Q.妊娠・出産を機に仕事を辞める予定の妊婦です

子育てが落ち着いたら再就職をする予定でいます。みなさんは、仕事をしていますか?仕事している方はどんな立場で仕事してるか、その立場のメリットやデメリットを教えてください。




ピックアップアンサー,再就職,

ふじのみさん

妊娠をきっかけに退職し、出産後パートとして再就職することになりました。子どもの発熱などで保育園からの呼び出しが多い中、正社員よりも気軽に早退させてもらえます。

責任のある仕事内容ではなくやりがいはあまり感じられませんが、ある程度子どもが大きくなるまでは子どもを優先で行くつもりです。

編集部からのコメント

質問者さんと同じく妊娠をきっかけに仕事を辞めたというふじのみさん。出産後に選んだ働き方はパートという立場でした。やりがいは感じられない分、子ども優先の生活ができるというメリットがあるようですね。

正社員で働くママからは「産休育休を取りやすい」「責任ある仕事ができる」などのメリット、パートやアルバイトで働くママからは「勤務時間の融通がきく」「体力的にらく」などのメリットを聞くことができました。

ぜひ、ご自身に合った再就職の形を見つけてくださいね。

A.正社員として仕事しています

匿名さん

私は1歳の女の子を育てているママです!仕事は介護職をしています。妊娠前から、管理者と、現場の業務を行っていました。もちろん、夜勤も入っていたのですが、妊娠を機に夜勤はやめさせてもらい、簡単な業務をするようになりました。

管理者ということもあり、融通が利く職場でしたが、女性が多く先輩ママやベテランママばかりでしたので皆さん優しくフォローしてくれました。

現在は1年の育休を経て職場復帰しましたが、夜勤は少しずつ入るようになり、シフトですが職員のフォローでなんとなやっています。

匿名さん

自動車ディーラーで中間管理職の役職を頂き勤務しているものです。私も1年分育休を頂き、復帰する予定で居ます。デメリットは業種柄土日に休みがなく、復帰してからは預ける場所に苦労する事と、大きくなっても子どもの行事に参加しづらい事です。

メリットは、復帰すれば金銭面で余裕が出来ること、あとはママ側の働きがいが取り戻せることくらいですね。

匿名さん

主任として働いています。時短勤務のため、ほかの方のサポートなしでは働けないと実感しています。子どものお迎えや学校行事での有給は比較的に周りの理解があるのと、お母さんが多いので良好に取得できています。

デメリットとして、昇給はどうしても難しくなります。あとは搾乳室などもないので、断乳してから働くことが必須になります。

匿名さん

会社のいくつかある事業部の中の1つでナンバー2として仕事をしています。産後、育児休暇を取得し復帰する予定です。

メリットとしては私は産後も自分の帰る場所があることが心の支えになりました。赤ちゃんはとってもかわいくてお世話も苦じゃありませんが、社会に出て仕事が出来る喜びが多いからです。(好きなことを仕事にしているので尚更かもしれませんが)

デメリットは抱えている仕事が多かったので引き継ぎが大変でした。また、産休、育児休暇中もたびたび仕事のことで連絡がきます。

お得意様から直接電話が来たりもするので、それをまた別担当へ引き継いだりと大変なときはあります。

奈乃花ママさん

私は妊娠中も仕事を続けました。妊娠後期で切迫早産のリスクが高く早めに産休に入りました。育休の制度も利用し、現在は時短勤務ですが、正社員で働いています。

役職もついてますが、時短勤務でも役職を続けさせてもらっています。仕事復帰するなら子育て支援、福利厚生が充実している職場を、おすすめします!

匿名さん

妊娠が分かった時、私は入社2年目に入る頃でした。まだまだ勉強中で、会社にはあまり貢献出来てはいなかった為、産休と育休を取ることに罪悪感がすごくありました。

大手のグループ企業の正社員であった為、福利厚生はしっかりとしていて育休後の復帰は保証してもらえるという話でとても悩みました。今後保育園に入れたりする為には育休後の仕事が保証されていることはとてもアドバンテージになります。

また、保育園に入れられていれば転職もしやすいです。会社への申し訳なさはあれど、制度はしっかり使って自分が生きやすいように選択することは大事だと思います。

匿名さん

会社員で中堅にあたります。私の部署は16人しかいなくて、過去に結婚出産した女性従業員がいません。

前例がないので、会社も私も手探りの状態ですが、安定期に入るまでは会社を休んでもいいよと言ってもらえました。

妊娠しても辞めないのはやはり育休手当が貰える、仕事復帰しても理解のある仲間の元で働ける事が大きな理由です。

デメリットとしては現場に出られなくてなること。私の仕事はコンサート関係の仕事なので、現場にでてなんぼの仕事です。現場にでずに今後どうやって働くか、それが最大の課題だと思っています

匿名さん

イベント会社の制作をしています。立場としては平社員です。実働業務を減らしてもらい、事務作業をメインにしてもらっています。

安定期にはいって、体調をみながらイベントにも参加したり、休みを頂いたりと相談しながら仕事しています。これから休むべきなのか、出産後辞めるのかなどは部長と相談しています。

匿名さん

正規雇用で現在は育児休業中です。平社員です。

復帰後の制度を調べてみたところ、時短勤務も可能ですがお給料が減ってしまうこと、保育所の点数が減ってしまうことが気になりました。そこで、始業前と終業前のそれぞれ30分子どもの送迎のために勤務時間をカットすることができる制度を見つけました。

朝、遅れずに出勤すると夕方にまとめて1時間取ることもできるようなので、その1時間とお昼休みを取らずに夕方にずらすことで1時間45分早く仕事を切り上げらるようなので復帰後は時短勤務にせずにこの方法でいきたいと考えています。

どのような立場で再就職するにしろ、職場の福利厚生をしっかり確認して働くのがいいと思います。

匿名さん

産休育休が取得できるのに、辞めてしまうのはもったいないと思います。働いていると堂々と産休育休手当がもらえることが魅力で、メリットです。デメリットは、仕事と育児に追われてとにかく忙しいということです。

匿名さん

自分が高齢での妊娠(42で妊娠、43で出産)ということもあって、職場ではある程度責任ある立場。本来なら今月から産休の予定でしたが、どうしても休めない事案が二件も入り、結局予定より2週間長く仕事をする予定です。

ある程度の立場や役職があると、妊娠についても悩むし、仕事はもちろん辞めたり休んだりも厳しいかなと思います。その点考えると若いうちに出産まで終わって、そこからキャリアを積む方が良いなぁと思います。

匿名さん

新卒で入社してから、ずっと同じ営業事務で働いています。営業のアシスタントをしていて、主任を任されていました。

妊娠したことはみんな祝福してくれたし、休みももともと取りやすく、産休も快く送り出してくれました。

デメリットは、主任の私しかやってこなかった仕事を引き継いでも、量が多くなかなか定着しなかったこと、教える人がいなくなるということ。1人にかかる責任が大きく、抜けるとなかなか穴が埋まらないこと。

メリットは、その分お客さんとの絆が深まり、やりがいを感じられることでした

kaechaaaanさん

新卒で会社に入社して、営業をしていました。今は産休中で復帰後も営業で働く予定です。会社が上場企業なので福利厚生もしっかりしていて復帰後は時短勤務で働き昇級試験等も受けることができるのでキャリアアップの出産前と同様に受けることができます

けんとむーさん

私は1人目出産後転職をしました。正社員です。理解ある会社なのと、子どもの生活も安定してきた頃でしたので非常に働きやすいです。

ただ、前職は子育てしながらは仕事を減らされ責任も持たされなくなりました。産休前と部署も役職もかわりました。

メリデメは会社により出てくると思いますので会社さんと事前にしっかりとお話しされるのが良いと思います。

匿名さん

つわり中、まだ妊娠している事をまだ周りに言えない時期は、たくさん席を外したり、急にお休みをいただくのも申し訳なく、辛かったです。

ただ、働き続ける事で、一定の収入は補償される安心感があるので辞める事は考えず、産休、育休を取得させていただいて仕事には復帰することとしました。お金面だけでなく、仕事をしていると自分の1つのコミュニティがそこでできたり、気が紛れたりするのもメリットです。

匿名さん

妊娠前は金融機関の課長でした。妊娠判明直後に上司を通して人事部に連絡しました。つわりの一番ひどい時期はかなりお休みをいただきましたが、年に4回の異動のタイミングで、後任をもらい、私自身は推進役という役職に。

役職者手当が無くなり、給料はダウンですが、精神的にも落ち着いて仕事が出来ました。復帰後は時短を使いながら、数ヶ月は推進役のまま、感覚を取り戻していく予定です。

匿名さん

営業職で産休ギリギリまで働いてました。会社内の営業をしている女性で初の産休、育休を取る予定です。

社内初という事なので、仕事の件で未だにメリットは連絡が来たりしますが、復帰する際に全く分からないと言うのは無さそうなので、助かってます。

デメリットとしては休みに入ったとは言え、100%お休みを取れてる訳ではないのがあるかなと思います。

匿名さん

正社員で保育士。上から、小4、小1、年少、2ヶ月の子どもがいて今は育休中です。我が子との時間は確実に少なくなり、時間に追われることも。でも、働くことによって、経済的な余裕ができたり、離れている時間があるからより我が子をかわいく感じます。

はるさめ1207さん

100万単位ですが、BtoCでエンドユーザーのお客様との打ち合わせのある仕事をしています。立場は部署のリーダーです。(部署の代表ですがリーダークラスです、上に部長がいます)

メリットは、仕事の割り振りが自分でできるため業務量の調節をしやすいところです。また、完全フレックス制のためかなり自由に働いています。

部下は女性ばかり、独身の方も子育て真っ只中の方も、親の介護中の方も居ますが、全員の都合のバランスをとっていままでフォローし続けたので、今は私が甘えさせてもらっています。

デメリットは、自分で決めたことではありますが、やはり代表が長期不在なのはいかがなものかと思い、産休育休込みで4ヶ月で復帰することに決めたことです。

また、立場上仕事のパフォーマンスを如何に落とさずに、家庭と両立するかということがとてもプレッシャーです。やはりお給料なりの働きは必要だと思うので。

匿名さん

産休育休の制度が整っており、復帰しても元のポストに戻れるようになっているため、妊娠出産で辞めるという選択肢はありませんでした。

デメリットは、保育園に年少よりも前から預けることになるため、無償化の対象年齢よりも前からとなり、お金がかかることでしょうか。でも保育園だと先生や同じくらいの子どもがいて成長が早いと聞くので、預けることができるのはメリットでもあると思います。

A.パート・アルバイトとして仕事しています

匿名さん

幸いなことに、女性が多い職場だったので力仕事や重いものを動かす時などこちらが言わなくてもやってくれるので助かっています。私は私自身出来ることを精一杯やっています。発送物を取り扱うので、配送前の準備や小さいものを私がやったり等しています。

匿名さん

私も妊娠3ヶ月の時に仕事を辞めましたが結局産後すぐ仕事を探して始めたのでできるなら辞めずに産休取った方が職が見つからないって焦らなくて済むし正社員にこだわらなくてもパートで子ども優先で考えればいいと思いました。

匿名さん

シフトの融通がききやすくて、自宅で作業できる仕事を受けてます!
外で正社員、又はフルタイムで働く予定でしたが、妊娠したため肉体的に楽な仕事を選びました。収入は依然の半分ほどになりましたがつわりもあるし、産休もとりづらいため、体に無理なく働けるので満足してます。

くるさん

役所にて委託職員としてはたらいいます。正規職員や非正規職員とは違い、保障等はよくありませんが、子どもが手を離れるまでは給料が安定し、有給が取りやすい環境だと思います。
ただ、長時間拘束がネックなので、保育園との連携が必要なのかなと思います。

匿名さん

夫の仕事が不定休で時間も不規則なので、子どもの病気や行事に関わる為には、正社員ではなく時間や仕事内容に余裕のあるパートで働く方が良かった。正社員で働いていた仕事のスキルそのままで、働ける環境にあったので、以前の職場で立場を変えて働いている。

和希さん

上の子を妊娠した時、アパレルの店長をしていました。一人目はじっくり側で育てたいと思い、退職をしました。上の子が1歳になり、ちょっとした気晴らしも含めて同じ会社で、店舗は違いますがパートとして再入社しました。

店長をやっていた事もあり、パートでありながら、店長の相談相手や、スタッフの育成もフォローする形で働いてます。

匿名さん

2019年から妊活のために正社員からパートへ切り替えて働いていた。4月に妊娠がわかり、つわりがひどい時期は2週間休んだり週に1日のみの出勤にしたりしていた。

もともと正社員で10年働いていた会社だったのでわがままも言いやすく、休みや早退もしやすかった

A.契約社員や個人事業主として仕事しています

匿名さん

派遣社員です。産休を取得予定ですが、復帰をするときにすぐに仕事が見つからないデメリットはあると思います。

しかし、子どもが生まれると環境が変わると思います。次の仕事を自分に合った条件で探し直す事が出来るので、そこはメリットかなと思いました。

匿名さん

アルバイトもなかなか雇ってもらえず、時間帯の都合もあって、個人事業主として自分の事業をたちあげました。

やとってはくれるけど、なかなか入れないと収入もないので、その出勤日以外を事業としてうごくようにしたら、行事などの参加融通もきき、良いです!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード