Runfee(ランフィ)のハンドル,

大きなシングルエアタイヤで、段差もラクラク乗り越えられる人気のベビーカー「Runfee(ランフィ)」がリニューアル!

Runfee ef(ランフィエフ)」は、これまでの「Runfee」から、どこが進化したのでしょうか?

気になるリニューアルポイントについて、マーケティング担当の大杉さん、デザイン担当の全さんにインタビュー。

今回はママ読者代表として、「ペアレントーク」で育児の様子を動画配信している小林万里江さんがお話を伺いました。

−−「Runfee ef」は、どこが新しくなったのでしょうか?

全さん(デザイン担当)
パッと見てわかるポイントは、まずデザインです。「ブリティッシュレッド」「オーロラネイビー」「フレンチブラック」「プリズムモノクロ」の4パターンを揃えました。

ママ向けのファッション雑誌をチェックしたり、公園に行ってママのファッションチェックをしたり、ママたちに人気のテイストを探ったんですよ。

大杉さん(マーケティング担当)
公園に行って遊んだ後、おしゃれなカフェに行っても気後れしないベビーカーをイメージしました。

街になじむスタイリッシュなデザインなので、カジュアルなおしゃれを意識しながら子育てを楽しみたいママに使って欲しいですね。

ベビーカーに触れる女性,

−−他にはどこが新しくなったのですか?

大杉さん
シートの素材が新しくなりました。帝人(株)の高性能クッション材「エルク®」を使用することで、クッション性が向上しています。

−−見た目ではあまりわからないのですが…

大杉さん
触って比べてみると違いますよ。グッと押してみてください。

−−あっ、ホントだ!以前のものと違う!

ベビーカーのシートを触る女性,

大杉さん
クッション性が高くなると、地面から赤ちゃんに伝わる衝撃が和らぐので、乗り心地が良くなります。

また、「エルク®」は通気性にも優れていて、寝具の素材としても使われています。1年中汗っかきな赤ちゃんでも快適なんですよ。

−−汗をかくと冷えにもつながるので、うれしいリニューアルポイントですね。他にはありますか?

全さん
リニューアルしたデザインの幌にも、ポイントがあるんですよ。

−−ランフィの幌は大きくて、しかもカタチがカワイイですよね。この幌に新しい機能が付いているんですね!

全さん
大きな幌は赤ちゃんをすっぽり包み込むことができます。これから夏に向けて気になる紫外線や日差しから赤ちゃんを守ることができるのですが、花粉も簡単に手で払い落とせる「花粉リリース機能」が付いたんです。

−−私は花粉症なので、赤ちゃんに対しても花粉がつかないか、気になっていました。これはうれしい機能です!

ベビーカーと女性3人,

まとめ

人気のベビーカー「Runfee」から進化したポイントをお聞きすることができました。次回は、リニューアルした「Runfee ef」に引き継がれた便利な機能についてお聞きします!

著者PROFILE

コモドライフ取材班

コモドライフ取材班の丸ロゴ,

楽しい育児をサポートする最新の情報を取材します。

コモドライフ取材班の角ロゴ,

(※本記事は、ベビー用品の「ピジョン」による子育てノウハウ満載の情報サイト『コモドライフ』の提供です。)

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。