先輩ママが職場に妊娠報告をした時期は?ランキング発表!

1位は妊娠3ヶ月!

職場への妊娠報告の時期,妊娠,報告,職場

※コズレ会員向けWebアンケート(2016年9月実施)より

先輩ママに職場への妊娠報告時期についてアンケートを取ったところ、1位は妊娠3ヶ月、2位は妊娠2ヶ月でした。3位は、安定期に入る妊娠5ヶ月でした。心拍確認を1つの目安として、早めに報告したママが多いようです。

「できるだけ早めに報告する派」の体験談

早めの報告が安心

オフィスイメージ,妊娠,報告,職場

「体調不良が多くなるかもしれないから、早めのほうがいいと思う」と答える先輩ママ。仕事を支障なく引き継いだり、今後何かあったときにすぐに対応してもらったりするためには、早めの報告が安心です。

妊娠初期であっても、「つわり」で体調不良が続き、会社に「なんだかお休みや早退が多いな」と思われることもあります。

妊娠中であれば、時差出勤などが認められる会社もあります。そのような制度もうまく活用しながら周囲の方のサポートをいただき、仕事を続けていきたいですね。

先輩ママの体験談:つわりがひどく、早めに報告

本当は安定期まで待ちたかったのですが、つわりがひどく仕事に支障があるくらいだったので、妊娠8週(妊娠3ヶ月)に上司に伝えました。

いろいろと勤務を調整してもらえて助かりました。無理をして赤ちゃんに何かあったら困るので、身体を大切にしてよかったです。

(from:f0367030さん)

先輩ママの体験談:心拍が確認できた妊娠8週に報告

私は妊娠8週(妊娠3ヶ月)に上司に報告しました。この時期に報告したのは、心拍が確認されおそらく流産の危険性も減ったこと、母子手帳をもらってきて、いよいよ出産が現実味を帯びてきたこと、つわりなどの症状が出てきたことなどからです。

(from:azusakuさん)

先輩ママの体験談:自分のためにも、職場に迷惑をかけないためにも

妊娠による貧血で医師から診断書をいただいたため、朝の通勤ラッシュを避けるべく、時差出勤の申請が必要だったため、妊娠10週(妊娠3ヶ月)で報告しました。

また、勤務先は人手不足で、いつも人を募集している状況。なので仕事の負荷の調整、引き継ぎ先のリソース確保、長期プロジェクトへの不参加を早めに報告しないと、職場に迷惑がかかると思ったのです。

(from:anmitsukoさん)

「安定期に入ってから報告する派」の体験談

体調や職場の状況などにより、安定期に報告した先輩ママも

オフィスイメージ 女性と男性,妊娠,報告,職場

「報告は安定期に入ってからでした」という先輩ママもいます。早めの報告がよいとはわかっているけれど、安定期までは何があるかわからない。なのでそれまではふせて、安定期に入ってから報告。万が一のことを考えての選択です。

あまり周りに妊娠のことを聞かれたり話題にされたりするのが苦手という人も、安定期に入るまでは話さないでおくとストレスがたまりにくいでしょう。とくに退職する予定の人は、安定期に入ってから報告をするほうが多いかもしれません。

先輩ママの体験談:つわりがなかったので安定期に入ってから

妊娠18週(妊娠5ヶ月)に報告しました。つわりがなかったので、安定期に入るまではふせておきました。

私が働いていた職場はサービス業でお客様対応がメインなので、つわりがなければそれほど過酷ではないため、この時期を選びました。

(from:yanai*yanaさん)

先輩ママの体験談:退職する予定であることも報告

妊娠20週(妊娠6ヶ月)に、上司に伝えました。出産前に退職しようと思っていたので、そのことも含めて報告しました。

(from:いなにこさん)

先輩ママは妊娠報告を誰に、どのようにしたの?

スーツ姿の女性,妊娠,報告,職場

職場への妊娠報告は、誰にどのようにしたらいいのかも気になりますよね。妊娠報告の方法について、先輩ママの体験談をご紹介します。

先輩ママの体験談:まずは直属の上司に

まずは直属の上司に報告し、それから人事、社長に報告しました。直属の上司には空いている時間を見計らい、その場ですぐ報告しました。

人事は今後の育休などについての話し合いもあったので、休みのときに会社へ出向き報告、相談しました。その後すべてが決まってから社長へ今後の状況を含め報告しました。

(from:yanai*yanaさん)

先輩ママの体験談:勤務後に上司にこっそりと

働いている部署の上司に、勤務を終えたあとこっそりと相談しました。体調を気にかけてくれて、無理なく働けるようにしてくれました。女性の上司だったので親身になってくれました。

(from:f0367030さん)

先輩ママの体験談:直属の上司に1対1で報告

まずは直属の上司に、1対1で話をする時間を設けてもらい報告しました。退職の時期なども、あわせて相談しました。

その後折を見て、同じ部署内の同僚たちにも、全体へ向けての発表という形で妊娠と退職の報告をしました。

(from:いなにこさん)

職場への妊娠報告について、先輩ママからアドバイス

スーツ姿の女性 OK,妊娠,報告,職場

職場への妊娠報告の時期について悩んでいるプレママのみなさんに、先輩ママからのアドバイスをご紹介します。

先輩ママからのアドバイス:赤ちゃんのためにも、早めに伝えるのがおすすめ

安定期まで伝えたくないなという心配があると思いますが、無理をして切迫流産になったとよく聞くので、赤ちゃんのためにも早めに伝える勇気をもってほしいです。仕事の調整もあると思うので、早めに伝えることをおすすめします。

(from:f0367030さん)

先輩ママからのアドバイス:それぞれの体調や職種によって考えて

つわりがひどい人や重い物を持ったり、重労働をしたりする人などは早めに妊娠を伝えた方がいいのかなと思います。しかし、流産してしまう可能性も考慮して安定期に入ってから伝えるのもいいと思います。それぞれの体調や職種によって伝える時期は考えたほうがいいと思います。

(from:あーーーすさん)

先輩ママが、妊娠中のお仕事で気をつけたこと、意識したことは?

無理をしないことが大切!

妊婦 握手,妊娠,報告,職場

妊娠中のお仕事で気をつけたことや意識したことを先輩ママに聞いたところ、「無理しないことが1番!」という回答が多く寄せられました。先輩ママの体験談をご紹介します。

先輩ママの体験談:残業の多い部署から思い切って異動

妊娠がわかったとき、残業の多い部署で働いていました。毎日の長時間労働で体調も悪化。退職しようかとも考えましたが、思い切って異動を申し出たところ受理され、産休に入るまで無事に働き続けることができました。

先輩ママの体験談:職場でも冷え対策をしました

デスクワークで座りっぱなしだったことと、冷房で職場が冷えていたために、脚がむくみました。ブランケットとはおりものと足を入れられるクッションのような物を職場に持参。とにかく身体を冷やさないようにしました。私から言えるのは、無理をしないことが1番だということです。

(from:kojimasanさん)

先輩ママの体験談:適度に身体を動かしました

カウンター業務だったので基本的には座りっぱなしなのですが、座り続けているとお腹が張ってしまうので、空いている時間が少しでもできたらバックヤードまで歩いたり、浮腫み防止のため、お客様対応をしていないときにはカウンター下で足首を回したりしていました。

(from:yanai*yanaさん)

先輩ママの体験談:可能な限り、仕事は前倒し

つわりが酷いとき、体調がすぐれないときは身体を休めていました。倒れたりしたら、よけいに迷惑をかけてしまいます。

そして調子の良いときは、できるだけ仕事を前倒しにしてすませておくようにしていました。可能な限り仕事は前倒しです。

(from:sinceraさん)

まとめ

妊娠報告に決まった正解はありません。「つわりの症状がひどければ、会社を休むこともあるので早めの報告。体調が良ければ安定期に入ってからの報告です」と、体調によってタイミングを決めていた先輩ママもいます。

妊娠中の体調は人それぞれ。自分の体調と職場の状況を見ながら、ベストな報告のタイミングをはかりましょう。妊娠中のお仕事でも、ママと赤ちゃんの健康を優先して考えてみてくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

この記事はプレママスクエアからの提供コンテンツです