子育てするならマンション?戸建て?

戸建て派が多数!

子育て世代マンションか戸建てかアンケート,子育て,マンション ,戸建て

コズレ会員の先輩ママパパに「マンションと戸建て、どちらが子育てしやすい?」と、アンケートをとったところ、多くの方が戸建て(一軒家)と回答しています。

やはり広々とした空間で、気持ちにゆとりを持ちながら、子育てしたいと願う方が多いのでしょうか?

しかし、マンションも戸建てもメリットやデメリットはあります。

実際に住んだ経験のある先輩ママパパの意見をチェックしながら、いろいろな方向から検証し、ライフスタイルに合った選択をしたいですね。

マンションのこんなところが子育てに向いている!

子育てに向いているマンションのポイント,子育て,マンション ,戸建て

戸建てにしか住んだことがない人は、「マンションって狭いし、隣や階下の住人に気を遣うのでは?」とネガティブなイメージを持ちがちですが、実はマンションには子育てに向いている点がたくさんあります。

マンションのどんなところが、子育て世帯にとって助かるのでしょうか?新たな視点から見てみましょう!

同年代のお友達ができやすい

マンションは、大規模であればある程、住人の数も多くなるので、必然的に子育て世帯も増えます。同じくらいの年齢の子どもがいる住人は、幼稚園や保育園も一緒になることが多いので、友達になりやすいですよ。

また、マンションの敷地内に公園やキッズルームがある所もあり、そこで同じ住人のママ友やパパ友が出来ることもありますし、住居が近いので、子どもを連れてのランチやお茶にもお互い誘いやすい関係になります。

マンションが一緒だと、確実に小学校校区も一緒になるので、早いうちから仲良くなっておくと今後の情報交換なども可能になり、子どもにとっても親にとっても、とても有り難い存在になります。

ゴミがいつでも捨てられる

マンションによっては、敷地内に住人専用のゴミ置き場がある所があり、365日24時間、好きな時にゴミを捨てにいけます。

ニオイの気になる子どものおむつゴミや生ゴミなどを、地域のゴミ回収日まで待たなくても、いつでも捨てることが出来るので、衛生的にも安心出来ますし、とても便利です。

また、ダンボールやペットボトルゴミなどの、かさばるけれど月に1~2回しか回収して貰えないゴミも捨てに行けるので、部屋の場所を取られることもありません。

ただし、分別ルールなどはマンションによって異なるので、マナーを守ることは大切です。

管理人さんがいる

マンションには、管理人さんが常駐していることが多いです。

万が一、オートロックの部屋の鍵を忘れて外出してしまったり、玄関の外に出た一瞬の隙に子どもがドアの鍵を締めてしまい閉め出されたり…なんてことが起きても、管理人さんがいれば対応してもらえることもあります。

また、管理人さんや管理会社のスタッフがエントランスや廊下などの清掃をしてくれるので、いつもきれいに保たれていて、気持ちが良いです。

不在の際は、荷物や郵便物を預かってくれることもあります。

共働き夫婦であれば、子どもが小学生になり、鍵っ子になった時に、マンションに管理人さんが常駐していれば、何か合った時に頼れるので、留守番させるのに安心度が増しますよね。

ワンフロアなので移動が楽

マンションの部屋は、基本的にワンフロアの間取りなので、室内に階段がありません。

小さい子どもがいる間は、階段にゲートをつけて転落防止に備えたり、毎回抱っこや手をつないで昇り降りをしたりする必要がありますが、ワンフロアであればその必要もありません。

子どものケガのリスクが減ると同時に、室内移動の負担も減ります

また、階段は思っている以上にゴミが溜まりやすく、掃除機を持ち上げながらの日々の掃除も大変なので、その負担もなくなります。

さらに外出時に忘れ物をしたときなど、ワンフロアだとすぐに取りに行けて便利です。

常に人の目がある

これはメリットにもデメリットにも感じる人はいますが、マンションは常に人の目が行き届いているので、良い意味で防犯につながります

不審者がウロウロしていても、管理人さん含め、マンションの住人の誰かが気づくことが出来ますし、早めの通報もしてくれます。

また、万が一子どもが一人で外に出てしまったり、エレベーターに乗ってしまったりしても、居合わせた人が助けてくれる可能性が高いです。

ただ、大きなマンションは世帯数が多いので、全く知らない住人も増えます。何か合った時に助けてもらえるよう、常日頃からマンションの住人と挨拶を交わして顔なじみになっておくこともおすすめです。

マンション派の意見を見てみましょう

avator のの110さん
私の住むマンションは、子育て世代の住民が非常に多く、多少の泣き声や物音があっても、お互い様という気持ちがありあまり気になりません。
特に子どもが小さい内は、戸建てより目に見える範囲で子育てできる室内に段差や階段がなく安全というのも魅力だと思います。

avator でぐでぐ1さん
マンションには同年代の方が多く、子どもも多いので、マンション内で子どものためのイベントが開催できる。
また、親同士で情報交換したり、学校終わりに子ども同士で一緒に帰ったり遊んだりできるので安心感もある。 家族同士の距離が近くなりすぎると大変かもしれない。

avator ゆか174さん
メリットはセキュリティ、ゴミ出し24時間可能
デメリットは下階への騒音、収納に限りがある。

avator あかりんご1717さん
セキュリティがしっかりしていて安心。
エレベーターがついているから荷物が多くても楽

avator りん224さん
家の外の清掃などは管理会社に任せられる。
設備の点検等も管理会社に任せられて安心
ゴミ出しがいつでもできるため、おむつのゴミなどが増えても安心。
オートロックや管理人がいるため、安心
戸建と比べると室内が暖かく、暖房が最低限で良いため、電気代が節約。
同じマンションということで知り合いが出来やすく、何かあった時に安心(2人目出産時に近くのお部屋の方を長男の預け先の候補にしていました。)

戸建てのこんなところが子育てに向いている

子育てに向いている戸建てのポイント,子育て,マンション ,戸建て

「いつかはマイホーム=戸建て」のイメージを持つ人は多いはず。大きな庭や専用の駐車場など、マイホーム戸建てと聞いて思い浮かべるものは人それぞれですね。

では、なぜ多くの人が、結婚や出産で家族が増えると、戸建てに住むことに憧れを持つのでしょうか。戸建てのどんなところが子育てに向いているのか、見てみましょう!

子どものたてる音を気にしなくていい

赤ちゃんや子どもの泣き声は、思っている以上に響くもの。
戸建ては、赤ちゃんが昼夜かまわず泣き続けたり、子どもがかんしゃくを起こして泣き叫んだりしても、<近所から通報されにくく苦情が来ることが少ないという意見が多いです。

特に、赤ちゃんが0歳~1歳のうちは、夜泣きをするのが普通ですが、戸建てであれば夜中に赤ちゃんが泣いてもあまり気にする必要がないので、ママパパのストレスも減ります。

また、マンションでは、「子どもの走る足音がうるさい」と住人から苦情が来た…などのトラブルを耳にします。戸建てであれば、子どもの足音で他の住人から苦情がくるという心配もないです

また、ママパパが働いていて、どちらかの仕事が夜遅い場合でも、ドアの開閉音や生活音で周囲に迷惑をかけることが少ないので安心です。

家の作りを自分好みにできる

戸建てを1から建築家と相談しながら建てたり、注文住宅を建てたりする場合、家の外観や部屋の数、間取りなどを全て自分好みにすることが可能です。

予算にもよりますが、自の理想を詰め込み作り上げた家は、思い入れも倍増します。

キッチンはアイランドキッチンが良い、洗面台やトイレは2つ欲しい、収納は出来るだけ多い方がいいなど、こだわりがある人は戸建てがおすすめです。

子どもの成長に合わせて、部屋数の調整やリフォームすることもできます

家庭によっては、子どもが独り立ちして家を出てから、2階建てを平屋にリフォームしたという例もあり、家の形をその時々のニーズに合わせて変化させることで、一生涯住み続けることも可能です。

エレベーターなどを使わなくても家に入れる

戸建ての場合、自宅専用駐車場を家の前に作ることが出来ます。毎月の駐車場代の支払いも不要で、2台以上の駐車スペースがあれば来客時も便利です。

家からすぐ車に乗り降り出来るので、天候に左右されることもなく、買い物後の重い荷物を持ったまま移動したり、子どもを抱っこしたまま駐車場から家まで歩く必要もありません

マンションは、家にたどり着くまでにエレベーターや階段を使うことが多いですが、ベビーカーや子どもの手をひいてエレベーターに乗るのも階段をのぼるのも一苦労ですよね。

戸建てであれば、階段やエレベータを使うことなくそのまま家に入ることができるので、子どもを抱いていたり荷物が多くても、大変なことはありません。

また、マンション特有の「エレベーターがなかなか来ない」というストレスも無いので、急いでいる朝などにイライラすることもありません。

隣の部屋の騒音に邪魔されない

自分の家族がどんなに生活音に気をつけていても、壁の薄いアパートやマンションに住んでいる場合、隣の部屋や階上・階下の住人の生活音が大きいと、どうしても気になってしまいます。

それがテレビや音楽を爆音で視聴する住人や、深夜でも大声で話す住人だったら、子どもが寝ていても起こされたりと、かなりのストレスにつながります。

騒音による苦情を言いに行って、険悪な関係になることもあります。戸建てであれば、近所の生活音がストレスになることも少なくなるので、特に音に敏感な子どもをお持ちのママパパは、注意しておきましょう。

戸建て派の意見を見てみましょう

avator りか01さん
戸建てなら子どもが夜泣きしたり、走り回ったりしても隣や下の階を気にしなくてもいい
一般的にマンションより部屋数が多いので、自分の部屋を与えやすい。
庭で遊ばせてあげられる

avator ゆき3075さん
収納がたくさんあるため、子どものものが増えても困らない
最近の戸建は密閉がしっかりしているので、窓など閉めれば騒いでも平気。
庭があればそこで遊ぶことができる。

avator けむし。さん
広いので室内でも屋外でものびのび遊ばせることができる
自分たちが子育てしやすいような間取り、動線を考えて家づくりをするのは楽しいですし、思い通りの生活ができます。

avator きり8さん
マンションは階段が無く、目も行きとどく広さで安全面では良いのですが、外でプール遊びや花火など気軽に出来ない部分があります。
また戸建てだと駐車場までが近いので、雨の日も車の乗り降りが楽だと思います。

avator ぎむさん
ベビーカーや、大きな荷物を簡単に玄関に入れられるのは便利。
泣き声を気にすることもないのでストレスがない。

困ったらプロに相談しよう

マイホーム 相談 家族,子育て,マンション ,戸建て

ここまでマンションと戸建てのチェックすべきポイントをご紹介してきましたが、自分の家庭に合っているのはどちらだと感じましたか?

共働きで、駅チカが良いからマンションが良い、子どもが遊べる大きな庭が欲しいから戸建て、など、家庭によって求めるものも違うので、まずは住まいのプロに何がベストかを相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

マンションも戸建ても、子どもを育てるにあたってどちらにも便利な点がたくさんあります。

子どもが何人欲しい?共働き?通勤手段は?ママは運転する?予算はいくら?など、家庭の状況によっても変わってくるので、夫婦で話し合うことが大切です。

ある程度の方向性が決まったら、プロに相談したり、不動産屋サイトで分譲中の土地やマンションを見てみたり、第一歩を踏み出してみましょう。

家探しは、焦って決めてしまうと失敗することも多いですが、タイミングを逃してしまうと二度と巡り会えない物件も多くあるので、周りの意見も参考にしながら、ベストな家を見つけてくださいね!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。