Q.育児や家事の合間の息抜き方法を教えてください!

生後9ヶ月~11ヶ月のお子さんをお持ちのママさんにお聞きします!伝い歩きができるようになったり、後追いが始まったりで、トイレに行くのもひとりになれずで息がつまってしまいます。ちょっとしたことでもかまわないので、工夫していることがあったら教えてください。




PA,生後9~11ヶ月,ママの息抜きについて,

A.旦那に預けて、カフェや買い物に出かけました!

匿名さん

月に1回、または2ヶ月に1回は旦那に3時間程度見てもらい、カフェに行ったり買い物に行って息抜きをしていました。

その時に、溜まっていた写真を整理したり、ほっとひと息つける時間となり有意義に過ごせました。少しの時間ですが子どもと離れることで、帰ってから優しくなれたり、旦那にも感謝の気持ちが生まれ、みんなにとっていい時間になったと思います。

また、旦那にとっても子どもと2人で過ごす時間は貴重で、一人で見れたという自信にも繋がるようでした。

編集部からのコメント

今回は、「旦那さんに預けて、カフェや買い物に出かけました!」という先輩ママの回答をピックアップしてみました!

ママ自身は息抜きができて、旦那さんにとっては育児への自信につながったとのこと。お子さんにとっても、パパと二人で過ごす時間は貴重ですよね。

ご家族みんなが「いつもとは、ちょっと違う時間」を過ごせるのは、いい息抜きになりますよね♪

この他にも、「赤ちゃんのお世話をしながら出来る、息抜きの方法」「旦那さんや家族に協力してもらう息抜きの方法」と、それぞれの息抜き方法を教えてくれましたよ!

ぜひ、参考にしてたまには、ほっと一息ついてみてはいかがでしょうか?

A.赤ちゃんのお世話をしながらできる室内での息抜き方法

らんらむさん

赤ちゃんがいる状況でなので気休めに近いのですが、毎日あえて赤ちゃんと自分のおやつタイムを設けています。

まだおやつが必要ない時期なのですが、手づかみできるおやきやさつまいもやバナナなど補完食としてのおやつをあげてそれに集中させます。それと同時に自分も好きなお菓子とカフェオレを用意して子どもを見守りつつリラックスしておやつを楽しんでいます。

おやつはひっくり返しても何をしてもひとまず自分のおやつを優先させて全て終わってから対応してます。

1日のうちにその時間がある予定を立てておくだけでその時間まで頑張ろうと思えたりするのでもし出来そうならおすすめです。


匿名さん

後追いはあまりなかったので参考になるかわかりませんが、専業主婦で基本息子と2人だったので話し相手がいなく、電話もあまり好きではなかったので、私は音楽を流していました。

途中から音楽を題材とした海外ドラマにハマり、泣いてる息子を抱っこしながら踊ったり、英語は出来ませんが雰囲気で歌ったりして気持ちを盛り上げました。

学園ドラマでしたが大人になっても共感出来たり懐かしめたりできるドラマだったので内容が気になる時は吹き替えにしたりして、家事や子育てをやりながらでも見れるようにしていました。

その時はただ楽しくドラマを流してるという感覚でしたが、あの時あのドラマのおかげで助けられたな?と今は思います。

そのせいか?息子は音楽が好きになって今では私の好きな曲を一緒に聴いたりしています。


ハナ&ツキさん

子どもが寝ている時に好きなドラマや映画を見たり、旦那さんや子どもは知らない間に普段、買わないお菓子を買っておいてそれを食べながらのんびりして息抜きしていました。

今でも時々、やっていますが、気分転換にはなります。


匿名さん

ウーバーイーツで、ランチやおやつに自分の好きなご飯やスイーツを頼んで、子どもがお昼寝をしている時に好きなコーヒーや紅茶を入れて、暖かいものを暖かいうちに邪魔されずにゆっくり食べる。

子どもがいると食べられない辛いもの、エスニック系、麺類などがおすすめです。


あちころ?さん

スマホで育児漫画を読み漁る!
インスタグラムによくあるのでそれを開いた時間に読んでます。

ためになるものや共感できるもの、少し笑えるものがあって子どもや旦那に少しイライラしてても吹き飛びます。

なかなかまとまった時間が取れないのでスマホで楽しめるのがとても良いです


匿名さん

寝てる間に趣味をしたり、好きな事をするのが個人的にいい息抜きになってると思う。

お金もかからないし、食事も家にある物で摂れば余計なお金もかからないし、何より家にいて好きな事が出来るのがストレスもなく楽。


匿名さん

まだまだ、まとまって昼寝をしてくれる時期なので、その時間を息抜きに当てていました。

昼寝の時間を家事に使わなくて済むように工夫しました。食事は、常備菜をつくりおきし、サラダは大量に作って保存容器に入れました。

メインを魚にするか肉にするか曜日ごとに決め、干物を焼くだけにしたり刺身にしたり、肉は週末に下味を付けてから冷凍し、焼くだけにしたりしました。

これらをワンプレートに盛り付けます。味噌汁は乾物と味噌と出汁を混ぜたものをラップで丸めて冷凍し、具材の野菜も週末に切って1日分ごとにポリ袋に入れ冷凍しました。鍋に水を入れて味噌と具を入れれば沸騰する頃には出来上がります。この工程なら15分あれば夕飯が出来上がるので、子どもが昼寝から目を覚ましてからの準備で間に合いました。

肝心の昼寝中には、裁縫や刺繍を楽しみました。子ども服は布も少なく縫い方も簡単なものが多く、出来上がったときの達成感がありました。

また、子どもが起きている時に手形足形を取っておいて、昼寝中に手形足形アートにするのも楽しかったです。出来上がった作品には身長と体重を記入して毎月玄関に飾りました。達成感もあり、子どもの成長記録にもなり一石二鳥でした。


あやっぺ2113さん

9ヶ月にもなると色んなことに興味を示します。後追いもひどく大変なのですが一人遊びを少しずつできるようになります。

なので、Eテレをつけてあげたり童謡を流したり好きなおもちゃで遊ばせたりするとご機嫌なときは結構遊んでくれます。

一緒に絵本を読んだり歌ったり。お昼寝の間は家事は一旦休憩して一緒に横になったり、撮りためたドラマやバラエティをみたりして息抜きしています。


匿名さん

午前中は外へお散歩に行き、午後はお昼寝の時間に好きなドラマを一本見ていました。

この頃になるとお昼寝を2時間程まとめてしてくれたのでドラマを見ながら甘いものを食べて息抜きをしていました。

お昼寝をしてくれない時でもドラマを見ながらベビーマッサージをして時々目線を子どもにうつして声をかけたり微笑みかけたりしていました。


匿名さん

私は昼寝の時間に自分のしたい事を存分にやっていました。

起きている時間は転倒や誤飲の心配や後追いもあり中々1人にはなれませんでした、、。その代わり旦那が帰ってきたら旦那と息子が一緒にお風呂に入るのでその時間や入浴中に少し長風呂をして好きな音楽を聞いています!


匿名さん

簡単にできるパンやお菓子を作って息抜きしていました。

昔は手ごねで時間をかけてつくっていたけれど、赤ちゃんが産まれてからは、ホームベーカリーに生地作りを任せたり、手抜きレシピを動画サイトで調べて時短で楽しめるようにしました。

子どもには100均の小さいボウルやおたまを用意して、遊ばせながら作っていました。
自分で作ったものだと安心して一緒に食べられるし、子どもが少し大きくなってからはお手伝いをしてくれるようになりました。


匿名さん

おんぶ紐でおんぶしながら好きな曲をかけて家事!その間に寝てくれたら寝かせて自分の時間に使ってました!

逆にもう少しおっきくなってくると後追いさせてトイレとかも着いてきたのでここはおしっこするところって覚えるのが早かったです!


saki.happyさん

9ヶ月に入ると1人で遊ぶようになり、1つのものに少しの時間なら熱中するようになりました。

少しとはほんの数分ですが、その間にトイレを済ませたり、冷蔵庫の中から飲み物やお菓子を取ったりしました。

また、抱っこ紐を使って寝かせて、寝ている間に録画したドラマを観ることがリフレッシュになっていました。


ちゃんさやさん

私はほぼ週7ひとりでみていたので、なかなか1人になる時間は思い返すと全くありませんでした。

10分1人になるだけでも楽だったのを思い出しました。その10分も取れなかった私がしていた息抜き方法は子どもが寝た時間を存分に自分に使う事です。

疲れていたら一緒に寝るし、余裕があったらけーたいをいじったり、本を読んだり、動画を見たり。昼寝をしたらあれをしよう、今日の夜は寝かせたらこれをしよう…そう考えるだけでも頑張れました。


えりすぴーすさん

支援センターを利用してました!

同じ年齢ぐらいのお子さんや、少し上のお子さんがいるので成長過程を見ることができたり、支援センターの先生方や親御さん達とお話しできることでかなりの息抜きになりました!

子どももいつもと違うおもちゃに喜んでいたり家で過ごすより刺激が多くてよかったです。


匿名さん

新生児の時ほど手がかからないので、助かっています。トイレに行くときは声をかけたり、こどもがすぐ見える位置に移動するなどを心がけています。

それからは、後追いをあまりしなくなりました。息抜きの方法としては、こどもがお昼寝するときは、自分も少し仮眠をとることが大事だと思います。


匿名さん

歌番組を見ながら歌う。

後追いをネガティブに捉えないように、どこまで気づかれないで移動できるかチャレンジにする。

目をつぶる。

トイレについてくるのは後のトイトレの前段階だと思ってトイレに慣れさせる為と割り切る。


ロツさん

家で子どもと戯れあいながらゴロゴロしたりストレッチをして息抜きしてます。

他には歌を歌ったり、くすぐりあったり、子どもの声を真似て私も一緒に声を出したりしています。

子どもの記録帳には自分の気持ちを書き留めて思っていることを吐き出しています。


匿名さん

9ヶ月くらいになると寝る時間が長くなるのでその間に好きなDVDを見たりしていました。
ストレッチなど軽い運動もしていました。

トイレは危なくないのを確認してリビングのドアを閉めて急いでしていました。

料理は泣いたらおんぶしてしていました


匿名さん

目が離せなくなる時期は本当に息が詰まりそうになりますよね。でも、四六時中赤ちゃんを見張ってなくてもいいと私はいいと思います。

トイレまで後追いをしてきたら、お膝に乗せてあげればいいと思いますし、日中赤ちゃんと二人なら、(ちょっと恥ずかしいですが…)ドアを開けっぱなしでもいいと思います。

赤ちゃんのおやつタイムにはママも一緒におやつタイム。たまにはちょっと贅沢なデザートなどを買っておいて、一緒のおやつタイムに食べるなどするといいと思います。

赤ちゃんのお昼寝タイムにはたまった家事もしたくなりますが、ゆっくり座って映画やドラマを見るのもいいと思います。


A.赤ちゃんのお世話をしながらできる屋外での息抜き方法

oui110さん

ずばり買い物です!

この頃はまだ歩けなかったのでベビーカーか抱っこ紐ですが、体もしっかりしてきて、おやつも食べられ始める時期なので、おやつ、飲み物を持ち歩きさえしていれば結構な時間グズらずに行動することができていました。


まやさん

地域の子育て支援センターに出掛けていました。おうちにいると狭い空間でなにやら悪さをして楽しんでいるので、それならば広くてたくさんおもちゃもある方が子どもも楽しいのでは?と思い出掛けてみました。

子どもはもちろんたくさん動いたり遊んだりで楽しんでいました。曜日毎に絵本の読み聞かせをしてくれたり、月に何度かリズム遊びや子育て相談などもありました。

更に同じくらいのお子さんをお持ちの親御さんもいるので、情報交換をしたり、大変な事などのお話しをしたりする事で『わかるー!』『うちもー!』などと共感してもらうだけで、なんとなく気持ちが楽になりました。

トイレに行くのも大変!というのはパパにはわからない事で、その気持ちを理解してくれるのは同じ現状にいるママたちかと思います。

親子共にリフレッシュ出来ると思いますので、気になっている方はおでかけになってもいいのではと思います。


二モさん

わたしも後追い時期が酷く、息が詰まりそうになっていた事がありました。

そんな時に市役所の方から支援センターを薦められ、あらかじめ人の少ない時間帯を伺い1度短時間だけでもと思い行ってみました。

すると子どもも家にない珍しいおもちゃや優しい先生達に夢中になり、私なんて見向きもせず遊んでくれていました。その間、先生や他のママさんと話が出来たり、少しボーッと出来る時間が持てました。

そして、遊んだ後は家に帰ったら疲れて寝てくれたのでその時間も1人の時間になりました。かなり気が楽になりました。ぜひやって欲しいです。


匿名さん

支援センターなどに行き、近い月齢のママや先生と話したり愚痴を聞いてもらったりして過ごしていました。

子どもは遊んでもらえてうれしいし、適度に疲れるためお昼寝や夜もぐっすり寝てくれます。

また、子どもと2人きりだと煮詰まってしまっても、似たような人が周りにいれば何となく気分転換にもなります。


むぎままんさん

子連れOKのエアロビクスに参加しました!

参加者は、だいたい同じ年齢の子どもがいる人達ですので、話も合いますし、子どもも音楽が楽しいのかノリノリで踊っていて、見ているこっちも楽しかったです。

そして、体を動かすことで息抜きにもなったので、母子共に楽しい場所だったなと感じました!


なりままさん

たくさん動くようになると、目が離せなくて大変ですよね。私は家の中に居ると危ない物や場所もあったり、ずっと子どもと2人で居るとかわいい我が子でも息が詰まって大変な時もあるので、なるべく地域の支援センターや子どもが遊べる施設に行くようにしていました。

子ども達が安全に遊べるように出来ているし、家に居るよりも広いので子どもものびのび遊べます。ほかのママさん達や先生と少しお話することも、息抜きになると思います。


匿名さん

わたしは同級生ベビーが多かったので、ママ友と子連れでも安心できる場所で
ランチしたり子どもが遊べる場所へ、一緒に行ったりして息抜きしました。

同じ悩みを共有したり、先輩ママにいろいろ教えてもらったり、ストレス発散にもなりました。


ぽんす777さん

生後3ヶ月頃から近くの子育てサロンによく参加をしていました。
小さい頃から行っていたので後追いや人見知りもない子だったのですが、11ヶ月頃には歩き始め活発な子だったのでサロンに連れていくだけでも息抜きになりました。

また同じ月齢の子や少し大きめの子もたくさん来ていたので話しをしたり、時には公園に行ったりご飯をしたりできました。

ずっと子どもと家でこもっているより、子どもも親もストレス発散になるし情報交換もできるのでおすすめです。


m-miさん

ちょうど気候のよい時期だったので、自宅近くの植物園に毎日通ってお昼やおやつを外で食べて過ごしていました。

しばらく散歩するとこどもが眠くなってくるので、そのままベビーカーで寝かしつけ、一時間ほど外でのんびり読書タイムしていました。


A.パパに協力してもらって行う息抜き方法

Belle.さん

子どもはママだけではなく、ママとパパ二人の子どもです。かわいい我が子でも、四六時中一緒に居るとなるとまた感覚も変わってきますよね。

なので私はパパの仕事が休みの日に、子どもを連れて公園へ行くようにお願いをしてました。

その間こちらは寝たり、おやつを食べてみたり、美容院へ行ってみたり。その時々でやる事は違っていたし、むしろ普段と変わらず自分だけの時間なのにスーパーに行った事もあったけど、子ども無しでサクサク一人で身軽に行動をとれたので息抜きに繋がりました。


coreさん

パパに午後から寝かしつけまでお願いし、私は息抜きにショッピングに行ったり、友達とご飯を食べに行ったりしました。

生後からパパに少しでも慣れるように、少しずつパパと過ごす時間を長くし、パパも子育てに慣れるようにいろいろと伝えていました。

おむつ替えや食事、外遊び、家での遊び、昼寝、お風呂など子育てはたくさんですが、パパもできるようになると安心せて任せられるようになり、外出も楽しく息抜きになります。


Bi-PaRaさん

平日はなかなか難しいですが、パパがお休みの時には、午前中の3時間ぐらい少し1人だけの時間を作っています。

どこかに出かけてもいいですが、私は子どもが心配なので、家にいます。家では、ゆっくりお茶を飲んだり、趣味が裁縫なので、趣味の時間を楽しんでいます。


匿名さん

娘が9ヶ月までは離れる事すら不安で毎日一緒にいたのですが、やっぱり一人でパパの帰りを待ちながら面倒をみていると一人で色々考えてしまったり毎日同じ事の繰り返しで頭がいっぱいいっぱいになっている事もありました。

友達に誘われて1年以上ぶりに呑みに行く機会があり、親とパパにお願いして2時間友達と遊びに行く予定が決まりました。

2時間という時間、娘の事が心配で連絡いれたりもしたのですが、家に帰って娘の寝顔を見たらいつも以上に愛らしくかわいいく見えて息抜きとても大切だなと思いました。


匿名さん

週中はどうしても離れられないため、土日に一人で好きなことをさせてもらう時間を作ってもらいました。

一人っきりで料理したり、本を読んだり、ゲームや美容院、とにかく一人にしてもらいました。

24時間一緒に入れる幸せもありますが、やっぱり一人の人間なので、自分の用事などを自分のペースで済ませられるのはとてもいい時間でした。


まゆしぃ1213さん

夜勤の旦那で休みの日以外はワンオペ状態でしたが、旦那の休みの日のお風呂は旦那が子どもを入れてくれてお風呂もゆっくり1人で入って息抜きをしていました。

歯磨きやら寝かしつけもその日はしてくれて子どもが寝た後に買ってきたアイスを食べるのがとっても良かったです!


あっぷるうさぎさん

私は後追いして来ないようにトイレ前には大好きなおもちゃで遊ばせてママから気が逸れてる間にササっと、後追いしてきても追いつかれるまでにトイレは済ませたり、長くなる時は昼寝の間に入ったりしていました。

それでも1人になりたい時はパパが帰ってきてから、寝かしつけしたあとに夜遅くにスーパーに買い物に行っていました。

もうすぐ2歳でやっぱりトイレについてくる時がありますが『お腹痛いから外で待ってて』と話して待っててもらいます。また戻ってくることも多いですけど、一旦は出てくれます。


ajdgwさん

産む前から旦那と約束していたことが、まつげエクステ、ネイルに通わせてもらうことです。

お金はかかりますが。。。美容室も好きなときに行かせてもらっています。産むまえに約束しておいてよかったなーっておもいました。


えみちゃいさん

後追いがひどくなっていたころ、どこへ行くにもついてきて、姿が見えなくなると泣くので、大変でしたが、夫に協力してもらって、泣かないようにみてもらいました。

あとは新しいおもちゃや、興味のある物で遊ばせることで少し息抜きできました。


匿名さん

夫に協力してもらい、美容室に行きました!

予約日は数週間後にして、心の準備をしてもらい、当日も食事の準備などを万端にして夫に頼んで行ってきました。

夫と子ども二人だけで大丈夫か不安な気持ちもありましたが、数時間、特に困ることもなく過ごせたようで全く連絡もなく、私は美容室でのんびりひとりの時間を満喫し、産後の抜け毛でぐちゃぐちゃだった髪もスッキリキレイになり、本当にストレス発散になりました!

やはり、一人の時間を作ってもらえるのはスッキリします。


匿名さん

赤ちゃんの動ける範囲も広がり、ますます目が離せなくなる時期ですよね。私がその頃に行っていた息抜きは、ずばり「夫に子どもを預けて1人で外出すること」です。

これには、夫に育児に参加して事前に慣れておいてもらう方がいいのですが、月齢も大きくなり、夫への負担が少なくなってくる頃なので預けて外出しやすいかなと思います。

1人での外出はかなり気晴らしになるのでおすすめですし、夫にも普段の育児の大変さを実感してもらえるので一石二鳥です。


匿名さん

パパに協力してもらって、ママ友や友人と夜にカラオケやごはんを食べに行きました。

普段は夜に出かけることなんてないので、おしゃれして出かけるだけでいい息抜きになりました。

そして、少し離れただけなのに我が子が恋しくなっている自分がいました。


ゆんぴょうさん

平日はほぼワンオペになってますが、土日休みのパパが最近になってようやく息抜きさせてくれます(笑)

何よりも娘が伝い歩きを始めたり、表情が増えたり、ギャン泣きする回数が減ったなどと扱いやすくなったからみたいで。

映画館は子ども連れでは難しいのでパパに娘を預けて1人で映画館(ポップコーン付き)で息抜きしたり、そのまま街中で化粧品のタッチアップしたりと楽しんでます。


匿名さん

私の場合はテニスが趣味なので、この2時間は外出するから、みててね!と旦那に言ってテニスに出かけます!

泣かれることもありますが、旦那も協力的なので帰って来た時には泣き止んで旦那と遊んでいます!

後追いなど始まるとなんでママばっかり…と思ってしまいますが…居なくなって旦那に預けてみたら、旦那と一緒に遊んでいるので、私が居ない方が旦那と遊ぶ事が増えると思って、テニスに出掛けてます。


A.家族に協力してもらって行う息抜き方法

匿名さん

ママは、どうしても赤ちゃんと2人で向き合う時間が誰よりも多くなります。

天使でかわいくて愛しいのに、ママの状態が優れていないとイライラ当たってしまうこともあるので預けられる場所があるならママのためにも赤ちゃんのためにも預けて、日頃赤ちゃん連れでは行けないとこに行って発散することは大切な時間だと思います。

私はカラオケに行きたくなります!


匿名さん

私の両親と夫の両親が近くに住んでいるので、少し息抜きしたいなと思った時や、体調が優れない時などに、どちらかの両親に頼んでいました。

また、いとこも近くにいたので今日見ててあげるよと言ってくれた時など半日だけと預けさせてもらってました


kaaaaae12さん

義理の母がすごく近くにいてほぼ同居みたいな感じなので、3時間くらい預けてゆっくり自分のことをしたりしています。

美容院や接骨院に行きたい時は旦那に頼んでもらって一緒にいったりして息抜きしています。

近くにいることでストレスも溜まるけど、いいように使って自分も楽になるようにしないとな!っておもいます。


匿名さん

私は自分の実家が車で10分の距離にあるので息抜きしたいときは親に預けて部屋の掃除を一気にします!!

またまつげエクステなどして自分の気分も変えております。やっぱりするだけでもだいぶ変わり気持ちに余裕ができ子育てで息が詰まるほど疲れるときもありますが、余裕をもつことで子どもにも優しく接することができるようになりました。


natumi8100さん

旦那やおじいちゃんおばあちゃんにしばらく見ていてもらえるなら少し預けてみるとほんの10分や20分でも1人になれると気持ちも体もだいぶ違います。

私の場合は楽になりました。あとは子どもが興味のあるおもちゃがあるならそれを渡し興味をおもちゃに向けると結構遊んでました。


匿名さん

私は実家にいるので、親に協力してもらって、トイレ行く時やご飯作る時
手が離せない時など見てもらってます。

あとは、親に見ててもらって息抜きとして、旦那と2人で出かけるなど
工夫してます。

いまは手が離せないので親いないと結構大変です


匿名さん

幸い実家が近くなので、祖母を連れてショッピングモールへでかけています。

一緒に行くとランチもゆったりとまでは行きませんが、外食ができ息抜きになります。

また、帰りにカフェのドライブスルーで飲み物を買い、帰宅後子どもが昼寝中にまったりするのがたのしみです。


aammiさん

夫婦の記念日や、夜泣きが続いて大変な時に実母に子どもを二時間くらい預かってもらい、夫と二人で少しお高いご飯を食べに行くこと。

必ずお昼寝させてから預かってもらいます。赤ちゃんがいると行きにくい、焼き肉やフレンチなどに行ってリフレッシュします!


匿名さん

たまーに実親に預けて好きな物を食べに行っていました。

預けられない時は寝た隙にお肉を焼いてこっそり食べたり、お気に入りのアイスなどを食べて気分転換をしていました。

ちょっと高いアイスやお菓子など、ストックしておくとちょっとした息抜きにいいです。


ばんたさん

私の場合は仕事をする事でした。
もともとフリーのインストラクターだったので1日1本、週3回というゆるいスタイルで復帰しました。

私は自分の時間がもて、社会との繋がりももてとても息抜きになりました。

子どもも預けられることに慣れ、人見知りも軽く誰とでも遊べる育てやすい子になりました。


あゆちん*さん

授乳も夜中だけになったので、少し子どもを預けて旦那と2人で出かけました!
その時は焼肉を食べに行きました。
子どもがいるとなかなかいけないので。笑

久しぶりにゆっくりご飯を食べれていい息抜きになりました!
年に一度だけ親に預けて旦那と2人で出かけています。


あiriさん

わたしは気分転換がてらのパートが息抜きになってます!

親や姉にお願いをして月3.4回くらい仕事をしています。良い感じの息抜きをしながら稼げるので私にとってはちょうどいい息抜きです。

あとは子どもが寝た後のお菓子を食べながらテレビを見る事ですかね...(笑)


その他の方法

h.n、11.03さん

段々と離乳食にも慣れてきてよく寝てくれるようになる月齢だったので、子どもがお昼寝してる間に好きな紅茶を入れて、好きなドラマや映画を見ながらダラダラしたり、雑誌を呼んだり。

私は子どもが寝てる間が息抜きでした!する事ない時は、一緒に寝てました!


さっき518さん

市の子育て支援で、平日の日中に保育士さんに子どもを見てもらい、母親がシャワーやお風呂に入ったり個室で仮眠を取れる施設がある。

子どもが満1歳になるまで週1回で使えるので、10、11ヶ月頃は毎週通い、子どもを見てもらいながら資格取得の勉強をしたり、一人で休んだりしていた。


匿名さん

私は生後3ヶ月頃から地域のファミリーサポートを利用しました。
1時間500円で地域の女の人がうちに来てくれて見ててくれました。

近くに住んでる方だったみたいで雨の中でも自転車で来てくださいました。

お昼をまたぐ時はお弁当と水筒を持参で来ていました。
その間に買い物したり、接骨院に、行ったりしてました。


かーぺさん

うちもちょうど9ヶ月頃の時から伝い歩きをしたり、目が離せなくなって1人で見てると大変だな?と思うようになり、図書館の読み聞かせに行ったり幼稚園や保育園の支援センターに行き、同じくらいの子どものママとお話をしていたのが1番の息抜きになりました。

同じくらいの子どもがいるママさんとは、だいたい悩みが同じで自分だけじゃないんだな?って思えたり先輩ママには色々教えてもらえたりで、とてもいい経験になりました。


・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード