ラムネが「ひんやりしゅわっ」と溶ける理由

ラムネが「ひんやりしゅわっ」と溶ける理由,レシピ,科学,

食感の秘密は3つの材料

ラムネは子どもの定番のおやつですが、いったいどんな材料でできているかご存知ですか?

売られているラムネのパッケージの裏を見てみると、
・ブドウ糖や砂糖
・コーンスターチ(または馬鈴薯などのデンプン)
・酸味料(クエン酸など)
・重曹
などが、記載されていますね。

このうち、ラムネの食感に関係している原材料は、クエン酸と重曹、ブドウ糖の3つです。

クエン酸とは、すっぱい味の素になるもので、レモンやオレンジといった柑橘類に含まれています。

重曹は、食材に加えて加熱するとフワフワ、サクサクした食感を生み出すものです。

一見、「ひんやりしゅわっ」とは関係がないように思いますよね。これらがどのように作用してラムネのおいしい食感になるのか、その仕組みをみてみましょう。

口の中で起きる化学反応

ラムネの原材料と化学反応,レシピ,科学,

ラムネを食べると起こるシュワシュワとはじけるような感覚。

これは、クエン酸と重曹が口の中で化学反応を起こしていることで起こります。口の中で化学反応、と言われると少し驚いてしまいますね。

実はクエン酸と重曹を混ぜると唾液に含まれる水分と反応し、二酸化炭素という気体が発生します。

これによって、ラムネを食べると口のなかでブクブクと泡立ち、シュワシュワしているように感じるのです。

一般に売られているシュワっとした泡の出る炭酸飲料もこの化学反応を利用したものです。

また、口の中にいれるとひんやりするように感じるのは、溶けるときに周囲の熱を吸収する吸熱反応という性質がブドウ糖にあるからです。

ラムネの「ひんわりしゅわっ」は、この2つの化学反応によって起こる感覚なんですよ。

料理は科学!自家製ラムネを作ってみよう

バレンタインにも~とってもかわいい自家製ラムネ♪

バレンタインにも~とってもかわいい自家製ラムネ♪,レシピ,科学,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(10人分)
・粉糖 75g
・コーンスターチ 15g
・重曹 2.5g
・クエン酸 2g
・かき氷シロップ(またはレモン汁) 小さじ2

【作り方】
①粉砂糖、コーンスターチ、重曹、クエン酸をボウルに入れ、よく混ぜる。
②かき氷シロップ入れて、指の腹で擦り合わせながら混ぜる。握ったときに、塊ができるくらいまでの固さになっていればOK。
③2cmくらいの型を用意し、②を入れる。菜箸の裏などを使って固めながら型の半分くらいまで詰める。
④型から抜いて1日乾燥させる。

【ポイント】
・かき氷シロップは入れすぎるとべたついて乾燥しにくくなるので、少しずつ加えましょう。
・型抜きの型は、丸などシンプルな形のものがおすすめです。
・かき氷シロップの代わりに食紅を使って色を付けることもできます。その場合はレモン果汁を少しずつ加えてよく混ぜましょう。

化学反応を楽しもう!重曹とクエン酸を使ったレシピ

自家製レモンサイダー

自家製レモンサイダー,レシピ,科学,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(1人分)
・レモン汁 小さじ1
・砂糖 ティースプーン2杯
・クエン酸 小さじ1
・重曹 小さじ1
・冷水 150cc
・氷 適量

【作り方】
①冷水をグラスに入れて砂糖とクエン酸を溶かす。
②溶けたら氷とレモン汁を入れる。
③重曹を入れてしっかり溶かして完成。

【ポイント】
・混ぜるだけでレモンサイダーが簡単に作ることができます。
小さなお子さんには少し甘めに作ってあげると飲みやすいですね。
・冷やすほどにシュワッと感が増します。

重曹とクエン酸とお好みのシロップで簡単自家製ソーダ 

重曹とクエン酸とお好みのシロップで簡単自家製ソーダ ,レシピ,科学,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】(1人分)
・水(重曹用 ※常温) 100cc
・重曹(食用)小さじ1/2
・水(クエン酸用) 50cc
・クエン酸 小さじ1
・お好みのシロップ 適量

【作り方】
①水100ccと重曹を大き目のグラスでよく混ぜる。
②軽量カップに水50ccとクエン酸を入れて溶かす。
③②にお好みのシロップを加える。
④①のグラスに氷を入れて冷やす。
⑤④のグラスに③を大さじ3杯加え、静かに混ぜる。
⑥残りの③を3回程度に分けて加えて完成。

【ポイント】
・シロップは水分の量が200㏄になるように調整してください。
・⑤の手順は一気に混ぜると泡が大量に発生するので注意が必要です。
・混ぜると炭酸がすぐに発生するので、飲む直前に混ぜ合わせてください。

缶詰のシロップが余ったら♪簡単☆パイナップルソーダ 

缶詰のシロップが余ったら♪簡単☆パイナップルソーダ ,レシピ,科学,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】
・水(常温) 50cc
・重曹(食用) 小さじ1/2
・パイナップル缶のシロップ 100~150cc
・クエン酸(食用)小さじ1弱
・パイナップルスライス 1枚

【作り方】
①グラスに水と重曹を入れしっかりと溶かす。
②軽量カップにシロップとクエン酸を入れてよく混ぜる。
③①のグラスに氷を入れ、②のシロップを半量ずつゆっくり入れて静かに混ぜる。
④パイナップルスライスを飾り付けて完成。

【ポイント】
・捨ててしまうにはもったいない缶づめのシロップを使ったジュースです。
・もも缶のシロップで作ってもおいしいですね。
・かき混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうので、やさしく混ぜましょう。

まとめ

今回は、クッキングを通して科学を学べるレシピを紹介しました。

小さなお子さんも大好きなラムネが、自分で作れるなんて本当に楽しいですよね。

混ぜたり、丸めたり、型で抜いてみたりと遊びの一環としてお子さんも一緒に作ることができますよ。

また、重曹とクエン酸は簡単に手に入れることができますので、ラムネ以外にもいろいろな種類のソーダを作って味比べすることもできます。

化学反応を起こすところが間近で観察できるので、ぜひ透明グラスで試してみてくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード