保育園ってそもそも何歳から入園できるの?

赤ちゃんが生後57日以上になってから

生後間もない赤ちゃん,保育園,何歳から,

妊娠中・育休中のママが最初に抱く疑問は「保育園っていつから入園できるの?」ということ。

保育園に入れるのは、赤ちゃんが生後57日以上(生後2ヶ月以上)になってからです。これは労働基準法により、ママは出産翌日から産後8週間は就労できないためです。

ほとんどの保育園は生後57日以上から赤ちゃんの受け入れを行っていますが、中には生後5ヶ月から、生後8ヶ月からと保育開始月齢を定めている保育園もあります。

この理由は園によって異なりますが、安全面を考慮しての理由がほとんど。首がすわってから、腰がすわってからなど具体的な発達状況を示している園もあります。

0歳のうちから保育園を利用したいと思っているママパパは、子どもの出産予定日や誕生日と、希望する保育園の保育開始時期を照らし合わせておく必要がありそうですね。

働くママに朗報?!育休がさらに延長可能に

育休延長にともなうメリット・デメリット

仮に、1歳の時点で保育園への入所ができず育休を延長する場合、次のようなメリット・デメリットが考えられます。

メリット
・子どもと一緒に過ごす時間が増える
・仕事以外の時間が取れる(リフレッシュ・資格の勉強などの自己啓発など)
・比較的体調を崩しやすい時期の預け入れを避けられる
・比較的保育園に入りやすい4月を待てる

デメリット
・保活が長引く
・家計に影響がでる
・子どもと一緒の時間が長くなり、ストレスが溜まることもある
・職場復帰が遅くなるため、仕事についていけなくなることもある
・職場の負担が大きくなることもある

平成29年10月の制度改正により、2歳までの延長が実施されるように

育休延長の認知,保育園,何歳から,

育休は、子どもの1歳の誕生日まで取ることができます。しかし、保育園入園が決まらず子どもの預け先が確保できない、ママパパのやむを得ない事情により子どもを養育するのが困難となった場合、育休を延長することができます。

これまでは、子どもが1歳6ヶ月に達する日前までの延長が可能でしたが、 平成29年10月の制度改正により、さらに2歳に達する日前まで延長することが可能になりました。

しかし、育休を延長しても必ず保育園に入れるという保障はないため、育休を延長したとしても一概に保活に余裕が出るとは言えないでしょう。

もし待機児童となってしまった場合、気を落とすばかりでなく、子どもとの時間を楽しんでみたりキャリアアップの時間に割いたりと、ママ側の気持ちやパパの協力で有意義な育休が取れるのではないでしょうか?

先輩ママパパに聞いた!保育園に入園したのは子どもが何歳の時?

0歳入園が最も多い

子どもの入園時期,保育園,何歳から,

それでは、先輩ママパパはそんな葛藤を抱えながら何歳から保育園に入れることにしたのでしょうか?

コズレ会員に行った保活についての調査で、お子さんが入園した年齢を聞いてみました。結果は、0歳入園が64%、1歳入園が28%、2歳が7%。

やはり0歳から入園させるママパパが多数でした。0歳児枠は年度始めには自然と空くので、早期に職場復帰を目指すママ達にとっては狙いやすい時期のようですね。

実際に、0歳・1歳・2歳それぞれ年齢に入れて良かったこと、反対に大変だったことはどんなことなのでしょうか?

下記では、先輩ママパパから寄せられた体験談をご紹介します。何歳から保育園に入れようかと迷っているママパパはぜひ参考にしてみてくださいね。

0歳で保育園に入れた先輩ママパパの体験談

良かったこと① 人見知りをしない

保育士と赤ちゃん,保育園,何歳から,

「小さい頃からたくさんの人と触れ合うことが出来、人見知りを全然しません。また、お友達と過ごすことで、食事を自分で食べることや、着替えをすること、どんどんと自分で出来ることが増えて行きました。」

良かったこと② 先生に育児の相談ができる

「夫婦ともに実家が遠方でママ友もおらず昼間はほぼ私と子ども2人きりだったのが、お友達や先生など家族以外との関わりが持てるようになったこと。1人目で育児に自信がないので先生に相談できる環境はありがたい。」

良かったこと③ 子どもが泣くことなく仕事に行ける

「0歳児の幼い時期でしたので、本人の自覚がなく、あまり別れる時も泣かずに仕事にいけたのは良かったです。周りにも刺激がたくさんあるのでいい経験にはなります。」

良かったこと④ 社会性が身につく

「幼い頃から年齢の違う園児たちとコミュニケーションをとることで社会性が身につくこと。また、これまでおっぱいしか飲めなかったのがミルクも飲むようになったこと。」

大変だったこと① しょっちゅう体調を崩す

赤ちゃん 熱,保育園,何歳から,

「1ヶ月に一度は熱を出したり体調を崩していたことです。一歳になってからは、体調を崩す頻度がぐっと減りましたが、仕事中は保育園からの電話が来るかもしれないと思い携帯を手放せません。」

大変だったこと② ママと一緒の方がいいのかもと思う

「やはり、子ども本人に負担をかけてしまっているような罪悪感が常にあることです。 家計の事情があるので、仕方ないですが、もっと家で、ゆっくりママと一緒にいた方が幸せなんだろうか。」

大変だったこと③ 生活リズムが崩れる

「大変だったことは、ちょうど後追い、人見知りの時期だったのではじめはかなり泣きました。夜泣きが多くなったり、保育園でうまくお昼寝ができなくて家で夕方に寝てしまったり、リズムが崩れてしまいました。」

1歳で保育園に入れた先輩ママパパの体験談

良かったこと① 元気いっぱいたくさん遊べる

プールに入る幼児,保育園,何歳から,

「5月生まれだったので、一歳3ヶ月のときに0歳クラスに入りました。男子でパワー有り余っていたので、保育園でたくさん遊んで、夏場だったので水あそびも経験して、本当に助かりました。」

良かったこと② トイレトレーニングがすすむ

「家庭ではなかなかできないような遊びや体験をたくさんさせてくれる。集団行動の大切さを学べる。トイレトレーニングや着替えなど、日常生活のことも身につくのが早かった。」

良かったこと③ 言葉や遊びの幅が広がる

「言葉や遊びの幅が広がり、引っ込み思案だった子が活発になった。家では体験できない集団生活の中で、着脱や身の回りの世話、友達との関わりをぐんぐん吸収してくれた。」

大変だったこと① 親と離れるのが大変

泣く幼児,保育園,何歳から,

「1歳過ぎてからの登園だったので、毎日未だに親と離れるのが嫌といい、泣きながら無理やり先生に抱っこしてもらって保育園を出ます。」

大変だったこと② 何度も体調を崩す

「入園後は風邪をもらってきやすく、何度も中耳炎になってしまい、治っては再発を繰り返すので入園後約2年間は耳鼻科へ通うことが多く、薬の服用も多かったです。」

大変だったこと③ 着替えの量が増える

「1歳だとママを認識して人見知りも強いときだったので、別れ際と迎えの時のギャン泣きがすごかったです。ご飯を食べては汚して、遊んでは汚してなので、とにかく着替えの量と外遊び靴の汚れが半端ない。」

2歳で保育園に入れた先輩ママパパの体験談

良かったこと① 笑顔が増えた

ママと子ども,保育園,何歳から,

「成長したこと。笑顔が前よりも増えたこと。 だんだんと喋れるようになったこと。 あそびの範囲がふえたこと。 上手に箸やスプーンやフォークなどを使って食べるようになったこと。」

良かったこと② 手先が器用に、お話も上手になった

「色々な手作りの工作で手先が器用になった。薄着保育の為体が強くなった。言葉を話すのが遅かったのに入所したらあっという間にはなせた」

良かったこと③ 同い年の子とのコミュニケーションが上手になった

「保育園に入れたことでスムーズに 昼間のおむつを卒業でき、また 同い年の子どもたちと生活していく中で 貸してどうぞなどのやり取りが できるようになったこと歌をたくさん 歌えるようになったことなど」

大変だったこと① 朝はドタバタの連続

着替えに苦戦する親子,保育園,何歳から,

「まだ朝起きるのが苦手みたいで起こすのが大変 朝ご飯も食べさせなきゃ 服も着替えさせなきゃと朝がどうしてもバタバタしてしまう。」

大変だったこと② 登園を嫌がり離れるのに苦労した

「親と離れることが理解できる年齢のため 保育園の駐車場に着いただけで察して登園を嫌がってしまう。 はっきり「ヤダ」と言われてしまうと、子どもと離れがたい。」

大変だったこと③ 子どもと離れるのが辛かった

「慣らし保育で、母親と離れたくない息子の泣き顔を見てバイバイをするのがものすごく辛くて、仕事中も息子の事で頭がいっぱいで、帰りの迎えがとても楽しみでした。」

まとめ

先輩ママパパの体験談はいかがだったでしょうか。保育園通園にあたっては、子どものこと、仕事のこと、様々な考慮すべきポイントがあることが分かりました。

これから出産をする、保活の予定があるご家庭は、子育てについてどう考えるか、職場復帰のタイミングをどうするか、子どもとの時間をどのような形で作っていくか、ぜひママパパで話し合ってみてはいかがでしょうか?

もし保育園への入園が今決まらなかったとしても、育休延長期間を有意義に過ごすことがママパパ、子どもにとって大切なことなのかもしれませんね。

※期間:2018年4月11日-4月18日
有効回答数:2759
質問方法:Webアンケート

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。