Q.子どもの自己肯定感を高めるためにしていることってありますか?

最近、子どもの「自己肯定感」が大切だという記事をよく目にします。子どもをほめることがいいと聞きましたが、みなさんはどんな場面で子どもをほめていますか?




PA,自己肯定感,

A.子どもでも1人の人間、1人の人格者として接するようにしています

nounoursさん

「イヤ!」と言われたらどうしてイヤなのよ!?と言いたくなってしまうのですが、「今はこれじゃなかったんだね。何したいの?」や、「もう少し遊んでから◯◯しようか」と言ったりすると何かにつけてイヤ!と言って癇癪を起こすのが少なくなりました。

ある日、お絵かきで口紅を使っていました。「どうしてこんなことするの!?クレヨンじゃないよ!?」と思って怒ってしまったのですがふと我に返って「どうして口紅使ったの?」と聞くと「ママがいつもつけるからかわいくなるかと思って…泣」と言いました。

私の似顔絵を描いてもっとかわいくなるように口紅を使ったそうです。大人からするとイタズラでも子どもにとっては悪いことをするんじゃなくて子どもなり考えて行動をするんだと思いました。

子どもでも1人の人間、1人の人格者として接すると双方感じ方、考え方が変わると思います。

編集部からのコメント

今回は、一番回答数の多かった「2歳児の場合」という口コミ・体験談のひとつをピックアップしてみました。

このほかにも「0歳児の場合」「1歳児の場合」「3歳児の場合」と回答が寄せられましたよ。妊娠中や子育て中の疑問や悩みに対するヒントがたくさん!ぜひ読んでみてくださいね。

A.0歳児の場合

まなみん0404さん

ごはんたくさんたべれたねー、うんちでたねー、お着替えできたねーなど、生活のなかのほんの少しのこと、当たり前のように思えるようなことも、口に出して誉める、頭をなでる、笑顔で話しかけるようにしています。できたことに限らず、頑張っている姿も誉めてあげたいなと思って子育てしています。

匿名さん

怖い顔をして叱っても、1歳児には不安と恐怖を与えるだけにしかならないため、上手くできたことを笑顔で声かけすることが良いと思います。また、時間差で褒めても記憶に残らないので、直後に声かけするのが良いと思います。

匿名さん

5ヶ月の息子を育てています。自己肯定感は褒めるだけではなくて認めてあげることも入ると思うので、子どもが泣いている時も気持ちを代弁して寄り添うようにしています。褒める時は具体的に褒めると子どももやる気が出たり、ちゃんとみてくれてる、と安心できるのではないでしょうか。

匿名さん

目を見て話すこと、スキンシップたっぷりのコミュニケーション、手遊びを普段の生活で大切にしています。また、離乳食を全部食べられたときは空のお皿を見せて『ピカピカになったよ~えらいね~』と頭を撫でながら認めています。歯磨きをしたあとには、『上手に歯が磨けたよ~きれいになったよ~』と頭を撫でながら言っています。

Aya0330さん

生後11ヶ月の娘がいます。最近は伝い歩きから数歩何もなくても歩けるようになってきました。

自己肯定感に対して、まだ何が良かったという結果が出ているわけではありませんが、私は子どもと遊んでいる時も、子どもと離れて家事をしている時などでも、子どもが何かして欲しそうにこちらをみる時には、その都度対応するようにしています。

うちの子は音楽の流れる本のスイッチを押して音楽が流れると私をみます。そうしたら、私は笑顔で音楽に合わせて、手をたたきながら、身体を左右に揺らします。すると、娘も笑って、私と同じように身体を左右に揺らし、バンバンと床を楽しげにたたいたりします。

料理中など、手が離せない時は、笑いかけるだけの時もありますし、遠くで本人の動作を大きく真似するだけの時もあります。それでも、本人が満足そうに笑って、また遊びはじめられたら、自己肯定感を育てる1過程になっているんじゃないかと思っています。


匿名さん

ミルクがしっかり飲めたとき、ゲップが出たとき、よく眠れたとき、ウンチが出たときに必ずほめてます。そうすることでいいことなんだと思ってまた頑張ってくれるような気がします。また褒めてもらうことで、自分を見てくれたんだと思って自己肯定感に繋がるように思います。

匿名さん

ウチの子の場合は、基本何をやるにしても夫婦共に褒めまくってますね。たとえば、「あー」と話すだけでお話してくれたのありがとうねーとかお話楽しいねーと返事してます。

あと、起きている時はできるだけ一緒に居て遊ぼうと心がけてます。大変で他の家事がたくさん残ってても旦那がやってくれますから。今この子に一番必要なのは父親母親からの愛情だと思ってます。


匿名さん

意思疎通はできていないかもしれませんが、たくさんの言葉、音、匂いを感じてもらい、愛してるという言葉をたくさん伝えています。赤ちゃん言葉ではなく、普通に話しかけて笑ったり怒ったり感情が出てくるようになるのでそこを楽しみながら愛情表現を大きめで伝えてます。

匿名さん

例えば、紙を破いたら「破く事出来たねー、上手だねー」など出来たことについて具体的にほめてます。まだ言葉の意味は分からないでしょうが、笑顔でパチパチしながら言うようにしてます。なにか新しく動作ができるようになったら褒めてます。

A.1歳児の場合

あっぷるうさぎさん

基本的には大げさに褒めます。オーバー気味に。ですが、教えたことができるようになっているのをみると親バカかな?と思うほどうれしくてたくさん褒めています。継続してできるようになったことも、適当に褒めるのではなく、毎回初めてできた時と同じように褒めるようにしています!

匿名さん

私の真似をしてタオルを畳む真似をして出来たときの達成感が本人はうれしいようです。「できたー」や「はい、できあがり」など出来たことを一緒に言葉にして言ってあげると本人は楽しそうにお手伝いしてくれました。また、できなかったパズルを完成させたときや一人で遊んで達成させた時など声をかけています。

ぎーたんさん

我が家ではとにかく褒めることを徹底しています。もちろん悪いことをしたら怒りますが、スプーンが上手に使えたり、お片付けをしていたら毎回その都度褒めて頭を撫でて「えらいね」「いいこだね」と言っております。来年には兄弟が増える予定なので、継続して褒めて寂しさを与えないよう努めたいです。

museeさん

積み木を積めた時(1回1回積むごとにすごい!!と声を出して褒める)、バイバイが出来たときに褒める。クレヨンを持って画用紙に描けたとき。はじめて今まで出来なかったことをやれたときには、オーバーに声のトーンを上げて褒めると、笑顔を見せてくれます。

リラックママさん

色々なことに興味がある時期なので、危ないこと以外はすべて見守っています。何に興味があるのか見守って、好きなことを思う存分やらせてあげています。

時々こちらを見た時にいいね、楽しそうだねーと声かけするとうん、と満足そうにしているので、そういう時に自己肯定感が育まれるのかなと思っています。


☆れんまま☆さん

子どもの自己肯定感を高めるために、自分でできた事は褒めています。お片付けできたね!お絵かきできたね!など色々場面で褒めてます。

それと、ママは○○ちゃんの事大好きだよ?!とぎゅっと抱きしめたり常に愛情表現をする事も自己肯定感に大事だと思ってたくさん愛情表現をしてます。


A.2歳児の場合

りなぱさん

2歳児は自分で色々やってみたいと思う時期です。自分でズボンを履けなくても履こうと挑戦したとき「もう一人でできるの?すごいね」やズボンを履き終わったときに「ズボン履けたね!かっこいいな」など些細な行動一つ一つを実際に言葉にして褒めるようにしています。

まるいさん

2歳2ヶ月の娘がいます。最近なんでも自分でやりたがるので、やりたいと言ったらとりあえず何でもやらせるようにしています。

大体がちゃんとできませんが、本人は満足そうなので「できたね」「すごいね」と言うようにしています。褒めるとすごくうれしそうで満足そうでかわいらしいです。


あやKさん

「おはよう」などあいさつが言えたとき、トイレ教えてくれたとき、遊んでる時に「見て見て!」って何かアピールしてくれたとき、できなかった事ができた時などなど日常のささいなことかなってこともほめてみるようにしてます。

なかゅさん

毎日1回はハグして大好きだよって伝えている。偉かったこととか、できるようになったことを褒めることもあるけど、何もしなくてもあなたが大切でいつでも大好きってことを伝えるようにしている。褒めるときは誰かと比較せず、何を頑張ったのかを具体的に褒めている。

でー( ̄ー ̄)さん

まずは遊びでも何でも今まで出来なかったことができたときには拍手して「すごいねー」と言って誉めます。そして、言うことを聞いてくれたときも「ありがとう。かしこいね」と言ってすごく喜んでほめるようにしています。

G._.ayaさん

自分から進んでお片付けやお手伝いができた時。ご飯を残さず食べられた時。歌が好きでよく歌っているので歌い終わった時。現在トイレトレーニング中なので、自分から言えた時や、トイレで成功した時は大袈裟なくらい褒めている。

匿名さん

英語の歌を歌ったりする時、かならず間違えるけど間違えてるよ!とは言わずに最後までリズムをとって聞く。そして褒める!とにかく褒める。

具体的に何が良かったか褒める。そのあとで、ここの部分はこっちじゃないかな?といった感じで間違いを指摘する。


もも母さんさん

基本、何かをして私にアピールしてきたら誉めます。本人もできることが多くなってきて見てもらいたいという感情があるようです。

また、命の危険が及ぶことに関しては叱りますが基本は見守るスタンスにしています。子育て中はイライラもありますが、自制心が養われると思い我慢もします。

お陰で子どもは明るく社交的に人見知りせず、よくお話しができる子どもになりました。

ゆき*****さん

少しずつしゃべれるようになって。できたよ、みてー、などとお話ししてくれる時はすごいね?と褒めている!

できない時に、泣いたり、してーと言ったりしてくるが、こうしてみてと言ったりできそうなことはママもやり方わかんないからしてみてと言ったりして、できた時に一緒に喜ぶようにしています。集中している時は見守ることにしています!


匿名さん

こちらが何かをお願いして、その指示に従った時が一番多いですかね。トイトレで、おしっこが出なくてもトイレに行って便座にまたがるだけで褒めてあげたり、買い物に行った時にカゴを返してくれたり、買い物帰りに自分のおやつをしっかり家までめげずに持ち帰ったり…。

こちらが少しでも助かることをしてくれるとすぐに褒めるようにしています。これをしてくれると大人は喜んでくれると分かってくれたら、自分で考えて行動してくれるようになり まだまだムラはありますが、おやつのゴミやジュースの空きパックは自分でゴミ箱に捨ててくれるようになりました。

一度褒めるだけでなく、継続してありがとうを伝えると本人も満足してくれるようです。


愛絆ママさん

いつも嫌がることをできた時や初めて自分でできた時、一緒にできた時も子どもが頑張ってくれたり手伝ってくれたりしたおかげでできたという気持ちにさせたいと心がけてはいます。特に2歳児は自己主張が強く、私の息子もちょっとしたきっかけでやる気が出たりなくなったりするのでタイミングを見て声掛け、援助します。

あいえなさん

2歳ともなると、イヤイヤ期もあって何もかもイヤイヤになって泣くばかり。気をそらす為に、大げさに「えー!◯◯ちゃんこんなことできるの?すごい?できるの?」って、何も出来てない時もたくさん褒めまくると子どもも何で泣いてたか忘れてしまっていつの間にか笑顔に。それをずっと続けてたからか、3歳になった今では自分から「これできるのみてて」って、自信を持って何でも挑戦してます。

A.3歳児の場合

こあら147番さん

言葉が理解できるので、行動を具体的にほめる。逆にしてはいけないことの線引きはきちんとして、そこは筋を通しぶれないようにする。

すごいね、上手だね、などの他者との比較の褒め言葉ではなく、「よく見ているね」「自分でしっかり考えて行動できたね」と何がよかったのか具体的に褒める。相手を子どもと思わずひとりの人間として認めて接していくこと。

自分にしてもらいたいこと、言ってもらいたいことはするし言う。逆にしてほしくないことはしない。

見下してすごいとか適当に言わない。なにがすごいのかを説明する。


匿名さん

私が実践していることは、とにかく否定的な言葉を使わないことです。絶対に無理と言わせない、やってみようの精神です!

勿論親が一緒にサポートしますができないことは少しでも出来たことを見つけて次に繋げます。松岡修造さんばりにできるょ!一緒にがんばろ!と前向きにサポートするように心がけると案外子どももその気になりますよ。


匿名さん

できなかったことが、できたときにほめます。3歳でできてあたりまえのことでも、1歳のときにはできなかったのにすごいねとほめるようにしています。あとは、私が娘を大好きであることを、いつも伝えています。

匿名さん

出来なくてあたりまえであり、出来た事は大げさに褒めてあげる。出来ないのは子どもが原因ではなく、教える側に検討する点が、あるのだと思う。

あなたは天才、宝物と子どもに伝える事で、子ども自身も自分を大切にし、他人への思いやりを持つことができる。


ママ0321さん

自己肯定感が大事だとよく耳にします。私の家の場合、少しでもできたり前はできなかった事が出来た時に、よく褒めてます。

その方が子どものやる気も上がるし自己肯定感も上がると思っています。子育てをしているとなかなか褒めることもできませんが、怒るだけではなく褒めてあげる事が増えると良いと感じてます。


匿名さん

発達障害のある子どもを育てていますが、何をしてもほかの子よりできないため、先生や親戚から褒められることが少ないです。親は意識して褒めるようにしており、ほかの子ができて当たり前でもうちの子は頑張ってやっていることを見つけては、がんばったね、できるようになったねと声をかけるようにしています。

同時に先生方や近しい親戚には発達障害であること、うちの子にとっては難しいことがたくさんあること、一つ一つをほかの子の数倍頑張ってできるようになっていることを伝え、温かい目で見守ってもらえるようお願いしています。


オハナちゃんさん

3歳になり言葉で意思疎通が出来るようになったので、幼稚園入園に向けて重い腰をあげてトイレトレーニングを始めました!上手に教えられた時、トイレで成功した時、オーバーリアクションで褒めています。本人も褒められるのがうれしいのかやる気が出てきました。

ありもさん

子どもは本来、頑張りたい、よりよい自分になりたいという思いをもっていると考えています。こちらが望んでいない行動をした時は、子どもの表情などから「この子はこちらを困らせるつもりではないな」などと判断します。そうすると、怒りも次第におさまってくるので、どうすれば良かったか教えます。

ちゃむ@いーたんママさん

大人にとっては些細なことでも、子どもからすれば大きなこと。「ママ見て!」「できたよ!」に対して必ず「わーすごい!本当だね!さすが!」と大袈裟なくらいに誉めています。

そのとき拍手したり抱き締めたり頭を撫でたりもしています。子どもはとってもうれしそうにするので、それを見て私もつられて笑顔になります(笑)


虎タイガーさん

よい悪いを教えるにも、悪いことをして怒るよりは、出来たときにわかりやすくとても誉めるということで次に理解してもらうようにしてます。外出から戻り手を洗う、食べ物で遊ばない、テーブルに登らないなどはこれで身に付きました。

匿名さん

誉めることが自己肯定感につながるとよく言われますが、ただやみくもに誉めるということではなく、きちんと子どもを見ている・見守ってるという姿を見せることが大切なのだと思います。

我が家の子ども達はモンテッソーリ教育の園にお世話になっていますが、先生方は常に子ども達を見て、誉める時も静かな口調で誉めて下さいます。

いつも見守られている安心感から、できたことを誉めてもらえて、自信につながるのだと思います。


その他の回答

ohanasrsさん

一番上の娘が今年12歳になるのですが、赤ちゃんの頃から今まで何でも先回りしてやってあげていたり、事前にこう言うことが想定されるからとあーだこーだと前もって言って育てていました。

そうすると自分で考える事が出来ず常に指示待ち状態。自分で何かに取り組む姿を見ることがないから中々褒めるとこが…となっています。

今となっては小さい頃にもっと自由にやりたいようにやらせれば、自分で経験して考えさせていれば、と思います。下手でも失敗しても自分で考え行動に移せる事が素晴らしいと褒めてあげれたらいいな!と現在軌道修正中です。

この事をふまえて7歳の息子と2歳の娘にはある程度は自由にさせて、自由で考えてやったんだなぁと感じる事や、何気ない発見をしてきた時はオーバーリアクションで反応を返すようにしています。


703さん

とりあえず何か声をかけるときでもなるべくポジティブな言葉を追加してかけるように心がけています。何かを渡してくれたりしてくれたときには「ありがとう」の言葉の他に「〇〇ちゃんは優しいね」と加えています。そのおかげか、上の子は今とても優しい子に育ってくれています。

匿名さん

とにかく、何か出来たら「すご~い!!」「てんさ~い!!」「さすが~!!」とオーバーリアクションで誉めてあげてます。そうすると、にこ~っとうれしそうに笑って何でもやる気に満ち溢れて次に繋がって、良い方向に向かいます。

匿名さん

今妊娠中で産まれる時に上の息子とは8つ違い、ずっと一人っ子で育ってきました。兄弟間で比べることがなかったからか、あまり欲もなく、わがまま言わず、さっぱりした性格でのびのびと育っています。(親としてはもう少し負けず嫌いになってほしいです)

絵やお手伝いができた時はもちろん褒めていますが、毎日学校から帰ってきたらとりあえずおかえりと今日もがんばったね?と褒めています。プラスかわいいね?とつい言ってしまいますが、8歳の男の子にかわいいね?もそろそろ終わりかなと思ってはいます。。笑

自己肯定感、私はあまり自信がないですが、息子は自分を大切に思い、自信を持って生きているように感じます。育て方の正解はわかりませんし産まれてからにならないとわかりませんが、産まれてくる赤ちゃんも一緒に育てたいと意気込んでくれています。


・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード