cozre person 無料登録
福音館書店

こんとあき

商品写真
総合ランキング
186位 (553商品中)
商品レビュー
4.4
(45件)

書籍情報

発行日
1989年6月1日
希望価格
1,300 円
参考価格
出版社
福音館書店

商品詳細

子どもらしい赤いほっぺたがかわいい林明子さんのベストセラー。ちょっと不思議なぬいぐるみのこんと人間の子どものあきの小さな冒険を描いたお話です。お子さんのぬいぐるみも、こんなふうに見守ってくれているかもしれませんね。

内容紹介・読み聞かせのポイント

きつねのこんはあきが赤ちゃんの時からずっと一緒です。ある日、腕がほころびてしまったこんは、あきと一緒にさきゅうまちのおばあちゃんのところに直してもらいに行きますが…。お弁当を買いに行ったり、犬から守ってあげたりと、こんは大活躍!ちょっと泣き虫のあきとのかわいらしいコンビに声援を送りたくなります。誰にでも子どもの頃にお気に入りだったおもちゃやぬいぐるみってあるものですよね。そんな優しい存在を思い出せる作品です。

基本情報

作者(作) 林 明子
作者(文)
作者(絵)
作者(訳)
言語 日本語
ISBN 9784834008302
対象年齢 4歳 〜
商品パッケージの寸法 27.6 x 21 x 1 cm
テーマ ぼうけん
特徴・付録

新着レビュー

  • 2018/07/02
    avator fazzfarさん この絵本を与えた年齢(月齢):それ以外
    5
    私自身は妊娠中でまだ子どもはいませんが、自分が幼い時に両親が購入しました。こんとあきのお互いを思いやる様子が大好きで、大学生の時にインターネットで改めて購入しました。今はお腹の中の子に読み聞かせています。こんの「だいじょうぶ、だいじょうぶ」というセリフにいつも安心するような切ないような気持ちになります。 詳細を見る
  • 2018/07/02
    avator ショウコさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    3
    まだ小さいので、読み聞かせても絵をじーっと見つめることが多いです。この絵本は私が子供の頃に買って貰って読んだ絵本なので、大きくなっても読んでくれればと思います。今はまだいないいないばあなどの絵本の方が反応が良いです。 詳細を見る
  • 2018/06/29
    avator かすりんさん この絵本を与えた年齢(月齢):2歳6-11ヶ月
    5
    自分が子供の頃から大好きな本だったので、息子にも読み聞かせました。 電車に乗って出かけるところや、こんが犬に連れていかれるところなどが気に入っていて、絵本に入り込んでいました。 何度も読んで欲しいと持って来るので、息子も気に入ってくれたんだとうれしく思っています。 詳細を見る
  • 2018/06/12
    avator SUNMERRYさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後0-2ヶ月
    4
    子供も大好きで何回も読んでーと本持ってきます。 こんが可愛く、あきを自分におきかえてお出かけしてる気分になるのでしょうか。 特に砂漠のページがお気に入りのようでなかなかページをめくらせてもらえないときもあります。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator ponpomさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後0-2ヶ月
    5
    2人の子供を持つ友達からの勧めで購入。実際自分で内容を確認し、心温まるストーリーだったので購入した。特に物を大切にするというメッセージ性が強いように思う。内容はまだ子供が生後四ヶ月のため理解していないが絵が多いので子供は楽しそうに絵本を眺めていた。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator まおにゃんさん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳0-5ヶ月
    5
    私が小さい頃に母に読み聞かせして貰っていた絵本の中で、1番好きで何度も何度も繰り返し読んでもらっていた絵本だったので、自分の子供にも読んであげたい!と思った1冊です。 今娘はぬいぐるみが大好きで、丁度絵本の中の主人公のあきちゃんとも同い年ぐらいかと思います。 大事にしているヌイグルミと話せるようになって一緒に旅をする。 子供ながらに私は幼い頃、主人公になっていたのかな?と今になって思います。 娘もきっと同じ視点で絵本を見てくれているだろうと思ってます。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator piiiさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    5
    こんとあきは自分が幼い頃に好きだったお話で、自分の子にはぜひ買ってあげたいと思っていて購入した。まだ少し時期は早いかなと思ったが、楽しそうに聞いてくれるのでよかった。今は動きたい時期であまり集中して聞いてはくれないが、絵本は好きみたいでよく持って来てくれる。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator わか20さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    5
    自分が小さい時に読んだ本を娘にも読んであげれたいなと思いこの本を選びました。絵がとにかく優しく可愛いので見ていて読んでいて癒されます。我が家の双子ちゃんは内容はまだ分かっていないですが一生懸命見てくれました。他にも自分が小さい時に読んだ絵本を娘達にも読んであげたいです。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator わおんちゃんさん この絵本を与えた年齢(月齢):5歳
    5
    林明子さんの絵や、旅をするドキドキ感が好きなので選びました。 絵をじっと見たり、コンの変化に興味を持っていた。電車のドアにコンの尻尾が挟まれてしまうシーンで、「痛そう!」など、声をあげていました。砂丘では、犬の足跡を追って見つけようとしていました。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator みゆねさん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳0-5ヶ月
    5
    大人が読んでもじーんとしてしまう素敵なお話でした。絵も温かみがあるのにどこかノスタルジックな感じが読み聞かせているこちらも楽しめる作品だな思いました。かわいらしいあきとこんの大冒険が日々のお手本になったらいいなと、思って選んだ一冊でした 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator shoco88さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後0-2ヶ月
    5
    自分自身が幼い頃から読み聞かせてもらっていた大好きな絵本です。まだ生まれていないのですが、読み聞かせをしていると胎動が激しくなります。私がにこにこ読む声が嬉しいのかもしれません。産まれてからも読み聞かせたいと思います。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator 永原彩乃さん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳0-5ヶ月
    5
    林先生のお話はすごくわかりやすくて、子どもたちもすーっと話に引き込まれていく気がします。また絵もほんわかしているので読む手側も心穏やかに読むことができます。娘たちが年少の時に聞かせ、乳児クラスの子を幼児クラスの子が見ることもあるから、小さな子を可愛がる気持ちをもって、また自分達がお姉ちゃんなんだよという自覚も持たせたくてこの話を読んだ覚えがあります。2年生になった双子の娘たちもいつか下の息子に聞かせたいというくらい今でも好きな絵本の一つです 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator chimuさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    5
    作者の林明子さんの展覧会に行ったときに購入しました。 絵がとてもきれいで、お話も子どもの生活に即したものだと思います。 我が家はまだ赤ちゃんなので反応があったかといえば難しいですが、これからくりかえし読んでいきたいです。 こんの健気さに読んでいる方が涙しそうになります。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator さっつん(ت)さん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    5
    1歳前後だとストーリー的にはまだ早いかなと思ったのですが、こんとあきの二人の名前が短く発音しやすいのかすぐにお気に入りになりました。 ストーリーとしても本人もお気に入りのぬいぐるみをどこでも一緒に連れていくタイプなので親しみやすかったのかなとも思います。 この絵本を選んだ理由は、私自身がよく読んでもらっていた絵本で実家に綺麗に置いてあったので、寝かしつけの際に読んでみようかなと思い貰ってきました。 今では寝る前に必ず絵本を読んで寝るという習慣がついたので寝かしつけも楽ですし、市立の図書館で新しい本をどんどん借りるのも楽しみになっています。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator スヌーティももみさん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳0-5ヶ月
    5
    とても気に入り何度も読んでほしいとせがまれます。電車が好きなので電車が出てくるのも楽しいようです。妹が産まれ購入したので赤ちゃんにたいしても可愛いねとイメージを膨らませられたようです。大好きな絵本が増え今でも自分で選んで持ってくることの多い絵本です。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator まーさーゆーさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    5
    わたしが子どもの頃好きだった絵本の一つなので自分の子どもにも絶対に読ませようと思ってました。 話の筋はまだあまり分かっていなかったですが、こんに似たぬいぐるみを見ると絵本を指すようになりました。 もう少し大きくなったら一緒に読みたいです。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator 匿名さん この絵本を与えた年齢(月齢):4歳
    5
    同じ年頃の女の子とぬいぐるみが会話しながら話が進んでいくので本の世界にすっと入り込め内容も年相応で丁度良かったようです。絵も可愛らしく、優しいタッチなので親の私も温かい気持ちで読み聞かせる事が出来ました。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator めさまさん この絵本を与えた年齢(月齢):2歳6-11ヶ月
    5
    わたしがいちばん好きな絵本なので息子に読み聞かせました。 自分にはきつねのぬいぐるみがないから買ってくれ!とせがまれました(笑) 駅弁が食べたい、電車に乗りたいなど、絵本のようにしたいと話しています。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator ポムさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    5
    私が子供の頃に読んだ絵本がそのまま実家に取ってあったので読みました。 当時息子は3ヶ月で、単純さを好む月齢だったので、この絵本は少し早かったようです。 ストーリー性が高いので、話が分かるようになってからが面白いと思う。 詳細を見る
  • 2018/06/07
    avator ナベサルさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後9-11ヶ月
    5
    子どもはよくわかっていない感じだったが、どうなのだろうか。あきがこんを大事にしている様子やおばあちゃんとのからみ、こんが犬に連れ去られたときの様子なども普段の生活とリンクできるのではと思った。また子どもと読みたい1冊である。 詳細を見る
口コミをもっと見る(45件)

絵本ランキング