cozre person 無料登録
偕成社

さっちゃんのまほうのて

さっちゃんのまほうのて
総合ランキング
187位 (562商品中)
商品レビュー
4.41
(27件)

さっちゃんのまほうのての書籍情報

発行日
1985年10月
希望価格
120 円
参考価格
出版社
偕成社

さっちゃんのまほうのての商品詳細

生まれつき指の無いさっちゃんが、友達の言動で傷つきながらも、お父さんの言葉で自分らしく生きていく姿を描いていきます。子どもに自分と違う人のことを教えるのは難しいことですが、こうした絵本などから説明していくと良いかもしれません。

内容紹介・読み聞かせのポイント

さっちゃんは、生まれつき手の指が無い女の子。あるとき、幼稚園でおままごとをするときに、お友達から「さっちゃんはお母さんにはなれないよ、手のないお母さんは変だもん」と言われてしまいます。お母さんに「小学生になったらさちこの手にもみんなみたいに指が生えてくる?」と尋ねてしまいます…。幼稚園に行かなくなってしまうさっちゃんの気持ちや、お母さんの気持ち、お父さんの気持ちを考えながら、お子さんとじっくり読んでみてはいかがでしょうか。

さっちゃんのまほうのての基本情報

作者(作) たばた せいいち
作者(文)
作者(絵) たばた せいいち
作者(訳)
言語 日本語
ISBN 9784033304106
対象年齢 5,6歳 〜
商品パッケージの寸法 25.8 x 18.4 x 1 cm
テーマ
特徴・付録

さっちゃんのまほうのての新着レビュー

  • 2018/06/11
    avator みたろーさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    5
    家にあったので読み聞かせました。とっても興味がある感じで読んであげました。すると、真剣に聞いたりもう1回と言ったりして喜んで聞いてくれました。何度も読んであげました。もともと絵本が好きだったみたいですが、この時はとても興味を持ちました。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator はるちゃんマママさん この絵本を与えた年齢(月齢):4歳
    5
    幼稚園に少し障害のあるこがいて それを私に聞いてきました。 どうしてあのこだけ 特別なの?先生がいつもついて あのこだけどうして?と。 車椅子の子をみたりしても聞いてきました。 なのでこの本を読み聞かせたところ 心に響くなにか 感じてくれたようでよかったです。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator ボン子さん この絵本を与えた年齢(月齢):8歳
    5
    毎日、読んでは私もこうだったらいいのに、と言ったりしてかなり影響されていました。とても良い本だと思います。 学校でも図書室で借りては読んでいたようです。 子供の心を育てるにはとても良い本です。 小さいうちからたくさんの本に出会い、想像を膨らませたり、思いを巡らせるといった事をたくさん体験してほしいです。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator rinrin1101さん この絵本を与えた年齢(月齢):それ以外
    5
    私自身、爪が奇形で、この本に救われました。幼い頃に出会ったこの本を、勤務していた学校で読み聞かせました。 ゆっくりと流れる時間、じんわりと広がる温かさ。涙する子もいました。発達年齢はある程度経ていないと、理解は厳しいとおもいます。子供の心を掴むと言うよりは揺さぶる絵本だと思います。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator ちったあさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後9-11ヶ月
    5
    まだ9ヶ月なので子供はぼーっと聞いていました。祖母からプレゼントでもらったもので私も読んだのは初めてでしたが私の方が感動してしまい涙が出てきました。 不謹慎ですが自分の子が健康で産まれてきてくれたことを改めて感謝しました。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator mam1207mさん この絵本を与えた年齢(月齢):2歳6-11ヶ月
    5
    お気に入りになったのか何度も読んでいます!!先天性の疾患の子のお話!!将来息子が障害がある方に対して偏見を持たないように、なにも変わらないことを教えたくて読みました。人には色々個性はあるけど障害は誰も悪くはない!!偏見を持つこと自体おかしな話なんだよ!!と教えたくて読みました 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator かこ姉さん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳6-11ヶ月
    5
    最初はじっとせず、動き回りながら聞いていましたが、だんだんとお話に耳を傾けてくれるようになりました。 内容もすこしずつ頭に残るようになり自分からお話してくれるようにもなりました。 今ではその子も小学生ですが、今はもっぱらマンガです。。。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator ニコニコさん この絵本を与えた年齢(月齢):5歳
    5
    人を差別、区別しないという、人間として当たり前のことをこの絵本を通して、学んだと思っています。なんども読み聞かせをするうちに、子供なりに本のメッセージを感じ取り、解釈できるようになっていきました。心の優しい子に育って欲しいと願いながら読みました。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator aoi19さん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳0-5ヶ月
    5
    お誕生日にお友達から頂いたので、自分で選んで買ったわけじゃないのですが、一回読んで子供も気に入ったみたいで何回もママ読んで?!っと言って持って来るので、うちにある絵本の中でもお気に入りの一冊になりました。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator 匿名さん この絵本を与えた年齢(月齢):2歳6-11ヶ月
    5
    お話を全部理解しているかは置いておいて、とても集中して表情を変えながら聞いてくれました。この絵本を選んだのは私ではなく従姉妹の娘で、わたしの読み方が気に入ったのか会うたびに本を渡されます。ゆっくりと文章を目で追いながら、セリフ部分は感情をこめて読んであげると、子供も何かしらの感情を表してくれます。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator おぎみくさん この絵本を与えた年齢(月齢):5歳
    5
    私がこどものときに母に読み聞かせしてもらい印象に残っていたのと、小さいながら衝撃を受けた内容だったので選びました。5歳の子はまじまじと絵本に夢中で聞いてくれてました。少し難しい内容だったのでそのあとも何回か読み聞かせをしました。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator りーやんさん この絵本を与えた年齢(月齢):2歳0-5ヶ月
    5
    私も小さいときに親に読んでもらったり、学校で読んだり、慣れ親しんだお話だったこともあり、実家にあったので帰ったときに引き継いで読んであげたことがきっかけです。まだ話の内容は分かってはいないようですが、さっちゃんはお友達となんにも変わらないんだよと教えてあげています。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator ぺこぺこぺこりんさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    5
    スキンシップを上手くとる方法がわからず、そんな時にこの本を見つけました。本のなかの温かい雰囲気をそのまま、読みながら子どもとくっついて大好きアピールしてました。子どももこの本が大好きなようで、いつでもこの本を読んではくっつきにきていました。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator なこ。さん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳0-5ヶ月
    5
    絵本ながらとても考えさせられるものでした。 この本を読んでからなんだか他人に対して気遣いや優しく接するようになった気がします。 この絵本を読んで障害などを偏見としない子が増えればいいなと思います。 これからもたくさん読んであげようと思います! 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator みduuuuさん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳6-11ヶ月
    5
    自分の子供相手ではないのですが保育士のため、保育園の子供に対して読みました。さっちゃんの不安、怒り、悲しみなど色々な思いが詰まっている話ですが、最後にはお父さんの、さっちゃんの手は魔法の手だよと言ってくれたことで、もう大丈夫。と前向きに考えられるような絵本です。私も子供の頃に読み、印象的だったため、子供たちにも読みました。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator かなみりやんさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後6-8ヶ月
    4
    まだ小さいので内容は理解していないもおもいますが、これから大きくなるにつれていろんな人に出会い体験をしていくなかでどうゆうふうに行動していけるかこの本を通じて考えてもらえたらなとおもい選びました。 さっちゃんみたいに優しい女の子になってもらえたら嬉しいです。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator たまちー0321さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    4
    この本は赤ちゃん向きではないんですが、私自身が子供の頃に読んでとても衝撃をうけた内容であったので、図書館で見つけた時にこの子にも読んであげようと思ったのがきっかけでした。まだ分からずぽかーんとした反応でしたが、少しでも心の優しい子になってほしくて、いろんな子がいるという事を伝えたくて読みました。私自身もこの本を読んで親の目線になってしまった時にすごく切ない気持ちになりました。でも作中のお母さんの言葉はすごく力強く私もこんは母親になれたらと思いました。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator ギンさん この絵本を与えた年齢(月齢):2歳0-5ヶ月
    4
    子供(甥っ子)が選んだ本で、メルヘンなタイトルが気に入ったみたい。子供は、絵本の世界にはまって、楽しそうだった。私自身も読みながら楽しい気分になった。我が子にも読んであげたいと思った。ただ、もう少し長い物語だったら良かったかな?と思った。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator chantaroさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後0-2ヶ月
    4
    まだ自分の子どもは妊娠中なのですが、年の離れた妹が小さい頃によく絵本の読み聞かせをしました。 さっちゃんの魔法の手は障害を持つ女の子の切ない問いかけが印象的で、妹もショックを受けていた風ではありました。ですが、小さな頃からこうして色々な人がいること、そしてそういうことに関係なく誰とでも仲良くなれるということを教育するのにとてもいい絵本だと思います。自分の子どもが生まれたら、実家から持ってこようかなと思っています。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator ともなさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    4
    友達からプレゼントで頂いて読み聞かせさせています。楽しそうに聞いてくれています。本に興味があるのかぐちゃぐちゃにされてしまいましたが、、、、、 一日一回お昼寝前に読み聞かせをさせています。この本としましまぐるぐるを読んだら寝てしまいます。 詳細を見る
口コミをもっと見る(27件)

絵本ランキング