妊娠中に飛行機に乗っても大丈夫?

流産の可能性がある?

飛行場,妊娠,飛行機,

「妊娠中に飛行機に乗ると流産になる?」そんな心配をされる方もいらっしゃるようです。結論から言いますと、飛行機に乗ることで直接的に流産の可能性が高まることはありません。

ただし、飛行機に乗ることで、同じ姿勢で長く座っている肉体的負担や、慣れない環境下にいるための精神的なストレスが原因で流産に結びつくことがあります。

そのため、体も弱っていてストレスを強く抱えがちな妊娠初期に飛行機に乗ることは控えてください。飛行機に乗る際は、まずはかかりつけのお医者さんに相談をしてください。

胎児への影響は?放射線(被爆)の影響はある?

「飛行機に乗って浴びる放射線・電磁波の量はお腹の赤ちゃんに影響はないの?」「気圧の変化は大丈夫?」「空港の金属探知機でのX線検査は?」など、ママからの心配の声をいただきますが、今のところこれらが母体や胎児に影響したという報告はありません。

人間が普通に生活していて浴びる放射線の量が年間約1mSvと言われています。胎児に奇形を起こす可能性のある放射線の被爆量が約100mSvと言われていますが、例えば東京-NY間の被爆量が約0.2mSvと言われていますので、飛行機に乗った際の被爆量はほとんど問題にならない程度ですのでご安心ください。

いつまで飛行機に乗れるの?診断書は必要?

いつまで飛行機に乗れるかは、個人によってもバラつきがあるため、かかりつけの産婦人科医に相談をして決めた方が良いですが、一般的に妊娠初期は長距離の移動を控えた方が良いとされています。

特に妊娠6~7週目は流産が多い期間とされていますので、体に負担のかかるようなことは避けた方がいいでしょう。また妊娠3~4ヶ月までは乗り物酔いによる“つわり”の症状を引き起こしやすい時期のため、注意が必要です。

そういう場合にはアメや、妊娠中に良いとされる葉酸入りタブレットなどを口に入れるだけで症状が和らぐことがあります。

ただし、妊娠後期には、出産予定日を含めた28日以内の搭乗には診断書が必要となったり、国内線では7日以内になると医師の同伴も必要となったりと制限があります。国際線では14日以内になると医師の同伴が必要になるため、帰りの便が出産予定日から何日前になるのか考えておくようにしましょう。

以下に、航空会社による規定例を挙げておきます。

・JAL
・出産予定日を含め8日以上28日以内の搭乗…診断書の提出が必要
・出産予定日を含め7日以内の搭乗…診断書の提出と医師の同伴が必要

・ANA
・出産予定日を含め15日以上28日以内の搭乗…診断書の提出が必要
・出産予定日を含め14日以内の搭乗…診断書の提出と医師の同伴が必要

妊娠中に飛行機に乗る前に注意することは?

座席の事前予約を

母子手帳とマタニティマーク,妊娠,飛行機,

妊娠中にどうしても飛行機に乗らなければならない場合は、下記の項目を意識して準備してください。

(1)なるべくトイレに近い通路側の席を予約する。

(2)バルクヘッド席(障害者や小さいお子さんをお連れの方のための優先座席)に座れないか相談をしてみる(空いている場合は座れる可能性があります)。

(3)万が一のために備えて、母子手帳を持参する。母子手帳には母子の健康状態や出産予定日などが記載されているため、緊急時の状況を伝える際に有効です。

(4)飛行機に乗る前に、マタニティマークのタグをもらい鞄などに付ける。

(5)乾燥や風邪やインフルエンザなどの感染症予防として、機内ではなるべくマスクを付ける。

最近では、空港内の移動に使える電動カートに乗せてもらって移動ができる、妊娠中のお客さんを先に機内へ案内する自前改札サービスなども用意されている航空会社もありますので、まずは自分が利用する航空会社にお問い合わせをしてみてください。

妊娠中に飛行機に乗っているときに注意することは?

むくみやエコノミー症候群の予防を

機内の座席,妊娠,飛行機,

機内では、狭いところに長い間座っていることになります。そのため、胸やお腹周りを締め付けないゆったりとした服を着ましょう。

身体が締め付けると血行の妨げとなり、お腹が張ってしまいがちになってしまいます。また妊娠初期ではつわりで気分が悪くなることも多くあります。嘔吐に対応できるように、エチケット袋は多めに用意していきましょう。

また、妊娠中はむくみやすくなっていますので、こまめにトイレに立つことや、足を動かすようにすることでエコノミー症候群の予防にもなります。

エコノミー席の場合は、なるべくゆっくり座る体勢をつくるために、延長ベルトを用意してもらい、シートベルトの長さを調節してもらうようにしましょう。

空港内で注意することはある?

海外の空港でどう伝える?

空港ゲート,妊娠,飛行機,

空港で金属探知に使われているのは高周波で、X線が使われているのは荷物検査の方ですので被爆はありません。セキュリティーチェックは通常どおり受けていただいて大丈夫です。また、海外の空港で妊娠していることを英語で伝えようとして困らないためにも、2つのフレーズを覚えておきましょう。

(1)私は妊娠しています
”I am having baby.”、”I am carrying a baby.”
「妊娠」は英語で”pregnant”ですが、上記の表現で十分に伝わります。

(2)今妊娠〇ヶ月です
”I am 〇 months pregnant.”

まとめ

妊娠中に飛行機に乗る際は、しっかりとした準備が必要です。余裕を持って取り組めるようにしましょうね。

この記事に関連するリンクはこちら

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。