cozre person 無料登録
講談社

ぞうちゃんのいやいや

ぞうちゃんのいやいや
総合ランキング
-位
商品レビュー
4.5
(2件)

ぞうちゃんのいやいやの書籍情報

発行日
2016年6月8日
希望価格
800 円
参考価格
出版社
講談社

ぞうちゃんのいやいやの商品詳細

言葉を覚え始めた赤ちゃんは、自分の好きなもの、嫌いなものを少しずつ伝えられるようになります。「ぞうちゃんのいやいや」は、そんな時期の赤ちゃんにぴったりの一冊です。ぞうちゃんと一緒に、好きなもの、嫌いなものを言えるかな?

内容紹介・読み聞かせのポイント

ぞうちゃんは赤ちゃんだけど、少ししゃべります。好きなものは「もっかい!」嫌いなものは「いやいや!」。いやいやって言ってたけど、途中で好きになって「もっかい」とゆうときもあります。0〜3歳頃ってそういうことあるある!と、優しい気持ちになれる絵本です。絵本の真似をして、好きなものや嫌いなものが表現できるようになったり、イヤイヤ期と呼ばれる時期に読んでちょっとほっこりした気持ちになったり、楽しみ方はいろいろです。

ぞうちゃんのいやいやの基本情報

作者(作) 三浦 太郎
作者(文)
作者(絵)
作者(訳)
言語 日本語
ISBN 9784061991347
対象年齢 1歳 〜
商品パッケージの寸法 18 x 17.6 x 0.7 cm
テーマ
特徴・付録

ぞうちゃんのいやいやの新着レビュー

  • 2018/08/31
    avator いゆかさん この絵本を与えた年齢(月齢):3歳6-11ヶ月
    4
    子供がぞうさんが大好きなので本屋さんで見付けて読んでみました((((( 'ω'))))) 毎晩、毎晩、同じ本を読んでいるので 今は内容を覚えていて ちょっと違うけと自分で絵本を読んでいます(*´ω`*) 詳細を見る
  • 2018/08/31
    avator ルアナゆきさん この絵本を与えた年齢(月齢):1歳6-11ヶ月
    5
    言葉を覚えてページをめくる度にいったりしている姿がみられた。いとこの誕生日や主人の誕生日があったので、読みました。ときどきですが、「よんでー」と言ってくるので言葉などは気なっている様子。こらからおおきくなっても見れる絵本だと感じました。 詳細を見る
口コミをもっと見る(2件)