どんなものが家にあると便利?

オープンキッチン イメージ,子育てしやすい家,

自分のお家を「住みやすい家」「居心地が良い家」にしたいことはもちろんですが、それは具体的にどんな家なのでしょうか?

まずは、子どもの事故を防げる、衛生や除菌にも気遣いが行き届いているなどの子どもの安全第一の家であること。

そして、おもちゃなど、子どもの物が増えるので収納が十分で、片付けが楽にできるような部屋も確保したいですよね。

リビングでは…

家族が集うリビングには色々なお悩みがあります。

avator
固くて音がしやすい素材だと、上の子が走る音で赤ちゃんが起きちゃう…

avator
ご近所にも音が聞こえているのでは?

avator
転んだら怪我をしそう!

重要視したいのは、まずは防音であること。早朝でも夜でも構わず走り回る子どもの足音は、思った以上に音がひびきます。

また、子どもが長い時間いるリビングでは、子どもが転んでも痛くない床であることも大事です。できるだけ安全な床を選びたいですね。

キッチンでは…

ママの大切な場所となるキッチン。1日のうちキッチンに立つ時間が多いからこそ、お悩みがつきません。

avator
料理している間も子どもが後追いをしてくる…

avator
料理中も子どもの様子を見たいな。

こんなお悩みを持つ方におすすめなのが対面式のキッチンです。

対面式であれば、子どもがキッチンで料理をしているママを確認することができます。

また、ママは遊んだり勉強したりする子どもの様子を確認し、いつでも声をかけることができます。

対面式キッチンであれば、子どもにもママにも安心ですね。

また、テレビの配置を工夫すれば、ママはテレビを観ながらがらキッチンに立つこともできるので、料理時がより楽しくなりますよ。

玄関周りは…

子どもが小さいうちは、玄関回りのお悩みも色々。

avator
ベビーカーを折りたたまずにそのまま玄関に入れられるといいなあ…

avator
外で遊んだ砂場セットやボールなどは、家に入れずに玄関で保管したいな…

avator
子どもを抱っこして荷物を持った状態だと、ドアの開け閉めも大変…

小さな子どもがいる家庭は、玄関が広いと快適です。

ベビーカーが問題なく通れる幅と、砂場グッズやボールなど遊び道具を保管し置いておけるスペースがあれば便利ですよね。

また、玄関ドアはセンサーキーで開け閉めできると、荷物が多い時もボタンを押すだけなので助かりますね。

車が2台置ける駐車場があれば、来客時も対応できます。さらに、広い庭があれば、家族での過ごし方も充実します。

お風呂場・水回りでは…

毎日使うお風呂場や水回りにもお悩みはたくさん。

avator
子どもと一緒にお風呂に入ると、少し狭いな…

avator
脱衣所が広ければ着替えやすいのだけれども…

avator
赤ちゃんの沐浴をするには、洗面台が狭いかな…

お風呂場は、子どもが複数人いても、家族みんなで入れる広い浴槽が欲しいところ。

広い脱衣所は、子どもたちの着替えもしやすいですね。

洗面所は、子どもが手を洗いやすく、また赤ちゃんのうちは洗面台は沐浴ができるぐらいの大きさがあれば便利ですよ。

トイレは、おまるをおけるスペースがあると衛生的にも安心です。

家全体では…

他にも、重要視したい点に収納の多さがあります。

子どもに触って欲しくない物を入れられるチャイルドロック付きの棚や高い所の鍵付き収納があると理想です。子どもが自分でお片付けしやすい仕様だとより助かります。

また、部屋の日当たりや室温も気になるところ。大きな窓や床暖房などもあると良いです。

安全面・衛生面においては、階段に落下防止柵の設置、常に除菌・殺菌ができるような空気清浄機を設置するスペースも確保したいですね。

マンションの上階に住む場合は、エレベーター必須です。子どもを抱っこした状態でベビーカーや重い買い物袋を階段で運ぶのは大変ですよ。

子育てしやすい間取りは?

小上がり リビングルーム イメージ,子育てしやすい家,

子育てに最適な間取りって、どんな間取りでしょうか。

住みやすさや子育てのしやすさのカギを握るリビングは?快適な睡眠時間を確保するための寝室は?

子どもの成長に合わせて変化させることができる間取りが理想ですが、具体的にはどんな部屋があれば良いのでしょうか。

リビング中心の生活

子育て世代には、広めのリビングに和室やキッズスペースが隣接している間取りが人気です。

リビングに十分なスペースがあれば、床が傷つかないためのプレイマットや、日中寝かせておけるベビーベッドを置くことが可能です。

また、リビングを通って子供部屋に入る導線は、子どもの帰宅後に顔を確認できると高評価です。

部屋数は家族や成長に応じて

部屋数は、家族の人数プラス1部屋という間取りが人気です。

余った部屋は納戸や物置、客間として使用可能です。

子供部屋は子どもが小さいうちは広々と使い、大きくなったら仕切りで分け、プライベート空間を作るなど、成長に合わせて変化させることで快適な間取りとなりますよ。

寝室は赤ちゃんに配慮

寝室はそれぞれの家庭の生活スタイルによってベストな形が様々です。

子どもが赤ちゃんのうちは、夜泣きも多いので、夫婦やきょうだいの寝室を別にしたほうが良いという意見や、夫婦一緒に夜泣き対応できるので、家族で川の字に就寝、ベビーベッドを大人のベッドの横に置くほうが良いという意見もあります。

いずれにせよ、ベビーベッドや大きなベッドを置くゆとりのあるスペースがあると、状況に合わせて使い勝手の良い空間に変更可能です。

何が近くにあると子育てしやすい?

子育て世代にうれしい施設,子育てしやすい家,

住む町や地域を決める際、子連れファミリーが最も重要視すべき「近くにある施設」は何でしょうか。

スーパー?コンビニ?小学校?いろいろ浮かびますが、一番近くにあって助かるのは「子どもを診てもらえる病院」という意見も。

子連れで気軽におでかけできて、将来的にも安心するためには、家の周りに何があれば便利なのでしょうか。

病院・医療施設

一概に病院と言っても、小児科クリニックから総合病院までいろいろありますが、近所にかかりつけの小児科や内科があると良いですね。予防接種や風邪などの軽い病気でもすぐに診てもらえると安心です。

また、子どもによっては、皮膚科や呼吸器内科に頻繁に通う場合もあります。

さらに、夜中に高熱が出た場合や怪我をしてしまった時のために、救急病院があるどうか確認しておくと良いでしょう。

子ども・育児関連施設

ママ友作りや情報交換の場として最適なのが、地域の児童館や子育て支援センターです。

近所にあれば、雨の日などでも行きやすく、万が一子どもがグズってもすぐに帰宅できるので便利です。

また、保育園、幼稚園はもちろんのこと、将来を見据えて小学校や中学校の校区をしっかりチェックしておけば、安心して子育てを進められますよ。

ショッピング関連施設

小さい子どもを連れての買い物は本当に大変。雨の日は、ベビーカーを使うのも子どもの手を引いて歩くのも一苦労です。

また、近所に用途別に使い分けられる買い物施設があれば便利ですよ。

・スーパーマーケット
毎回まとめ買いする必要もなく、買い忘れがあってもすぐ買いに行けるので便利です。


・ドラッグストア
おむつや粉ミルクなどを気軽に買いに行ける場所として重宝します。

・デパート
お祝いやお礼などの上質な品物が買える上に、食料品売場もあるので近くにあるとうれしいですね。

・コンビニ
食材や生活用品の買い足しはもちろん、公共料金の支払いや宅配便の手配もできる上に、銀行口座のATMもあるので、お金の入出金もできて安心ですね。

レジャー施設

毎週末、家族でおでかけするのは楽しいけれど、毎回だと大変ですよね。

そんな時、近くに海や山、大きな公園があると、気軽にピクニックやアウトドア遊びを楽しめるので助かります。

子どもが小学生になると、一人で公園などに遊びに行くこともありますが、家の近くであれば帰り道の心配も軽減します。

どんな場所に家があると子育てしやすい?

子育てしやすい場所の選び方,子育てしやすい家,

家の周りの店や施設も気になりますが、地図上ではどんな場所に住めば子育てがしやすいのでしょうか。

災害の多い日本では、子どもが小さいと避難するのも一苦労です。やはり災害が少ない地域に住みたいという人も多いはず。

他にも住む場所を決める際、家族のためにどんな点を気にしたほうが良いのか、詳しく見ていきましょう。

子育て世帯が多く住んでいる場所

子育て中のママパパにとって、ママ友・パパ友、そして子ども自身のお友達は、とても大切な存在となります。

できるだけ友達をたくさん作るためには、子どもが多い地域に住むのが1番です。お友達が多いと、万が一の時に助け合うこともできて安心です。

また、子どもにとっても小さい頃からよく知る幼なじみがいると、将来的にもうれしいですよね。

災害が少ない場所

いまや災害大国と言われている日本。できる限り災害の少ない地域に住みたいですね。

津波や川の氾濫による水害ができる限り少なく、地震が起きても土砂崩れなどの被害に遭わないような場所がおすすめです。

また、特に木造住宅が立ち並ぶ住宅密集地は、火災発生時に引火の心配もあります。

住もうと検討している地域の災害歴や地盤調査もしておくと安心です。

治安が良い場所

最近は子どもが被害にあう事件や事故が多く、子育て世帯には心配が尽きません。そこで治安の良い地域に住んでおけば、少しでも事件や事故のリスクを減らすことは可能です。

また、都心部は交通事故や人口の多さから、不審者事件も多いです。しかし田舎は、人が少ない分周囲の目が届かず子どもが狙われやすいというデメリットもあります。

都会すぎず田舎すぎない場所が理想ですね。

車通りが少ない場所

子どもは急に車道に飛び出したり、よそ見をして歩いたりと、とにかく危険がいっぱい。車通りの多い地域に住むと、小学生になっても、1人で歩かせるのは心配です。

家の周りや通学路は、できるだけ車通りが少なく、車道と歩道が分かれている道が安心です。また、歩道が広いと、ベビーカーでも歩きやすいので楽です。

実家との距離はどのくらいがいい?

孫と祖父母,子育てしやすい家,

住む場所で必ず議論に持ち上がるのが、「実家・義実家との距離感」です。

これは、それぞれの家庭の実家との関係性によっても意見が異なるので一概に「こうした方がいい」という指標はありませんが、一般的な意見はどんなものがあるのでしょうか。

近い派、離れてる派に分かれる

「同居まではしたくないけど、実家と近いほうがいい」という人の多くは、車で5分~10分程度の距離感を理想としています。

「近くに住むぐらいなら、サザエさん一家のように、3世代にわたって皆で住んだほうが便利なのでは」という意見もありますが、同居絶対反対派の意見も多くあるので、夫婦でしっかり話し合うのが良いでしょう。

両親や義理両親が健康で関係が良ければ、近くにいると子育ての最強サポーターになってくれるので心強いですよ。

そのほかの理想の家って?

子育て世代の理想の家のポイント,子育てしやすい家,

いろいろと子育てしやすい家のポイントをお伝えしてきましたが、家族が安心して楽しく暮らせる理想の家に近づけるために、どんなことを気にした方が良いのでしょうか。

会社に近い

最近は共働き夫婦が増えているので、会社と家の距離が遠すぎない場所に住むほうが便利とされています。

特に、子どもの感染症や発熱で保育園や幼稚園からお迎え要請が来た時に、家と会社と園の距離が近いと負担が減りますね。

また、災害時もすぐに帰れた方が、子どもにとっても親と離れず済むので安心です。

子育てにやさしい自治体

住んでいる地域の自治体が子育て世帯に理解があり、育児のサポート体制が充実していると安心です。

地域によっては出産時にお祝い金が貰えたり、保育園や幼稚園の負担額が安かったりと、そこに住んでいなければ受けられない恩恵がたくさんあります。

そういった地域は、自然と子育て世帯も多くなるので、住みやすい環境と言えますよ。

頼れる仲間がいる

近所に頼れる親族を始め、ママ友や知り合いがいると、万が一何かあった時に助けを求めることができます。

また、住み始めは知り合いが全くいなくても、児童館や支援センターなど子育てサービスが充実していると、そこに行くことで、ママ友・パパ友もできるので安心です。

「子育てしやすい家」の理想をかなえるなら?

理想の住まいを相談してみませんか?

住まいの相談 家族,子育てしやすい家,

今住んでいる地域や家に満足していても、子どもが産まれて成長していくと、どうしても不都合な点が出てくるものです。

では、子育てに合う家に引っ越そう!と考えた時、せっかくならマイホームを買って落ち着きたいという人も多いですよね。

賃貸ではなく、マイホームだからこそ、自分の理想に近づけることがたくさんあります。

「でも、自分たちの理想がイマイチ分からない…」という人は、まずは、理想の住まいがどんなものか、プロに相談してみることから始めてみませんか?

まとめ

「理想の家」の形は家庭によって様々で、子どもの数や、子どもの年齢によっても変化していきます。まずは、しっかり下調べをして住みやすい地域を探すことはもちろん、子どもが大きくなるにつれて家の中を柔軟に変化させることが可能な家を目指すといいですね。

それはやはり、注文住宅など自分で間取りを決められる家でこそ叶えられます。夫婦でこれからの将来設計を立てるにあたり、ぜひマイホームについても話し合ってみましょう。理想の家づくりは、理想の家族づくりに繋がる大切な役割を担ってくれますよ!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。