妊娠初期の風邪の症状

微熱や鼻水、喉の痛みなどは妊娠初期症状?風邪の症状?

体温計,妊婦,風邪,

妊娠初期症状は風邪とよく似た症状で、初期症状なのか風邪をひいたのか迷われる方も多いのではないでしょうか?

風邪だと思っていたら妊娠だった!というように、妊娠を意識していないと、妊娠初期症状を風邪と間違えてしまうこともあります。

一般的な妊娠初期症状には、微熱が続く、鼻水、頭がボーッとする、疲れやすい、吐き気などがあり、風邪と間違われやすい症状ばかりです。

では妊娠初期の風邪の症状はと言うと、当然ながらいわゆる風邪の症状と同じで、頭痛、鼻水、のどの痛み、咳、発熱、全身のだるさなどです。のどの痛みや腫れは風邪のウイルス等によるものなので、妊娠の初期症状ではあらわれません。

妊娠の可能性が少しでもある場合は、上記の症状以外に月経の有無や基礎体温の変動なども併せて、風邪かどうかを見きわめる必要が出てきます。

高熱や咳、下痢などの胎児への影響は?

高熱が続くと胎児への影響が出る可能性も

妊婦画像,妊婦,風邪,

妊娠中に風邪をひくと、おなかの赤ちゃんに影響が出ないか心配になるかもしれませんが、発熱、咳、下痢などの症状がみられても、まず赤ちゃんに影響する心配はありません。

・発熱
38~39度程度の発熱がみられても、それでお腹の赤ちゃんに何か悪影響が及ぶことは基本的にありません。
ただ、熱が38度を超えてくると妊娠していなくても身体はつらくなってきますし、ただの風邪ではなくインフルエンザやその他の感染を起こしている可能性もありますので、一度医療機関を受診することをおすすめします。

ちなみに、40度以上の高熱が3日以上続くような場合には胎児の心拍が上がるなどの影響が出ることがあるとも言われています。しかし、ただの風邪で40度近い発熱があることはまずないので、その場合は妊娠の有無にかかわらず、すぐに受診すべきと言えるでしょう。

咳や下痢が長期間続く場合は医療機関を受診

・咳
ひどい咳が続くとおなかに圧がかかり、流産を引き起こす可能性がある…と心配される方がいますが、妊娠初期に咳で流産が促されるということはまずありませんので安心してください。

ただし、咳は体力を消耗しますので、症状がつらいようであれば早めに受診しましょう。また、咳が数週間以上の長期にわたって続く場合は、ただの風邪ではないことも考えられますので、そのようなときも一度受診するようにしてくださいね。

・下痢
妊娠中に下痢を起こすと、腸の動きに刺激されて子宮収縮が起こり、流産する…というのは昔からよく言われているようですが、妊娠初期の下痢が流産を引き起こすことはまずありません。

症状がひどかったり、なかなか治まらないような場合は、やはりただの風邪ではない可能性がありますので、医療機関を受診するようにしましょう。

市販薬や、病院で処方された風邪薬などの服用はOK?

赤ちゃんが薬の影響を受けやすい時期なので注意が必要

妊娠中薬は飲んでもいいの?,妊婦,風邪,

妊娠初期は赤ちゃんの器官が形成される大切な時期であり、薬の影響がもっとも出やすいと言われています。

奇形などの重篤な影響が出る場合もありますので、市販薬の服用は妊娠に気づいた時点でやめておきましょう。

「妊娠中の服用はおやめください」といった妊婦に禁忌の表記がなくても、服用する前に必ず医師に相談するようにしてください。

また医療機関で薬を処方してもらう場合も、妊娠の可能性があるときは必ずその旨を伝えた上で処方してもらうようにしましょう。

妊娠初期に風邪をひいてしまったときの対処法は?

重症化させないように水分補給&温かい食事で栄養補給を

あたたかいしょうが湯,妊婦,風邪,

妊娠初期は服用できる薬が限られていることもあり、風邪をひいた場合は悪化させないようにすることが大切です。

食事面では、あたたかくて消化の良い物を摂るようにし、生ものは避けましょう。生野菜もからだを冷やすので加熱調理することをおすすめします。また、発熱で失われるビタミンを補えるフルーツや、発汗を促す生姜なども良いと言われています。

病中、料理することがつらいときは、家族にお願いしたり、レトルトのおかゆや果物の缶詰などあらかじめ買い置きしておいたものを活用するなどして負担を軽くできるとよいでしょう。また無理に食べる必要はなく、食べたいときに食べられる分だけでかまいません。

水分補給については、特に発熱や下痢などがある場合は、こまめに水分を取るようにして脱水状態にならないよう気をつけましょう。汗をかいたときには着替えをして、からだを冷やさないようにしてくださいね。

保温と保湿|体を温めると免疫力が上昇、部屋の湿度にも注意

・保温
からだを温めると免疫力が上昇し、風邪への抵抗力が増します。室温は20度前後を保ち、からだが冷えないよう衣服やふとんなどの掛け物を調節するようにしましょう。首回りや足先などはネックウォーマーや靴下などを着用するとよいでしょう。

・保湿
部屋が乾燥していると、ウイルス等の活動が活発になります。加湿器や洗濯物の部屋干しなど、部屋の湿度を60%程度に保つ工夫をしましょう。

ベッドサイドに濡らしたタオルをかけておくだけでも効果がありますし、マスクも常に着用しているほうが効果的です。

ただし夏場は高湿度で活発化するウイルスも存在するので、夏のジメジメした室内ではむしろ除湿したほうがよい場合もあります。

無理や我慢は禁物!十分な休息をとることが大切

風邪をひくと体力が低下するうえ、妊娠初期はつわりなどでも体力を消耗しています。しっかりと睡眠をとりからだを休めるようにしましょう。眠らないまでも、疲れたら横になってこまめに休息をとることも大切です。

その際、テレビや携帯電話の画面をみると目が冴えてしまい脳は活性化してしまいます。横になれるときはテレビや携帯電話は消して、しばらく安静にすると疲れもとれやすいかと思います。

また家族や実家のサポートが得られる場合は帰省したり家事のサポートをお願いしたりして、この際しっかりと休養をとり、体調の回復につとめるのもよいでしょう。

葛根湯などの漢方薬を服用|市販薬は医師に相談

漢方薬は胎児への影響はほとんどないと言われており、医師にもよりますが処方してもらえる場合があります。

風邪の際に使用する漢方薬として広く知られているのは「葛根湯(かっこんとう)」です。葛根湯は頭痛や鼻水などの風邪のひきはじめの症状や、発熱、筋肉痛などに効くとされています。

市販もされていますが、妊娠中に服用したい場合は必ず医師に相談するようにしてくださいね。液体、錠剤、粉末などの種類がありますので、ご自分が飲みやすいものを選ぶとよいでしょう。

妊娠初期の風邪はやっぱり心配!予防策は?

手洗いとうがいでウィルス侵入防止!外出時には除菌グッズを

手洗いで風邪予防,妊婦,風邪,出典:Instagram: maaai097さん*写真はイメージです

胎児に影響が出やすい妊娠初期に薬を飲まずにすむよう、日ごろから風邪をしっかり予防できるといいですよね。

風邪の予防の基本はやはり「手洗い」と「うがい」です。食事の前や外出先から戻ったときは必ず、手洗いとガラガラうがいをするようにしましょう。手洗いは石鹸と流水で10秒以上かけて行うようにします。

もちろん外出先等で手洗いができない場合もあると思いますので、除菌ウェットティッシュや除菌ハンドジェルなどをカバンにひとつ入れておくと良いかと思います。

ただし、除菌グッズはあくまでも代用策ですので、ウイルスや細菌を洗い流せる手洗いができるときはかならず手洗いを行うようにしましょう。

外出時はもちろん、室内でも冷えに注意

寒いところでは、ウイルスや細菌の侵入を防ぐ鼻やのどの線毛の動きが鈍くなることがわかっています。ウイルス等の体内への侵入を防ぐためには、冬場も室内は20度程度の室温を保つようにしましょう。

また外出時はしっかり着込むことと、室内でも身体を冷やさないような服装を心がけましょう。

感染リスクの高い人ごみは避け、外出時は必ずマスクの着用を

不特定多数の他人と接することになる外出は、それだけ風邪などにかかるリスクを上げることになります。

冬場などの流行時期は極力外出しないのが、風邪をひかないようにするためにはベストですが、通勤や健診など、まったく出かけないわけにはいかないのが現実です。

ですので、外出をする際は必ずマスクを着用しましょう。また人が多い繁華街はなるべく避けて地元で買い物を済ませたり、満員電車は避けて空いている時間帯に利用するなど、できるだけ人ごみを避けるようにするとよいでしょう。

また、妊婦さんと同居するほかの家族が感染すると、家庭内では感染を避けることがむずかしくなります。妊婦さんにうつさないためにも、家族みんなで予防することも大切です。

つわりが治まったら、栄養バランスのとれた食事を心がけよう

栄養が偏ったり不十分だと体調を崩しやすくなります。妊娠するとさらに免疫力は低下していますので、つわりの症状が落ち着いていて食事がきちんと摂れるようであれば、主食もおかずもバランスよく食べるよう心がけましょう。

バランスの良い食事と言っても、必ずしもいろいろなおかずを品数多く作る必要はありません。たとえば具だくさんの味噌汁や鍋料理などはたくさんの食材を一度に摂ることができます。

妊娠を機に食生活を見直しつつ、負担にならない程度に調理法などを工夫していくとよいかと思います。

十分な睡眠と休息の時間をとろう

妊娠によって免疫力が低下するのに加え、妊娠初期はそれまでと比べて体調が大きく変化する時期で、疲れが出やすくなります。

残業や長時間の外出など妊娠前は普通にやっていたことも、妊娠中はより負担になります。妊娠前より少しラクかな、あまり疲れを感じないな、くらいに調整できるとちょうどよいかもしれません。

少しの疲れでもためないよう、できるかぎり夜更かしなどは控え、日々十分な睡眠の確保を心がけるようにしましょう。

まとめ

妊娠初期はおなかの赤ちゃんにとって、さまざまな器官が形成されていく大切な時期です。妊婦さんにとっては今までどおりに薬を使えない不便さがありますが、できるかぎり薬を使わなくてすむよう、体調管理していけると良いですね。

でも、がんばって予防策を講じていても、風邪をひいてしまうこともあります。そんなときは医師に相談しながら、無理せず体調の回復につとめてくださいね。
(文書作成:Sue)

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。