「個人向け国債」とは?

国に一定期間お金を投資するということ

「個人向け国債」とは?,個人向け,教育費,子ども

個人向け国債は、債券の一種で、国が発行しているものです。

債権とは、簡単に言うと、お金を貸して利息をつけて返してもらうという形式の金融商品。つまり、私たちが国に対してお金を貸して、利息を受け取りつつ、期限には貸したお金を返してもらえるので、利息ぶんだけお金が増えて戻ってくるというわけです。

個人向け国債は銀行や証券会社で、1万円から自分で金額を決めて購入できます。ネットから申し込むことも可能です。

現在、「固定3年」「固定5年」「変動10年」の3種類が発行されています。

たとえば、「固定3年」であれば、3年後が満期となり、お金は3年後に戻ってきます。その間、半年ごとに利払いがあり、購入額に応じて利息を受け取れます。

利率(金利)は時期によって変わりますが、「固定3年」「固定5年」は購入時の金利が最後まで変わりません。

発行後1年経過すれば、途中で解約できますが、その場合、直近2回ぶんの利息が差し引かれます。元本は保証されているので、購入額を下回ることはありません。

「個人向け国債」のメリットデメリット

メリット

「個人向け国債」のメリットデメリット,個人向け,教育費,子ども

個人向け国債は、国が発行している債券ということで、安全性が高いことが最大の特徴です。学資保険は、保険会社が破綻するかもしれないというリスクがありますが、国が破綻するリスクはそれより低いでしょう。

また、購入した額は元本として保証されていますし、変動金利の商品でも最低保証があるため、購入したお金が減るということはありません。必ず、購入額に利息をつけた額が手元に戻ってきます(利息からは税金が差し引かれますが、元本を割り込むことはありません)。

デメリット

デメリットを挙げるなら、現在の経済状況では、利率がさほど高くないことです。

最低金利の0.05%での発行が続いており、銀行の普通預金よりは良いと言えますが、ネット定期やキャンペーン金利と比べると負けてしまう場合もあります。

今後、金利が上昇した場合は、また状況が変わります。

そのときは、固定金利の商品は、金利が固定されることもリスクになると言えます。3年または5年の間、固定金利で保有している間に、ほかにもっと高金利の商品が出るかもしれないからです(機会損失のリスクがあります)。一方、変動金利の商品は、購入後に金利が下がるリスクがあることになります。

学資保険との比較

返戻率

学資保険との比較,個人向け,教育費,子ども

現在の個人向け国債の金利は最低金利の0.05%での発行が続いているため、残念ながら、学資保険の返戻率より低いと言えます。

学資保険の返戻率は105%程度。100万円の保険料を払い込んで105万円を受け取ります。

変動10年の個人向け国債を100万円購入しても、金利が0.05%のまま変動しなければ、受け取れる利息の総額は5,000円(税引前)。元本と合わせて100万5,000円ですから、返戻率に直すと100.5%です。実際には課税され、受取額はもう少し低くなりますから、実質的な返戻率はさらに下がります。

利率だけで考えると決して有利な商品ではなく、安全性や、途中解約時に元本割れが起こらない点などを考慮して選ぶべきものだと言えるでしょう。

学資保険代わりに入るなら

学資保険代わりに個人向け国債を利用するなら、どのように使うのが良いでしょうか。

まずは子どもの進路をどうするのか、計画が大事です。もちろん、生まれる前から子ども自身の希望は確認できませんから、ある程度の可能性を把握しておくということです。

たとえば、中学受験するかも、と思ったら、そのための費用(入学金などのほか、学習塾の費用なども)を見越して、子どもが生まれた年に「変動10年」を購入するのはどうでしょうか。子どもが10歳になるときに満期を迎えるので、中学受験に向けての塾代などにあてることができるでしょう。

ここで変動を選ぶのは、今後10年間で金利上昇がある可能性に備えてです。

もし中学受験は取りやめて公立で行くとなれば、満期になったお金で、固定5年などに購入し、大学の費用に備えることができます。最初から高校までオール公立で進むことを考えたとしても、当初の10年は金利上昇に備えて変動にするのがおすすめです。

こんな人におすすめ

まとまったお金があり、お金を減らしたくないと考える人,個人向け,教育費,子ども

個人向け国債は安全性の高い金融商品であることをお伝えしました。途中解約でも元本割れしないため、預貯金と同じような性質のものと考えられます。

預貯金は、積み立てるイメージがありますが、国債ははっきりした満期があるので、まとまったお金があるときに購入するという使い方になるでしょう。少額(たとえば1万円ずつ)で毎月積み立てのように購入することもできますが、その場合、購入した月ごとに満期がくることになります。

解約自由とはいえ、銀行預金ほど気軽に引き出すようなものではないので、やはり、まとまったお金を普段使いの口座からは分けて、必要な時期まで置いておく、という使い方が合っているでしょう。特に、お金が大きく増えなくてもいいので減らしたくない、と考える人には個人向け国債がおすすめできます。

ほとんどリスクをとらずに、投資を始めてみたい人

投資をやってみたいけど、リスクがあるのは怖い、という人は個人向け国債で「投資デビュー」をしてみてはどうでしょうか。

個人向け国債も立派な金融商品の一種です。しかし、そのリスクは非常に低いもの。損をすることがほとんどないとわかっていれば、気軽に購入できます。

ネット証券などに口座を開き、個人向け国債を購入。定期的に利払いがあるのことを体験してみましょう。それまで証券会社になじみがなかった人も、なんとなく、「投資ってこういうものか」というイメージがつくのではないでしょうか。

ネット証券の管理画面の見方や操作に慣れたら、少しずつ株や投資信託の購入に挑戦してみましょう。投資のスタートとして、個人向け国債の購入から始めるというのもひとつの方法です。

困ったらプロに相談

教育資金の準備には、ざまざまな金融商品を活用することができます。今回紹介した個人向け国債もそのひとつですし、定期預金や学資保険を使う方法もあります。

それぞれ特徴が異なりますし、どれかひとつを選ぶというより、組み合わせて利用するのが良いでしょう。どのように活用していくかは、家庭の状況にもよりますから、ファイナンシャルプランナー(FP)などの専門家のアドバイスを取り入れることをおすすめします。

まとめ

個人向け国債についてお伝えしました。名前は聞いたことがあるけど、どういうものかはわからなかった、という人が多かったのではないでしょうか?

最低金利が続く今、特別に有利とは言えない金融商品ですが、その安全性には魅力があります。今、手元にすぐには使わないお金があるという人は、預貯金とは分けて国債を購入し、将来の教育資金を準備されてはいかがでしょうか。

学資保険などと組み合わせて、進路に合わせた資金計画を立てるのも良いでしょう。さまざまな金融商品の特性を理解して、上手に資金準備に役立ててください。(執筆:リキオ)

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード