Q.やってよかった生後4ヶ月の赤ちゃんとのおでかけ対策を教えて!

その際に一番心配だったことと、それに対する対応策をおしえてください。以下についてもお答えください。

・具体的な対策方法
・商品の名前、メーカー名、値段(使ったものがあれば)
・お子さんの性別
・どのような点がやってよかったと思ったか

A.やってよかった「生後6ヶ月の赤ちゃんとのおでかけ対策」は、「授乳のこと」が34%!

グラフ,生後4ヶ月,赤ちゃん,おでかけ

コズレ会員のみなさんに「生後4ヶ月赤ちゃんとのおでかけで最も不安だったこと」についてアンケートを行った結果、

・1位:授乳のこと(34%)
・2位:移動に関すること(24%)
・3位:外出時間のこと(14%)
・4位:おむつ替えのこと(13%)
・5位:泣いてしまうこと(7%)
・6位:赤ちゃんの服装のこと(5%)

という結果になりました。

以下では、アンケート結果の中から先輩ママパパの「おでかけ時に不安だったことと、やってよかった対応策」の一部をご紹介します。ぜひみなさんも「やってよかった!」と思える方法を見つけてくださいね。(n=58)

A.やってよかった「生後4ヶ月の赤ちゃんとのおでかけ対策」 授乳のこと!

あーちゃん.uさん

4ヶ月になると授乳時間や睡眠時間が新生児の頃よりも安定してきます。睡眠不足も少しずつ解消され、3~4時間…長い日は5時間は寝てくれています。外出も以前より楽になりました!

安定してミルクを飲めるので、時間を見て授乳室へ行っています。外出時は液体ミルクを使用したりもします。少なく飲む時は125mlのアイクレオ、それだと少ない時は240mlのほほえみの缶で対応しています!

夜の授乳は、首もすわっているので添い寝しながらあげています。私も子どももリラックス出来ていて、以前よりとても楽になりました。

匿名さん

混合だった為、おでかけ時にはミルクセットは必須。特に遠出旅行の時は、お湯を入れた魔法瓶2本持参したり、インターに立ち寄る度に魔法瓶にお湯を追加する事が一番気を使いました。逆に車の中で泣いたらチャイルドシートに乗せたまま哺乳瓶でミルクをあげれたので助かりました。

momokotoさん

生後4ヶ月になる娘、ようやく遠出ドライブもしてきました。完全母乳の私は、外出時に1番困るのは授乳です。しかし、授乳ケープを購入してからは、どこでも心配無く授乳できるのでとても助かっています。

結構、外食が出来なくなる方も多いと聞きますが、私は泣かれたり騒いだりしそうなとき、とりあえず授乳ケープをして食事しながら授乳。すると、静かに授乳でき、運がよければケープで寝てくれます。

完母の方には本当におすすめです。※ネットにて購入 2000円程 ケープ

匿名さん

完母なため外出する時に1番気にするのは授乳室の有無。こればかりは事前にウェブサイトでチェックするしかない。

あとは個室のお座敷があればご飯を食べながら授乳ができるのでかなり気持ちが楽。多少値がはるが仕方なし。

上の子の時は買っても使用しなかった授乳ケープだが、今の子では使用している。授乳室がどうしてもない時は多機能トイレで授乳したりしている。

yuikoさん

授乳スペースの場所を下調べし、泣き止まなくなった時迷わず行けるようにした。ない場合は急いで車に戻る。ちょっとぐらいだったらガーゼを口元にもっていくとそれを吸って少しごまかされるのでその間に向かうようにした。

ポコペコさん

初産で不安の中、少しでも気晴らしにお散歩へ行こうと思いましたが、授乳時間の感覚やお昼寝の感覚など、時間に追われる時期なので、合間合間に短時間だけのお散歩からスタート。抱っこ紐がいいのかベビーカーがいいのかも分からず、まずはベビーカーで。すぐに寝てくれたので泣き出す心配はありませんでした。

匿名さん

授乳室があるのは本当に助かるのですが、母乳ではないのでみんなが座れるソファーで座ってあげるのですがお父さん方や下の子が座ってたりしてあげられない事があります。個室は母乳のお母さん優先にしたいのでわたしは極力使いません。

たまに結構な数があってわたし1人しかいない時は使ったりもします。でも使えない時はそのままソファーであげるのですが本当に座れない時は大変です。

わくわくサンさん

授乳できる場所があるか事前に調べて確認してから出かける。授乳できる場所がなければケープを持参する。首がすわっているのでどこでも授乳できると思います。

授乳できる場所は近年増えてきているので、とても出かけやすいと思います。ミルクが必要であれば水筒にお湯を入れて湯冷ましを持って出かけるといいかなと思います。

匿名さん

私は混合なので、母乳でもミルクでも娘が対応して飲んでくれます。そのため、近くに授乳室がない場合は停車した車の中でケープを巻いて授乳することがあります。

また、ミルクはあらかじめ熱々に作っておいて、マザーズバックの保温機能のある場所に入れて持ち歩いています。おでかけ中にミルクが欲しくなる頃にはちょうど良い温度になっています。

ぴーのすけちーたさん

完母で育てていますが、気になるのは授乳のこと。授乳ケープは持ち歩いてますが、暑いようで嫌がります。

なので、授乳しやすいタイプのキャミソールをいつも着用し、上に着る服は薄手の大きめサイズを選択。授乳口つきのキャミソールはお腹がみえなく、薄手の大きい服で赤ちゃんを覆って車の中などで授乳していました。

n.えりーさん

お祝いで頂いた授乳ケープがあり、とても助かりました。ワイヤーが入っているので、子どもの様子を見ながら授乳出来るのが良かったです。

あとは、アプリでベビー休憩室の情報も調べてから出掛けました。おむつ替えの台や授乳室の情報も写真付きで紹介してある所もあり、助かりました。

匿名さん

1人目の授乳は完全粉ミルクでした。おでかけは基本車でしたが、当時エレベーターなしの3階住みだったので駐車場までなるべく荷物はかさばらないようにしていました。

粉ミルクはスティックで購入すると割高なので100均のミルクケースや西松屋で購入した1回分のミルクを入れる使い捨てのスティック型になる袋が役立ちました。袋は2種類販売されていましたが、ミルクを入れた後入り口はテープで止められて使用する時に点線にそって切れるタイプが役に立ちました。

意外と焦ったのは日帰りで遠出した時のお湯です。水筒何本かに充分な量を持ったつもりがギリギリなのことが何度かありあせりました。

イオンやららぽーとなどのお湯サービスがある施設があればいいですがそんなに都合よく手軽にどこでもある施設でもないので、これに関してはまだ対策、解決していません。

たかぽさん

外出先でぐずってしまったらどうしようと、授乳する場所がちゃんとあるのかどうか、などと迷い、娘との外出に億劫になってしまっていました。カフェでも個室なら、授乳ケープを被ったら大丈夫だということが分かりました!!授乳ケープといっても専用のものじゃないといけないわけではなく、私はエイデンアンドアネイさんのおくるみを端と端を結び首からかけて授乳ケープ代わりに使っていました。

匿名さん

私は完母だったので、とにかくおでかけの際の授乳のことが気がかりでした。その時に、パパマママップという授乳室とおむつ替えのある場所がわかるアプリにはとても助けられました!最近では複合型施設にも授乳室があるため買い物のはしごをする時も助かりました。

匿名さん

女の子の子どもを持つ母です。授乳スペースが何処にでもあるわけではないので対策は「授乳ケープ」を持ち歩くこと。

万が一授乳ケープを家に忘れた時は100均で帽子クリップとバスタオルや冬ならブランケットを購入すれば簡易授乳ケープを作れます。(余談ですが帽子クリップがあればスタイを忘れた時ハンドタオルと組み合わせてスタイ代わりにもつかえるのでおすすめです)

私の場合授乳室のない時は、人待ちの少ないトイレで行なっていました。外で泣かれると気持ちも焦って子どもはどんどん不機嫌になるので授乳ケープひとつ持っているだけで外出の恐怖心みたいなのがなくなりました。

いくしゃんさん

外出する時は、授乳ケープをいつも持ち歩いていました。授乳スペースがないところでも、装着すれば簡単に授乳することができましたし、授乳時以外でも、広げておくるみや肌掛けがわりにも使えたので、1つあれば便利だと思います。

匿名さん

母乳・ミルク混合だったため(ミルクより)出掛ける時間とミルクの準備だけは確実にしていた。私はピジョンの哺乳瓶使用。プラスチックで落としてもぶつけても割れないし、口が広く洗いやすい!

100均で粉ミルクのおでかけ用用品を購入したが、そのまま哺乳瓶に粉を入れた方が荷物も減る。今はキューブタイプの粉ミルクもあるので、おでかけ用に少し購入も便利。

匿名さん

授乳ケープを持っていて良かったです。授乳室が近くにない時や友人といる時に、授乳で待たせずに済んだのがよかったです。ポンチョ型のタイプを使用してますが、360度隠せるので授乳しづらい服装でも気にせず授乳できました。ケープの中は結構ムレるので、通気性の良い物を選ぶのが良いと思います。

匿名さん

なるべく授乳時間をずらさなくてもいいように、大人が子どもに時間を合わせた行動をしていました。車で授乳か、授乳室で授乳できる時間、場所を選んでおでかけをする。4ヶ月をすぎた頃は授乳自体も10分くらいで済むようになっていたので特に支障を感じませんでした。

A.やってよかった「生後4ヶ月の赤ちゃんとのおでかけ対策」 移動時のこと!

匿名さん

バスの利用でステップのあるバスでベビーカーは人の助けがないと無理でした。利用する路線がノンステップバスかどうかを事前に調べておく必要がありました。

駅でもエレベーターの有無を事前に調べておく必要があります。なければ抱っこひもの方が良かったです。荷物があればベビーカーを使いたいところですが。

あやねこ^._.^さん

平日、私1人で子どもを連れて出かける場合は、基本的には抱っこ紐&徒歩です。今年の夏は酷暑だった事もあり、抱っこ紐で抱っこするだけで親の私も汗でびしょびしょになる程だったので、子どもの方も当然汗だくになっていました。

私がしていた暑さ対策は、①抱っこ紐用保冷剤②UVカットケープ。①はalici「抱っこ紐用 保冷・保温シート」(価格:税込1980円)②はLilyanのベビーケープ(価格:税込1880円)いずれもAmazonで購入しました。

①についている保冷剤はソフトタイプで冷凍庫に入れてもカチカチにならないので、使いたい時に冷凍庫から出してすぐに使えました。②は直射日光を避けられ、UVカット率97%なので日焼け対策にもなりました。

また、ケープが袋型になっているので、足を中にしまいやすかったです。両方抱っこ紐に装着すると、かなりの武装感にはなりましたが、子ども本人は快適に過ごせてそうだったのでよかったです。

匿名さん

赤ちゃんとのおでかけはおむつやミルク等、とても荷物が多くなり子どもも7キロを超えていたので本当に重く荷物を極力減らしたいと常々思っていました。できるだけ車を使わないおでかけの時はベビーカーを持ち歩きたくないのでお店はクーファンを貸し出してくれるところや座敷のところを中心に探しました。

知人の家にお邪魔する際は事前に寝かせてもらえるように話をしました。出かける時間も電車を使う時は行き帰りとも満員電車を避けました。少し泣いてしまっても空いていたら途中下車せず乗車していました。

うかちゃんさん

移動は車での移動が多かったです。新生児も使える、コンビのエッグショックのチャイルドシートを使っていました。ベルトはしっかりしていますが、眠ってしまうと首が傾くのでタオルを挟んで固定していました。車を降りてからは、スリングを使って、タオルを敷くことで安定して買い物など移動することができました。

匿名さん

軽量系ベビーカーを買った後に、重たいがっしり系のベビーカーをもらいました。基本ワンオペ育児。車への積み降ろしや階段やエスカレーターなどで片手に子ども、片手にベビーカーで上り下り時はやはり軽量系がいい!

しかし近所の踏切で線路を渡る時や砂利道が多い公園などではがっしり系が安定して押しやすい!どちらも捨てがたい、一長一短だなぁと思いました。

匿名さん

新幹線での移動は多目的室の場所を確認し、なるべく近い席を取りました。また車両では1番後ろの席。ベビーカーを背に置けることがあります。

赤ちゃんには絵本やおもちゃを持って、話しかけたり歌いかけたり。おでかけを一緒に楽しめる様に心がけていました。おかげか、有り難いことに上の子達3人ともおでかけの際、ギャン泣きなどすることはありませんでした。

匿名さん

電車移動の際ベビーカーを持っていくか行かないかで迷い荷物や乗り降りが心配だった。結局ベビーカーは持たず抱っこ紐で移動していたので階段や電車の乗り降りはスムーズに行えた。

男の子。抱っこ紐はポグネーヒップシートつき抱っこ紐の為、辛くなく移動できた。

匿名さん

1人目のときはおでかけするとき周りに迷惑をかけないかドキドキしましたが、寝返りやハイハイするようになり4ヶ月頃までじゃないとゆっくり外食できないことがわかりました。薄めの防水布のおむつ替えシート、おむつ一式はカバンへ。着替えは嵩ばるので車内に置いておいたら荷物はそこまで増えません。

maioqさん

ベビーカー&抱っこ紐の準備をしておいてよかったです!抱っこ紐はコニー、ベビーカーはジョイーを使っています。

ベビーカーの方は前向き後ろ向きと手押し部分を変えられてその際タイヤの固定も前後ろで変わるのが良かったです!コニーは軽くてずっと着けていても気にならず持ち運びも便利です。ベビーカーを主に使うときでもやっぱり抱っこが必要になるので小さくなって持ち運び便利なコニーは買って良かったです!

めいこりん!さん

移動の際は抱っこ紐を主に使っていた。エルゴのアダプトを使用したが、肩、腰が痛くなることもなく長時間でも助かった。

出先のベビーカーを使用する際は、楽天などで売っている、抱っこ紐の収納袋を使った。収納袋に入れたまま、腰に巻けるものを買ったので、ヒップシートにもなり便利だった。泣いた時用におしゃぶりを用意していたが、おしゃぶりにパシフレンズをつけておくと玩具にもなり、見失うこともなくとても便利であった。

m302さん

私は子どもが腰がすわるまで無理に座らせる体勢を取ることはしたくなかったので、抱っこ紐ではなくスリングを愛用していました。我が子が小さかったこともありますが、8ヶ月近くまで使っていたと思います。使い慣れるまでは数回練習が必要でしたが、慣れれば簡単だしかさばらないし、子どもも快適なのかお買い物中などずっと寝ていてくれたりして助かりました。

匿名さん

いつもベビーカーに抱っこ紐を入れていました。抱っこ紐はエルゴ、ベビーカーはコンビのメチャカルを使用していた。ベビーカーは軽かったが、その分振動が激しくよく子どもが泣いてしまった。

男の子だったため、特に抱っこ癖がつき、いつもベビーカーを押しながら抱っこ紐してました!でも荷物をベビーカーにたくさん乗せれたので、長い距離の移動も楽チンでした。

匿名さん

帰省先への移動中は、30分おきに休憩を挟みながら移動しました。車内では、ミルクとおもちゃを用意し、チャイルドシート横に座る人が赤ちゃんの相手をしました。また、冷房・日除対策として大きめのタオルを予め用意し、赤ちゃんにかけていました。

A.やってよかった「生後4ヶ月の赤ちゃんとのおでかけ対策」 外出時間のこと!

こけっぽさん

荷物の準備の時間がかかるようになるだけでなく、出発間際におむつ交換が必要になったり、眠ったりしてしまって予定通りの時間に出発できない事がありました。なので、1時間前から出発の準備をしていました。

また、車で出掛ける時は、持ち運び可能なタイプのチャイルドシートに前もって寝かせておきました。そうすれば、眠ってしまっても、そのまま起こさないで車まで運べて良かったです。

匿名さん

基本的に車移動で、午前中のうちに出かけて、夕方までには帰宅するように心がけていました。車の移動なら、泣いても周囲を気にする必要がないし、授乳ケープを使って授乳もできて、多少狭いがおむつ替えもできます。おでかけをした日は、赤ちゃんも興奮するのかなと思い、夕方までに帰宅して、いつも通りの時間にお風呂に入り、寝る時間に向けて落ち着けるように心掛けました。

nanae778さん

1人目は3月生まれだったので首がすわるまではエルゴのインサートを使用していました。2人目は5月生まれで真夏にエルゴのインサートでは暑いだろうと思いベビージョルンのメッシュタイプの抱っこ紐を用意しといたのが大正解でした。

匿名さん

4ヶ月くらいになると睡眠のリズムがある程度できていたので、少し遠出をする時などはお昼寝の時間帯に車で移動するように行動すると、ちょうど目的地に着いた時に起きる頃になってて機嫌も良く買い物がしやすかった。

匿名さん

娘が4ヶ月のときは真冬で寒かったんですが、抱っこ紐のときに使うUNIQLOのカバーがとても役に立ちました!!お昼からお散歩に行くと夜はぐっすり寝てくれてました。値段は忘れてしまいましたが、今年も店頭に並んでました!!

匿名さん

朝寝、昼寝の時間を決まった時間に設定し、おでかけをその時間に合わせて計画する。4ヶ月の頃は6時に起床、8時から2時間朝寝、13時から3時間昼寝のペースであったため、朝のおでかけは10時から、夕方のおでかけは16時半からと生活のリズムを作るようにしました。そのおかげで早めに子どもも1日のリズムがつかむことができ、私自身も昼寝のタイミングでご飯を作ったりなど生活を安定させられた気がします。

匿名さん

子どもの朝寝、昼寝、食事のタイミングを把握し、外出する時間をできるだけ短く行っていた。自家用車だったのでバスや電車などを利用することは少なかったのでその点は融通がきいた。外出時はミルクを利用していたため予め熱湯に溶いて、食事に合わせてミルクの温度調整を行っていた。

匿名さん

必ず毎日外に出るようにしました。もちろん雨の日や、子どもの具合が悪いときは除きますが。ただし、時間には気を使い、夏は気温が上がるまえの9時から10時までの間、又は4時から6時までの間、春秋は、気温が高くなる11時から14時と決めていました。夏は特に熱中症も怖いので時間に気を付けるのが何よりも対策になると思います。

A.やってよかった「生後4ヶ月の赤ちゃんとのおでかけ対策」 おむつ替えのこと!

匿名さん

外出中にうんちが漏れることがありました。お洋服まで結構漏れてしまっておむつ台にそのまま寝かせることもできない程でした。そんな時先輩ママから教えてもらったのがペット用のトイレシーツSサイズでした。

薄くてかさばらない、汚れたらそのまま捨てれる、おしっこをしてもそのまま吸収してくれる、汚れたお洋服も軽く洗って包んで帰れる。1枚あるだけでめちゃくちゃ便利です。家でも飲み物をこぼした時などさっと吸収してくれて便利です。

匿名さん

授乳室等にあるおむつ替えのベッドが気持ち悪くて(ウイルス感染はよくおむつ替えのベッドからと聞いたことがある)できません。車でおむつ替えをします。車で替えるにしろ、おむつ替えシートがあれば便利だと思います。

匿名さん

男の子の母親です。4ヶ月頃からおでかけをするようになりました。その際に気を付けていたのは、おむつ台が固くて赤ちゃんが痛くないか心配だったのでガーゼおくるみを引いておむつ替えをしていました。

また、おむつを捨てる場所がないところも多いので使用済みおむつを持って帰るように、ジップロック式になっていて臭いがしない使用済みおむつ入れも持って行きました。デパートなどで、どの階におむつ台や授乳室があるかを「ママパパマップ」というアプリで簡単に調べられるのでおすすめです☆

匿名さん

おむつ替えシートがあると便利です。衛生的かつ防水なので汚れ防止にもなります。

家でも使えるので、替えがあると便利です。おむつの中では、パンパースはとても薄いので、携帯するには少しでかさが減り、おすすめです。

匿名さん

子どもが生後4ヶ月の頃に、自家用車で片道3時間ほどの小旅行へ行きました。おむつ替えの、特にうんちのことが心配でしたので、汚したときのための着替えの他、車内などおむつが捨てられない状況のためにBOSのおむつがにおわない袋を持参しました。

案の定、飲食店やコンビニの駐車場に停めた状態の車でおむつ交換をする場面があり、うんち入りのおむつを車内に置いたまま移動することもありましたが、ニオイも気にならず助かりました。あと、どこにでも寝かせられるようおむつ替えシートも必要でした。

みしおさん

短時間のおでかけだからといっておむつを少ししか持っていかないと、出先でうんちが出てしまった時や、おむつ替えの途中でおしっこして替えたばかりのおむつが汚れてしまうなどします。また、環境の変化からかいつもよりも短い間隔でおしっこしたりするので、外出時は多めに持っていった方が良いと思います。

匿名さん

4ヶ月頃になると、外出も増えるので出来るだけおむつ替えに困らないショッピングモールに行くことが多かったのでおむつ替えの場所に困ることはなかったです。外食に行く時に困ったのは義両親と知り合いのお店に食事に行った時におむつ替えの場所がないお店の場合車でおむつ替えをしたりトイレの蓋を閉めた状態で替えないといけないのに、そういう事を義両親は分かってないのでめんどくさかった。

A.やってよかった「生後4ヶ月の赤ちゃんとのおでかけ対策」 泣いてしまったときのこと!

匿名さん

授乳をすると泣き止んでいたので、授乳することが多かったです。そのため、授乳室があるようなところを中心に出かけていました。

授乳室がなければ、授乳ケープを利用していました。あとは、赤ちゃんの興味がある小さいおもちゃを持ってました。

匿名さん

上の子は敏感でよく泣く子でした。常に抱っこしていないと寝ない子で、胸の上でラッコ抱きにして寝かしつけ。

下の子の時はおひなまきというのを知り、おくるみでぐるぐるにして置いておいたら勝手に寝てくれるようになりました。そのまま寝かせるより、包まれている方が安心するようでよく寝てくれました。

匿名さん

女の子。お昼寝の時間をずらしたり、お昼寝させてから出掛けたり。ミルクでお腹をいっぱいにさせてから出掛けたりしました。

お気に入りのおもちゃを持って行ったりもしました。それでも泣いてしまった時には抱っこ紐で抱っこし歩いたり。何かガチャガチャなどのおもちゃを買って持たせたり気を引く事をしました。

匿名さん

男の子
出かける前におむつ替え、授乳をしから出かける
気温や行く場所に応じて適切な衣服を選択する

車移動なのでチャイルドシートに普段からお気に入りのおもちゃをつける
ベビーカーで移動の際もお気に入りのおもちゃを持ってもらう
振動が好きなので泣きそうになったらベビーカーを揺らす

なるべく止まらないようにする
ベビーカーで対応しきれない時は抱っこ紐を活用する

お気に入りおもちゃ
はらぺこあおむしベビーカー用 2500円くらい

オーボール 700円くらい
オーボールリング 400円くらい

アンパンマンのカラカラ 800円くらい
シャカシャカ音のなるもの
普段読んでいるお気に入りの絵本

ベビーカー
ペグペレーゴのトラベルシステム
車移動の時に寝てしまってもチャイルドシートのままベビーカーに乗せて移動ができ起こさずにすむ

抱っこ紐
エルゴオムニ360
安定感がある

A.やってよかった「生後4ヶ月の赤ちゃんとのおでかけ対策」 赤ちゃんの服装のこと!

かふぅさん

真夏の赤ちゃんの服装、暑過ぎて困りましたが、ユニクロのメッシュがとても良かったです。半袖で、お腹の部分だけなのが2枚重なる感じになってるのでお腹の冷え対策になってます。

メッシュだし、かわいいお花柄だったので、真夏の外出はそれ1枚でおでかけしてました。値段も安いしありがたかったです。

匿名さん

4ヶ月の時は秋だったので暑い日もあれば涼しい日もある。服装に困るので薄手のTシャツ素材長袖を着せてその上からチュニック丈のキャミソールを重ねてました。

暑ければ腕まくりをする。キャミソールを脱がす。カーディガンよりも洗いやすく扱いやすいです。キャミソール1枚着る事で背中お腹を温めて肩、肘、手は動きやすいので寝返りや体を動かす妨げにはなってなかったです。

匿名さん

季節の変わり目の体温調節にレッグウォーマーがおすすめです。バタバタ期で寝返りも楽しい時期なので、股関節周りは薄着で、ふくらはぎと足首はレッグウォーマーで温められるので便利です。おむつ替えの時もタイツやズボンのように脱がさなくて良いので楽チンです!

その他の回答

匿名さん

4ヶ月になる時が5月で紫外線などが気になる時期でした。なので大人から赤ちゃんまで使えるNOBUの日焼け止めクリームを使ってました。抱っこ紐で抱いてる時もガーゼのお包みを抱っこ紐の上から巻いて出かけてました。

匿名さん

おでかけの時は液体ミルクを持って行きます。私はアイクレオのパックを買っているのですが、空の哺乳瓶に注ぐだけなのでとても便利です。前はお湯と冷ました水を入れた水筒を持ち歩いていたので重くて荷物になるので外に出るのが億劫でしたが、液体ミルクが発売されてからおでかけも楽になりました。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード