cozre person 無料登録
講談社

おじさんのかさ

おじさんのかさ
総合ランキング
-位
商品レビュー
4.0
(1件)

おじさんのかさの書籍情報

発行日
1992年05月
希望価格
1,400 円
参考価格
出版社
講談社

おじさんのかさの商品詳細

おじさんの傘はとても立派です。真っ黒で大きくてとてもりっぱな傘です。大事にしすぎて、おじさんは雨の日も傘をさしません。公園で休んでいるおじさんのもとに男の子と女の子がやってきて雨の日の歌を歌いだすと、おじさんは楽しくなってきて、初めて傘を広げてみました。雨の日が大好きになるお話です。

内容紹介・読み聞かせのポイント

大事に使わずにいた傘を、子供たちの歌声につられて広げてみると、使うことの大切さや楽しさを感じることができた、というお話です。読み聞かせながら、子供たちの歌も楽しそうにリズムに乗せて歌うのもいいですね。心から大事にしているお気に入りのもの、お子さんにもあると思います。大事にするの大切だけれど、大事にしながらちゃんと使ってあげるのも、物にとって大切なこと。そして自分にとっても大事なこと、と気づかせてくれるかもしれません。

おじさんのかさの基本情報

作者(作) 佐野 洋子
作者(文)
作者(絵) 佐野 洋子
作者(訳)
言語 日本語
ISBN 9784061318809
対象年齢
商品パッケージの寸法 29.8 x 21.4 x 1.2 cm
テーマ
特徴・付録

おじさんのかさの新着レビュー

  • 2018/06/29
    avator ぽっぷこーん3さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後0-2ヶ月
    4
    まだまだ幼いので、絵がシンプルでわかりやすいものがいいと思いました。まだ、擬音語を使ったコミカルなストーリーが面白いと思いました。子供の反応は明確にはなく、ちょっと早いのかなと思います。これから5?6ヶ月になってから読めば、違った反応になると思います。 詳細を見る
口コミをもっと見る(1件)