Q.どんなことで親世代との子育てギャップを感じますか?

3歳の息子がいるママです。ひらがなドリルを買ったところ、義両親から「昔はこんな小さい子に勉強させなかった」と言われました。今と昔の子育て事情は違うのに、そんなことを言われて少しモヤモヤしちゃいました。




PA,親世代,子育て,ギャップ

A.ご両親の意見は、アドバイスとして受け取ると良いですよ!

匿名さん

それぞれの家庭環境によって、家庭ごとに子育ての過程が違うように親とも違うと思います。

親の時代と同じように進める必要もなく、アドバイスとして受け取りながら自分の考えを実践していくのがいいと思います。

悪い面だけでなく、今はこんなことも簡単にできるようになったのかと、親世代の新しい発見にも繋がると思います。

編集部からのコメント

今回は、「アドバイスとして受け取っておく」という、先輩ママの回答をピックアップしてみました!

おじいちゃん、おばあちゃんからすると、孫のことを想ってのこと。アドバイスということで受け取り、その上でどのようにしていくのかを、ママパパが考えていけばいいのかもしれませんね。

この他には、「食事やおやつのこと」「生活習慣のこと」「教育のこと」など、具体的なシーンごとの体験談をご紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

A.食事やおやつのことでギャップを感じました

匿名さん

親世代との年齢のギャップでなのか、それとも孫だからただただかわいいくて甘やかせてしまうのか、おやつを食べたいだけ与えてしまいます。

こっちがあまりたべさせないでと忠告しても、別にいいよねぇ?と娘を味方につけて、与え続けます。どうしたものか...

実家に帰るたび、困っています。

匿名さん

世代のギャップというか、個人の考えかもしれませんが。
保育園に行っている上の子ども。3時のおやつを食べて帰ってきますが、4時に帰宅してからも義母と義父はバナナとパンケーキ、お煎餅3枚にまんじゅう2個などなかなかハードな合わせ方で追いおやつを炸裂させます。

もう、散々言っても改善されないので諦めていますが、この食べれることはいいことだから、という理由でお腹いっぱいになるまで夕飯前の時間にガッツリ与えられると、6:30-7:00頃に我が家は夕食を食べ始めますが全く食べません。私1人で夕食を済まし、子どもはお腹いっぱいなので一人で遊んでいます。

同居の方は、ぜひ遠慮せずに主導権は手放さないほうがいいかと思います。初めての子どもで右も左もわからないとしても、自分の感覚を大事にしてください。

パートナーと相談してどう育児を進めていくかきちんと話し合ったほうがいいかと思います。
私はパートナーと話をせず一人で考えじーちゃんばーちゃんたちの言うままにしてしまい、どうにもなりませんでしたが大事なことです。

我が子は食べ過ぎて夜に吐き戻したりもありました。その事実を伝えてもなかなか改善はされませんでしたので、、、。

匿名さん

時間を決めて食事にしたいのに、なかなか子どもが思うようにバランスよく
食べてくれないときに食べたいときに食べたいものを
食べさせたらいい。といつも言われます。

もっとおっきくなったらなんでも食べるようになるから大丈夫みたいです。

匿名さん

昔は月齢の早い時期からアレルゲンの多いものも食べさせていたり、牛乳も良いものとされていましたし、ゼリーも安全な様におもわれていましたが、今はなるべくアレルゲンの多い物は後々にして、素材の味を活かしたものでと言われているし、ゼリーも糖分が多く虫歯になりやすいなどあるのに、そういったことを伝えても昔の育児が正しいように言われると、認識の差が物凄く違って困ります。

匿名さん

話は少しズレますが、自分が育てられた環境と、旦那の育てられた環境が違いすぎて、旦那の親とは一緒に食事に行きたくない。

実際、行ってませんけど。子どもの行儀が悪くて叱ると、それくらいいいんじゃないのって言われる。そうだよね、それくらいって言ってきたから、今の旦那も親もマナーが悪すぎて、一緒にご飯食べに行くのが恥ずかしい。

そうなってもらいたくなくて、義理実家との交流もしてない、させてない。

匿名さん

義両親と食事をする時、子どもに自分達が使っている箸でおかずを取り分けようとしていました。

将来虫歯になるリスクが高くなるという事を知らないのかな、と思いました。

それから、小さな子にはあたえていけない食べ物、注意しなければならない食べ物を親に聞きもせずあたえようとする事です。

匿名さん

義母の考え方は、アレルギーなどそんなに考えず、なんでも色んなものを食べる方がいいという考えだったので、三回食になってからは、なんでも与える人でした。

一番上の子は食が細く、試行錯誤でしたが、さすがにエビや貝など、食べさせてるのを横で見たときは、心配になりました。

昔と今の違いなのかな?と思いました。

匿名さん

我が家は、義母両親と同居している為、食事やおやつの与えかたなど自分のしたいような子育てになかなか上手くいかないことがあります。

ギャップというより、甘やかしなのかもしれませんがごはん前にお菓子をあげてしまいごはんを食べなくなってしまったり…食事後には必ずデザートを出したりなど、それを子どもも悟り、ごはんを途中までしか食べなかったりと…子育ての仕方にギャップを感じます。

あまりにやり過ぎる時には、子どもへ「ごはん、食べたらね」などと声をかけ回避したりしていますが、まだまだ上手くいくことの方が少ないです。しかし、小さな事からと思い…色々方法を試している所です。

チャングさん

子どもが赤ちゃんの時、お風呂上がりは母乳ではなく湯冷ましをのませなければダメだと言われた。

あとは大人が使っている箸でご飯をあげたりする。虫歯がうつるからと注意したら、そんなこと聞いたことないと言われた。

A.おむつ、トイレトレーニングのことでギャップを感じました

匿名さん

自分の子どもを育てた時には2歳ぐらいには、おむつがとれていたと言われました。

保健師さんには、3歳からでも大丈夫だから、あせらなくてもいいんじゃない?とフォローありましたが、個人差もあるし少しへこんでトイレトレーニングするのが憂鬱でした。

匿名さん

今、3歳の娘がいて、トイレトレーニングに悩んでいる母親です。

昔、親世代の頃はおむつの質が悪かったみたいで、おむつをしているとお尻がかぶれるので、『トイレトレーニングは1歳頃に開始し、おむつは2歳までに外れていたよ』と言われました。

その時に改めて子育てギャップを感じました。

匿名さん

現在7歳の息子と女の子妊娠中のママです。上の子が3歳ぐらいの時におむつがなかなか取れず旦那側の叔母さんからすんごい比べられていろいろ言われてました。

でも、もともとは9ヶ月ぐらいの頃からトイレトレーニングは初めてたし、順調だったんですが転勤族のため環境が変わったことによりトイレを拒否られ結果遅くなったぢけなんですけどね。

今は個人での差があるのが当たり前なので気にしてやってもしょうがないから私は焦らず子どものペースに合わせて4歳になる前には自然におむつが要らなくなりました。

匿名さん

親世代は世の中的にもまだおもらしなどに寛容だった為おむつ外しも楽だったのでは?とおもいます。

親世代にもっと早くおむつとれたよ?などと言われても自体背景が違う事を自分で知っておけば焦らず子どものペースで始められると思います

A.卒乳のことでギャップを感じました

ふじちゃんさん

うちの子は3歳過ぎまで、母乳を飲んでいました。ご飯も食べ、ジュースやお茶も飲むので、口が寂しいのか、ドリンクバー感覚なのかはわかりませんが、勝手に服をめくって、ちゅうちゅうして、1分もしないうちに離れて行くことがほとんどでした。

親や回りからはまだ吸ってるの??って感じで本人も私も言われましたが、本人がやめたくなるまでと思い、吸わせていました。

3歳を過ぎて、少ししたら妊娠したので、そこからは本人に乳が痛いからダメと言うと、2週間後ぐらいからは欲しいと言わなくなりました。

何か理由がない限りは、親もかるく卒乳しようかなー。ぐらいの気持ちでは、可哀想で出来ないので、親の気持ちを強くもち、泣いても絶対あげないことが、卒乳への道だと思います。

匿名さん

母世代は、離乳食が食べれなくなるから卒乳を1歳前にしていたそうです。私は親子のスキンシップや顎の発達のため嫌がらなければいつまででもしていいと思っています。6歳になった娘も2歳半まで母乳飲んでました。

匿名さん

自然卒乳させたいと思い、4歳過ぎ迄おっぱい離れが自然に起こるのを待っていました。

1歳半頃からまだ飲ませるの?と親から言われ自然に任せたい旨を都度伝えていましたが、未だにおっぱい触るの大好きな子を見て早く断乳させなかったからだと言われます。

A.生活習慣のことでギャップを感じました

匿名さん

今はいろいろな番組が無料で見たいときに見れるので、家事をやっている時や手があかないときに見せてしまうが、前はそのようなものはなかったと言われてしまい、見せない方がいいことはわかっているが、忙しいとつい見せてしまうことがある

aika0302 さん

お母さん、お父さんが早寝早起きの良い生活リズムを作り、整える。

すると、子どもは、自然と着いてきて、自分のペースが当たり前に早寝早起きの生活へと変わります!

しかし、口だけだったりすると、何で大人だけ?とひねくれて納得いかなくなり、素直にねてくれないので、一緒に行動に移すこと!大切です!

A.教育のことでギャップを感じました

匿名さん

昔は叩いて痛みを知る事が、しつけだと言われていた。

何度言っても言う事を聞かない時は、何度も言えばいいだけなのに……
その子のペースに合わせるという事が理解出来ないらしい。

今は甘すぎるなど、しつけに関しては明らかに違いがあるみたい。

匿名さん

昔は親に叩かれたり、外に出されたりが普通でしたが、今はとにかく褒めて伸ばす!
あなたは天歳だと言いまくる!

やりたいことをとことんやらせて子どもを絶対に否定しない。

自分の親や、旦那の親には褒めすぎじゃないかと言われたが、私と夫ははそうは思いません♪

匿名さん

私は夫の義両親と同居しています。私は田舎、夫は都会出身なので、いろんな場面で常識が違うので、しつけに関しては夫とよく話し合って、方向性を合わせていますが、その方向性についてよく義両親に口出しされてギャップを感じるのが、叱り方です。

私達は人に迷惑になる行為、攻撃的な行為をした時はすごく叱ります。ですが、それ以外のわがままを言う行為についてはなるべく話を聞いて話し合うようにしてから行動させます。そのステップが大事だと夫婦で話し合った末に始めました。

しかし、そのステップは容易ではなく、割と時間のかかる行為で、うまくいかないことも多いので、親子喧嘩になることも多々あります。

それについて義母は、もっと強く言わなきゃナメられるし叩くことも必要とよく言います。確かに一理あるなと感じこともありますが、その子の性格や行動パターンによっては逆効果である事も考えずに子どもを一括りにして子どもにはこうすべきだ!と行うことはよくないと考えるのが、親世代とのギャップなのではないかと思います。

ただ、私達世代の親は個性を大事にしようという風潮をよく目にしますし、学校教育もそうなっていますが、個性を大事にすることをはき違えているんじゃないかという親をよく目にします。
個性はもちろん大事です。

一方的に叱らないのも大事ですが、人に迷惑になる行為については叱る必要があると考えています。

公共の場での迷惑行為、順番に並ぶことや、人を叩く行為、暴言暴力については人と関わる上で小さい内から親が教えて理解させるように仕向ける必要があると思います。

その点では親世代の教え方を取り入れることも必要だなと感じます。
個性は大事だけど、共存していることをしっかり教えてあげようと思います。

ハニャさん

義両親と同居しています。

3歳越えたらもう大人と同じ扱いをしないと!甘やかすとろくな子どもに育たない!とやたら厳しくしてきますが、わたし自身や周りは、自我が芽生えてきた時期だからやりたいようにやらせて本当にいけないことをしたときだけきちんと叱ったりすればいいと思っています。

厳しすぎるのもどうなのかなと…

匿名さん

親世代ではスマホやiPadなどはなく、タッチパネルコンテンツを教育に活用することを「テレビゲームをこんなに早くからやらせなかった」と一言。

英語や物を覚えるのにネイティブ発音や実際に物を見て教えられるので有用していますが、世代間ギャップを感じます。

A.しつけのことでギャップを感じました

匿名さん

それぞれの家庭環境によって、家庭ごとに子育ての過程が違うように親とも違うと思います。

親の次第と同じように進める必要もなく、アドバイスとして受け取りながら自分の考えを実践していくのがいいと思います。

悪い面だけでなく、今はこんなことも簡単にできるようになったのかと、親世代の新しい発見にも繋がると思います。

匿名さん

今の親は叱ることが少なく感じます、悪いことは悪いとしっかり教えてあげなければ、周りの人や将来のことも心配になってしまってきてしまいます。

でも我が子はかわいいからあまり強く叱れないで甘やかす親もたくさんいるんじゃないでしょうか?

時にそのしつけかたも家庭それぞれですし、難しく考えてしまうとなやんでしまう一方です。
しつける度合いや年齢によってどのくらい怒っていいのかもわからず毎日苦戦奮闘する日々です。

やはり我が子には幸せな将来と安定した生活を過ごしてもらいたいのでアドバイスがあればお聞き願います。

A.その他のことでギャップを感じました

匿名さん

幼稚園年少の子どもが居るママです。

義両親や自分の両親に娘を預けると、タブレットをずっと渡しっぱなしにされてしまうのが困ります。

娘も見たがるので仕方がないのですが、おじいちゃんおばあちゃんとの会話も無くなってしまうので出来たら公園など連れて行ってほしいなぁと思います。

りんらなさん

叱り方
怒り方で注意された時にイラっとしました。
怒りすぎ…
怒鳴りすぎ…と言われても良い怒り方も分からず…。

自分達が怒らなければ更にちょうしにのり
悪さするのでどうしようもないのに…
と今でも悩んでいます

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード