ジャンパーを知っていますか?!

ジャンパーってどんなものなの?

ピョンピョンとジャンプ,日本育児,ジャンパー,赤ちゃん

「ジャンパー」と言われても、妊娠中や小さな子どものママパパには、イメージがわかない方が多いかもしれません。

「ジャンパー」は、赤ちゃんがピョンピョンとジャンプをして遊べる楽しいおもちゃ。遊びながら足腰も鍛えられちゃいます。

ちなみに、「コンパクトにたためる ポップアップジャンパー」は、首がすわってから11kgまでの赤ちゃんが利用できます。まだ、立つことも、座ることもできない時期からジャンプして遊べるんですよ!

歩行器より省スペース!?バウンサーより夢中!?

形は、歩行器にキャスターがついていないものを思い浮かべてもらうと、イメージしやすいかもしれません。

公園などで座面がおむつ型の赤ちゃん用ブランコを目にされたことはありませんか?足をすっぽり入れて座ると、落ちる心配のない、あの座面です。

ジャンパーについているものも同様。自由に伸び縮みするスプリングで支えられています。赤ちゃんの足がちょうど爪先立つくらいの高さに設定をすると、足を突っ張って地面を蹴るたびにピョンピョン跳ねることができる仕組みになっているんです。

まだ立てない赤ちゃんが転ばず、好きなだけピョンピョンできてしまう。足腰も鍛えられますし、何より赤ちゃんが楽しい。

そして、歩行器とは違って、動かずにその場で遊ぶのでスペースをとりません。体を揺らして過ごすという点ではバウンサーにも似ていますが、よりエキサイティングで、赤ちゃんがもっと長い時間をご機嫌で過ごしてくれるアイテムなんです。

「家事の時間が取れた!」~先輩ママたちの口コミは?!

ポップアップジャンパー,日本育児,ジャンパー,赤ちゃん

とはいえ、そんなに便利なの?と思われる皆さんに、「ジャンパー」を利用した先輩ママの口コミをご紹介しましょう!

驚くほど、赤ちゃんが喜んでくれることが分かっていただけますよ。

1人で遊んでくれて助かりました!

店頭にあるのを見て気になって購入しました。

抱っこしていないとグズってご飯も作れないなど困っていました。でも、「ジャンパー」を買ってからは、自分で立ってジャンプで揺れるのがとても楽しそうで20分近く1人で遊んでくれて助かりました。

大きくなってからは、座面の周りについているおもちゃが好きでよく触って遊んでいました。現在2人目を妊娠中でまた大活躍してくれることと思います。

ピョンピョンもおもちゃも大満足!

とにかく元気な子で抱っこしても足をバタバタしたりするので、喜んでくれるだろうと思って購入しました。

予想通り、ご機嫌にピョンピョンと遊んでくれました!座面の周りについているおもちゃで遊んでは、ピョンピョンピョンピョンと飛び跳ねます。忙しそうで、見ていて面白くてかわいいです。

買ってよかったベビーグッズトップ3に入ります。

ハイロー卒業から「ジャンパー」へ

ハイローラックに乗せていましたが、ベルトで固定されるのが嫌らしくよく泣いてしまい、家事ができずに困っていました。

ジャンプをするのが好きだったので、「ジャンパー」なら泣かずに遊んでくれるかと思って買ったら大当たりでした。

家事と育児両立できてよかったです!

ネットで初めて知り、ベビー用品店で試しに乗せてみるとすごく喜んでいたので購入しました。

ご飯を作る間や機嫌よく過ごしてほしい時に乗せると、喜んで遊んでくれて、家事と育児を両立できたので助かりました。

いかがでしたか?口コミからも、赤ちゃんが「ジャンパー」を気に入って夢中になっている姿が見えてきたのでは。

多くの先輩ママの口コミからあがっていたメリットは、「ジャンパー」で赤ちゃんが長い時間1人で遊んでくれるというもの。

首がすわって以降の赤ちゃんは、様々なことが分かってくる時期でもあるので、ママが家事などで自分のそばを離れてしまう、というようなことも敏感に感じて、泣いてしまうんですよね。

家事が思うに任せない、というママたちの嘆きが聞かれる時期に活躍してくれるのが、この「ジャンパー」なんです。

赤ちゃんも大好き、「たためる ポップアップジャンパー」

ポップアップジャンパー,日本育児,ジャンパー,赤ちゃん

こんなに便利そうな「ジャンパー」ですが、検討したものの購入しなかった、という先輩ママの声も。その理由で多かったのは「ジャンパーを置くスペースがない」というもの。

動き回る歩行器に比べれば省スペースですが、たしかに、一見場所を取りそうに見えるアイテムです。

実は、赤ちゃん本舗限定で購入できる「コンパクトにたためる ポップアップジャンパー」は、便利さはそのままに、スペースの問題をクリアできちゃう商品なんです。

ここからは「コンパクトにたためる ポップアップジャンパー」の5つの特長を紹介していきましょう!

【特長1】使わないときは簡単に折りたためて「省スペース」

省スペース,日本育児,ジャンパー,赤ちゃん

「たためる ポップアップジャンパー」の最大の特徴は、「省スペース」。

使わないときは折りたたんでおけば部屋は広々!付属の収納バッグを使って持ち運びもラクラクです。

最大の心配事「スペース」を気にしなくて良いのが「たためる ポップアップジャンパー」です。

【特長2】面倒な組み立てが「不要」

ジャンパーをたたんでいる女性,日本育児,ジャンパー,赤ちゃん

2つ目の特長は、組み立てが「不要」であること。

利用する際に面倒な組み立てが必要だと、「使わないときでも出しっぱなしにせざるをえない」というママパパもいらっしゃいました。

でも、「たためる ポップアップジャンパー」は、軽いフレームを広げてロックするだけですぐに遊ぶことができます!出し入れラクラクですよ。

【特長3】赤ちゃんが遊びに「夢中」

おもちゃに夢中,日本育児,ジャンパー,赤ちゃん

3つ目の特長は、赤ちゃんが遊びに「夢中」になること。

なにより楽しいのはピョンピョンとジャンプができることですが、この「ジャンパー」はそれだけではありません。座面の周りには、かわいいリンゴのラトルや楽しい布絵本など4種類のおもちゃがついています。

おもちゃは本体にセットしてあるので、広げればすぐに使うことができますよ。

ピョンピョンしながらラトル、布絵本、スピナーボール、歯固めなどのおもちゃで遊べるので、赤ちゃんはご機嫌になること間違いなし!ママが家事の時間をとれるかも!?

【特長4】3段階の調節で「長く遊べる」

三段階に調節,日本育児,ジャンパー,赤ちゃん

4つ目の特長は、赤ちゃんが「長く遊べる」こと。

赤ちゃんの成長は早いため、せっかく購入してもすぐに足がついて使えなくなってしまうのでは、というのがママパパから寄せられる心配です。

でも、「たためる ポップアップジャンパー」は成長に合わせて、3段階の高さの調節ができるので、長い期間使うことができますよ。

【特長5】シートを外して洗濯ができるので「清潔」

取り外し可能,日本育児,ジャンパー,赤ちゃん

5つ目の特長は、「清潔」を保てること。

赤ちゃんが小さいうちは、よだれや鼻水などで汚れてしまうことは避けられません。夢中で遊んでいると時にはおしっこやうんちが漏れてしまうことも!?

でも、「たためる ポップアップジャンパー」は座面部分のシートを取り外して洗濯をすることができるんです。いつでも「清潔」な状態で遊ばせてあげたい、というママの気持ちに応てくれますよ。

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんがご機嫌でピョンピョンしてくれる「ジャンパー」のイメージが分かっていただけましたでしょうか?

ママが家事をしている間、少しのんびりしたい、と思った時など、赤ちゃんたちもご機嫌でいてくれて、さらに、足腰がしっかりしてくれるなんて、夢のようですよね。

ぜひ、育児に取り入れてみてください。

赤ちゃん本舗限定の商品ですので、詳しい情報は以下のリンクからご覧ください。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。