cozre person 無料登録
講談社

あしたうちにねこがくるの

あしたうちにねこがくるの
総合ランキング
-位
商品レビュー
3.0
(1件)

あしたうちにねこがくるのの書籍情報

発行日
2000年12月4日
希望価格
1,500 円
参考価格
出版社
講談社

あしたうちにねこがくるのの商品詳細

「リサとガスパール」シリーズの訳書も手掛ける石津ちひろさん作の絵本です。かわいいけれどどこか不気味だったり、おもしろみのあるささめやゆきさんの挿絵と共に主人公になった気持ちで一緒に想像を楽しむことができるでしょう。

内容紹介・読み聞かせのポイント

タイトル通り明日家でねこをもらうことになった主人公の女の子は、楽しみな反面「こんなねこだったらどうしよう」と想像をめぐらせます。おやつを盗むねこ、カメレオンみたいなねこなど、そのどれもがとってもユニーク。次から次におもしろい想像のねこが読者を楽しませます。日常生活でも「こんなだったらどうする?」というママの問いかけが、子どもらしいユニークな発想につながることがあるでしょう。親子の楽しい会話のヒントにもなる絵本です。

あしたうちにねこがくるのの基本情報

作者(作) 石津 ちひろ
作者(文)
作者(絵) ささめや ゆき
作者(訳)
言語 日本語
ISBN 9784061322417
対象年齢
商品パッケージの寸法 25.8 x 21.4 x 1 cm
テーマ どうぶつ家族・生活・友達
特徴・付録

あしたうちにねこがくるのの新着レビュー

  • 2018/08/16
    avator cocoa244さん この絵本を与えた年齢(月齢):生後6-8ヶ月
    3
    動物に興味があるのかじっと見て興味があるように感じました。 お義姉さんが昔好きだった絵本らしく家にたくさんあったのとお義父さん達が買ってきてくれて読ませて見ました。 内容まではまだ理解していないと思うのですが少しずつ絵本に興味を持ってくれそうな感じがしました。 詳細を見る
口コミをもっと見る(1件)