cozre person 無料登録
童心社

まいごのどんぐり

まいごのどんぐり
総合ランキング
-位
商品レビュー
4.4
(5件)

まいごのどんぐりの書籍情報

発行日
2002年09月
希望価格
1,300 円
参考価格
出版社
童心社

まいごのどんぐりの商品詳細

コウくんの誕生日のケーキにのっていたどんぐり。どんぐりのおしりには「ケーキ」とかいてあります。コウくんはいつもどんぐりと一緒に遊んだり、さんぽをしたり…でもあるひ、どんぐりは迷子になってしまいます。

内容紹介・読み聞かせのポイント

ダイナミックだけどどこかかわいい絵が印象的なこの絵本。どんぐりとコウくんの素敵な友情のお話です。ケーキにのっていたどんぐり。名前は「ケーキ」とコウくんが名付けました。コウくんは遊ぶときも泳ぐときもさんぽのときもいつもケーキと一緒。でもある日、ケーキが迷子になってしまいます。コウくんに見つけてもらおうと奮闘するどんぐりの姿がとってもけなげでかわいくて、応援したい気持ちになるお話です。お話のラストも必見ですよ。

まいごのどんぐりの基本情報

作者(作) 松成 真理子
作者(文)
作者(絵)
作者(訳)
言語 日本語
ISBN 9784494009008
対象年齢
商品パッケージの寸法 26.6 x 19.1 x 0.9 cm
テーマ
特徴・付録

まいごのどんぐりの新着レビュー

  • 2018/09/12
    avator のん07さん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    4
    1歳ちょっとの姪っ子に対しての読み聞かせですが、興味のある本、ない本がいつもハッキリしてるように思います。 感情込めて読めるセリフの部分が多いと興味津々です。 擬音語で一瞬気を引く事はできますがセリフの方が興味を持っていると思います。 あとはきっと頭の中に残ってるのは絵や色のイメージなんだろうな~と言うのもわかります。 本を選ぶ時は淡い絵よりもパキッとした色の絵を選ぶ事が多いです。 音がなる絵本や絵が飛び出す絵本よりしっかり読み聞かせができる本を選ぶ事も多いです。 詳細を見る
  • 2018/08/31
    avator さやぴ239さん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳0-5ヶ月
    4
    たまたま本屋さんで見つけて手に取ったのがこの絵本との出会いです。子供も気に入ってくれてまた読んで!と言ってくれました。幼稚園から帰ってきたときや、寝る前の時間によく読んでいます。とにかく絵がきれいで私も気に入っています。 詳細を見る
  • 2018/08/31
    avator あずずママさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    5
    最初は何かなぁと興味をもって絵本をじぃーっと見て楽しそうでした。途中、興味がズレたのか絵本とは違うところを見てたりしてました。これから色々絵本を読んで絵などに反応して楽しんでくれたらいいなと思います。 詳細を見る
  • 2018/07/17
    avator ゆきごんさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後6-8ヶ月
    5
    すごくニコニコして聞いています。読んでいる人の声色と絵で不安そうな顔をしたり笑ったり、とっても楽しそうです。この絵本を選んだ理由は、近所の本屋さんで特集されていたからです。お値段もお手頃でおすすめです。 詳細を見る
  • 2018/07/17
    avator あきひいさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳6-11ヶ月
    4
    この本は自分で選んで保育園で借りてきて読みました。どんぐりを集めるのが好きな年頃みたいでいつも遊んでいるどんぐりがお話しに出ていたので興味をもったようです。絵が可愛いらしくてようなにこにこしてお話しを聞いていました。最後はお家に帰れるところで喜んでいました。 詳細を見る
口コミをもっと見る(5件)