してくれます

母親学級の様子,両親学級,

初めての妊娠、出産を控えた方は、わからないことばかりで不安になっている方もいるでしょう。そんな不安を取り除けるのが、母親学級です。

母親学級は、保健所や母子健康センター、産院などで行われています。育児グッズ専門店などで、簡易的に開催されているものもあります。プログラムは、それぞれ主催する自治体や産院などにより違ってきます。

一般的には、妊娠中の食生活やお産の流れ、産後の赤ちゃんとの生活について教わったり、妊婦体操や呼吸法を実施したり、授乳体験、沐浴体験を行ったりします。

妊婦さんのお友達作りにも最適

母親学級は、お友達を作るのにも良い機会です。特に、結婚して新しい土地に来たという方は、周りに気軽に話せるお友達もいないこともあります。

初めての妊娠・出産をする妊婦さん同士なので、立場も同じです。不安な気持ちや妊娠中のプチトラブルなども共感しやすく、お友達が作りやすいですよ。

特に、自治体や産院主催の母親学級では、出会う方と住んでいる場所も近い可能性があります。出産後に、お互いの赤ちゃんを交えて遊ぶ関係になれることもありますよ。

いつから参加できる?

母親学級は、特にいつから参加しなければいけないという決まりはありません。妊娠初期向けのものもありますが、つわりや体調が安定してくる妊娠中期から参加する妊婦さんが多いようです。

回数は、妊娠全期にわたって計4回程開催するところもあれば、妊娠中期と後期に1回ずつ開催するというところなど、産院や自治体によって様々です。対象の妊娠週数というのが設定されている場合もありますので、事前に確認してから申し込みをしましょう。

平日や土曜の開催が多い

母親学級によって異なりますが、一般的には平日や土曜日に開催されています。午前のクラス、午後のクラスなど、開催時間もさまざまです。

1回完結のところもあれば、テーマごとに数回に分けて行われる場合もあります。あらかじめ開催日程がまとまって提示されていることが多いので、予定もたてやすいでしょう。

通いやすい場所、通いやすい時間帯の母親学級を探して、一度は参加してみるといいですよ。

母親学級で習える内容は?

妊娠中の栄養・授乳中の食事などのアドバイス

お茶を持つ妊婦,両親学級,

妊娠中の食生活について、主に栄養士が説明してくれます。塩分や糖分を採りすぎていないか、栄養バランスはどうかなど、カロリー計算してくれるところも。

また、産後、母乳育児をしたい方向けに、母乳が出やすい食生活や食事メニューについての話もしてくれます。なかには、BMI指数をはかるところもありますよ。

妊娠中、どうしても塩分を取りたくなることもあると思います。体に悪いと分かっていても、ジャンクフードやラーメンなどが無性に食べたくなることもありますよね。

そんな時にどうすればいいか、相談に乗ってもらうのもいいですね。代用できる食材や、塩の代わりにレモンを使用してみる…など、調味料の工夫の仕方や、アドバイスをもらえます。

妊婦体操やマタニティーヨガ

母親学級によって違いますが、妊婦体操やマタニティヨガなどを教えてもらえることもあります。妊娠中に適切な運動をすることで、出産時に必要な体力をつけたり、産道を柔らかくしたりすることができます。

身体のストレッチはもちろん、メンタル面でもリラックス効果があると言われています。一人でできる体操や、夫婦でできる体操なども教えてもらうこともありますよ。

また、こむら返りなど足がつった時の対処法や、なかなか眠れない時に楽なポーズなどを教えてくれることもあります。気になることがある時は、積極的に質問してみましょう。

出産のイメージづくり

初めての出産となると、入院時に必要なものは何なのか、いつ産院に連絡したらいいのかなど、わからなくて不安なこともあると思います。

母親学級では、入院時に必要なグッズの説明はもちろん、陣痛が始まってから、陣痛の間隔が短くなり、分娩へとなる流れなども説明してもらえます。

また、分娩時の呼吸法を練習することもあります。実際のお産のイメージを頭に思い浮かべながら、お産に向けた心の準備を整えられるといいですね。

分娩について、不安なことや悩みがある時は、ここで解消しておくといいですよ。

母乳育児やおっぱいのケア

母乳育児がしたい人のために、おっぱいケアの方法や、母乳が出やすくなるためのマッサージを教えてくれます。母乳がでやすくなる食事についても習えることもあります。

母乳育児を希望していても、産後、実際に母乳が出るのかは個人差もあります。母乳育児をするためのコツをはじめ、ミルクの足し方やそのタイミングなども教わります。

乳腺炎や発熱など、産後起きやすいおっぱいのトラブルなどについても説明を受けると思います。事前に知っておくと、トラブルが起きた時にも焦らずに対処できますよ。

授乳体験、沐浴体験

新生児と同じ重さの、約3kgの赤ちゃんの人形を使って、ミルクの与え方や沐浴の仕方を教わります。中には、実際にベビーバスに湯を張って沐浴指導を行うところもあります。

沐浴時に必要なガーゼ素材の沐浴布の使い方や、お湯の温度、洗う手順などを習います。生まれたての赤ちゃんは、とても柔らかくて首もすわっていない状態。慣れないと怖いと思うかもしれません。

少しでも習っておくと、実際に赤ちゃんとの生活が始まった時にも慌てずにすみますよ。

育児グッズの展示、歯磨き指導があるところも

母親学級にもよりますが、育児グッズの展示があるところもあります。粉ミルクをはじめ、哺乳瓶や抱っこ紐などを実際に手に取れると、一気に赤ちゃんとの生活が実感を伴いますね。

また、産後は赤ちゃんのお世話で歯医者などにも行きづらくなることから、妊婦さん向けに歯磨き指導があるところもあります。

おなかの大きな時や産後すぐに歯医者へ行くのも大変なので、しっかり歯磨きすることは大切です。虫歯にならないようにしたいですね。

母親学級の一例

筆者の産院での母親学級

ベンチに座る夫婦,両親学級,

私は11ヶ月の時に参加しましたが、周りのお母さん達は6~9ヶ月の人がほとんどでした。ノンカフェインのたんぽぽ茶を飲みながら、テキストに沿って助産師さんからお話がありました。

内容は、妊娠中の食事面の注意事項や栄養、妊娠中や出産後の体について、産気づいたときの対応など。

栄養面では、前日食べたものを書き出し、栄養士さんがカロリー換算をし、どの栄養が不足しがちなどのアドバイスを個別でしてくれました。

実技では、妊娠時の肩こりや腰痛を和らげるための柔軟運動や、分娩時の呼吸法を教えてもらって練習しました。

最後に病院内の施設見学があり、陣痛室や分娩室、新生児室を実際に見て回りました。全体で約2時間半でした。

これはほんの一例です。皆さんの自治体や産院によって内容も違ってくると思います。実際にどんなことが学べるのか、自治体や産院に事前に確認してみましょう。

両親学級の目的は?いつから?

パパにも妊娠・出産・育児についてしっかり知ってもらう

妊婦夫妻,両親学級,

両親学級は主に、初めて出産を迎えるママ・パパを対象に開催されています。妊娠中の女性の体やホルモンバランスの変化をはじめ、出産や産後の生活について学びます。

自分の体が変化していくわけではない男性にとって、女性の妊娠はとてもわかりにくいもの。女性の大変さは、やはり口で説明されるだけではわからない男性も多いと思います。

また、保健師さんや助産師さんなど専門家から説明されるのでは説得力も違います。専門家の話を聞き、妊婦体験や沐浴体験をすれば、父親となる自覚も今より生まれるかもしれません。

出産というと、赤ちゃんは女性の体から生まれてくるため、どうしても他人事と思いがちな男性も多いはず。両親学級を通して、妊娠・出産ってこんなに大変なんだ、無事に生まれるってすごいことなんだ、と知ってもらいましょう。

いつ頃参加すれば良い?

両親学級は、主催する自治体や産院などによって参加できる時期が異なります。妊婦さんの体調が安定する妊娠中期からを対象とするものが一般的です。

回数は1回だけのところもあれば、4回程にわたって開催するコースもあります。ホームページなどを確認して目安の妊娠週数や回数を確認してくださいね。体調が安定したら夫婦の予定が合う日を選んで1回だけでも参加されることをおすすめします。

土日の開催が多い

平日はお仕事をされているパパも多いことから、両親学級の開催は土日が多いです。午前または午後の時間をたっぷり使って、妊婦さんの体のことや、産後の生活のことを知ってもらいます。

なかには土日もお仕事をされている方もいらっしゃると思います。平日に参加できる両親学級も探してみるといいですね。

友達作りしやすいのは、母親学級

両親学級は、夫婦で参加している方が多いです。中には、ご主人の都合が合わず、妊婦さんおひとりで参加されている場合もあります。

両親学級に一人で参加している妊婦さん同士は意外と話しやすいものですが、夫婦参加となると難しいことも。会話がすべて夫婦で成り立ってしまうため、ご主人といる妊婦さんには話しかけにくくなることもあります。

プレママのお友達を作りたいなと思う方は、母親学級やマタニティヨガ教室など、妊婦さんのみが参加する場の方がいいかもしれません。

両親学級で習える内容は?

母親学級の内容にプラスしてプレパパ向けも

妊婦体験男性,両親学級,

両親学級の内容は、母親学級で学べる内容にプラスして、男性向けの内容が加わります。たとえば、先ほどもお伝えしたような、妊婦体験や沐浴指導などパパも学んでほしい内容です。

赤ちゃんとの生活が想像でしかないこの時期、赤ちゃんの人形を抱っこすると実感がわくことも。また、育児グッズを実際に手に取ることもできるので、今後購入する際の参考にもなりますよ。

妊娠・出産時の女性のサポートをはじめ、産後の育児を積極的に行ってもらうためにも、パパ向けの内容が充実しています。

赤ちゃん人形を使った沐浴体験

母親学級でもありますが、両親学級でも3kg近い赤ちゃん人形を使って、沐浴の練習をします。ベビーバスにお湯を張り、温度を確かめてから赤ちゃんを入れます。

人形となると声を出さないので、気づいたら顔がお湯に浸かってた!なんてことも。しっかり練習して、パパにも赤ちゃんを安全に沐浴させられるようになってもらいましょう。

妊婦さんの気持ちが味わえる妊婦体験

7~8キロの重りがお腹に入った特殊なジャケットを着用して、妊婦さんの疑似体験をします。日ごとにお腹が大きくなる奥さんの気持ち…男性には分かりにくい点が多いですよね。

自然と前のめりになってしまう体勢などを体験することで、妊婦さんの気持ちに沿ってもらうきっかけになるようです。

階段を下りる時の怖さや、両手に荷物がある時の歩きづらさ。自分の足元が見えないことや、座っても靴下や靴が履きづらいこと。妊婦さんの気持ちを知ることが、イクメンへの近道かもしれませんね。

夫婦でできるマッサージやストレッチなどを習うことも

母親学級でも、夫婦でできるストレッチなどを習うこともあります。でも、両親学級では、実際に二人で実践できるので、ここでしっかり習って覚えてもらうといいですよ!

おなかに赤ちゃんや羊水がたっぷり入った女性の体は、さまざまなところに負担がかかります。両親学級で教わったら、自宅でも足や背中をマッサージしてもらったり、一緒にストレッチしたりしましょう。

妊娠中のからだがだるい時に、旦那さんにマッサージしてもらうことで安心感が得られ、夫婦の絆も深まるかもしれませんね。

企業が主催する母親学級・両親学級をご紹介!

ここでは、民間企業主催の母親学級・両親学級の一部をご紹介します。主に子育てに関連する企業が開催しているものです。育児用品を実際触ることができたり、サンプルがもらえたりとうれしい特典付きもありますよ。

【1】マタニティスクール|アカチャンホンポ

全国各地に店舗を構える赤ちゃん用品店、アカチャンホンポのマタニティスクールは毎回予約がいっぱいになるほど人気です。マタニティスクールという名前ですが、プレママ、プレパパが参加できる両親学級です。

パパが積極的に育児に参加できるように、妊娠体験や沐浴、抱っこの仕方やおむつ替えなど具体的に楽しく育児体験をすることができます。最後にはうれしいお土産もありますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】コンビプレママレッスン|コンビ

ベビー用品メーカー、コンビでは、「プレママレッスン」と題して第一子を妊娠中のプレママ(妊娠16週~35週)を対象にレッスンを開催しています。プレパパの参加もOKです。

出産後の生活を想像しながらベビーグッズの選び方のポイントなどのレクチャーを受けたり、実際にコンビのベビーグッズの使い心地を体験することができます。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】プレママ・ストアツアー|トイザらス・ベビーザらス

全国のトイザらス・ベビーザらス店舗で開催している「プレママ・ストアツアー」も夫婦で参加できます。出産準備に必要なものやベビー用品の選び方など、カウンセリングを通してそれぞれのライフスタイルに合った商品を提案してくれます。

抱っこ紐やベビーカー、チャイルドシートなども実際に見て触って使い心地を体験したり、ゆっくり機能の説明を受けて選ぶことができますよ。また、このツアーに参加するとお得に買い物ができるクーポンがもらえます。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

初めて出産を迎えるプレママは、うれしい反面不安いっぱいの日々を過ごしていると思います。

母親学級や両親学級に参加すると、具体的なお産の流れや、出産後の生活をイメージできます。出産や、赤ちゃんとの生活に対するイメージがしやすくなると思いますよ。

どんなことをするのか分かっていると、心構えができますよね。正しい知識を身につけて良い出産を迎えられますように。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。