cozre person 無料登録
偕成社

ごめんねともだち

商品写真
総合ランキング
-位
商品レビュー
4.0
(3件)

書籍情報

発行日
2001年03月
希望価格
1,000 円
参考価格
出版社
偕成社

商品詳細

ちょっとひねくれもののキツネとオオカミの友情を描く内田麟太郎さんの「おれたち、ともだち!」シリーズから、仲直りをテーマにした作品です。
親友同士でもたまには喧嘩することだってありますが、でも“ごめんなさい”を言うのってなぜかとても難しいですよね。
キツネとオオカミの姿は子どもたちに仲直りする勇気を与えてくれます。

内容紹介・読み聞かせのポイント

いつもは仲良しなキツネとオオカミですがゲームの勝敗をめぐって大げんかしてしまいました。
でもすぐに後悔して“ごめんね”と言おうとしますが、実際はそれと真逆の態度をとってしまいます。
仲直りしたくてたまらないのに何も言えず大きな木の左右に分かれて立ち尽くしていた2人ですが、ほんの些細なことがきっかけでとうとうお互いにごめんなさいが口から飛び出しました。
友達と初めて喧嘩してしまった子どもたちは仲直りするまでにものすごい葛藤や寂しさを経験することでしょう。
不器用だけどなんとか頑張って仲直りしたキツネとオオカミの姿は、そんな子どもたちの心に響きます。
沢山の友達と接するようになる入園前や入学前に読み聞かせてあげたい作品です。

基本情報

作者(作) 内田 麟太郎
作者(文)
作者(絵) 降矢 なな
作者(訳)
言語 日本語
ISBN 9784032320503
対象年齢 3,4歳 〜
商品パッケージの寸法 24 x 20.4 x 1 cm
テーマ どうぶつ
特徴・付録

新着レビュー

  • 2018/09/12
    avator Mariko0223さん この絵本を与えた年齢(月齢):5歳
    5
    シリーズものなので新しいものが出ることを楽しみにしていたり、実際に見つけてからは楽しみにしていた。年齢的に難しいかと思ったがそんな事もなく自分なりの感想を伝えようとしていたため、何となくは伝わっているようだった。 自分がともだちやシリーズが好きだったため選んだ。 詳細を見る
  • 2018/09/12
    avator kaeeeeeさん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳6-11ヶ月
    4
    保育士だったので色々な本を読み聞かせしました。喧嘩の多いこの年代の子に先生からの言葉だけでなく、絵本から学べることもあるのではと思い利用しました。なかなか自分の口からごめんねが出てこない子に絵本の話を引っ張り出してお話しすると理解してくれる子が多かったです。 詳細を見る
  • 2018/07/26
    avator annzu57さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後9-11ヶ月
    3
    お姉ちゃんたちがみていたので、その流れで読み聞かせをしました。 本人はまだ分かりませんが、絵本を見せると静かになるので良いのかなと思っています! 簡単な絵本なら指を指すのでそれもまた良いのかなと思います。 詳細を見る
口コミをもっと見る(3件)