これだけは押さえるべし!チャイルドシートのあれこれ

チャイルドシートってどんなもの?

チャイルドシート,シート,

チャイルドシートは、赤ちゃんの大事な命を守る車の座席に取り付けるシートです。

日本では、6歳未満の幼児を自動車に乗せる際に使用が義務づけられています。

つまり、チャイルドシートは出産後、退院して車で帰る時から必要なアイテムなんです。

車への取り付け方は2タイプ!適合する車種は要チェック

チャイルドシートにはISOFIX(アイソフィックス)対応固定具に固定する「ISOFIXタイプ」シートベルトを使って固定する「シートベルトタイプ」の2つの固定タイプがあります。

取り付けタイプによって適合する車種が異なるので、チャイルドシートの適合車種のチェックはマストですよ!

同じじゃない!商品によって使用できる期間はさまざま

「チャイルドシートは一台買えば大丈夫!」と思っているママパパもいるようですが、実は商品毎に使用できる年齢は違います。

そのため、「すぐ使いたいのに、まだ使えないものを買ってしまった」ということにならないよう、チャイルドシートを購入する際には対象年齢のチェックが必要です。

次は、選び方のポイントをアンケートや先輩ママパパの声と共にご紹介していきます!

チャイルドシート選びで欠かせないのは安全性。あとはニーズによって様々

チャイルドシートの基本情報がわかったところで、次は先輩ママパパが良いと思ったチャイルドシート選びのポイントをご紹介していきます!

チャイルドシート選びで1番気になるのはやっぱり「安全性」

コズレは、先輩ママパパにチャイルドシートを選ぶ上で最も大事な点を聞いてみました。

1番多かったのは、安全性!
31.1%の人が、最も大事なポイントとして考えていました※。

「安全性」と回答していない方も、決して安全を軽く見ているわけではなく、「安全で当たり前」「チャイルドシート=安全」と考えているようです。

赤ちゃんを守るためのものですから、外せないのは当然ですよね。

その上で、先輩ママパパはどういう点をチェックして選んだのか。さっそく見ていきましょう。

※チャイルドシートに関するWebアンケート※実施期間2018/12/25~2019/1/8※n=1,301人

乗せ降ろしのしやすさ重視のママパパは回転式のチャイルドシートをピックアップ!

腰痛に悩むママ,シート,

「我が家のチャイルドシートは回転式なのですが、大正解だったな!と思っています。乗せやすさ抜群です。」(ばあにゃんさん)

頻繁に赤ちゃんと車でおでかけするようであれば、身体への負担を考慮して乗せ降ろしのしやすさを重視!

回転式のチャイルドシートであれば、いちいち腰をかがめずにスムーズに赤ちゃんの乗せ降ろしができるのでよさそうですね。

車内の快適さを重視しているママパパはコンパクトなものを選択

快適なドライブ,シート,

「使っている車の後部座席が狭かったので、コンパクトさを重視しました。結果として車内でも赤ちゃんのお世話がしやすかったのでよかったと思っています。また里帰り中に実家の車を使用することがあったので、大きいものよりも付け替えがしやすいと思いました」(綿棒さん)

車内での過ごしやすさを重視するならコンパクトなものを選ぶのがおすすめ!という声も。

確かに、大きなチャイルドシートを選んでしまうと車内がぎゅうぎゅうになってしまいストレスになりますし、車内での赤ちゃんのお世話もしにくそうですね。

コスパ重視のママパパは長く使えるかどうかを意識

車とコスパ,シート,

「揃えるものは他にもたくさんあり、チャイルドシートも決して安くない買い物なのでコスパのいいものを選びました。わたしは3人目妊娠中なので買い換えの必要のない長く使えるものを購入して良かったと思っています。」(K@NOmamaさん)

コスパを考えるママパパはロングユースのものをチョイス!

他のベビー用品にもお金がかかることを考えて、長く使える1台を吟味するママパパもいるようです。

先輩ママパパの声から学ぶチャイルドシートの選び方は

先輩ママパパの声を聞くと、絶対条件は「安全性が高い」こと。

その他はライフスタイルによって異なり、
「乗せ降ろしのしやすさを重視するママパパは回転式タイプ」
「車内の快適さを重視するママパパはコンパクトタイプ」
「コスパを重視するママパパはロングユースタイプ」
を選んでいるという意見が多くありました。

では、これらの意見にあわせたおすすめのブランドと商品をご紹介していきます。

ニーズにあわせて選ぶなら「Joie」のチャイルドシートがおすすめ!

安心のヨーロッパ基準!「Joie」シリーズとは?

ジョイー,シート,出典:jp.joiebaby.com

イギリス発のブランド「Joie(ジョイー)」は、イギリスだけでなく、ヨーロッパやアジアなど、世界70か国以上で広く支持されているベビー用品のブランドです。

ベビーカーやバウンサーをはじめ、シンプルでスマートなデザイン、使いやすい機能はもちろん、高い安全性を重視した商品開発を行っています。

安全性試験,シート,

その中の1つチャイルドシートは、「万が一」の時にしっかりと赤ちゃんを守れるよう、ヨーロッパの安全基準をクリアするために、イギリス政府認定の車両用シートテストトラックを完備し、走行テストや衝突実験を行っています。

そんな「Joie」シリーズから、ポイント別におすすめのチャイルドシートをご紹介します。

“乗せ降ろしのしやすさ”なら回転式の「arc(アーク)360°キャノピー付」

乗せ降ろししやすいチャイルドシート,シート,

身体に負担をかけず、赤ちゃんの乗せ降ろしが楽にできることを重視するママパパにおすすめなのは「arc360°キャノピー付」。1番のポイントは、その名の通り片手で簡単に360°回転させられるところです!

子どもをチャイルドシートに乗せようとするママ,シート,

赤ちゃんを抱っこしながら、片手で簡単操作!
車内でのお世話もしやすく、ストレスフリーです。

汗っかきな赤ちゃんのことを考え、通気性にも工夫が施されているので、夏でも快適におでかけが楽しめますよ。

取り付け方式:ISOFIX
使用対象基準:新生児から4歳ごろ(18kg)まで

“車内の快適さ重視”ならコンパクトな「Tilt(チルト)キャノピー付」

チャイルドシート,シート,

おでかけ中の車内スペースをなるべく圧迫したくない!というファミリーにおすすめなのが、「Tilt(チルト) キャノピー付」

コンパクトなので、車内を広く使うことができ、車の中の赤ちゃんのお世話もしやすいです。さらに、6.5kgと軽量なので、乗せ換えが必要な時にも持ち運びがラクラクですよ。

親子で車に乗っている,シート,

※使用カラー(レッド)は現在お取り扱いがございません。

また、大きなキャノピーがついているので、おでかけ中の直射日光もシャットアウト。暑さから赤ちゃんを守ってあげることができますよ。

取り付け方式:シートベルト
使用対象基準:新生児から4歳ごろ(18kg)まで

「ベビーシートGemm(ジェム)」もコンパクト&軽量でおすすめ!

ベビーシートGemm(ジェム),シート,

コンパクトなチャイルドシートとしておすすめな、もう1つのアイテムが「ベビーシートGemm(ジェム)」

新生児の赤ちゃんにぴったりのサイズで、寝ている赤ちゃんを起こさずに持ち運びができる優れもの。持ちやすいグリップで、重さを感じにくい作りになっています。

トラベルシステムでベビーカーに乗せ降ろしする女性,シート,

また、トラベルシステムを採用しているので、チャイルドシートをはじめ、ベビーカーやバウンサーとしても使用することができ、車でのおでかけ以外でも大活躍します!

別売りで車にワンタッチで取り付けができるベースも販売しているので、スムーズに取り付けておでかけをしたいママパパにもおすすめですよ。

取り付け方式:シートベルト / ISOFIX(別売りのベース使用時)
使用対象基準:新生児から1歳半ごろ(13kg)まで

※トラベルシステムとは眠っている赤ちゃんを起こさずに、お家の中や車などへ移動ができるシステムのことです。ベビーカーとしてご使用するには別売りの専用ベビーカーが必要です。

“コスパ重視”ならロングユースの「Stages ISOFIX(ステージス アイソフィックス)」

ステージISOFIX,シート,

コスパ第一!と考えるママパパにおすすめなのが「Stages ISOFIX(ステージス アイソフィックス)」です。

こちらは業界初、ISOFIX対応のロングユースチャイルドシートとして大人気のアイテム。新生児~7歳頃まで使用することができ、買い直す必要がありません。

Stages ISOFIXは6段階のヘッドレストの高さ調節にあわせて肩ベルトが連動して動きます。

長く使えるチャイルドシート,シート,

高さだけでなく、横幅も広がるので、大きくなっても快適に座ることができます。お子さまの成長に応じてチャイルドシートを調整できるのはうれしいですね。

窮屈さを嫌うお子さまでも、大人しく乗ってくれそうです。

取り付けタイプ:ISOFIX
使用対象基準:新生児から7歳ごろ(25kg)まで

※2018年2月調べ

お持ちの車に取り付けできるか、購入前に適合車種をチェック!

チャイルドシートは、お使いの車の車種によって取り付けできるかどうか適合が異なりますので、購入前に必ず確認しましょう。

ご紹介したチャイルドシート及びベビーシートの適合車種は、こちらのサイトで確認できますよ。

商品のチェックは直営店舗で!会員登録でオトクに買い物も♪

はじめてのチャイルドシート選びは店舗で!取り付け相談も◎

カトージの直営店舗,シート,

はじめてチャイルドシートを購入するなら、実際に使用感を確かめるため、店舗への来店もおすすめ。

購入のアドバイスやチャイルドシートの取り付け方法の相談にも乗ってもらえる*¹ので、ピッタリな商品が見つかるはずです!

Joieの日本総代理店を務めるカトージは直営店舗もあり、今回ご紹介したチャイルドシート以外にも多数の商品が展示されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

無料の会員登録をすると「お会計5%OFF*²」や「購入商品の保証1年延長」など、オトクに買い物ができる特典がたくさんついてきますよ!

混雑状況によってはご案内ができない場合がございます
一部商品は対象外となっています。

関東にお住まいの方はコチラ
アーバンドック ららぽーと豊洲
イオンモール幕張新都心
モザイクモール 横浜港北
南町田グランベリーパーク

関西にお住まいの方はコチラ
グランフロント大阪
京都洛北阪急スクエア

中部にお住まいの方はコチラ
ららぽーと 愛知東郷
メイカーズ ピア名古屋
ファボーレ富山

まとめ

いかがでしたか?

チャイルドシートは、子育てアイテムの中でも大きな買い物。
購入後に後悔しないためには、自分たちのライフスタイルにどんなチャイルドシートが適しているかを見極めることが大事です。

先輩ママパパや店舗スタッフさんのアドバイスなども参考に、ぴったりなアイテムを見つけてくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。