cozre person 無料登録
福音館書店

たなばた

たなばた
総合ランキング
-位
商品レビュー
4.0
(5件)

たなばたの書籍情報

発行日
1977年04月
希望価格
900 円
参考価格
出版社
福音館書店

たなばたの商品詳細

7月7日は日本の伝統的行事として知られる七夕です。七夕に向けて子どもに読んであげたい絵本が、この「たなばた」です。童画画家として有名な初山滋さんの美しい絵が味わい深く、お話と相まって静かな感動へといざなわれます。

内容紹介・読み聞かせのポイント

この絵本は中国伝承のお話をもとにしていますので、七夕ってこんなお話だった?という印象を持つ人が多いかもしれません。結婚して子どもにも恵まれ幸せな牽牛と織女。が織女は天の王母に連れ戻されてしまいます。妻に会いたい、母に会いたい思いの牽牛と子どもたちが天の川の水を汲みあげるというシーンがけなげで切ないです。この牽牛と織女の言い伝えと、裁縫の上達を願う乞巧奠(きこうでん)という行事が混ざり伝えられてきました。それが、江戸時代に五節供の一つである七夕となり、短冊に願いを書く風習は現代まで続いています。

たなばたの基本情報

作者(作) 君島 久子
作者(文)
作者(絵) 初山 滋
作者(訳)
言語 日本語
ISBN 9784834005127
対象年齢 3歳 〜
商品パッケージの寸法 26.4 x 18.8 x 0.8 cm
テーマ
特徴・付録

たなばたの新着レビュー

  • 2018/08/31
    avator はっちゃん☆さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後9-11ヶ月
    5
    楽しそうに見ていた。読みやすそうで、また絵もわかりやすそうだと思い、この本を選んだ。実際に読みやすいストーリーで、絵もわかりやすく、子供も一生懸命本を見ながら聞いていたので、この本を選んで良かったと思う。時々笑顔を見せながら絵本を真剣に見ている姿を見て、読んでいるこちらまで嬉しくなった。これからもどんどん読み聞かせをしていこうという気持ちにさせてくれた1冊だった。季節にちなんだ話で、子供の目にも耳にも心にも残る内容で、教育的にもとてもいい絵本だと思った。 詳細を見る
  • 2018/08/31
    avator perioohさん この絵本を与えた年齢(月齢):5歳
    4
    幼稚園教諭として勤務しているときに、園児に読み聞かせました。一見難しいテーマですが、絵本で読み聞かせることによってスッと子どもの中に入りやすいです。季節の行事は内容を理解しておくと、より楽しめるのでおすすめです。 詳細を見る
  • 2018/08/31
    avator とえまさん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳0-5ヶ月
    4
    子どもが図書館で自分で選んだ絵本の一冊で何度も読んでと言っていた。私自身も絵も内容も好きで一緒に読んでいた。好きな場面は何度もみていた。下の弟も一緒に読み聞かせをすると絵をじっと見ていた。また読み聞かせをしたい一冊でした。 詳細を見る
  • 2018/08/31
    avator はちえりさん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳6-11ヶ月
    3
    7月になると七夕という行事があることを教えるために選んだ絵本です。季節についてや、行事について言葉で伝えるだけでは子供たちは分からないし興味ないと思うので、絵本で教えられるのは、わかりやすくていいと思いましま。 詳細を見る
  • 2018/08/31
    avator erianさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    4
    七夕があったので読み聞かせをしてみましたが、絵を見て楽しむ程度でした。3ヶ月なのでもちろん内容も分かっていませんか、絵をキョロキョロ見て楽しんでいたかと思います。また来年見たら違うのかなぁとたのしみになりました。 詳細を見る
口コミをもっと見る(5件)