cozre person 無料登録
絵本館

さる・るるる

さる・るるる
総合ランキング
-位
商品レビュー
4.0
(4件)

さる・るるるの書籍情報

発行日
1980年01月
希望価格
700 円
参考価格
出版社
絵本館

さる・るるるの商品詳細

「さる」に続く言葉は「る」で終わる動詞で簡単な言葉を2つ重ねただけの言葉遊びが楽しい五味太郎さんのロングセラーの絵本です。少しとぼけた表情の動物たちとさるの面白い動きにに大人もクスッと笑ってしまう、親子で楽しめる絵本です。

内容紹介・読み聞かせのポイント

「さる・るるる」から始まり、さる・くる、さる・みる、さる・ける・・・と続いていきます。とても簡単な動詞ですが、さるのユーモアたっぷりの行動や表情に子どもたちは絵本に釘付けになります。また、言葉が動詞ばかりなので読み聞かせをする時に言葉に合わせてジェスチャーを加えながら読むと子どもの注意も引き付けられるし、笑いも誘えて楽しめそうです。たくさん読んで内容を覚えてしまったら、動詞部分を声に出さずジェスチャーのみで読み聞かせるのも面白いですね。

さる・るるるの基本情報

作者(作) 五味 太郎
作者(文)
作者(絵)
作者(訳)
言語 日本語
ISBN 9784871100229
対象年齢
商品パッケージの寸法 18.6 x 12.4 x 1 cm
テーマ どうぶつ
特徴・付録

さる・るるるの新着レビュー

  • 2018/08/31
    avator pumpkiiinさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    4
    まだ意味は分かっておらずキョトンとしていたが、音の響きを楽しんでくれているようすでふふふっと笑っていた。絵も単純なので分かりやすいと思う。現在2歳3か月になったので、内容が理解できる年齢になってきているはずなので、また読んでみたいと思った。 詳細を見る
  • 2018/08/31
    avator えびふらい食べたいさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後9-11ヶ月
    3
    赤ちゃんなのであまり反応がないかと思いましたが、絵本をじーっと見て座って聞いてくれたのでこれからも機会があれば絵本の読み聞かせはしていきたいです。また絵本を選んだ理由はとくになく祖母が用意してくれてるやつをいつも読み聞かせさせてますが、基本はわたしたちが読んだ絵本ばっかりなので自分たちが幼少期に読んだものが息子に興味持ってもらえるのはとても嬉しいです。 詳細を見る
  • 2018/08/31
    avator すみれちゃんママさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    5
    おさるさんの絵にとても興味深そうに反応してペタペタ触ろうとしていました。抑揚をつけて色々調子を変えて読んであげると笑っていました。単純でストーリー性はあまりありませんが乳児にはそのくらいで丁度いいと思いました。 詳細を見る
  • 2018/08/31
    avator ガウガウさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    4
    言葉の響きが面白いようで、私が読み聞かせをしていると、お気に入りのフレーズになるとニコニコして言葉の真似をして一緒に言葉の響きを楽しみました。 きちんと言葉を発する前でしたが、言葉の響きを入り口におしゃべりを楽しいと思ってくれているかな、と思いました。 詳細を見る
口コミをもっと見る(4件)