cozre person 無料登録
童心社

じごくのそうべえ

じごくのそうべえ
総合ランキング
407位 (562商品中)
商品レビュー
4.2
(10件)

じごくのそうべえの書籍情報

発行日
1978年05月
希望価格
1,400 円
参考価格
出版社
童心社

じごくのそうべえの商品詳細

上方落語の「地獄八景亡者戯」を元にした落語絵本です。関西弁と迫力ある挿絵で、子どもにも分かりやすく落語の世界を伝えています。1978年出版以来、老若男女問わず笑いを誘うロングセラーの絵本で絵本にっぽん賞を受賞しています。

内容紹介・読み聞かせのポイント

縁起中に転落してしまった軽業師のそうべえは、死後に地獄へ落ちます。地獄で出会ったのは山伏、歯医者、医者と職業には共通点のない3人です。しかし、この4人はそれぞれの特技を活かして地獄を混乱させるから鬼達は大変!4人が何かする度に翻弄される鬼の姿や、落語らしい風刺が効いた表現に子ども達は大笑いすることでしょう。最後のオチも落語らしさがあり、爽快感さえ感じるほどです。印象深い挿絵と共に、いつまでも心に残る楽しい絵本となるでしょう。

じごくのそうべえの基本情報

作者(作) 田島 征彦
作者(文)
作者(絵) 田島 征彦
作者(訳)
言語 日本語
ISBN 9784494012039
対象年齢 3歳 〜 小学校1・2年生
商品パッケージの寸法 25.1 x 25.6 x 1 cm
テーマ
特徴・付録

じごくのそうべえの新着レビュー

  • 2018/09/12
    avator たろまめさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後0-2ヶ月
    5
    まだ妊娠中ですし、選択肢にある絵本もとても少なく、ものすごく答えにくいアンケートですね。 改善の余地が山ほどあると思います。 なぜこれと同じようなアンケートがいくつもあるのですか? 改善してから使い回ししてください。 今回は私が小さい頃に読み聞かせしてもらった内容で答えました。 詳細を見る
  • 2018/09/12
    avator まめ豆太さん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳6-11ヶ月
    5
    まず、テーマが良いです。 落語をテーマに絵本になってるというところが凄く面白いなぁと思いました。 友人の子供への誕生日プレゼントであげて読み聞かせしましたが、途中のシーンで、主人公のそうべえが、鬼からお尻をツンツンされるシーンで、子供大爆笑。 (大きなフォークみたいなのでおけつ付きよりますのや)というセリフを、何度も読まされました。 とっても気に入ってくれたので今度産まれる、自分の子ども用にも買いました。 詳細を見る
  • 2018/09/12
    avator mi720さん この絵本を与えた年齢(月齢):それ以外
    4
    ストーリーがおもしろく、子どもの心に強く残ったようです。読む前は内容が少し難しいかなと思いましたが、思っていたよりも理解できていたようです。主人公の心情や心情の変化も読み取りやすい絵本のため、読み聞かせにおすすめです。 詳細を見る
  • 2018/09/12
    avator aki_v3vさん この絵本を与えた年齢(月齢):5歳
    3
    私が、幼少期の頃に見たことがあって、一匹のクモを助けるという主人公の心の優しさを今でもふとした時に思い出すので、自分の子供にも感じて欲しいなと思い読みました。しかし、怖さが心に残ったようでまだ読むのが早かったのかなと思います 詳細を見る
  • 2018/08/31
    avator さっちーーさん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳6-11ヶ月
    5
    自分自信が子供の頃によく読んでもらい、ハラハラして面白いストーリーだったので、選びました。 テンポよくしゃべり言葉も面白いので、聞き入っていました。また絵も魅力的でじっと見ていました。 地獄というあまり親しみのない場面ですが、未知なところも面白いと感じたようです。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator はんぴさん この絵本を与えた年齢(月齢):6歳
    5
    リズミカルな言葉使いで、子供達をひきつけるストーリーの「じごくのそうべえ」。まだ自分の子供は産まれていないが、小学校の職場で読み聞かせをする際、必ずといっていいほど、子供達が集中して聞いてくれる絵本だと思う。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator たらんこさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    4
    今はまだ、絵を見つめてる程度の反応です。実は、主人の小さい頃に読まれていた絵本で、義母から頂きました。主人がこのそうべえシリーズの絵本が好きで、夫婦で楽しんで読み聞かせをしています。まず、話が面白い。かるわざしのそうべえが地獄に行くと一緒に同行する人物がいるのですが、それぞれの仕事の分野を使って、地獄での様々な出来事に対してユーモア溢れる対応をしていきます。また、読み方にもよるのでしょうが、文章の単語が落語の話し方なので、愉快だと思います。これからも沢山読み聞かせて、言葉がわかるようになる頃に一緒に楽しめたらいいなと期待しています。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator 石田恵梨さん この絵本を与えた年齢(月齢):6歳
    4
    保育園で読んでもらって気に入ったらしく、図書館に借りに行き読んでみました。ちょっぴり怖い地獄という世界に惹きつけられているようで、絵なども隅々まで見ていました。色々シリーズがあるみたいなので、また読んでみようと思います。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator ヒビキさん この絵本を与えた年齢(月齢):5歳
    4
    子供が幼稚園で借りて来たのですが、半分は怖いものみたさ、半分は面白そうということで、私自身読んだことがない絵本だったこともあり寝る前に読んでみました。 食い入るようにして聞いていたので、印象深い一つになりました。 詳細を見る
  • 2018/06/11
    avator ひよまむさん この絵本を与えた年齢(月齢):2歳0-5ヶ月
    3
    自分が小さい頃に呼んだ記憶があったので、娘にも読み聞かせました。2月中旬ころに読んだのですが、節分での鬼の怖かった記憶が甦ったのか、暗い雰囲気の絵が少し怖かったようです。内容が理解できる年頃まで、もう少しかかりそうです。 わかってくれば、もう少し面白いのかなーとおもいました。 詳細を見る
口コミをもっと見る(10件)

絵本ランキング