妊娠中の胸の変化

妊娠初期は?チクチクした痛みやかゆみ

妊娠初期のイメージ画像,妊娠,胸,

妊娠初期に胸の張りや痛みがあって困ったという方もいるのではないでしょうか?妊娠初期の胸の変化は生理前のものと似てはいますが、その原因は妊娠初期に多く分泌されるエストロゲンやプロゲステロンというホルモンによるものです。

妊娠初期の胸の変化は授乳のためではなく、妊娠によって分泌されるこれらのホルモンの影響によるものです。しかし、胸の変化には個人差があり、痛みを全く感じない人もいれば胸の張りが痛かったという人もいます。

また、痛みの感じたかも胸がジンジンする、ズキズキするような感じやチクチクした痛みなど感じ方も人それぞれです。それ以外にも胸がかゆくなったという人もいます。

対処法

残念ながら胸の張りや痛み自体を止める方法はありません。ですが、痛みを和らげるための方法はあります。まず、大切なのは胸を締め付けすぎないことです。

妊娠前に使っていたワイヤー入りのブラジャーではなく、ノンワイヤーのものやブラトップなどを使用することで胸の締め付けを和らげることができます。

これは、胸の痛みを和らげるだけではなく、これから妊娠中期、後期にかけてさらに変化していく胸の発達を妨げないためにも大切なことです。

そして体をあたためすぎないことも大切です。体があたたまると血の巡りがよくなり余計に胸が張り、痛みが増すということもあります。ですが反対に、胸を直接冷やすなどして急激に温度を下げることも刺激になり逆効果なので行わないようにしましょう。

妊娠中期以降は?

笑顔の妊婦さん,妊娠,胸,

妊娠中期以降の胸の張りは初期とは違い、授乳に向けての準備をしています。具体的な変化としては胸が張ったり、大きくなったりすることが挙げられます。

ですが、胸の変化には個人差があり、いつから大きくなるというものではなく、大きさや胸の張る時期など人それぞれです。また胸の変化は妊娠のたびに違い、上の子がいるママは1人目の時はよく胸が張ったけど2人目ではあまり張らないなどということもあります。

胸が大きくなる

サイズをはかる女性,妊娠,胸,

胸が大きくなるのは授乳に向けて乳腺が発達しているためです。人によっては2~3サイズぐらいアップしたという人もいます。もちろんこの大きさの変化にも個人差はあり、妊娠前とあまり変わらない人もいます。ですが胸の大きい、小さいで母乳の分泌に差がでるわけではないので安心して下さいね。

血管が目立つ

血管のイメージ画像,妊娠,胸,

妊娠中に胸の血管が目立ってきたということもあります。妊娠中の胸は乳腺が発達するだけではなく、胸を巡る血液の量も増えます。そのため、血管が拡張し目立つようになります。

この血管が目立つのは胸以外にも足などにもよく見られます。特に目立つだけであれば問題ありません。ですが、血管が膨らみを持っていてしこりのようにボコっと出ているという場合は注意が必要です。

この場合「静脈瘤」の可能性があります。静脈瘤は血液の流れが悪くなり、滞ってしまうことでできます。特に妊娠後期に子宮が大きくなってくると静脈瘤が目立つことがあります。

静脈瘤ができても何もせずに様子を見ることもあれば手術で取り除くこともあります。もし、静脈瘤かも?と思ったときは医師に相談してみましょう。

毛が生えてくる

悲しげな妊婦さん,妊娠,胸,

妊娠するとホルモンの影響で毛が濃くなったり、増えたりするという経験をされた方は多いのではないでしょうか?乳輪周りに生えている毛もこのホルモンの影響で濃くなったり増えたりすることがあります。

ですが、産後は元に戻ることも多いのであまり気にしすぎないようにしてくださいね。気にしすぎて毛を剃ったりすると余計に濃くなったり、場合によっては皮膚を傷つけてしまうこともあるのでやめておきましょう。

妊娠したら胸はいつから大きくなる?

いつ頃から胸が大きくなる?

妊婦さんの疑問,妊娠,胸,

ではいったいいつ頃から胸は大きくなるのでしょうか?これには個人差があり、妊娠初期の頃から胸が張って大きくなってきたという人もいれば臨月になっても全く張りもなく柔らかいままで大きさも変わらなかったという人もいます。

妊娠中に胸の大きさが変わらないから母乳が出ないということはないので安心してください。ですが、たとえ見た目にはあまり変わらなくても妊娠中の女性の胸は産後の授乳のためにどんどん変化をしていきます。

乳腺の発達をとめないためにも、「ちょっと今までのブラジャーではきついな」と感じ始めたら早めにノンワイヤーのものやブラトップなど乳房をあまり締め付けないものに変えましょう。

乳首の変化

ガーゼ,妊娠,胸,

乳首も妊娠すると変化することがあります。乳首の色が黒ずんでくることもあります。これは妊娠中のホルモンの影響によるもので、産後は色が薄くなることがほとんどなのであまり気にしすぎないようにしましょう。

また、乳輪の辺りにはモントゴメリー腺と呼ばれる皮脂腺があります。これは誰にでもあるもので乳首や乳輪を保護する働きがあります。

妊娠すると乳房が大きくなるように、モントゴメリー腺も発達し、そこから脂っぽい分泌物が出ることがあります。これは特に病的なものではないため気にしなくてよいのですが、この分泌物が固まって乳首の乳腺を塞いでしまうと産後の母乳分泌を妨げてしまうことがあります。

そのため、オリーブオイルなどのオイルでふやかしてから清潔なガーゼなどで優しくふき取るようにしてください。また、乳首を刺激するとお腹が張ることがあるため、切迫早産と診断されている人は妊娠中のケアは避けて下さい。

そうでない人もお腹が張るときはお手入れをしないようにしましょう。お手入れする場合も入浴中に行うと、万が一破水した時に気づかないこともあるので、必ず入浴時以外で行ってくださいね。

垂れるのを予防するには

授乳シーン,妊娠,胸,

妊娠中は胸が大きくなるけど、授乳が終わったらしぼんでまた小さくなるのでは?と気になる人もいますよね。妊娠中や授乳中は乳腺が発達し胸が張り、大きくなりそれに伴い皮膚も伸びます。

授乳が終わると胸はもとの大きさに戻り、さらに脂肪も減り元の大きさに戻りますが皮膚は変わりません。そのため、何もしないでいると胸がそのまま垂れてしまうこともあります。

それを防止するためにはまず、授乳中から授乳用のブラジャーをつけておくことが大切です。授乳中に胸を締め付けるようなブラジャーをするのはよくないですが、逆に何もつけずに過ごすと胸は重力に従ってどんどん下がっていきます。

また産後すぐはあまり運動はできませんが、体調が安定した頃、大胸筋を鍛えるなどして筋肉をつけることも胸の垂れを防止することに繋がります。

胸の垂れとは関係ありませんが、授乳中に片方の胸ばかりを授乳していると胸の大きさに差ができてしまうこともあります。なるべく左右均等に授乳するようにしましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

いかがでしたか?妊娠すると誰もが経験する胸の変化。授乳は産後のママと赤ちゃんにとってとても大切なものです。気になることや困ったことがあるときは、妊婦健診の際にお医者さんや助産師さんに尋ねてみてくださいね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。