cozre person 無料登録
講談社

ぼくのともだち おつきさま

ぼくのともだち おつきさま
総合ランキング
-位
商品レビュー
4.33
(3件)

ぼくのともだち おつきさまの書籍情報

発行日
1999年6月30日
希望価格
1,600 円
参考価格
出版社
講談社

ぼくのともだち おつきさまの商品詳細

子どもから大人まで人気の、やさしく美しいファンタジー作品を描く作家アンドレ・ダーハン氏による、友情の物語。夜のまんなかで出会った「きみ」と「ぼく」、「おつきさま」と「主人公」の友情を描いたとても幻想的で素敵な作品です。

内容紹介・読み聞かせのポイント

夜のまんなかに、「ぼく」が漕ぎ出したボートの上を見上げると、三日月のおつきさまが。ふたりはすぐに仲良しになりました。遊んだり、一緒にうたったり、二人は素敵な時間を過ごします。朝がきて、おひさまが現れるとまた新しい出会いが生まれます。その出会いがまたおもしろくて、読んでいるとっても優しい気持ちになれるお話ですよ。独特のタッチと色使いの、やわらかく幻想的な絵もとても魅力的です。5歳頃からおすすめの本です。

ぼくのともだち おつきさまの基本情報

作者(作) アンドレ・ダーハン
作者(文)
作者(絵) アンドレ・ダーハン
作者(訳) きたやまようこ
言語 日本語
ISBN 9784062619882
対象年齢
商品パッケージの寸法 29 x 20 x 1.2 cm
テーマ
特徴・付録

ぼくのともだち おつきさまの新着レビュー

  • 2018/09/12
    avator いーたんまーたんさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後9-11ヶ月
    4
    この本は、知人から頂きました。 まだ小さいですが、あまり年齢を気にせずに読み聞かせをしたいなぁと思っていたので、特に気にはしていませんでしたが、内容がもっと理解できる年齢になったら、子供も楽しいかなと思いました。 詳細を見る
  • 2018/07/17
    avator ちゅん太郎さん この絵本を与えた年齢(月齢):2歳0-5ヶ月
    4
    初めは読んで〜と言いつつ途中で飽きてしまっていました。 でも夜必ず読んで〜とこの本を持ってきて読み聞かせをしていました。 ある時から最後まで読んでいるのを聞けるようになり、今では言葉を暗記したのかお人形や下の子に読み聞かせをしています。 詳細を見る
  • 2018/06/29
    avator aymitkさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳0-5ヶ月
    5
    初めて本を読んで内容はわかってるかわからないけどその日から自分でも絵本を手にするようになり喋れない息子が何を言ってるかわからないけどブツブツ話すようになりました。選んだのはたまたま本屋さんで見つけて目に入り絵本を買ったことなかったのに買おうと思って選びました。 詳細を見る
口コミをもっと見る(3件)