cozre person 無料登録
講談社

おさるのまいにち

おさるのまいにち
総合ランキング
-位
商品レビュー
3.0
(2件)

おさるのまいにちの書籍情報

発行日
1991年5月16日
希望価格
1,100 円
参考価格
出版社
講談社

おさるのまいにちの商品詳細

1991年発行以降「おさる」のシリーズは大人にも子どもにも人気のロングセラーとなっています。「おさるのまいにち」で描かれるおさるの平穏な毎日とそこに時折飛び込む楽しみを心待ちにする様子は幼児の姿そのもので、大人が読んでもとても可愛らしく映るでしょう。

内容紹介・読み聞かせのポイント

「どうわがいっぱい」シリーズは初めて一人で読む童話というコンセプトで、小学校1年生からと勧められています。ページは多くても文章はとても短いため、幼児への読み聞かせでも十分楽しめまるでしょう。お日様が昇ると目を覚まし、まずはおしっこ。そしてごはんに毛づくろいと平穏な毎日を繰り返すおさるたちですが、時々やってくるウミガメのおじいさんの冒険のお話を心待ちにしています。楽しみにしている様子や、話に聞き入る様子は小さな子どもの姿と重なるでしょう。とてものんびりとした穏やかな気持ちになれる絵本です。

おさるのまいにちの基本情報

作者(作) いとう ひろし
作者(文)
作者(絵) いとう ひろし
作者(訳)
言語 日本語
ISBN 9784061978225
対象年齢
商品パッケージの寸法 21.2 x 15.6 x 1.8 cm
テーマ
特徴・付録

おさるのまいにちの新着レビュー

  • 2018/09/12
    avator みにママさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後6-8ヶ月
    3
    娘が動物に興味が出て来たので選びました。ページをめくるたびじっと見つめ集中していました。本の内容とは別におさるさんの目は、鼻は、口は、しっぽはと指指ししながら教えたり内容を変えて何度か見せました。もう少し大きくなったらまた読んであげたいなと思いました。 詳細を見る
  • 2018/06/29
    avator まっきゅあさん この絵本を与えた年齢(月齢):生後3-5ヶ月
    3
    まだ、早いと思ったけど自分が小さなころに読んだことがあったので懐かしくなり好きな絵本を読みたくなりました。まだ、息子は小さすぎてよくわかってないですがよんであげました。いつか、息子に子ども出来たらよんでもらいたいなと思います。 詳細を見る
口コミをもっと見る(2件)