家の中には「危険」が潜んでいます!その救世主がベビーゲート

赤ちゃんが待望の“寝返り”を!そろそろゲートが必要?

寝返りする赤ちゃん,ベビーゲート,ベビーサークル,

わが子が生まれてしばらくは毎日、仰向けに寝ている時間がほとんど。そんなわが子もかわいいですが、寝返りすることを日々、心待ちにするママパパは多いのではないでしょうか。

寝返りができた!偉大な成長の第一歩ですし、これを機にいろんな動きが出てくるので本当にうれしいもの。

赤ちゃんの成長は親が考える以上に早く、個人差もありますが、そこからハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩きまで、あっという間にできるようになる子もいます。

ですが、自らの意思で動けるということは、その分、危険な場面に遭遇する可能性も出てくるということ。

おうちの中には大人にとっては安全でも、赤ちゃんにとっては「危険」という場所が実はたくさんあります。そのため、「赤ちゃんの安全を守る」アイテムが必要。その代表格がベビーゲートです!

ベビーゲートとは?フェンスやベビーサークルとどう違うの?

スーパーワイドゲイト,ベビーゲート,ベビーサークル,

ベビーゲートとは、赤ちゃんが危険な場所へ近づかないようにするための仕切りに扉(ゲート)が付いたもの。長方形のパネルを1枚~数枚組み合わせたタイプが多くあります。扉がなく、シンプルに柵として使うベビーフェンスと呼ばれるものもあります。

ベビーフェンスでも危険は防げますが、大人が頻繁に通行する場所には扉付きのベビーゲートがおすすめ。ここは危険!と思われる場所の入口や境界に設置して使います。

他にも、赤ちゃんの移動範囲を制限するアイテムとして挙げられるのはベビーサークル。こちらは赤ちゃんの居場所を円形に囲うアイテムのこと。安全を確保しつつ、そこで遊べるようスペースに余裕を持たせているデザインが特長です。

いちばん危険な場所は…意外?納得?それとも…

幼い子供にとって危険な場所,ベビーゲート,ベビーサークル,

先輩ママパパに家の中で危険だと感じる場所について聞いてみたところ、危険だと思っている場所ナンバーワンはキッチンでした。

火を扱ったり、刃物を使ったりしますし、調理器具や食器、食材を落としたりすることもあり得ますから、赤ちゃんにとっては非常に危険な立入禁止エリアであることは間違いありません。

ベビーゲートなどを設置せず、一瞬でも目を離した隙に何かが起きたら大変!!

2位以下に階段、お風呂、玄関と続く結果ですが、いずれも転落や溺水など命の危険がある場所なので、やはり赤ちゃんへの対策が必要になってきます。

ベビーゲートにはどんな不安や不満があるの?先輩ママパパのエピソード

火や刃物でもしもやけどやケガをしてしまったら…

危険だと感じる場所がトップだったキッチンですが、先輩ママパパはどんなヒヤリ・ハット体験をお持ちなのでしょうか?

「たっちが上手になり始め、始めはキッチンの棚で遊んでるだけだったのがガスコンロのスイッチに手が届き、着火しそうになりヒヤリとしました」(やまうえさん)

「ハイハイするようになって、包丁などの置場所がちょうど手が届くのでこわかった」(simoさん)

など、想像するだけでゾッとするシーンが続々報告されています。

狭いゲートが多く、広い部屋の場合は使えない!

アンケートの回答を見ていくうちに、気がかりな実態が浮かび上がりました。それは、ベビーゲートのサイズ問題です。

ベビーゲートは幅およそ90cm未満など狭いタイプが多く、一般的な階段の幅や居室用ドアの規格、通路(廊下)に合わせたタイプが主流。

キッチンとリビングがひと続きになっている間取りの場合、狭いタイプのベビーゲートでは幅が足りないのです。写真下の赤線部分のように、オープンキッチンであればかなりの幅が必要ですよね

LDKでくつろぐ親子,ベビーゲート,ベビーサークル,
新築のLDK,ベビーゲート,ベビーサークル,

不満としては下記のような声が多く寄せられていました。

「キッチンとリビングの間にドアがないのでゲートが使えない」(526舞さん)

「 幅広いタイプが無かった。 リビングダイニングキッチンを仕切ることが出来なかったので、家具を移動させなければならなかった」(Mipo30330@さん)

「幅の広いものが無かったのでキッチンの少し手前からゲートを使用しています。もう少し広いのがあれば子どもも近くまで来れて泣かずに済んだのではないかと思っています」(るりーさん)

一般的なベビーゲートはドアや通路を仕切るものが多く、いわゆるLDK(リビングダイニングキッチン)として一体化している開放的な空間を仕切りたい場合、サイズが合うベビーゲートはとても少ないのが実情です。

ベビーゲートはLDKなど広いスペースで、マルチに活躍するものがおすすめ

前述のような不満を解消してくれる理想のタイプとして、
広いスペースで使えるベビーゲートがおすすめ!

最近増えている「広々としたLDK」で使える幅広ベビーゲート!

最近の住宅事情と言えば、リビングが広くなっている傾向が挙げられます。キッチン、リビング、ダイニングを独立した部屋とせず、家族がそこで時間を共有できる1つの空間とすれば、全体としては大きなスペースとなります。

幅広いゲートがあれば大きくスペースを分割することができ、赤ちゃんが過ごす場所にもゆとりが生まれます。

ゲート以外にもマルチに使える!

ベビーゲートとして使用する期間が終わった後でも、遊ぶためのキッズスペースがあればよいなという場面はあります。

そのような時、一直線でスペースを区切るだけではなく、L字やコの字に折り曲げたり、角度を変えられたりできると便利。

サークルのように使えれば、そこがキッズスペースになりますし模様替えや成長に合わせた活用ができるのです。

お部屋の中央に赤ちゃんがいる場合、ママパパがスムーズに行き来しにくいことも予想されますが、お部屋の角を利用してそこに子ども用コーナーを設けることも可能。

そこでご紹介したいアイテムが...

横幅はなんと最大358cmまで対応!お部屋のはじっこでも使える!

圧倒的な長さでLDKなど広々空間にもぴったり

スーパーワイドゲイト1,ベビーゲート,ベビーサークル,

今回ご紹介するのは、日本育児の「スーパーワイドゲイト」。

横幅が最大358cmまで使えるという超大型のベビーゲートなんです。このアイテムを使えば、広々としたリビングで子どもの様子を見ながら、大人は安心して家事などをすることができます。

ペットとゲート,ベビーゲート,ベビーサークル,

また、ペットの生活スペースと赤ちゃんを切り離したいという場合でも双方に十分なスペースを確保できるメリットも。

ただ広いだけではありません!お部屋の形やサイズに応じて柔軟に設置、使用できるのがポイントなのです。

お部屋のコーナーにキッズスペースを作れる!壁を2面使ってゲートを有効活用

間仕切り型ベビーゲート,ベビーゲート,ベビーサークル,

幅広タイプであるメリットをさらに活かせるのが、L字などに折り曲げる使い方。幅広のパネルと2つの壁を有効活用!

「部屋の角がデッドスペースになっている…」といった場所でも、上手に仕切ってあげれば、子どもがお気に入りのお部屋になりますよ。中の様子が見えるメッシュなのでママパパにとっても安心な仕様ですよね。

またがなくてもいいから、お部屋を自由に行き来できる!

扉付きベビーゲート,ベビーゲート,ベビーサークル,

扉が付いているから、フェンスタイプなどのゲートに対する不満、またぐのがしんどい、危ない、赤ちゃんが倒してしまうということもありません!

1度や2度ではなく1日に何度も、そして毎日となれば、ゲートをまたぐ時の無理な姿勢で体に負担となるのは避けたいところ。急いでいる時にゲートを倒してしまうというアクシデントも未然に防げます。

壁に穴を開けなくても使用できるポールセットは、賃貸のお部屋にも

どこでもポールセット,ベビーゲート,ベビーサークル,

「スーパーワイドゲイト」は壁にビス留めで使用するものですが、壁に穴を開けずに設置することも可能!賃貸住宅にお住まいの方でもご使用いただけます。

オプションの「どこでもポールセット」を使えば、壁に傷をつけることはありません。しかも、高さの調節だってぐーんと最高245cmまで対応していますから、ゲートがあっても開放感のあるお部屋の過ごし方が実現!天井が高いお部屋でも大丈夫。

2つ使いでベビーサークルにも!安全に遊んでくれて安心感は倍増!

ベビーサークルに,ベビーゲート,ベビーサークル,

さらに、2つつなげることでベビーサークルにも早変わり!赤ちゃんが起きている時間はリビングにたっぷり広げておき、ねんねしているときや来客時には、サッとたたんでスペースを作れるという、ママパパにはうれしい配慮がなされています

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんが活発に動き出す時期には安全上、欠かせないベビーゲート。

危ないからずっと目が離せない!と赤ちゃんだけに意識が集中して緊張した状態が続くと、心身ともに疲労してしまいますよね。

広い部屋を思い切って仕切ることができ、赤ちゃんの安全とママパパの安心の両方を確保してくれる「スーパーワイドゲイト」は、使い方によって、コーナーを子どものスペースにしたり、ベビーサークルとして使ったりと、幅広く利用できるアイテム。

「スーパーワイドゲイト」があればきっと、ママパパにも心の余裕が生まれ、もっともっと子育てが楽しくなりますよ!

※【ベビーゲート】に関するWebアンケート※実施期間2018.12.06-2018.12.10※n=1806

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。