目次

生後10ヵ月の離乳食のポイント

●3回食が基本。離乳食をよく食べる子はメインを授乳からご飯に移動しよう。
●食材はバナナくらいのかたさが目安。ご飯は5倍粥から始めて、慣れてきたら軟飯へ。調味料は風味付け程度の使用。栄養成分は特に鉄分が大事。
●手づかみ食べを積極的にさせよう。


それでは、生後10ヵ月の離乳食のポイントを見ていきましょう!

生後10ヶ月 赤ちゃんの成長状況は?

体重は7~10kg前後 後追いもはじまる

はいはい,生後10ヶ月,離乳食,量

生後10ヶ月の赤ちゃんの体の成長は、身長が66.5cm~77.4cm体重は6.86kg~10.59kg程になります。下の前歯や上の前歯が生えてくる子もいる時期です。

動きの成長(できること)としては、ハイハイがスピードアップしたり、つかまり立ちを始めたり、つたい歩きができるようになってきます。1人遊びやママの真似、「バイバイ」のような身ぶりができるようになる子もいるでしょう。

また、人の顔も認識するので、自分の知らない人には人見知りしたり、後追いが激しくなったりすることもあります。

赤ちゃんの成長は個人差がとても大きいので、体の大きさやできるようになったことを他の子と比べて心配しないでくださいね。

離乳食後期の進め方

量の目安

子ども食べる,生後10ヶ月,離乳食,量

1回の食事の目安は、以下の通りです。

*炭水化物(主に5倍粥~軟飯) 
 80g~90g(子ども用茶碗に軽く1杯くらい)

*野菜や果物 
 30g~40g

*タンパク質
 肉15g、魚15g、豆腐45g、卵1/2個、乳製品80gからどれか1品

あまり離乳食を食べなくても無理せず、赤ちゃんに合った量を与えましょう。

授乳量の目安

離乳食が進むと授乳回数は減っていきますが、まだまだ赤ちゃんはおっぱいやミルクを飲み続けている時期です。離乳食をよく食べる赤ちゃんは、メインを徐々にご飯に移行していきましょう。

小食な赤ちゃんは、おっぱいやミルクを与えながら、少しずつ離乳食に慣れさせていきましょう。焦る必要はないですよ。ただし、おっぱいやミルクを飲む量が多いとご飯の時間にお腹がすかなくなってしまうので、離乳食の進み具合に合わせて授乳回数を減らしていきましょう

食材のかたさの目安

指でつまみ、軽く力を入れるとつぶれるバナナくらいのかたさが目安です。やわらかく茹でた大きめの角切り野菜も食べることができます。

前歯や歯ぐきで、自分が食べられる量をかじる練習をさせてみましょう。ご飯の固さは、5倍粥くらいからはじめ、慣れて来たら軟飯に移行しましょう。

おすすめの食材

【主食(炭水化物)】
米、食パン、うどん、オートミール、ロールパン、ホットケーキ、スパゲッティ(塩を入れずに茹でる)

【野菜】
ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、じゃがいも、きゃべつ、玉ねぎ、かぶ、白菜、さつまいも、トマト、とうもろこし、小松菜、大根、きゅうり

【タンパク質】
鶏ひき肉、牛ひき肉、赤身肉、レバー、カレイ、たら、鮭、さば、さんま、しらす、牛乳、プレーンヨーグルト、卵、豆腐、豆乳

アレルギーを引き起こす可能性がある食材もあるので、初めて食べる食材は、まずは小児科の開いている午前中に、少量ずつ試してみましょう。

生後10ヶ月 離乳食の注意点

味付け

離乳食,生後10ヶ月,離乳食,量

9ヶ月の頃に引き続き、出汁や野菜スープを活用しながら、調味料の使用は風味づけ程度の使用におさえます。

回数

3回食が基本となります。朝、昼、夜の食べる時間を一定にできるように心がけましょう。

手づかみ食べ

手でものをつかめるようになるので、この時期は積極的に手づかみ食べをさせましょう。自分で食べたがる意欲を大切にすると、ご飯の時間が楽しくなりますよ。

スティック状にしたり丸い小さなおにぎりのような形にしたりするなど、手でつまんで食べやすい食事を作ることがポイントになります。

鉄分の摂取が大事

鉄分が不足して貧血になると、赤ちゃんの体や運動の発達に影響が出ます。鉄分を多く含む食品(ひじき、ほうれん草、小松菜、レバー、赤身の魚や肉など)を、積極的に取り入れるようにしましょう。

生後10ヶ月の離乳食おすすめレシピ 朝食編

【1】離乳食後期★カボチャクリームサンドイッチ

材料

・食パン 6枚切1/2
・カボチャ 適量
・きな粉 小さじ1
・ヨーグルト 小さじ1

作り方

1、食パンを赤ちゃんが食べやすい大きさの1口大に切り、クリームを挟めるように切り込みを入れておきます。
2、カボチャを加熱して、ペースト状にします。
3、柔らかくなったカボチャにきな粉とヨーグルトを混ぜます。
4、できたカボチャクリームをパンの切り目に塗って完成です。

手づかみできるサンドイッチは、朝やランチにぴったりのメニューです。カボチャの甘味を活かした、ヨーグルトで乳酸菌も同時に摂れるおすすめのメニューです。お弁当やおやつにもいいですよね。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】法蓮草ヨーグルト蒸しパン♡離乳食・おやつ

材料 (6号カップ8個分)

・ホットケーキミックス 150g
・ほうれん草 40~50g
・プレーンヨーグルト 大さじ5
・水 50cc

作り方

1、茹でたほうれん草の葉の部分をすりつぶします。
2、材料をすべて混ぜ合わせます。
3、耐熱容器に入れてレンジで2分ほど様子を見ながら加熱します。竹串をさして生の生地が付かなければ完成です。

ほうれん草を小松菜に変えても鉄分を強化できる、お手軽蒸しパンです。ホットケーキミックスを使えば簡単に作れるので、冷凍しておくのもいいですね。材料を変えて作れば、見た目も味にも変化をつけることができますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食後期・手づかみ鮭おにぎり

材料

・軟飯 90g
・鮭  15g
・海苔 適量

作り方

1、茹でた鮭を細かくほぐします。
2、ごはんと鮭を混ぜて、つかみやすく一口で食べられる小さいおにぎりを作ります。
3、海苔をトッピングして完成です。

おにぎりの具材としては鮭やしらすを選びがちですが、お肉でもおいしくできますよ。そぼろをまとめて作り冷凍しておけば、うどんの具材にしたりスープに入れたりと使いまわすことができます。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】~離乳食後期~手掴み!!納豆の落とし焼き

材料

・納豆 1パック
・乾燥わかめ 1g
・しらす(ちりめんじゃこ) 5g
・小麦粉 小さじ2
・水 小さじ2
・油 適量

作り方

1、わかめは水で戻して刻み、納豆も食べやすいように刻みます。
2、小麦粉と水を混ぜ合わせてから、わかめと納豆、しらすを加えて混ぜ合わせます。
3、フライパンに油をしいて、弱火で焦がさないように焼けば出来上がり。

手づかみ食べが好きなお子さんにも、手が汚れにくい納豆メニューです。おやきにしてしまえば食べやすく片付けも簡単で、親子で助かりますね。多めに作って冷凍ストックしてもOKです。忙しい朝食時に便利!

しらすは湯通しをして、塩抜きをしてから使いましょう。蓋をして蒸らしながらゆっくりと弱火で焼くと、中までしっかり火が通りますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】離乳食後期~☆具だくさんコールスローサラダ

材料

・好みの野菜(キャベツ、きゅうり、にんじん、大根、ブロッコリー、トマト等)全部で160g~180g
・無糖プレーンヨーグルト 大さじ2
・マヨネーズ 大さじ1
・砂糖 少々

作り方

1、野菜は離乳食の進み具合に合わせて刻み、鍋で柔らかくなるまで茹でておきます。
2、水気を切って、ヨーグルトとマヨネーズ、砂糖を混ぜ合わせれば完成です。

野菜を茹でたゆで汁は、野菜出汁として冷凍ストックしておくと使い勝手も良く便利ですよ。ツナや茹で卵を加えれば、同時にタンパク質も摂れるのでおすすめです。

野菜は苦手でも、ヨーグルト好きのお子さんには食べやすい味に仕上がります。サンドイッチの具材にするなど、朝食にぴったりなサラダレシピです。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】【離乳食・後期】鮭とほうれん草の胡麻風味がゆ

材料

【離乳食・後期】鮭とほうれん草の胡麻風味がゆ,生後10ヶ月,離乳食,量出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・5倍粥 適量
・鮭(生) 1/4切れ
・ほうれん草 適量
・すり胡麻(白) 少々
・水 適量

作り方

1、ほうれん草は下茹でして、食べやすい大きさにカットします。
2、鍋に湯を沸かし、皮と骨を取り除いた鮭を茹でます。
3、鮭を取り出してほぐし、2の湯を少々と鮭、5倍粥、ほうれん草、すり胡麻を加えて一煮立ちさせ完成です。

すりごまの風味が食欲をそそる一品です。鮭のピンクとほうれん草の緑で彩りもいいですね。栄養バランスの良い一品なので、1日の始まりにおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

【7】《離乳食後期》納豆入りお味噌汁♥

材料

《離乳食後期》納豆入りお味噌汁♥,生後10ヶ月,離乳食,量出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・納豆 1/4パック
・なす 10g
・白菜(柔らかい葉先) 1枚分
・長ネギ 5センチ
・味噌汁 小さじ1/6

作り方

1、納豆は包丁でたたき、ひきわり納豆のように細かくする。なす・白菜は8ミリ角に、長ネギは細かく切ります。
2、鍋に湯をわかして沸騰したら、なす、白菜、長ネギを入れて煮ます。
3、具材がやわらかくなったら納豆を加え、少し煮ます。火を止めて味噌を溶いたら完成です。

火が通りやすい野菜を使った手軽に作れる味噌汁です。納豆が入って栄養満点ですね。他の野菜をプラスしてもおいしいですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

生後10ヶ月の離乳食おすすめレシピ 昼食編

【1】超簡単手づかみ☆離乳食☆コロッケ風おかず

材料

・じゃがいも 15g
・野菜 15g
・パン粉 適量
・片栗粉 小さじ1

作り方

1、じゃがいもと野菜をそれぞれ加熱しつぶし、片栗粉を混ぜます。
2、一口サイズに形を整え、パン粉をまぶします。
3、テフロンなど油が不要なフライパンで両面火が通るまで焼きます。

魚や鶏そぼろを入れてもおいしくできます。油で揚げないので、離乳食として赤ちゃんも食べられるなんちゃってコロッケです。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食にも☆カブのごま味噌煮

材料

・かぶ 2個
・だし汁 400cc
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ1/2
・味噌 大さじ2
・すりごま 大さじ2
・かぶの葉 少量

作り方

1、皮をむいたかぶを食べやすい大きさに切ります。
2、出汁を入れてかぶを煮ます。
3、かぶに火が通ってきたら、醤油と砂糖を入れ、3分程度煮ます。
4、味噌とすりごまを入れて2分程度煮て、茹でたかぶの葉を添えたら完成です。

このレシピではごま味噌風味ですが、香り付けの調味料をコンソメ味にしたり、豆乳で煮込んだりとアレンジのできる一品です。火の通りが早いかぶは、離乳食後期に活躍してくれます。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食*中期~♡鮭と野菜の豆乳うどん

材料

・うどん 1/4玉
・刺身用サーモン 一切れ
・お好みの野菜 各10gくらい
・豆乳 大さじ1~

作り方

1、全ての材料を鍋に入れ、弱火で柔らかくなるまで煮ます。

定番のうどんに豆乳を入れて作るレシピです。野菜は、にんじんやキャベツなどストックしているものを使い、彩りをプラスすると見た目にもよりおいしそうになります。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】【離乳食後期】きのことひじきのツナパスタ

材料

・パスタ 14~15本
・魚 10g
・えのき 15g
・ひじき 5g
・野菜スープ 50cc

作り方

1、魚は下茹でをしてほぐしておきます。パスタは柔らかめに茹でて食べやすい長さに刻みます。
2、えのきとひじきは食べやすい長さに切ります。
3、野菜スープでえのきとひじきを煮込んで柔らかくなったら、魚とパスタを合わせて完成です。

パスタは固さを見ながら柔らかめに茹でてください。茹でる前に短く折ってから茹でると扱いやすいですよ。

魚は、ツナや鮭など手に入りやすいものや、旬の魚など好みのもので作ってみましょう。具材をアレンジすればバリエーションも広がりますね。

味付けが物足りない場合は、ケチャップや醤油を1滴たらして調整してみてください。パスタ等の乾麺を常にストックしておくと、いざという時に便利で助かります。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】離乳食後期*ふわとろつるん納豆素麺

材料

・そうめん 20g
・にんじん 1cm
・インゲン 1本
・桜エビ 1つまみ
・納豆 1/4パック
・すりごま 少量
・かつおだし 少量
・醤油 2、3滴

作り方

1、にんじん、インゲン、桜エビは粗みじんにしておきます。そうめんは茹でる前に短く折っておくと便利です。
2、にんじんといんげんを鍋で先に茹で、柔らかくなったら桜エビとそうめんを加えます。
3、ゆで汁大さじ2と具材を器に移して、かつおだしと醤油で味付けをしてから納豆をトッピングして完成です。

そうめんは、昼食などにそのままで食べることが多いと思いますが、具材をトッピングすれば栄養満点メニューになります。アレルギー等のない場合は、桜エビを使うと風味豊かに仕上がりますよ。

*元のレシピでは、野菜とそうめんを一緒に茹でた時のゆで汁を利用していますが、塩分が強く出ている場合もあるので、離乳食には味が濃すぎる場合もあります。

その際は、先に茹でておいたそうめんを、野菜を茹でている鍋に加え、そのゆで汁を使うといいでしょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】【離乳食・後期】鳥と豆腐ふわふわナゲット

材料

【離乳食・後期】鳥と豆腐ふわふわナゲット,生後10ヶ月,離乳食,量出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・鶏胸ひき肉 50g
・豆腐 30g
・片栗粉 小さじ2
・油 少々

作り方

1、豆腐は水を切り、ボウルに入れてよく潰します。滑らかになったら鶏胸ひき肉を入れて混ぜます。
2、1がよく混ざったら、片栗粉を入れて再度混ぜます。
3、フライパンに油をひき、2をスプーンですくい、楕円形やスティック状など食べやすい形に成形しながら焼いていきます。
4、両面がキツネ色になるまでよく焼いたら完成です。

手づかみで食べることが出来る一品です。豆腐のおかげでふわふわして食べやすいですよ。青のりを生地に混ぜるのもおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

【7】*離乳食後期〜幼児食*白身魚の炒飯*

材料

*離乳食後期〜幼児食*白身魚の炒飯*,生後10ヶ月,離乳食,量出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・白身魚 10g
・ご飯 80g
・いんげん 1本
・サラダ油 少量
・醤油 少量

作り方

1、白身魚、いんげんは茹でます。茹であがったら、白身魚は細かくほぐし、いんげんは細かい輪切りにします。
2、フライパンにサラダ油を熱し、白身魚といんげんを軽く炒めます。
3、ご飯も入れ、水(小さじ1分量外)、醤油を加え、よく炒めたら完成です。

白身魚の旨味がたっぷり入った炒飯です。野菜は、玉ねぎやねぎ、にんじんなど、別のものを使ってもおいしいですよ。月齢に合わせて軟飯やおかゆを使ってもOKです。醤油の香ばしい香りで食欲がアップしますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

生後10ヶ月の離乳食おすすめレシピ 夕食編

【1】マグロの餡掛け♪~離乳食後期~

材料

・刺身用まぐろ 2切れ
・水 100cc
・酒 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/4
・醤油 小さじ1/4
・片栗粉 小さじ1

作り方

1、刺身を食べやすい大きさに切る
2、鍋に調味料を入れ、沸き始めたら刺身を入れ、色が変わるまで煮る。
3、最後に水溶き片栗粉(水は分量外)でとろみをつけて完成です。

まぐろ以外にもカツオや鯛など、夕食で食べるお刺身から取り分けて、赤ちゃん用に作ってあげるのもいいですね。

赤身のお刺身には鉄分も含まれるので、鉄分を強化したい赤ちゃんには赤身の魚がおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食完了期*ふわふわお好み焼き

材料

・小麦粉 大さじ3
・牛乳(又は水) 大さじ2
・キャベツ等の野菜 適量
・ひきわり納豆 1/2パック
・絹豆腐 30gくらい
・鰹節 ひとつまみ
・青のり ひとつまみ
・納豆のタレor麺つゆ 小さじ1/2くらい

作り方

1、全ての具材をみじん切りにし、根菜など固いものはレンジで加熱する。
2、ボウルに材料を入れ、混ぜ合わせる。
3、フライパンに少量の油をひき、両面焼きあがったら、大さじ2の水を入れ、蒸し焼きにする。
4、水分がなくなったら、食べやすい大きさに切り、青のりとかつお節をトッピングして完成です。

手づかみ食べもできるので、子どもが1人でパクパク食べられるメニューです。米粉を使用すれば、小麦アレルギーの子でも食べられるメニューになりますね。

*レシピでは納豆のタレや麺つゆを使っていますが、離乳食後期には使えません。お醤油を少しだけ垂らすなど、あまり濃い味付けにならないようにしましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】煮物でだし巻き卵

材料

・卵 1個
・かぶの煮物 1/2個分
・ごま油 少々

作り方

1、冷めたかぶの煮物を食べやすく潰す。
2、ほぐした卵とかぶを混ぜる。
3、少量の油を引いたフライパンで十分に火が通るまで焼きます。

卵焼きなので、手づかみ食べもできます。しっかり火を通して食べさせましょう。手軽で大人も一緒に食べられるので、何かもう1品追加したいときにもいいですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食 後期 焼きうどん

材料

・うどん  5~6本位
・玉ねぎ(小) 1/4個
・ピーマン(中) 1/4個
・人参 1/8本
・オリーブオイル 小さじ1/3
・醤油 小さじ1/4

作り方

1、うどんは軽くゆでて食べやすい長さに切っておきます。
2、玉ねぎ、にんじん、ピーマンはみじん切りにします。
3、オリーブオイルで野菜を炒めて、具材に火が通ったらうどんを加えます。
4、最後に醤油を垂らして完成です。

野菜を炒めてから赤ちゃん用を取り分ければ、家族の夕食も同時に作れてとても助かりますね。野菜や麺の種類を変えれば色々なパターンが楽しめます。

味付けは、醤油だけでなくケチャップや味噌を使ってもおいしいです。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】優しいシチュー☆離乳食後期~完了期に!

材料

・にんじん 3cm位 
・コーン 20g
・たまねぎ 1/8個
・ブロッコリー 1房
・かぼちゃ 適量
・バター 10g
・小麦粉 大さじ1.5
・牛乳 200cc
・コンソメ 少々

*コンソメは、赤ちゃん用か無添加のものを使用しましょう。

作り方

1、野菜は一口大に切って茹でます。茹でた野菜は湯切りをして、フライパンでバターと一緒に炒めます。
2、野菜を炒めたら一度火を止めて、小麦粉を入れて全体的に混ざるようにヘラで混ぜ合わせます。
3、弱火で牛乳を少しずつ加えながら丁寧に混ぜ合わせます。
4、とろみが出てきたらコンソメを入れて煮込んで完成です。

離乳食後期になると、家族で同じメニューを囲みながら夕食を楽しめる時間が増えますね。お肉を加えると更に栄養バランスが良くなります。ご飯にもパンにも合うおすすめメニューです。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】*離乳食後期〜幼児食*トマト入りハンバーグ*

材料

*離乳食後期〜幼児食*トマト入りハンバーグ*,生後10ヶ月,離乳食,量出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・豚ひき肉 約50g
・プチトマト 1~2個
・味噌 小さじ1/2
・醤油 少量

作り方

1、プチトマトはヘタを除き角切りにします。
2、ボウルに豚ひき肉を入れてよく混ぜます。粘りが出たら味噌、醤油を入れ混ぜ、1も加えさらによくこねます。
3、2を一口サイズに丸め、少量のサラダ油(分量外)を熱したフライパンに入れて焼いていきます。
4、焼き色が付いたら弱火にして蓋をします。中まで火が通ったら完成です。

子どもたちが大好きなハンバーグの赤ちゃん用レシピです。手づかみで食べることもできますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【7】野菜と牛肉の煮込み(離乳食後期)

材料

野菜と牛肉の煮込み(離乳食後期),生後10ヶ月,離乳食,量出典:hb.afl.rakuten.co.jp

・じゃがいも 1個
・玉ねぎ 1/4個
・にんじん 1/3本
・牛肉切り落とし 30g

作り方

1、じゃがいも、玉ねぎ、にんじんを1センチ角に切ります。
2、鍋に水と1の野菜と牛肉を入れ、柔らかくなるまで煮ます。
3、牛肉を1度取りだし、食べやすいように細かく切ります。
4、器に野菜と牛肉を盛ったら完成です。

牛肉の旨味が染みた煮物です。大人用に肉じゃがを作るときに材料を取り分けて作れるレシピですね。見た目も似ているので赤ちゃんも喜びますよ。ゴロゴロした野菜が噛む練習にピッタリです。

※牛切り落とし肉は脂肪分が多いので、離乳食後期では鶏肉に慣れてから赤身肉を使って調理しましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価をに集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

赤ちゃんが後追いをし始め、ずっとキッチンに立っていられないとき、調理時間の短い簡単レシピを試してみましょう。

手づかみ食べにもどんどん挑戦することで、赤ちゃんは自分で食べる楽しみを発見していきます。食事チェアの下に新聞紙を1枚敷いておけば、食べこぼしをまとめて捨てることができますよ。

遊び食べや好き嫌いでママは悩みが増えてしまいがちですが、みんなが通る道です。気楽に見守りながら、自由に楽しく食べさせてあげましょう!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。