ベビーベッドの生産者「ふたりのパパ」にインタビュー

株式会社カトージの小林さん

画像②:小林さんプロフィール,カトージ,ベビーベッド,

小林さんは、約60年間ベビーグッズを見つめてきた老舗ベビー用品メーカー「カトージ」の常務取締役です。

「楽しいベビーグッズを。」という企業コンセプトのもと、ベビーベッドでは国内No.1の市場シェアをほこります。

カトージが取り扱っているベビーベッドの中には、もちろん日本製のベビーベッドがあります。小林さんがベビーベッドの製造を依頼した方が、株式会社ヤマサキの山﨑さんなんです。

株式会社ヤマサキの山﨑さん

画像③:山崎さんプロフィール,カトージ,ベビーベッド,

小林さんの依頼を受けて日本製のベビーベッドを生産されているのが、こちらの株式会社ヤマサキの代表取締役である山﨑さんです。

『私たちは、日本社会の宝である「こどもたち」と「高齢者」に質の高い商品・サービスを提供し、豊かな社会の実現に貢献します。』をミッションに掲げており、創業65年の歴史を誇る日本国内に5社しかないベビーベッドメーカーです。

株式会社ヤマサキ,カトージ,ベビーベッド,出典:www.ymsk.jp

小林さんに聞きました!

日本製のベビーベッドを作ろうと思ったきっかけは?

画像④:日本製ベビーベッド,カトージ,ベビーベッド,出典:www.katoji-onlineshop.com

avator コズレ編集部
まず、日本製のベビーベッドを作ろうと思ったきっかけを教えてください。

小林さん
日本製を作ろうとした理由は、お客様の声に応えたかったからです。

日本製のお布団をお持ちのお客様から「日本製のベビーベッドはないの?」という声が多くありました。しかし、当時は海外生産のベッドしかなく……。

そして、今は「インテリアにあったベビー家具が欲しい」というお客様の声も多いので、インテリアにあったおしゃれなカラーのベビーベッドを作りたかったというのもありますね。

ベビーベッド製造を依頼した理由は?

avator コズレ編集部
では、山﨑さんにベビーベッドの製造を依頼するようになった経緯やエピソードをお聞かせください。

画像⑤:小林さん吹き出し,カトージ,ベビーベッド,

小林さん
山﨑さんとは、もともとライバル関係にありました。生産をお願いするまでは、同じ業界にいながら話をしたことすらありませんでした。

お断りされるかなと思いながら岡山の工場を訪問して工場見学させて頂き、生産をお願いしました。山﨑さんは快諾してくれて、本当に嬉しかったです。

微妙な色合いの塗装をするのは海外生産では難しいのです。しかし、山﨑さんの工場を拝見してここなら作れると思いました。

生産数を増やして欲しいと依頼しても、「品質が落ちるから!」と増やしてくれない潔さも信用しています。

ーーーーー
日本製ベビーベッドへのこだわりは、お客様の声から始まったと話す小林さん。その声に応えたいという熱い想いが山﨑さんにも伝わったのかもしれませんね。

小林さんが「ここなら作れる!」と確信した、山﨑さんの工場の様子やベビーベッドの魅力を探ってみましたよ。

山﨑さんに聞きました!

ベビーベッド工場がある岡山県とはどんなところ?

出典:www.youtube.com

創業65年という長い歴史を誇るベビーベッドメーカー「ヤマサキ」は、岡山県岡山市にあります。

avator コズレ編集部
岡山県岡山市とは、どのようなところでしょうか?特に“日本らしい”と感じるのは、どのような風景でしょうか?

山﨑さん
岡山県は「晴れの国」と言われるように晴れの日が多く、気候も穏やかでとても生活しやすいところだと思います。

特に岡山市は、海にも山にも近く自然が身近にあり、農業も盛んでありながら、岡山市の中心部は都市開発も進んでいて、都市と古くからある風景が共存しているところが特徴的だと思います。

avator コズレ編集部
会社や工場では、どのような雰囲気でみなさん働かれているのでしょうか?

山﨑さん
当社工場の社員たちは20代から40代の社員が多く、50代以上の社員は居ません。年齢が近い社員が多いので、お互いにコミュニケーションを取りながら協力して仕事をしています。

ーーーーー
創業65年という歴史あるベビーベッドメーカーを、若い社員の方々で支えられているんですね。

ヤマサキの日本製ベビーベッドの特徴とは

画像⑤:ヤマサキ製ベビーベッド,カトージ,ベビーベッド,出典:www.katoji-onlineshop.com

かつては全国に20社近く存在したという、国内のベビーベッドメーカー。現在では、ヤマサキさんを含めて5社しか残っていないといいます。

そんなヤマサキさんの作る「日本製のベビーベッド」の特徴を聞いてみました。

avator コズレ編集部
ヤマサキさんが作るベビーベッドの特徴をお聞かせください。最近では、カラーバリエーションの豊富さも魅力のひとつのようですね。

山﨑さん
ベビーベッドに使用している木材はドイツ産のビーチ材(ブナ材)を使用しています。ビーチ材は重硬な材で、衝撃にも強く、粘りがあり、細くて長い部材を組み合わせて作るベビーベッドにとても適した木材と言えます。

塗料はいわゆる「シックハウス症候群」の原因物質とされるトルエン、キシレン、ホルムアルデヒドといった物質を含んでいない塗料を厳選して使用しています。

人気のある色は、木そのものの風合いを活かしたナチュラルが一番人気です。最近ではラベンダー色も人気があります。ラベンダーは男の子、女の子を問わず選んでいただけるのが人気の理由かもしれません。

ーーーーー
木が持つ強さとあたたかみ、厳選された塗料などにより赤ちゃんの眠りは守られているのですね。

また、あまり見かけない色合いの「ラベンダー色のベビーベッド」は、インテリアとしてもおしゃれですよね。ママの気持ちをより明るくしてくれそう!

なぜ日本製のベビーベッドだと安心安全と言えるのか

赤ちゃんを迎えるママパパにとって欠かせない「安心安全」という基準。

avator コズレ編集部
では、なぜ日本製のベビーベッドだと安心安全と言えるのでしょうか?日本製以外のベビーベッドと比較して教えていただけますでしょうか?

画像⑥:山崎さん 吹き出し,カトージ,ベビーベッド,

山﨑さん
やはり海外製のベビーベッドはどのような工場で製造されたのか、どんな人たちが製造に携わったのかが見えませんし、わかりません。

大切な赤ちゃんに安心して使っていただけるベビーベッドを提供するためには、品質の管理が行き届く、国内自社工場での生産がベストだと考えます。

ーーーーー
どこで・誰が・どのように作っているかが分かるのは、私たち消費者にとって安心感がありますし、品質にも期待が持てますね。

こうして、小林さんが応えたかった「日本製のベビーベッドが欲しい」というお客様の声は実現されたのですね。

カトージが考えるベビーベッドの必要性

なぜベビーベッドが必要なのか

ベビーベッドを多くのママパパに提供してきている小林さんに、ベビーベッドの必要性をお聞きしました。

avator コズレ編集部
カトージさんはベビーベッドの国内シェアNO.1。日本ではベビーベッドを持たないご家庭はまだまだ多くあります。ベビーベッドをおすすめする理由はなぜでしょうか?

画像⑦:小林さん 吹き出し,カトージ,ベビーベッド,

小林さん
私自身の子育て経験をふまえて、ベビーベッドの必要性をお話します。ベビーベッドがあったことによってたくさんの安心を得ることができました。

第一子は1,400g程で生まれ、3ヶ月間入院していました。

一般的にもそうですが、フローリングや絨毯のダニやホコリなどには非常に気を使いましたね。当時使用していたベッドの床板は床から60㎝程あったので安心でした。

赤ちゃんがぐずってベビーベッドで寝ず「ママやパパのベッドで一緒に」という声も聞こえますが、あまりおすすめはできませんね。

私なんかは寝相が悪く、体も大きい方なのでつぶしてしまわないか心配でしたから。

パパ目線からもベビーベッドがあって安心でしたよ。

画像⑧:ベビーベッドでのお世話,カトージ,ベビーベッド,出典:www.katoji-onlineshop.com

また、ベビーベッドは赤ちゃんのお世話にも便利なんですよ!これは使ってみないとわからない便利さです。

おむつ替え、着替えなどは、1日に1回や2回ではないですよね。毎回、床でお世話するのは大変だし、やっぱり衛生面も気になりました。ベッドの床板は高い位置にあるので本当に便利でした。

今は身長の高いママパパも多くいらっしゃるので、床板の高さ70㎝くらいまで対応しているベッドもありますよ。

ーーーーー
ベビーベッドは、赤ちゃんの衛生面や安全性・ママパパのお世話のしやすさという点から必要なんですね。

山﨑さんも二人のお子さんのパパなのだそう。二人のパパとしての思いがベビーベッドづくりに活かされているのですね。

カトージのべビーグッズは日本うまれ

赤ちゃんに安心安全を届けたいから

国内でひとつひとつ丁寧に作られているカトージブランドのベビーベッド注1

「このベビーベッドは、わたしたちが作っています」と名前や顔を出せるのは、自信をもっておすすめできるから。

「我が子には安心安全なものを使ってほしい」そう願うママやパパは、カトージの日本うまれのべビーグッズを手に取ってみてくださいね。

きっと、これから子育てを始めるみなさんを応援する、たくさんの方々の想いが伝わってくるはずです。

ベビーベッドにかけるパパふたりの熱い想いも!

(注1:一部海外製品を除く)

※「日本製 ベビーベッド ハイタイプミニベッド ツーオープン(ラベンダー)」は受注生産

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。