Q.子どもには積極的にお手伝いをさせたい!

みなさんのお子さんは何歳からどのような内容のお手伝いをしていましたか?また、はじめてのお手伝いにおすすめなのはどのようなことですか?




A.はじめてのお手伝いは1歳の頃、お皿を運ぶことでした!

tane604さん

1歳3ヶ月の頃に1人歩きが出来るようになり、その頃保育園にも通い始めたのですが、周りの子の影響なのか自分で何でもやりたがるようになりました。はじめてのお手伝いは食べ終わったお皿(自分のプラスチックのお皿)を、流し台まで運ぶことでした。

何かをしたいという気持ちが伝わってきたので、洗濯物をタンスなどにしまうのをお願いしたらしてくれるようになりました。決してきれいにしまえるわけではないので、こっそり後でたたんで入れ直しますが(笑)満足そうにしてくれたのでおすすめです。

どんなお手伝いでも「すごく助かった!ありがとう!お手伝い上手だね!」と褒めるようにしています。ママが喜んでいることが伝わると、益々やる気に満ちてくれます。

編集部からのコメント

今回は、一番回答数の多かった「はじめてのお手伝いは1歳の時でした」という口コミ・体験談のひとつをピックアップしてみました。

このほかにも「はじめてのお手伝いは0歳の時」「はじめてのお手伝いは2歳の時」「はじめてのお手伝いは3歳の時」「はじめてのお手伝いにおすすめなこと」という回答が寄せられましたよ。妊娠中や子育て中の疑問や悩みに対するヒントがたくさん!ぜひ読んでみてくださいね。

A.はじめてのお手伝いは0歳の時でした

さえままさん

脱がせた服をカゴに入れてもらうこと。今では色々なことを自らお手伝いしてくれて洋服を畳んでみたり、荷物を持ってくれたり、買ってきたものを袋から出して冷蔵庫に入れるのを手伝ってくれて素敵なお姉さんです。時間は倍かかることもあるけど、ゆっくり待ってあげられる時はなるべくやってもらっています。

ゆみ0v0さん

初めてのお手伝いは0歳の時、洗濯物を干すのを手伝ってくれたことです。洗った洗濯物を干すのを何度も見てるうちに、私が洗濯物を干すことを理解して、洗濯物を取って手渡してくれるようになりました。2歳になった今もお手伝いしたい気持ちを尊重し、料理などでも、できそうなことを探してさせてあげています。


A.はじめてのお手伝いは1歳の時でした

しもしもさん

はじめてのお手伝いは洗濯物でした。私が外で干している時にお洋服を一枚ずつ「はい」と渡してくれていました。

はいっと渡す動作、ありがとうとお辞儀する動作も早く覚えられたのもこのお手伝いがあったからかな?なんて思います。それからは面倒な洗濯物も子どもと一緒にするのが楽しみで好きな家事になりました。


匿名さん

うちの娘は1歳11ヶ月です。二分脊椎症で産まれてきたので、未だに自力で立つことはできず基本的にハイハイで家の中を移動してます。

つかまり立ちはできるので、ゴミ箱まで自分でハイハイして行ってゴミを捨ててくれています。お手伝いと言うレベルまで到達しているかはちょっと分からないですが、いつも楽しそうにゴミ箱に捨てに行きます。

簡単にできること、楽しくできることが1番お手伝いをやる気になるポイントかなと思います。ちょっとしたもののごみ捨てや、食器を片付けるなどが日常生活で必要なことも覚えられておすすめかなと思います。


もぉぉぉぉゆさん

歩けるようになってからでした。ご飯の後、一緒に食器を台所までお片付け。

プラスチックの軽いお皿にして、もし落としちゃっても大丈夫なようにしてました。歩くだけでも、楽しい時期だったので、癖付にはもってこいの時期だったかなって思います。


さとみ1029さん

お手伝いと言えるかどうかわからないのですが、息子が1歳半になった頃から、買い物に行ったときに、買うもの(納豆とか、ふりかけなどの袋状の小さくて軽いもの)を自分で持って、レジに持っていってくれるようになりました。

お金を払ったあとも、袋に入った商品を自分で持ちたがります。息子とお買い物に行くと、一緒に歩いて商品を見て、『これを“ください”してね』と言って、買いたいものを手に持たせると、両手で大事そうに抱えてレジに持って行って、レジの人に『はい!』と言って渡してくれます。お買い物のあとに『上手にお買い物できたね、ママ助かったよ!』と言って頭を撫でると、とてもうれしそうにしています。


あかさたなやまわはなさん

1歳ぐらいの頃から、おままごとに興味を持ち、家でも児童館でもずっとおままごとをしていました。食べることも大好きだったので、しめじをばらすのを手伝ってもらいました。生のキノコを口に入れないように見守ってましたが、楽しそうに手伝ってくれました。

ゆか1031さん

サラダに使用するレタスをちぎってもらうお手伝いをしてもらいました。失敗と言っても細かくなりすぎるくらいなので、本人に任せてその間に夕飯準備もやれて一石二鳥です。たまにこっそり食べていたりしますが野菜なので気にせずやらせることができます!

りんちゃんままさん

おむつのゴミを ゴミ箱ぽいぽいして とお願いすると、捨ててくれました。 ゴミ箱がいつも同じところにあることと、捨てるところを見せてあげているとできるようになります!

2歳の今ではタオルを畳んでくれたり ホットケーキ作りでお手伝いしたい!と言って卵割りや混ぜるのを一緒にやってくれます。


匿名さん

実際、はじめてのお手伝いは0歳の時でした。私がテーブルを拭いているのを真似して拭いてくれたり、遊び感覚でしていました。

1歳を過ぎて歩けるようになってからは、掃除機やモップを触りたがるようになりました。掃除道具は衛生上あまり触らせたくありませんでしたが、ダメと言ってイライラするよりはいいかと一緒にするようになりました。1歳8ヶ月頃からお願いした訳ではありませんが、大人がしているのを見て自分から配膳下膳を手伝ってくれるようになりました。危なっかしい時もありますが、飽きずに何度でもしてくれるので助かります。


匿名さん

私が雑巾掃除をしていると一緒に床掃除をしてくれました。お手伝いしてと言わずともママが頑張っている姿を見ると自然にお手伝いしてくれることもあると思います。期待しずぎずに見守ることも大事だと思っているので、参考になるか分かりませんが我慢強く見守ってあげましょう。

匿名さん

ちょうど1歳違いで年子の弟のいる娘は1歳過ぎに下の子のお世話のお手伝いをしてくれました。親の行動を見てるんでしょうか。

泣いてると哺乳瓶を弟の口にくわえさせて、ヨダレが出てるとハンカチを口元に持っていってくれたり、お手伝いというよりはお世話なんですが、頼んでなくても自発的にするので本人が興味をもってやりたいと思うときに少し丁寧に教えてあげて一緒に取り組むのはどうですか?興味あることに対しての観察力に行動力、まだ1歳なのに感心させられます。

匿名さん

洗濯物を干すときに籠から服を取ってと言うと取ってくれました。取ってくれるたびにありがとうと笑顔で言うと喜んでうれしそうにするので毎回取って手渡してもらいました。それからは毎回洗濯物を干す時は籠の中から洗濯物を渡してくれるようになりました。

匿名さん

はじめてのお手伝いはテーブル拭きです。ご飯を食べる前、食べた後に口拭きシートで拭いていたら、真似をしたかったのでしょう、自分で拭いていました。

シートの持ち方はちょっとおぼつかなかったけど、一生懸命に拭いている姿はかわいかったです。その後からは、床拭きを手伝ってもらったり、拭くものは何でも手伝ってくれます。


匿名さん

1歳になってから急にできることも増えるので洗濯物を干すときに洗濯かごの中から洗濯物を取って渡してくれるようになりました。教えなくても、毎日していることなので小さいながらもよく見ていて手伝ってくれるんだなぁと感心しました。

まだ1歳なので無理にやらせようとせず自然とできるようになるかと思います。これからもっともっとできることが増えてくると思うので家事など簡単な事からどんどん手伝ってくれたらうれしいです。


ふぃっとさん

初めての手伝いは持ってくることでした。確か、床に落ちたタオルか何かだったと思いますが、歩けるようになって、床に落ちているものが気になるようで、持っていたので、ちょうだいと言ったら持ってきてくれました。それから、床に落ちているごみをゴミ箱に入れたり、スプーンやお箸をテーブルに運んだりのお手伝いをしてもらっています。

匿名さん

女の子なので、1歳後半から大人のマネをしたがるようになりました。初めてのお手伝いはお料理で、ホットケーキミックスを混ぜるのをやらせたら、おぼつかない手つきながらも楽しそうに混ぜ混ぜしてました。それ以降、混ぜる系はシャカシャカといった音を聞くだけで寄ってきて、お手伝いするーと言ってくれます。

匿名さん

娘は好奇心旺盛で色んなことを手伝ってくれます。洗濯をする時に洗濯物を背伸びしながら一生懸命洗濯機に入れてくれたり、パパの脱いだズボンをカゴの中に入れたり、食べ終わったお皿を運んでくれたりしてもらっています。

おすすめなのはお皿のお片付けかなと思います!習慣にもでき、偉いね!と褒めてあげることでお手伝いをしたら褒められることを覚えさせかつ楽しめるのでおすすめです!


saki3110さん

小さなことですが、初めてのお手伝いは1歳3ヶ月ごろにおむつをおむつポットに自分から入れてくれたのをきっかけに頼むようになりました。自分で蓋をあけ、閉めてくれるとたくさん褒めるようにしました。

小さい頃はできることが限られていますが、親のすることをどんどん真似したがるようになるので、2歳になった今ではできる範囲で子ども用の食器を片付けてもらうために運んでもらったり、掃除機をかけてるとやりたいというので持たせてかけてもらったりしています。


匿名さん

はじめてのお手伝いは1歳後半でした。キッチンでご飯の準備をしていて少し目を離した隙に自分のお皿をテーブルまで運んでいました。きっといつもの私の行動を見ていたのと、保育園に通い始めたことも影響が大きかったのだと思います。すっごく褒めて祖母の前でもできたのでまた褒めてもらえたらうれしかったようで、もうすぐ2歳になるいまでも続いています。

たかmam126さん

ゴミ捨てでした。子どもは目線が低く大人が見つけられないゴミも見つけられます。それを摘んで「はいっ!」って渡してくる姿もかわいいですが捨ててきて~と頼むと笑顔でゴミ捨てをしてそのあと自分でパチパチっと手を叩くんです。その姿がなんとも愛おしいと共に成長も感じられ良かったです!

めーママ子さん

ご飯の用意をしている時に遊んで欲しがって足にまとわりついていたので「テーブルにお願い」って試しにスプーン渡してみたらうれしそうに運んでくれたので、万が一落としたり傾けたりしてもいい物だけ次々と運んでもらいました。ゲーム感覚で楽しんでいるし、私も料理を続けられるので助かります。あとはたまにリモコンや携帯を持ってきてもらいます(笑)。

momotama17さん

お洗濯物を畳んでいるときに、子どもが遊んでと言ってきましたが、洗濯物が終わったらと言いました。すると自分で洗濯物のタオルを畳み始めました。最初は逆に時間がかかってしまいましたが、今でも毎回洗濯物を畳むお手伝いをしてくれます。

匿名さん

うちでは犬と猫が2匹ずついて、抜け毛がすごいのでほぼ毎日コロコロや床拭きをしています。それを見ていてくれたのか1歳になる少し前からコロコロをしてくれるようになりました!

掃除機も毛を見るとあったーっと言ってかけてくれます!!そのあと遊んでるように見えますが、ストップ!!!っと言うとやめてくれます!今は魔の2歳児と言われる時期ですがそこまで手がかかるとかがないのでこれから先が少し怖いです△


匿名さん

初めてのお手伝いは、1歳3ヶ月頃の「ないない」、つまり、決まったものを決まったところに片付けることでした。遊んだおもちゃを元のところに戻すことから始まり、帰ってきた時に靴を揃えて並べる、脱いだ洋服を洗濯カゴにいれる、鼻をかんだティッシュをゴミ箱に入れる、など「ないない」の種類を増やしていきました。

同じ「ないない」でもものによって片付けたり捨てたりする場所をきちんと覚えて、ちゃんとお手伝いをしてくれます。子どもが危険を伴わずに、遊び感覚で取り入れられるお手伝いがおすすめです!そしてできた時にはこれでもか!っていうくらいに褒めてあげると次からも喜んで「ないない」してくれます。


kanon2468さん

うちの子は最初洗濯機から洗濯物を運ぶのを手伝ってもらいました。うちはカゴに入れて運ぶのではなく毎回手で運ぶのですがそれを少量渡して運んでもらうようにしました。

タイミングは自分のところに来てやりたそうな仕草をした時に一緒に運んでくれる?と聞いてちょうだいのポーズなどしてやりたい意思が出たときにお願いねと少し渡しました。

2歳、3歳頃からは自分の食べた食器の片付け等を手伝ってもらいました。4歳の今では祖母の家で料理のお手伝いもするようになりました。


ohagi05さん

歩けるようになってから、自分でやりたいという気持ちも出てきたようで私がやっていることをよく観察し、真似るようになってきました。しっかり歩けるようになった頃にその中でも1番簡単で遂行できるものが、ハンガーにかけた洗濯物を干す場所まで持っていってもらう事だったので子ども自身の服をハンガーにかけては、これを干すところまで持って行って と伝えて持って行ってもらいました。

中途半端なところに置いてあることも多かったですが、ちゃんと持っていけてることもあり、自分でも「できた!」という達成感があったようでまた持っていく!と前向きに手伝いに来てくれました。


miyu→さん

手先が器用になってきたころ、洗濯物を取り入れる時に洗濯ばさみを外してもらったり、当時粘着のコロコロが大好きだったのでよく一緒にお掃除していました。また、2歳になった今では食後、自分が食べた食器をシンクに運ぶのを喜んでしてくれています。

もっとしたいと言うので色々運んでもらうのですが、落として割れてしまわないか少しドキドキしながらお願いしています。落とさないようにゆっくりね、の声かけ1つで本人も慎重に運んでくれるので 今のところ1度も落としたことはないです。2歳なりたての頃に餃子作りも一緒にしましたが、意外と上手でした!


yu-0403さん

取り込んだ洗濯物を数メートル運ぶ、歩けるようになってこちらの言っていることが理解できるようになった頃、何々取ってー、や何々持って行ってーに反応できる時のみお願いすることから始めました。今は2歳ですが、率先して食べた食器を台所に片付けたり、敷いていた新聞紙を捨てに行ったり、畳んだ洗濯物を片付けるのを手伝ってくれます。自分の着る服や靴下を選んで持ってきたりもします。

tinkさん

たまねぎの皮むきなど、簡単にできるものをやってみないか提案したところ、喜んで取り組んだのが始めでした。以来、他にもできることを何でもやりたいと積極的にお手伝いしてくれるようになりました。また、洗濯物をたたむことなどは保育園でもやっているせいか、特にお願いしなくても進んでやってくれています。

匿名さん

食後に使用した食器を流しに持っていく。食事の準備でコップやスプーンフォークなど軽いものを食卓テーブルへ持っていく。

1歳半頃から今もしています。上の子は、4歳ですが、もうそれが習慣ついています。


ももさちさん

初めて手伝ってくれたお手伝いは洗濯物を干す時にパンパンっと手でしてから洗濯ハンガーに1つずつ干すのですがパンパンするのが面白かったのか私が洗濯物を持って2階に上がると必ずついてきてくれてパンパンしてから笑顔で渡してくれます!

ロレーヌさん

洗濯物をドラム式の洗濯機に入れるお手伝いをしてもらっています。私が毎日している様子を見て自然と娘から手伝ってくれるようになりました。

もちろん途中で飽きたり、全部入れたのにまた洗濯カゴに戻したりもありますが、こうやって少しずつ手伝ってくれることが増えるといいな~と思っています。


あまりものさん

初めてのお手伝いはおむつをゴミ箱に捨ててきてもらうことでした。1歳過ぎて歩けるようになった頃にお願いしたら喜んで 捨てに行っていたので、毎回お願いしていました。周りのお友だちは葉物野菜をちぎるお手伝いをしてもらってる人が多かった印象です。

A.はじめてのお手伝いは2歳の時でした

ちぷこさん

保育園に通っている2歳の娘がいます。段々と保育園でも自分のことは自分でやる練習が始まったので、家でもお手伝いをやらせてみました。

最初は洗濯物を洗濯バサミから外すお手伝いでした。本人はゲーム感覚で楽しんでやっていました。


匿名さん

自分の食器は自分で片付けたがるようになりました。色んな事に興味を持つ歳なので自ら進んでお手伝いを自然としたがるのかなと思います。

おむつを自分で捨てに行ったり見つけたゴミを捨てたり電話やインターホンが鳴ってる事を私が気付いていないとママー!ママー!と教えてくれたりします。小さいなりに日常生活で色んな事を吸収してやってくれたり教えてくれたり、ありがとねと褒めると笑顔になります。褒められる喜びも自然に学んでいる気がします。


匿名さん

初めてのお手伝いは、出かける時玄関で自分の靴を一生懸命私に履かせてくれました。サイズが合わないと気づいたのかその後私の靴を持ってきてくれました。

その日からいつも靴の担当は長男です。大きくなり6歳になった今、玄関掃除は長男のお仕事になっております。


mskみすけさん

最初は本当に簡単なことから。ご飯が大好きなうちの子には、自分のスプーン、フォークを運ばせました。それだけですごく褒めました。

その時「お手伝いしてくれたのね。ありがとう」と、“お手伝い”というワードを必ず使っていました。簡単なことだったので機嫌がものすごく悪い時以外は毎回やってもらい習慣化しました。

お手伝いしてママに褒められるとうれしいという感覚がついたのか、今では「ちょっとお手伝いしてくれるー?」と声をかけると何なにー?とどんなことでも手伝ってくれます。

ただ、失敗もたくさんあるのでそこは怒らず、また自分の余裕がない時はお手伝いお願いの声かけはしない方が良いかと思います。お手伝いを頼まれてやったのに怒られちゃったと本人のやる気をなくしてしまうからです。

毎日バタバタと家事育児をしてるのでイライラしない余裕などは少ないかと思いますので焦らず、自分の気が向いた時にお手伝いをお願いするので良いと思います。失敗もたくさんというよりは失敗される覚悟でお手伝いをお願いしてみてください(笑)。


匿名さん

はじめてのお手伝いは2歳のときでした。我が子の通っている保育園の年長さんたちが、保育園でカレーを作ったようで、その話を帰ってきてからずっとしていました。

あまりにうれしそうに話すため、その日の夕飯はカレーにしようと提案すると喜んでいました。ふと、カレーの作り方について子どもと話しているときに、子どもが「たまねぎ剥いて~」というので、剥いてみる?と尋ねると、喜んでたまねぎの皮を剥いてくれました。

こんなこともできるようになったのか!と感動して誉めたのがよかったのか、今では我が家のタマネギの皮剥き担当になっています。


匿名さん

お料理の手伝いでした。野菜を洗ったりレタスをちぎったりしてくれました。

クッキーの型抜きや、パンを丸めたり、食事に興味を持ってもらうことが狙いでした。粘土遊びやごっこ遊び感覚で楽しく出来ました。こちらは時間がかかるので、下準備や、時間に余裕があることが前提ですが、、、。


匿名さん

お水遊びが大好きで、お皿洗いをやりたがったので、一緒にやってみたところ、すごく喜んでやってくれました。最初は割ってしまうかなとかハラハラしましたが、全くそんな心配はなく、上手に流してお水を切って、優しくカゴに入れてくれて、母の方がびっくりしたくらいです。褒められてとてもうれしそうで、自信に繋がったようです。

匿名さん

わたしの子どもの場合は2歳半過ぎてから、はじめてのお手伝いは食事前の食器運びでした。その頃は半年になる次男もいて食事時毎回バタバタしてるのもあってか、何も言わなくても「やるー!」って言って手伝ってくれました。

いま長男は3歳になりましたが、こっちが何も言わなくても自分で判断してお洗濯やごはんの用意や弟のお着替えなどの手伝いをしてくれます。お兄ちゃんだからとか大きくなったんだからとか言わない方がいいのかな、と思っています。


匿名さん

洗濯物を一緒に取り込む作業を自分から手伝ってくれたので、手伝ってくれた時はありがとうをちゃんと伝えるようにしています。あと、ママ助かるよ!とも。褒められると子どもも喜ぶので褒めて伸ばす!といったところでしょうか。

A.はじめてのお手伝いは3歳の時でした

あるるんさん

クッキーの型抜き、野菜の種を取る、キャベツをはがすなど。手先を動かした方が良いと聞くので夕食などの簡単な作業を子どもにやらせてみました。子どももとても喜んでくれて自分がしたお手伝いの時のご飯はいつも完食してくれます。

匿名さん

私がしていることを真似したい様子だったので、玄関掃きをさせてみました。褒めて褒めてごまかしてやらせたら毎日やりたがるようになりました。

それから少しずつなんでも自分でやらせてみることにしました。お手伝いは褒めてごまかしが一番効果あると思います。


匿名さん

3歳くらいの時に洗濯物を畳んだり、ハンガー片づけるのを手伝ってもらった気がします。お願いします!って頼まれるとうれしいみたいで積極的に手伝ってくれました。畳み方は雑でも大袈裟に助かるな~さすがだな~と褒めちぎりました。

匿名さん

洗い物、洗濯物を畳むなど興味を持っていたので教えて一緒にやっていました。畳み方など丁寧に教えるとちゃんとできていたので助かります。洗い物は少し水遊びになってしまうので仕事が増えることもあるので一番おすすめなのは洗濯物かな!

匿名さん

配膳の準備をお手伝いしてもらいました。また、ホットケーキを一緒に作ったり、カレーのルウや、具材を鍋に入れるお手伝いをしてもらいました。

あとは、犬の散歩で、リードを持ってもらいました。洗濯したものを自分の棚に入れるお片づけもしてもらいました。


匿名さん

初めてのお手伝いは掃除機をかけていると、本人もしたいと言ってきた時。重たい掃除機を本人がしたいように掃除させて、褒めてあげた記憶があります。今では6歳ですが、お手伝いの質も上がり、皿洗いもきれいにしてくれるまでに成長しました。

匿名さん

野菜を一緒にスーパーに買いものに行き、野菜を洗うお手伝いをして、そのあとじゃがいもを蒸したり野菜をゆでて準備して、それを子どもにつぶしてもらい、混ぜて、調味料を入れて、混ぜてポテトサラダを一緒に作るというお手伝いをした!

りこえさん

炊事です。まずは毎日傍で見て興味を引き出します。妊活をしていて、つわり等はじまったら長女に手伝ってもらいたかったのでスタートしました。

卵焼きは、卵を割ることから毎朝練習。そして茶碗洗いや、卵焼き作りが半年でできるようなりました。


匿名さん

マカロニサラダが大好きな娘。ゆで卵をむきたい!と言い出したのでまずは形から、エプロンを買ってあげました。

自分でむいたゆで卵が入ったマカロニサラダを、自分が作ったの!と家族に自慢していました。それからは、春巻きを巻いてくれたり、豆腐をちぎって味噌汁に入れてくれたり、小さなことですがお手伝いをしてくれるようになりました!!


匿名さん

娘が年少さんの時に、お皿洗いをお手伝いしたいと言われたので、一緒にお皿洗いをしました。手が泡泡にあるのが楽しかったようで、楽しそうにお手伝いをしてくれました。

そんな娘も、今では8歳!今でも、お手伝いは好きで一緒にカレー作りやスープを作るのが好きでよくお手伝いしてくれます。娘と一緒に料理をするのは時間もかかりますが(笑)自分で作ったご飯はいつもよりたくさん食べてくれます。


A.はじめてのお手伝いにおすすめなこと

匿名さん

最初はお手伝いというより、子どもがやりたい!と思ったことを危ないから、上手くできないから、ではなくやらせてあげることが大事かなと思います。子どもが自分のおむつを取ってくるだけでも、私は大袈裟に褒め称えていました笑。

匿名さん

幼稚園に入ってから私の真似したいと言い出したので、ご飯の時にお箸などみんなの前に並べたり、遊び感覚で床の掃除などおもちゃの片付けなど毎日やるような事から始めたら段々とお手伝いをしてくれるようになりました。

匿名さん

初めてのお手伝いに私がやってみて良かったことは、子どもが保育園からもらってくる月刊絵本にお手伝いのページがあってそれを読んであげると真似てやっていました。お皿運びや靴並べなど。ちゃんとできたらノートにシールを貼っていき10回できたらゴールできるようなものを作って活用していました

寛美さん

自分の椅子を用意させたりしました。またパンなど袋のまま持っていけるものはお願いしてました。

今では親が目の届く範囲ですがごはんが入った茶碗やカトラリーなども運んでくれるようになってます。あとしめじをほぐすのやレタスをちぎるのなどもやってもらってます。


匿名さん

子どもが興味を示したことなら何でも、迷わず挑戦させてあげたらいいと思います。そこから、その子その子に合った「お手伝い」が見つかるのではないかと思います。ちなみに我が家は代々、床の拭き掃除からスタートしています。笑

匿名さん

はじめは色々なものの持ち運びのお手伝いからスタートしました。食器をテーブルまで運んだり、反対に食べ終わったらシンクまで下げてもらったり。

あとはお片付けのお手伝い。息子が出したものなのでお手伝いとはいえないかもしれないですが、おもちゃをもとの位置に片付ける。必ず次のおもちゃで遊ぶ前に使っていたおもちゃは片付けるように言っていました。


・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード