赤ちゃんの歯磨き粉、いつから使うの?

はじめは、歯磨き粉は必要なし

歯磨きをする赤ちゃん,赤ちゃん歯磨き粉,

歯磨きは生後6か月ごろに下の前歯がはえてきたらすぐに始めます。この頃は、歯磨き粉どころかまだ歯ブラシも必要ありません。

ミルクやシンプルな離乳食しか口にすることがないので、食事の後や寝る前に濡れたガーゼで歯を拭いてあげるだけで十分ケアできます。また、市販の歯磨きシートを使って拭いてあげてもいいですよ。

歯磨きを始めた頃はガーゼを巻き付けた指でも口に入れるのを嫌がる赤ちゃんも多いので、どうしても無理な時は、食事やミルクの後にお茶や湯冷ましを飲ませて、口の中を洗い流してあげてください。

上の前歯がはえたら、歯ブラシでブラッシング

そして上の前歯がはえてきたのをきっかけに歯ブラシを取り入れてみましょう。

上の前歯は下の前歯より虫歯になりやすいと言われているので、できたら歯ブラシでしっかり磨いてあげたいですね。嫌がるようならガーゼも併用してゆっくり進めていってあげてください。

奥歯がはえてくるまでに歯ブラシに慣れていればいいというくらいの気持ちでいると、ママもストレスになりにくいのではと思います。

うがいができるようになったら歯磨き粉を

赤ちゃんが歯磨き粉を使い始めるタイミングは、一般的に1歳6か月から2歳ごろと言われています。歯がはえてきたからといって、すぐに歯磨き粉を使う必要はありません。

なぜこれくらいの年齢から歯磨き粉を使うのかというと、1つは離乳食を卒業し1日何度も色々な物を食べるようになって、虫歯のリスクが上がるため。もう1つは、歯磨き粉を口からペッと吐き出したりうがいしたりできるようになるからです。

この時大人用や子ども用では成分や味が強すぎるので、必ず赤ちゃん用を用意してあげてくださいね。

風味や感触を変えたらすんなり受け入れてくれることもあります。あまりにも嫌がるようなら、ちょっともったいないなと思っても、他のタイプを試してみてあげるのもいいですね。

赤ちゃんの歯磨き粉の選び方のポイント

うがいができない子には、うがいなしの歯磨き粉を

歯ブラシと歯磨き粉,赤ちゃん歯磨き粉,

まだ上手にうがいができない子には、うがいなしでも使える歯磨き粉がおすすめです。

歯磨き粉が口の中に残ったままだと気持ち悪いように感じるかもしれませんがこのタイプはあまり泡立たないようになっています。さらに美味しい味がついているので大人が想像するほど違和感はありません。

そして体内に入っても心配ないように、食用の原料だけでつくられています。まだうがいが上手にできないなという時にはうがいの練習もしつつ、飲み込んでも問題ない歯磨き粉にしておいてあげると安心して自分のペースで歯磨きの練習に取り組めますね。

赤ちゃんには研磨剤なしを選ぼう

大人の歯磨き粉はよりしっかり磨けるように、研磨剤や発泡剤が使われています。赤ちゃんにはこれらの成分は不要です。

研磨剤が入っていると、確かに歯垢や着色汚れまでもしっかり磨き落とせます。しかし、赤ちゃんの歯はまだ大人の歯ほど固さがないので、研磨剤で歯の表面を傷つけてしまいます。

表面が傷つくと歯のバリア機能が低下し、虫歯になりやすくなってしまうので、良かれと思って使っている歯磨き粉が逆効果になってしまいます。

発泡剤は入っていないものを選ぼう

また、発泡剤が入っている歯磨き粉は、磨いたときに口の中で沢山泡が発生します。

大人だとすっきり爽快に感じるかもしれませんが、赤ちゃんだと逆に嫌がる子の方が多いです。

泡が多いと完全に洗い流すのに何度もうがいしないといけないので、歯磨き粉デビューしたばかりの赤ちゃんには向きません。

虫歯予防にフッ素配合

最近、フッ素が配合されている歯磨き粉が注目を集めていますよね。虫歯をできにくくするために、歯医者さんで歯にフッ素を塗ることもあるくらい、フッ素は虫歯予防とは切り離せない有効成分です。

歯磨き粉にフッ素が入っていると自宅で気軽に虫歯予防できるのは確かなのですが、間違って飲み込んでしまうと体に良くない影響に出るのでは…と気になっている方もいるかもしれませんね。

赤ちゃん用の歯磨き粉は誤って飲み込むことも計算して、体に害がないようにきちんとフッ素の量が調節されているので心配しなくても大丈夫です。

どうしても気になるのであれば、ある程度うがいが失敗なくできるようになってから使い始めるようにするのもいいですね。

歯磨き粉の中のフッ素の量は年齢によって適量が変わってきます。赤ちゃんであれば、500ppmくらいのものを選ぶようにします。小学生になると、950ppmのものも使えるようになりますよ。

また、フッ素入りの歯磨き粉には、スプレーや泡を歯に吹きかけるだけでいいタイプもあります。

ジェルやペーストのタイプより月齢が低い頃から取り入れられて気軽に虫歯ケアができるので、フッ素でのケアが気になるならこちらを取り入れてみるのもいいですよ。

赤ちゃんにはジェル状のものを

赤ちゃんの歯磨き粉はペースト状ではなくジェル状になっているものが多いです。

ジェルタイプは研磨剤が入っていなくさらにあまり泡立つこともないので、使った時に口の中の違和感が小さく慣れやすいです。

特に、最初に選ぶならジェルタイプを選んであげるようにしてくださいね。

味のバリエーションも豊富

赤ちゃん用の歯磨き粉のもう一つの特徴として、味のバリエーションが豊富ということもります。

大人の歯磨き粉だと、さっぱりするミントが効いていますが、赤ちゃん用はイチゴ味やみかん味といったフルーツ系のキャンディのような甘い味になっています。

ミント系は大人でもきつく感じる人もいるので、赤ちゃんには当然刺激が強すぎますね。甘いのが苦手な子にはキシリトール系の味もありますが、すっきり感は大分控えめになっていますよ。

歯磨き粉の味にもそれぞれの赤ちゃんの好みがあるようで、それまで歯磨き粉を嫌がっていても味を変えるだけでも使ってくれるようになることもあります。

私たち大人が思う以上に、赤ちゃんにとって味は重要な要素だったりもするので、お気に入りを見つけてあげたいですね。

添加物も確認して

赤ちゃん用の歯磨き粉は、成分にこだわってつくられているものが多く、無添加のものも多いです。

香料や着色料が入っていないのはもちろんパラベンフリーやアルコールフリーなど、とことん安全を考えて作られているものもあります。

小さくてデリケートな赤ちゃんが使うものなので、できるだけ余計なものが入っていないに限ります。

食用の原材料が使われていてさらに無添加だと、うがいのミスで飲み込んでしまっても慌てなくてすみますね。

添加物の有り無しは特にしっかり見ておいてあげたい要素ですよ。

子ども用歯磨き粉おすすめランキング!

【1】チェックアップジェル バナナ|ライオン

ライオン チェックアップジェル バナナ 60g,赤ちゃん歯磨き粉,出典:www.amazon.co.jp

歯磨き粉ではおなじみのブランドであるライオンが開発した商品で、お口の中で長時間効果を発揮する特別な処方でフッ素が配合された、虫歯予防のための歯磨き粉です。

研磨剤が使われていないジェルタイプであまり泡立たないようになっているので、赤ちゃんの歯磨きにぴったりです。

また、すすぎのためのうがいは大さじ1杯の水で5秒間を1回でいいので、小さい子にも使いやすいですね。

赤ちゃん用のバナナ味に含まれるフッ素は500ppmで、丁度いい量になっていますね。

チェックアップジェルは、赤ちゃんだけでなく歯科矯正している人や虫歯になりやすい人など全世代を対象に開発されていて、味によって対象年齢が違います。

バナナ味が赤ちゃん用なのはすでに触れましたが、ピーチ・グレープ・レモンティー味はフッ素配合量が950ppmで小中学生用になっていて、ミント味はフッ素の量が1450ppmで大人用になっています。

赤ちゃんはもちろん乳歯の間はバナナ味を使い、成長に伴って他のタイプに変えてあげたいですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 626
*メーカー:ライオン歯科材
*内容量:60g

口コミ

・歯磨きを嫌っていた息子が、バナナの味を気に入って自ら歯磨きをするようになりました。

・1回に使う量が少量なので、減りが遅くてコストパフォーマンスも良いです。

・歯磨きが嫌いでしたが、味を気に入ってくれて、仕上げ磨きも嫌がらずにしてくれるようになりました。

【2】親子で乳歯ケア ジェル状歯磨き ぷちキッズ|ピジョン

ピジョン 親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき ぷちキッズ いちご味 (医薬部外品) 50g,赤ちゃん歯磨き粉,出典:www.amazon.co.jp

赤ちゃん用品の老舗ピジョンによる、虫歯を予防する有効成分を配合した医薬部外品の赤ちゃん用歯磨き粉です。

フッ素とキシリトールの働きで虫歯ができにくくなるだけでなく、着色汚れまできれいにしてくれます。

また、食品からとれる原料を使っていて、パラベンや着色料が使われていない無添加なので、歯磨きの後間違って飲み込んでしまっても安心です。

発泡剤の入っていないジェルタイプで甘いいちご味なので、赤ちゃんも抵抗なく使ってくれそうです。

他にブドウ味とキシリトール味があり、3タイプとも1歳6か月頃から使い始めることができますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 594
*メーカー:ピジョン

商品の特徴
*内容量:50g

口コミ

・泡立つことがないので、子どもも嫌がらずに歯磨きをしてくれます。

・味が美味しいらしく、自分から歯磨きをしてくれます。

・からくないので、子どもでも使うことができます。

【3】arau. アラウベビー はみがきジェル みかん味|サラヤ

arau. アラウベビー はみがきジェル みかん味 35g,赤ちゃん歯磨き粉,出典:www.amazon.co.jp

食用の原料・無添加・天然ハーブ配合という安心をとことん追求した赤ちゃん用歯磨き粉です。

香料や着色料それに保存料はもちろん石油系合成界面活性剤も入っていません。

ラクトフェリンとキシリトールそれに天然のハーブがやさしくでもしっかり歯の汚れを落としてくれます。

天然由来の精油にほんのりとみかんの味がついていて泡立ち控えめなジェルタイプになっているので、小さい赤ちゃんも抵抗なく使うことができますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 648
*ブランド:arau.(アラウ)
*メーカー:サラヤ

商品の特徴
*原産国:日本
*内容量:35g

口コミ

・泡立たないので、仕上げ磨きをきちんとすることができます。

・子どもがうまくうがいができないので、フッ素が入っていないもので、無添加のものが良いと思い、こちらの歯磨き粉を使っています。味も悪くありません。

・味が好きで、歯磨きをすすんでしてくれます。

【4】テテオ 歯磨きサポート 新習慣ジェル グレープ味|コンビ

コンビ テテオ 歯みがきサポート 新習慣ジェル グレープ味,赤ちゃん歯磨き粉,出典:www.amazon.co.jp

歯質を強化する薬用成分のフッ素と、甘味剤として口の中で酸をつくらないキシリトールが配合された歯磨きジェルです。

グレープ、オレンジ、イチゴ味と赤ちゃんが好きな甘い味のラインナップで、歯磨き粉を使った歯磨きの習慣づけにぴったりの歯磨きジェルです。

さらに、甘い味に飽きた子ども向けにさわやかプチミント味もあり、大人のミント味の歯磨き粉への導入として使うことができますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 410
*メーカー:combi(コンビ)

商品の特徴
*原産国:日本
*内容量:30g

口コミ

・子どもが好きな味で、フッ素配合なので気に入って使っています。

・様々な歯磨き粉を試し、こちらの商品以外は嫌がったので、ずっと使っています。

【5】はっぴーす|はぐくみプラス

はぐくみプラス はっぴーす 30日分 子供用歯磨き粉 無添加 虫歯予防 口臭予防 口内善玉菌,赤ちゃん歯磨き粉,出典:www.amazon.co.jp

うがいなしでもOKという、ニュータイプの歯磨き粉です。全ての原材料が食用なので、飲み込んでも安心ですね。

着色料や合成界面活性剤など気になる成分は無添加ですが、クリスパタス菌やキシリトールが歯の汚れを落とすのはもちろん、口臭予防までしてくれます。

またオリジナルのフルーツミックス味も赤ちゃんたちに好評ですよ。“楽しく歯磨き”をモットーに、かわいい犬のマスコットのパッケージになっています。

赤ちゃんが歯磨きを好きになってくれそうなシールなどのグッズと一緒に届き、さらにアプリや動画などで歯磨きの練習をサポートしてくれますよ。

歯磨きが苦手だったり、まだうがいが上手にできなかったりする子も、使いやすいですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 3,980
*メーカー:はぐくみプラス

商品の特徴
*内容量 : 30ml

口コミ

・歯磨きが嫌いでしたが、アプリで音楽付きのかわいい動画を見ながら楽しく歯を磨いています。

・歯磨き粉と一緒に、パズルや歯磨きができたら貼るシールがついていたので、楽しみながら歯を磨くことができました。

赤ちゃんが歯磨き好きになる!歯磨きのやり方&注意点

まずはガーゼや歯磨きシートで歯磨きの準備を

歯磨きを嫌がる子ども,赤ちゃん歯磨き粉,

歯磨き嫌いの赤ちゃんって結構多いですよね。

一度赤ちゃんが歯磨きを嫌だと思ってしまうと、そこから好きになってもらうのは至難の業で、その後ずっと歯ブラシの時間に悪戦苦闘することになってしまいかねません。

さらに歯がはえ揃ってからもなかなか歯磨きさせてくれないと、虫歯が心配になりますよね。

赤ちゃんに嫌がらずに歯磨きしてもらいたいなら、歯の生えはじめや場合によってはその前からちょっとずつ対策していくのが何よりです。

濡らしたガーゼや歯磨きシートを巻き付けた指を赤ちゃんの口の周りに持って行って、それをすんなり口に入れてくれるようになるまで決して焦らず慣らしていってあげてください。

できれば楽しい雰囲気で赤ちゃんのペースに合わせながら進めていってあげてくださいね。

慣れてきたら歯ブラシを使ってみる

そしてガーゼになれたら今度は赤ちゃん用の歯ブラシをゆっくりと取り入れていきましょう。

歯磨き粉を使い始める時は、いきなりその歯磨き粉の使用量をドバっとつけてはいけません。最初はほんの少量だけにして、その後徐々に量を増やしていくようにすると、すんなりと受け入れてくれやすいです。

味や種類をかえてみても断固拒否するようなら、しばらく歯磨き粉は使わず歯ブラシだけでしっかり磨くようにして、少し間をあけてからまたチェレンジしてみてくださいね。

スキンシップを取りながら磨く

歯磨きの時の体勢なのですが、膝の上に仰向きになってもらったり、膝に座った状態で上を向いて口を開けてもらったりすると磨きやすく汚れも見えやすいです。

ママやパパと密着している方が赤ちゃんも安心するので、スキンシップを取るようにリラックスした雰囲気でできるといいですね。

離乳食が卒業して歯がはえ変わる頃にしっかり歯磨きができるようになっているには、あくまで最初は焦らずに赤ちゃんのペースに合わせて、ちょっとずつ慣らしていってあげるのが一番の近道なんですよ。

絵本、動画、ごほうびシールなどをうまく使って楽しく

でも、中にはどんなに注意深くすすめていても、本当に歯磨きを嫌がってお手上げになってしまう子ももちろんいます。

そんな時には、歯磨きの絵本や動画を見せたりして、歯磨きは怖くないしお口の中がすっきりして気持ちいいというのを理解してもらうようにしてみましょう。

1歳半から2歳くらいになるとコミュニケーションもとれるようになってくるので、歯磨きができたらごほうびシールをあげて一緒にシートに貼っていく、というような対策も取り入れてみるといいですよ。

まとめ

歯磨き粉は急いで使う始める必要はないものの、歯磨き粉を使った方が歯ブラシだけより汚れや歯垢を落としてあげやすいので、1歳6か月頃から赤ちゃんの様子を見つつ取り入れていってあげたいですね。

赤ちゃんの歯磨き粉は種類も豊富なので、嫌がらずに使ってくれるものも見つけやすそうです。

そして、歯磨き粉を選ぶ時には虫歯予防の効果ももちろんですが、体に優しい成分のものかどうかにも注目してあげてくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。