七五三はなんのお祝い?

江戸時代から続く子どもの成長を祝う伝統行事

千歳飴をとる手,七五三,男の子,出典:www.photo-ac.com

七五三の歴史は江戸時代までさかのぼり、当時の将軍であった徳川綱吉が息子の健康を11月15日に祈ったことがその始まりだと言われています。

ただその当時は七五三という総称はなく、3歳でするお祝いは「髪置き」、5歳のお祝いは「袴着」、7歳のお祝いは「帯解き」というように年齢ごとに別々の名前がついていたそうです。

このお祝いは子どもの健康を祈るのと同時に、成長の証としての意味合いもありました。3歳の髪置きでは女の子も男の子も髪を剃るのをやめて伸ばし始めました。

5歳の袴着では男の子が袴を身に付けるようになり、7歳の帯解きでは着物を着る時に大人のような帯を身に付けるようになりました。

次第に七五三と呼ばれるようになったのは、関東の武士の間で行われていたこの習慣が全国に広がり一般化するようになってからです。

男の子の七五三は何歳でする?

男の子は3歳もやる?5歳だけ?

お参りする背中,七五三,男の子,出典:www.photo-ac.com

上の項でも少し触れた通り、七五三のうち7歳のお祝いは女の子の成長を祝う意味合いが大きいです。

地域や各家庭の習慣によって違ってくることもありますが、男の子は3歳と5歳にお祝いすることが多いようです。

しかし男の子は5歳だけしか七五三をしないと言われることもあれば、逆にフォトスタジオに行くと7歳の男の子用の衣装が置いてあることも。

七五三を何回するかは習慣に加えて商業的な要素も影響を与えているようで、何が正解なのかわかりづらく悩んでしまうかもしれません。

悩んだ場合は、氏神様を祀っている近所の神社で聞いてみるとその地域の習慣や伝統に基づいたお祝いの時期を教えてもらえますよ。

数え年と満年齢のどちらでやる?

昔は数え年で祝うのが決まりでしたが、様々な理由で今は満年齢で祝うことの方が多くなってきています。

特に3歳のお祝いは数え年だとまだ2歳なので、晴れ着を着ての撮影やお参りが難しい場合もあります。満3歳でのお祝いの方がお子さんと両親の負担が軽くなるかもしれません。

先輩パパママはいつやった?

男の子を持つコズレの先輩パパママに、七五三をいつ祝ったかアンケートを取りました。

5歳で祝ったご家庭が一番多く、次にほとんど同数で3歳もお祝いしたご家庭がありました。男の子は5歳だけと思われがちですが、3歳でお祝いしている方も多いんですね。

七五三の風習は地域によって違うので、お互いの両親に相談しました。お互い3歳にすることという風習ではなかったので何もしないでおこうと思っていましたが、写真屋さんの3歳児の袴姿がかわいいくて、着た姿を見てみたいと思い、写真1枚だけ取りに行きました。(むねきんさん)

下の子のお宮参り写真撮影のついでに、上の子にも着物を着せて七五三写真を写真館で撮ってもらいました。男の子だし、3歳は必要ないかなと思っていたのですが、羽織袴を着付けてもらうと思いの外凛々しくかっこよく、結局たくさん撮って貰っちゃいました。(orange-teaさん)

5歳になると、男の子は少しお兄ちゃんになってしまいますよね。3歳のまだ幼児らしさが残るかわいらしい時期の写真を残しておきたいというご家庭が多いようです。

また、兄弟姉妹のお祝い事で写真撮影する時期に合わせて七五三写真を撮る方もいらっしゃいました。

男の子の七五三衣装の種類

和装派?洋装派?衣装の決め手とは

袴の男の子とスーツの男の子,七五三,男の子,

男の子の七五三を考えた時にまず最初に気になるのが当日に着る衣装についてではないでしょうか。

やっぱり和装がいいのかなと思いながらも、和装にも色々種類があるのでどのようなものを選ぶべきか迷ってしまいますよね。ここでは男の子の七五三におすすめの服装を紹介していきます。

着物|3歳のお祝いにおすすめ!着物と被布

小町kids ブランド 男児 3歳 三歳 被布コート セット 男の子 着物 古典柄 (KKB-1),七五三,男の子,出典:www.amazon.co.jp

3歳の男の子のお祝いでは着物を着ることが多いです。ただ着物1枚を着るのではなく、上に被布を合わせるスタイルが人気があります。

被布を切ることで着物姿がより豪華で華やかになるだけでなく、ウエストが紐になっていて楽に着付けができるので長い時間着ていても疲れにくいです。

小さいお子さんのことを考えた和服スタイルといえるのですが、被布自体は江戸時代からある伝統的な着物の一つです。

女の子っぽいと思われるかもしれませんが、もともとは男性が着ていたものなので男の子が着ても全くおかしくはありません。

袴|5歳のお祝いには凛々しい袴姿がぴったり!

HESAKA[ヘサカ] 七五三 着物 男の子 5歳 紋付 袴 フル セット 紋付袴 トータル 13点 五歳 8タイプ/18(紺・兜に軍配),七五三,男の子,出典:www.amazon.co.jp

5歳の男の子の七五三は、やはり袴が正式な衣装となります。起源が袴着のお祝いなので、和装を選ぶなら着物ではなく袴を着ると良いでしょう。

男の子の袴は黒や紺の縞模様が定番ですが、最近では鶯色や水色など明るい色のものや金や銀を使った豪華な柄のものもあります。

どんな袴にするかあれこれ悩みながら選ぶのも楽しいです。これも七五三の醍醐味ですね。

羽織|袴の上に着るとなお良し

羽織は袴の上に羽織る上着のようなものです。七五三の衣装で絶対必要ではないですが、レンタル衣装などでは袴に羽織がセットになっているものが圧倒的に多いです。

羽織はスーツのジャケットと同じ意味合いがあるのでより凛々しくなることに加え、11月は肌寒い日も多いため外を歩くときに防寒着としての役目も果たしてくれます。

七五三の羽織は兜や鷹それに宝船などのかっこいい柄が人気です。柄によってそれぞれ意味があるので、それを元に選んでいくと良いですね。

洋装|着物が苦手な男の子にはスーツの選択肢も

フォーマル 男の子スーツ 4点セット 洋服 キッズ キッズスーツ コットン ベスト 蝶ネクタイ付き 紳士 秋冬 黒 チェック柄 かっこいい オシャレ イベント 入学式 撮影 小学校 七五三 100,七五三,男の子,出典:www.amazon.co.jp

ここまで和装についてご紹介したので、着物や袴を着ることが決まりであると感じた方もいるかもしれません。

お子さんが和装を嫌がる場合や、準備するのが面倒に感じられるようであれば、洋装でももちろん問題ありません。

洋装の場合はやはりスーツが適切でしょう。パンツとジャケットのセットアップはもちろん、ベストもついたスリーピースタイプも人気です。

3歳なら蝶ネクタイを合わせるとかわいくまとまります。5歳なら普通のネクタイを合わせると大人っぽくなり、よりかっこよく決まりますね。

ハーフパンツのスーツもありますが、秋以降にお祝いをする場合はパンツの丈が長いものの方が良いでしょう。

七五三に向けての準備|着付けや髪型・衣装のレンタルについて考えよう

準備期間には余裕を持っておくと安心

袴の着付けをする手,七五三,男の子,

さて、ここからは七五三に向けて何を準備すれば良いのか見ていきましょう。準備することが多く大変そうに感じられるかもしれませんが、これから挙げていくものを1つずつ進めていけば問題ないので安心してくださいね。

ただ、場合によっては半年ほど前から動く必要があるので準備期間には余裕を持っておくと心配ありません。

日程|正式な11月15日以外でもOK!都合の良い日取りを決めよう

最初の七五三の説明でもふれましたが、伝統的に七五三のお祝いをする日にちは11月15日とされています。

ただ11月15日が平日だったり雨予報だったりなど都合が悪い場合もあるので、その場合は前後に日にちをずらしても問題ありません。

15日になるべく近い休日に行う家庭も多いですし、逆に1ヶ月程ずらして行うことも珍しくありません。

11月15日とその前後はやはり相当込み合うので、混雑を避け日にちをずらした方がゆっくりとお参りができそうです。

お参りやお祝いの日時を決めないと準備を始めることができないので、七五三をやると決めたらまずは日程の計画を立て始めましょう。

衣装の準備|レンタルか購入かまず検討しよう

お参りに行く日が決まり、祈祷の予約を済ませたら当日着る衣装を用意しましょう。もし着物や袴をレンタルするのであれば、できるだけ早めの予約をおすすめします。

というのも、レンタル衣装の場合どうしても人気のタイプやかっこいいデザインのものから予約が埋まってしまいます。直前の予約ですと、気にいる柄が見つけられない場合や最悪借りられない場合もあります。

お参りの日から半年前を目安に衣装をレンタルするか考え始め、レンタルするのであればできるだけ早く貸衣装屋さんをチェックして予約を済ませておきましょう。

スタジオアリスの七五三プランでは、参拝に行く時の衣装もレンタルが可能です。スタジオアリスで写真撮影する予定でしたら、こちらを利用するのも一つです。

例年、七五三の衣装の予約は5月ごろから始まることが多いです。ネット検索などで好みの衣装屋さんを見つけたら、まずカタログ請求してみると検討しやすいですよ。

また、もし袴を購入する場合でも仕立ててもらう必要が出てくることもあるので、半年程前から準備が必要です。

既成品を購入することもできますし、呉服屋さんで生地から選んでオーダーメイドもできます。お宮参りの時の産着があれば、そちらを七五三の衣装として仕立て直すことも可能です。

着付けと髪型のセット

衣装の手配ができたら、次は着付けについて考えましょう。ご自身で着付けることができる方以外は、どこかにお願いすることがほとんどです。

着付け対応の美容院や撮影をする場合は写真スタジオ、会食予定のホテルの美容室など様々な場所で可能です。

まれに女の子の着物の着付けはできても、男の子の袴の着付けは対応していない美容院もあるので問い合わせてみましょう。

七五三ではママも着物を着る方も多いです。最近ではパパも紋付袴を一緒に着ることもあります。その場合は親子で同時にできるところを探しましょう。

着付け時間の目安は1時間程度、ママの髪型のセットも含めると1時間半程度かかります。金額の目安は1万円前後、親子で2万円前後のところが多いです。

写真撮影のプランに着付け・髪型のセットが含まれている場合もあるので、撮影予定がある時は込み込みのプランを選ぶと少しコストを抑えられます。

ショートヘアの男の子は髪型のセットは難しくないので、パパが普段髪のセットしていればお願いしてみるのも一案です。

大切なのは、予約について。11月の週末や祝日は早々に着付けの予約が埋まってしまうことも多いです。衣装をどうするか、ママ何を着るかなど決まり次第早めに予約しておきましょう。

写真撮影|スタジオ撮影だけでなくロケーション撮影も

行事ごとに家族写真を残されている方も多いかと思いますが、七五三も大切な成長の節目であり晴れ着を着るので記念撮影をおすすめします。

撮影はお参りの当日にする場合もあれば、同じ衣装を着て別の日に前撮り・後撮りという形ですることもあります。

スタジオアリスで衣装をレンタルするのであれば、撮影もすることが前提となっています。さらにスタジオアリスでは早く撮影を済ませると、お参り用の着物レンタルが無料になったり割引されたりするサービスがあるので、撮影だけ夏前に済ませるとお得です。

スタジオアリス以外にも衣装のレンタルと撮影を両方請け負ってくれるスタジオがいくつかありますので探してみてくださいね。

貸衣装と写真撮影頼むところが別の場合は、お参りの当日に撮影することが多いでしょう。人気のフォトスタジオはすぐに予約がいっぱいになってしまいます。

お参りや会食の時間との兼ね合いもありますし、当日確実に希望の時間での撮影ができるためには早めに撮影予約を入れるようにしましょう。

スタジオでの撮影以外にも、最近では出張フォトサービスを利用する家庭も増えています。カメラマン登録サイトを使ったり、出張専門カメラマンにお願いしたり方法は様々です。

カメラマンさんの都合やお参りする神社によっても異なりますが、出張フォトを使うと神社でのロケ撮影や思い出の場所での撮影も可能です。いつもとは違う雰囲気での写真を残したい方におすすめです。

お参り|氏神様でのお祝いが基本

お参りは近所の氏神様でする家庭が多く、参拝だけでなく七五三の祈祷もしてもらうのが一般的です。近所ではないけれど有名な神社にお参りに行く家庭もあります。

有名な神社の場合は祈祷の事前予約が必要な場合が多いので、希望の神社に直接確認しておくと安心です。

氏神様にお参りする場合は神社の規模によって受付の方法や祈祷を行っている日にちが様々なので、祈祷が可能な日や予約が必要かどうかなど日程を決める前に一度確認しておきましょう。

初穂料|のし袋に適切な額を用意しよう

七五三で祈祷をしてもらう場合は初穂料を納めます。初穂料の相場は5,000円から10,000円くらいです。

神社によって“○○円以上”となっていたり、“10,000円”というようにはっきり金額が決まっていたり、特に決まりがなかったりと様々です。

予約をする時に初穂料の金額について問い合わせるか、神社のホームページがある場合はそこで確認しておくと安心です。

初穂料はお参りの当日におさめますが、のし袋に入れて渡すのがマナーです。のし袋は紅白のお祝い用で蝶結びの水引のデザインを選びましょう。

表書きには“御初穂料”、名前のところにはお子さんのフルネームを書くようにしてくださいね。

お祝いの席|ホテルで豪華に行うのも、自宅で気兼ねなく楽しむのもよし

七五三に祖父母や親族を招く場合は、お参りにの後にお祝いの会食などをすることが多いです。

自宅でお寿司や仕出しなどを頼んでも気兼ねなく過ごすのも良いですし、せっかくの機会なのでレストランやホテルを予約して特別な雰囲気で会食を楽しんでみてはいかがでしょうか。

七五三プランを取り扱っているレストランもあります。個室の確保をしてもらえたり、特別なメニューを出してもらえることもあるのでお目当の会食場所があれば確認してみてくださいね。

外でお祝いをする場合、お招きする方々の人数や都合などを確認したら早めにお店を予約することが大切です。神社の近くのレストランやホテルは予約が埋まるのが早いので、注意しましょう。

お参り当日は朝から着付けや祈祷、場合によっては写真撮影とかなりのハードスケジュールになっていることが多いです。

お子さんはもちろんママパパも相当疲れると思うので、お祝いは別の日に設定するのも一つです。ただ祖父母や親族が遠方から訪れる場合は、2度来てもらうのは申し訳ないので当日が良いでしょう。

ご家庭によって状況が異なるので、参加される方々都合を聞きながら円滑に進むように準備できると良いですね。

【体験談】先輩パパママは男の子の七五三のお祝いどうした?

七五三のお参りをする男の子,七五三,男の子,

先輩ママパパは七五三の準備やお祝いをどのようにしたのでしょうか?アンケートをとりましたのでご紹介します。

写真撮影はどうした?

大手の写真スタジオ、貸し切りスタジオ、出張カメラマンなど先輩パパママは様々な方法で写真撮影をされていました。

息子の誕生日が10月だったので スタジオアリス撮影の時に 誕生日写真も一緒に撮りたかったので 少し遅めに七五三をしました。 時期とかもあまり気にするタイプじゃなかったし 値段も少し抑えられました。笑 男の子は1回しかしないので 大切にしたかったから 衣装も妥協せずコレ!って思ったモノを 選びました。(なっちゃんだよさん)

貸し切りのスタジオで撮影!弟も3歳だったので、兄弟フォトももちろん撮影。 貸し衣装で5歳の袴、3歳のお被布を着せとてもご満悦。スタッフもシャボン玉や、バーなどおしゃれなスタジオや工夫で2時間近くの撮影も飽きずに撮影できました。3歳の弟も心配でしたが、刀を、あんぱんまんのかつぶしマンだー!と大喜び!!帰りに千歳飴ももらい、大満足!!(ゆうこんじじさん)

写真スタジオで撮影することも考えましたが写真を何枚か選んでアルバムや写真立てにするより全データもらえる、自然な姿を撮ってほしく出張カメラマンをお願いしました。動画も撮ってもらえたりドローンでの撮影もしてもらい大満足でした。金額も1時間いくらとかなのでスタジオで撮影するよりもだいぶ安く、写真も全データを当日中にGoogleフォトで共有してもらいました。(彩彰乃さん)

着物はどうした?

着物ですが、写真屋さんのレンタルを利用した方が多かったです。おさがりを着たという方もいらっしゃいました。

写真屋さんで前撮りをして、お参りの日はそこで着物をレンタルしました。(ぴょんぴょんままさん)

写真を撮ったら、着物が1日無料でレンタルできたので、とてもいい思い出になりました。(ちなちな0808さん)

着物はおばあちゃんが用意してくれたおさがりを使い、御被布だけ購入しました。三歳の誕生日が過ぎてから、早めの10月に神社に行きましたが、混み過ぎず良かったです。レンタルだと、その日が雨だと大変なので自分で着物を用意して良かったと思います。(sasadaさん)

誰とどのようにお祝いした?

祖父母をよんでお参りやお食事、一緒に写真撮影などしてお祝いする方が多いようです。

みんなで集まってお祝いをし、写真などもとって終始にこやかに過ごせたことがとても良かったてます。 料理などを用意するのは大変でしたが、雑談をしながら実母と会話が盛り上がったり、同じ頃の旦那の事も義理母から聞くことができて楽しく思いました。(さらりんずさん)

家の近所の神社に両家の祖父母を呼んでお参りをしました。(ありもさん)

当日に写真撮影もお参りも両祖父母も含めたお食事予定だったので、一日もたない事を想定し、お参り、写真撮影、お食事の順としました。お食事は着物で無理と判断し、お着替えの洋服に着替えました。(そらあきさん)

男の子の七五三で大変だったこと

男の子ならではのお悩みも多いようです。すぐに着物を脱ぎたがる、すぐに遊びたがるなど…着替えを持っていく、スケジュールをうまく調整するなどで対応したいですね。

やっぱり男の子はすぐに脱ぎたがる!ので、着替えを持って行きお参りが終わったらすぐ着替えさせてあげた方がいいかな。あとやっぱり草履は歩きにくいので、写真の時だけ履き替えるようにし、サンダルやスニーカーで歩いた方がいいです。(きらら22さん)

撮影は前撮りで着物で撮り、当日はスーツを着せてお参りしました。神社の道で転がったりどんぐりをひろったり、、着物で来なくてよかったと心底思いました(笑)(あっこ!さん)

3歳で七五三をしましたが、近所の神社が公園の目の前だったので、早く公園で遊びたい様子でした。5歳の七五三では違う神社を選んだほうが良いのかなと感じました。(mikiみきミキさん)

【参考】

・人生儀礼について(東京都神社庁)
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/qa/jinseigirei/#06

・七五三初穂料について(七五三ドッとコム)
https://shichi-go-san.com/mamechishiki/11/index.html

まとめ

男の子の七五三についてご紹介しました。七五三は子どもの成長をみんなでお祝いし、お子さんにとっては晴れ舞台でもあります。

地域の習慣もあるので絶対こうするべきという決まりはありませんが、男の子の場合5歳にお祝いをするというのは全国共通で最近では3歳にもお祝いすることが増えてきています。

せっかくのお祝いなのでかっこいい衣装を用意してその子はもちろん家族の写真も残しておいてあげたいですね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。