ママたちの意外な悩み!実は、リビングに赤ちゃんの居場所が…ない!?

赤ちゃんは昼間どこで過ごすの…?

赤ちゃんとママ,バウンサー,ベビージム,

生まれてすぐの赤ちゃんを昼間にどこに寝かせておくか、考えていましたか?

赤ちゃんの居場所といえばベビーベッド、と思う方も多いのですが、なかなかそうはいかない事情を抱えている先輩ママも多いようです。

まずは、そんな赤ちゃんの昼間の居場所についての悩みをご紹介しましょう。

「リビングと寝室で2部屋ありますが、日中は自分がリビングにいるので、赤ちゃんも目の届くリビングで寝かせていました。でも、あまり広くないため、スペースをとるベビーベッドは置くことができませんでした。自分がつまずいて赤ちゃんに怪我をさせてしまうのでは、と心配でした」

「夫婦の寝室はベッドですが、赤ちゃんと一緒に寝るのはこわいのでベビーベッドを買いました。小さめを買ったのですが、リビングのドアは通らない幅だったので、寝室専用になってしまいました。リビングにベビーベッドを置くことはできませんでした」

目の届くところに赤ちゃんを寝かせたい。安全なベビーベッドを置きたいけれど、リビングは広さが足りない、というお悩みが多く聞かれました。

では、そんなお悩みをどう解決したのでしょうか。先輩ママに聞いてみました。

日用品&便利な育児アイテムで居場所問題を解決!

日用品を上手に活用!

ベビーベッドが使えないときに赤ちゃんにどう過ごしてもらうか。

アンケートを取ってみると、多かったのが座布団やマットレスなど比較的スペースを取らない日用品をうまく活用してリビングで寝ていてもらう、というものでした。

「リビングの座布団の上にゴロンっとしてることが多いです。」

「お昼寝の時はリビング横の和室にベビー布団を敷いて寝かせていました。」

「床にマットレスを敷いて寝かせたりしていました。」

くわえて、多く回答が集まったのがバウンサーやプレイジムといった育児アイテムを活用した、というもの。

では、バウンサー、プレイジムとはどんなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

バウンサーってどんなもの?

バウンサー,バウンサー,ベビージム,

バウンサーとは、赤ちゃんの動きで縦や横に揺れるイスのこと。

座面を押す力や、赤ちゃんの重さや動きに応じて、シートが揺れるようにできています。例えば横揺れは、抱っこの揺れに似ているため、赤ちゃんがご機嫌で過ごしてくれる育児アイテムです。

プレイジムとは?

ダイナミックジムニー,バウンサー,ベビージム,

プレイジムは、赤ちゃん用のおもちゃやしかけが付いたマットのこと。

赤ちゃんを寝かせると、手足が届く位置に様々なおもちゃがついていて、退屈せずに過ごしてくれます。おもちゃはマットから取り外して遊べるものも多く、腹ばい、お座り、と赤ちゃんが成長しても長く利用できる商品が多いようです。

バウンサー&プレイジム!先輩ママはどう活用している?

では、そんなバウンサーやプレイジムをママたちは、どのように利用しているのでしょうか。先輩ママの口コミを見ていきましょう。

「赤ちゃんをあやす時はバウンサーに乗せて、お昼寝は寝室のベビーベッドで過ごしていました」

「首がすわってからはリビングにバウンサーをおき、そこでご機嫌に過ごすことが多かったです」

「1人目の時は家が狭かったので、ベッドやプレイジムに寝転ばせていました」

「リビングにベビー布団を敷いていました。プレイジムも活用しました。居場所については、困ることは特にありませんでした。目の届く場所に、布団やプレイジムを移動させて使用していました」

「リビングで、ジョイントマットに寝てもらうか、バウンサーに座らせています」

先輩ママたちが活用したバウンサーやプレイジム。ここからは赤ちゃんが楽しく・心地よく過ごせる機能が充実した、おすすめ商品をご紹介していきます!

「Meadow Days™ メドウデイズ 2in1 ネイチャーズウェイ バウンス&スイング」で赤ちゃんご機嫌!

出典:youtu.be

まず、ご紹介するのは「Meadow Days™ メドウデイズ 2in1 ネイチャーズウェイ バウンス&スイング」。

赤ちゃんをなだめる横揺れと楽しみながら運動を促す縦揺れの両方を兼ね備えた、初めてのバウンサーです。その特長を具体的に見ていきましょう!

縦揺れ、横揺れの2種類が1台で楽しめる

縦揺れ、横揺れするバウンサー,バウンサー,ベビージム,

バウンサーといえば、上下に揺れる縦揺れが一般的。ですが、こちらは何と、縦揺れと横揺れのどちらも楽しめるという画期的なアイテムなんです。

シートを軽く横に押せばママの抱っこの時のような横揺れが、縦に押せば自分の動きで揺れる楽しい縦揺れが生まれます。心地よい揺れに包まれて赤ちゃんはご機嫌!

自分の力でシートを揺らせるようになると、体を動かす感覚を学ぶこともできますよ。

シートは、赤ちゃんがすっぽりと入り、安定するデザイン。しかも、5点式のシートベルトなので、まだ動けない新生児や動きはじめた赤ちゃんでも安心です!

2つのガラガラがついたアーチ

ガラガラ付きバウンサー,バウンサー,ベビージム,

シートに座ると、赤ちゃんの目の前にはかわいい動物の形のおもちゃがついたアーチが伸びています。まだおもちゃまで手が届かなくても、目で追うだけで赤ちゃんは上機嫌に。

おもちゃは取り外して一緒にベビーカーでおでかけすることもできますよ。

19種類の音楽が楽しめる

バウンサーの後ろ側,バウンサー,ベビージム,

さらに、赤ちゃんを落ち着かせたり、楽しい気分にさせたりする音楽を流す機能もついています。音楽の種類は、ホワイトノイズと呼ばれるお腹の中の音に似た音を含む、3つのカテゴリ・19種類と多種多様。

25分連続で流すこともできるので、音楽を聴きながら赤ちゃんがいつの間にかウトウト、、、なんてことも。

ボリューム調節、OFF機能、赤ちゃんを落ち着かせるバイブレーション機能(タイマー付き)といった便利な機能も満載です。

組み立て簡単&シートも洗えてお手入れラクチン!

赤ちゃんがご機嫌に過ごせるとなると、気になるのはママパパのお手入れが簡単かどうか。

こちらのバウンサーは、組み立ても簡単にできるので、手元に届いてからすぐに使うことができます。

さらに、シートを外したら洗濯機で丸洗いOK。シートが洗えることも清潔さが求められる赤ちゃんアイテムにとっては重要なポイントです。

「Meadow Days™メドウデイズ ダイナミック・ジミニー」で赤ちゃんといつも一緒!

出典:youtu.be

次にご紹介するのは、「Meadow Days™メドウデイズ ダイナミック・ジミニー」。

家族の絆を深める工夫や発育を促す機能が満載の画期的なプレイジムです。その特長を見ていきましょう!

アーチを移動させると4通りの使い方に

ベビージム,バウンサー,ベビージム,

長く使えるとうれしいのが、赤ちゃん用品。

こちらのプレイジムは、赤ちゃんの成長に応じてアーチを動かすことで、1.ねんね、2.はらばい、3.お座り、4.ママパパも一緒に、と4通りの使い方ができます。

マットの上に十字にわたっているアーチを動かすことで、いつも、赤ちゃんにとって最適な位置におもちゃがある状態に。また、アーチをオープンにすると、ママパパも一緒に寝っ転がることができるので、添い寝しながらリラックスしてコミュニケーションがとれちゃいます!

赤ちゃんの発育を促す工夫がいっぱい

小鳥さんのおもちゃ,バウンサー,ベビージム,

プレイジム、の名の通り「Meadow Days™ メドウデイズ ダイナミック・ジミニー」には、楽しいおもちゃがいっぱい。

アーチに取り付けられた「録音できる小鳥さんのおもちゃ」は、ママパパの声を録音できる機能が。さまざまな言葉をママパパの声で何度も聞いて覚えることができます。

他にもミラーやカサカサ音がするウサギの枕など、赤ちゃんの興味を引き出し、発育も促せるおもちゃが8つもついています。

自宅で洗濯可能

様々なおもちゃがついているので、汚れても洗いづらいのでは…と思うのですが、ご心配なく。

おもちゃがついているアーチは簡単に取り外すことができ、汚れが気になるマット部分は、自宅で簡単にお洗濯できます。

多くの国で支持されている「タイニーラブ」ブランドとは?

Tiny Love ロゴ,バウンサー,ベビージム,

今回ご紹介した「タイニーラブ」のバウンサーとプレイジムは、知育先進国イスラエルで幼児発育専門家が愛情を込めて創りあげた「7つのタネ」が含まれています。

「赤ちゃんは頭が良く、創造的で、自発的かつ個性を持った反応をする先入観のない人間である」という考えを製品開発の理念としているタイニーラブは、世界50か国以上で支持されている育児アイテムの定番ブランドなんです。

国を超えて多くのママパパに支持されていて、信頼性も抜群ですよ

まとめ

「赤ちゃんの昼間の居場所のお悩み」を解決してくれる、バウンサーとプレイジム、いかがでしたでしょうか。

縦横の揺れで安らぎと遊びの両方を味わえるバウンサーや、ママパパも一緒に入って楽しめるプレイジム。

安らいだり、好奇心を刺激されている子どもたちをリビングで見守りながら、毎日の家事や様々な用事ができたら、ママパパもうれしいですよね。

ぜひ、これを機に検討してみてはいかがでしょうか。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。