Q.産後3ヶ月で一番つらかったことは何ですか?

avator
赤ちゃんはとてもかわいいのですが、はじめての子育てで毎日いっぱいいっぱいです。
気持ちが不安定になって感情のコントロールが難しくなることがあり悩んでいます。
皆さんがつらかったことやその時の解決法を参考にさせてください。

ロゴ,産後3ヶ月,一番つらかったことは何,

A.全然寝てくれなかったので追い込まれました

avator 高橋ちゃんさん
現在生後7ヶ月の娘がいます。
私の娘の場合は、退院して1週間後~生後2ヶ月位にかけてがとても大変でした。
初めての子育てで、何もかも完璧にしなきゃと気を張っていましたし、寝る時間を確保できなかったり(3ヶ月までは本当に全然寝てくれなかった)、夜泣きが近所に響いたら迷惑になるかなと思ったりと、とっても追い込まれました。
ですが、私の母が追い込まれた私に言ってくれた言葉で「初めての子育てで誰も完璧にできる訳がないし、必要最低限のことさえしていれば完璧にできなくても勝手に育つから大丈夫。むしろ追い込まれてる姿を見せる方が、子どもに伝わるから良くないよ」と言われた時に、スっと心が軽くなりました。
それからはどうしてもきつい時に、本当に必要最低限でおむつ替え、授乳だけ、みたいに手を抜いて追い込まれないように気をつけました。
子どもが泣いてどうしようもない時なんかは胸の上に乗せてポンポンしながら眠っていたら娘も自然と寝てくれました。
母親の気持ちが子どもには伝わるというのを実感しました。
どうか気を張らず、仕方ないよ、お母さんも初心者だもん!のつもりで子どもに接してあげてください。
そうすれば、気づいたら楽になっています。

編集部からのコメント

「完璧にできなくても大丈夫。追い込まれないよう気を付けてね」と温かい声援をくださったのは、高橋ちゃんさんです。

高橋ちゃんさん自身も睡眠不足になったり、完璧にしなければと焦っていた所、お母さんに「必要最低限で良いんだよ」とアドバイスをもらって心が軽くなったそうです。

こんなふうに認めてもらえると育児の大変さも少しやわらぎますね。

延々と続く赤ちゃんのお世話は心が折れそうになる時もありますが、ママだって「ママ初心者」です。

たまには必要最低限のことだけする日を作ってみても良いかもしれませんね。

この他にも、涙なしでは読めないおっぱいや授乳トラブル、夜泣き体験談やご主人へのストレス話などが集まりました。

クスッと笑えるもの、ストレス発散法など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

A.産後3ヶ月で一番つらかったことは、授乳やおっぱいトラブルです

「授乳やおっぱいトラブルで悩んだ」ママ達からの口コミ

avator jgqりーさん
母乳で育てたいと強く思っていたのですが、子どもは少し小さめに生まれ、おっぱいを吸ってくれず哺乳瓶慣れをしてしまい、悪循環がずっと続いてしまいました。
授乳の時間になっても、おっぱいを近づけると仰け反り、すこし無理矢理咥えさせようとするとギャンギャン泣いて吸わず。
諦めて搾乳して哺乳瓶であげるとゴクゴク飲む。ストレスと睡眠不足で母乳の量も減りだんだんミルクよりの混合で育てました。
母乳にこだわらず、ミルクも加えたら気が楽になって赤ちゃんに対する笑顔が増えたように感じます。

avator 匿名さん
私は完母だったので、夜中の頻回授乳が一番大変でした。
しかも帝王切開だったため、傷もまだ痛む中、赤ちゃんのお世話は正直なところ辛いときもありました。
産後は里帰りし、母に甘えてゆっくり過ごさせてもらいました。

avator さきてぃんさん
完全母乳育児をしています。
最後1ヶ月にもならないうちに左右共の乳首が切れてしまったので、母乳はたくさん出ていましたが、ケアしてもかさぶたになる前にまた次の授乳、しみて痛く、授乳の時間が本当につらくてつらくてたまりませんでした。

編集部からのコメント

思うように母乳が出なかったり、乳腺炎で通院したりなど産後は思いもよらなかったトラブルが起こりがちですよね。

また、自分の傷も治っていない内から頻回授乳を休みなくするのは想像以上に大変なこと。

完母にこだわらずミルクを加えたり切り替えてみたり、おっぱいが切れてしまった時は無理せず搾乳器などを利用してみても良さそうです。

A.産後3ヶ月で一番つらかったことは、夜泣きや赤ちゃんのケアです

産後3ヶ月 一番つらかったこと,産後3ヶ月,一番つらかったことは何,

「赤ちゃんの夜泣きやお世話で悩んだ」ママ達からの口コミ

avator ももたまさん
うちは上が2歳、下が双子だったので生まれてからしばらくは本当に夜泣きが辛かったです。
同時に泣くかと思いきや1人ずつ順番に泣くので全く寝れない日もあり、里帰りしていても夜は1人で面倒を見るので夜になるのが怖いと感じた時もあります。
昼間は上の子が寂しがるので双子が寝ている間に構ってあげてと、睡眠不足で私が発熱することもありました。
しかし、2ヶ月になる頃から双子が夜通し寝るようになり、私も3時間はまとめて睡眠を取れるようになると少し体も楽になりました。
今でも辛いと感じることはありますが、何かあったらとにかく深呼吸で乗り越えています。

avator まーちん1989さん
今までは授乳すればスヤスヤ寝てくれたのに、ある日から、泣いたので授乳すればまた寝てくれるかな?と思っていたらあやしても寝てくれなくて、それが1~2時間おきにやってきて毎日寝不足でイライラしてしまったり、筋肉痛や腱鞘炎にもなったりして精神的にも肉体的にもきつかったです。
でもそんな時はいくら泣いてても数分だけあやさずに自分の気持ちを落ち着かせてから育児したり、好きなものを飲み食いしたり、好きなドラマや映画を見たりして気分を落ち着かせてました。
あとは同居していたこともあり、周りに少しの時間見てもらったりして気分転換していました。

avator 匿名さん
産後半年頃まで夜中の頻繁な授乳とおむつ替え、夜泣きのために夜ぐっすりと眠れないことから、いつもヘロヘロでした。
眠れないと母乳も出にくくなるし、母乳が出ないと赤ちゃんは泣き止まないしで、疲れのピークでした。
疲れが溜まると精神的に不安定になるしで…大変ですよね。
私の場合は睡眠不足が一番しんどかったので、赤ちゃんの首がすわるまではソファーの背もたれに寄っかかりながら授乳して、そのまま寝たり体を休めたりしていました。

編集部からのコメント

夜中にいくらあやしても泣き止んでくれない日々が続くと、ママも絶望感を抱いてしまいますよね。

そんな時は深呼吸をしたりテレビなどで気持ちを切り替えたり、家族にお世話を代わってもらうよう頼めると良いですね。

また日中は家事をやらないと、と思いがちですが、無理せず赤ちゃんと一緒にお昼寝して少しでも体を休めるようにしてくださいね。

A.産後3ヶ月で一番つらかったことは、旦那さんに対するストレスです

「旦那さんへのストレスで悩んだ」ママ達からの口コミ

avator びゅーてぃーむーんさん
旦那は仕事の帰りが遅く1人で育児をしていました。
初めてのことでたくさん心配になり小さいことでも旦那に相談してましたが、旦那は気にし過ぎだよー!と軽い返事。
1人で育てて不安だし孤独感しかありませんでした。
なのでなるべく友達と会い話を聞いてもらい、不安を減らしました。
旦那には期待をしなくなったら楽になりました。

avator あやね0401ママさん
まだ若いというのもあると思いますが、帰ってきたら動画サイト、寝る前も動画サイト、子どもが泣いたらおっぱいじゃない?と私にパスしてきます。
夜中泣いてたから寝れなかったよと言われた時は本当に殴ろうかと思いました。
それをぶつけたらきちんと応えてくれ今ではいい父親になってくれています。
ぶつけること、話し合うことの大切さを再確認しました。

avator 匿名さん
初めての子どもで、自分も分からないことだらけでてんてこ舞いなのに、旦那はいつまでも自分のことしか考えていなくて、いつまでも自分中心で、産後3ヶ月は旦那に1番ストレスを感じてました。
でも、おむつかえてもらってもいい?お風呂入れてもらえると助かるな?みたいな感じであまり期待せずお願いしてみたところ、手伝ってくれたので、ありがとう、今日はすごく助かったよと寝る前に少し話すように日々心がけていたら、手伝ってくれるようになり今では仕事で遅く帰ってきても子どものために何かしてあげたくてしょうがないみたいで、遅く帰ってきても必ず一緒に子どものことをやってくれます。

編集部からのコメント

赤ちゃんがいてもマイペースに生活する旦那さんへストレスを溜めるママが多数!

そんな時は実家で過ごすようにしたり、お友達と会ったりすると気分転換できそうです。

また、パパは赤ちゃんのお世話の大変さを理解していないこともありますので、しっかり話し合ったり何をして欲しいか伝えていくことも大切ですね。

A.産後3ヶ月で一番つらかったことは、家事です

産後3ヶ月 一番つらかったこと,産後3ヶ月,一番つらかったことは何,

「家事に悩んだ」ママ達からの口コミ

avator 匿名さん
とりあえず毎日の夕食を考えるのも、買いに行くのも辛い時がありました。
下の子が生まれて、上の子は2歳のイヤイヤ期。買い物に一緒に行くと走り回る。
おやつやおもちゃが欲しいと大泣き。ほんとにストレスでした。
なので、産後しばらくは、宅配サービスを利用しました。
献立を考えなくていい、レシピを見ながら作るのはほんとに楽でした。

avator chizuk0さん
産後2ヶ月までは実家でゆっくり過ごしていて家事も私の母がしてくれていましたが、自宅に帰ってからが辛かったです。
子どもは抱っこしていないと泣くことが多く、「可哀想だから」となかなか置けずに、一日中抱っこしていて終わった日が何日も続きました。
ご飯を食べても片付けず、部屋もぐちゃぐちゃで子どもの世話以外できない自分に悲しくなり大泣きしました。

編集部からのコメント

産後しばらくは、睡眠不足と赤ちゃんのお世話でなかなか家事までは手が回らないもの。

上の子がいたり、頑張りがちなママ達にとって家事が進まないことはストレスに繋がりますよね。

宅配スーパーや料理キットなどを上手に使ったり、家事は諦めると気持ちを切り替えられると良さそうですね。

まとめ

今回は「産後3ヶ月で一番つらかったことや解決法」についてご紹介しました。

赤ちゃんが生まれてしばらくは想像もしていなかったことの連続でママも気持ちが追い付かないこともありますよね。

そんな時はパパとしっかり話し合ったり、何よりも「完璧にやらなきゃ!」と無理をしないことが大切です。

「新生児育児がつらいけどどうしよう」と悩んだ時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。