シングルマザーはどんな仕事についてる?

介護福祉士,シングルマザー,

シングルマザーの皆さんはどんな仕事をしているのでしょうか。

こちらも平成28年の厚生労働省の調査から見ていくと、シングルマザーで何らかの形で仕事をしている方の割合は81.8%になっています。

そしてその中でも正社員の割合が44.2%、パート・アルバイトが43.8%、派遣社員が4.6%、自営業が3.4%と続いていきます。

子育てとの両立の難しさもあってか、非正規雇用で働いているケースが全体の半数近くにもなるんですね。

シングルマザーが実感した役立つ資格って?

資格があると、安定した職について、納得できるだけの収入を得るための助けになります。実はシングルマザーで何らかの資格を持つ人の割合は61.2%もあり、そのうちの60.9%が働くうえで実際に役に立っていると答えています。

資格と言っても色々ありますが、その中でも特に役に立つと実感されているのは、作業療法士、看護師、准看護師、介護福祉士と言った高度な専門職が多いようです。

資格を取ることは、シングルで子どもを育てていく中で出てくる将来への不安を小さくしてくれるかもしれませんね。

シングルマザーの気になる生活費、収入

財布と電卓,シングルマザー,

シングルマザーの世帯は、いったいいくら位の収入があるのでしょうか。

特に、これからシングルマザーとしてやっていきたいと考えている方にとっては、ここが一番気になるのではと思います。

厚生労働省の調査によると、シングルマザーの母親の平均就労年収は200万円、各種手当などを含めた平均収入は243万円になっています。

そして、シングルマザーの収入に、同居家族の収入も含めた平均世帯年収は348万円です。

割合で見るとシングルマザーの就労年収で100万円以上200万円未満が35.8%で一番多く、100万円未満が22.3%、200万円以上300万円未満が21.9%の順で続いています。

この調査の5年前は就労年収が181万円だったので、増えてきているものの、日本の平均世帯収入が560万円ほどあると言われていることから考えると少々厳しい調査結果といえますね。

シングルマザーの貯金はみんないくらくらいあるの?

次に、シングルマザーの世帯が大体どれくらい貯金しているのかについても、触れておきたいと思います。

シングルマザー世帯の貯金額は50万円以下が全体の47.7%で突出しています。

もちろん、これ以上の額を貯金しているシングルマザーもいますが、50万円以上100万円未満が6.9%、100万円以上200万円未満が9.4%になっていて、「貯金額がわからない」と答えた人を除くと50万円以上貯金できている世帯より50万円未満だという世帯の方が多くなってしまっています。

子どもの生活費や教育費をほぼ自分一人で担うことになるのもあってか、なかなか貯金にまで手が回らないというのが実状のようですね。

シングルマザーならではの節約術とは?

シングルマザーの世帯が少しでも貯金をしたり子どもと遊びを楽しんだりするには、節約も大切なキーワードになります。

同じ収入でも、生活費を上手に削れるとそれだけ余裕ができますよね。

シングルマザーの場合はまず生活費の中でも大きな割合を占める家賃から見直してみるのはいかがでしょうか。

安く入居できる自治体の公営住宅は、シングルマザーだと抽選に当たる可能性が高くかなり家賃を節約できます。

またスマホやインターネットの料金は必需品ではあるものの、使用料の高さが気になります。でもモバイルWi-Fiや格安スマホにするなど、プランやキャリアを見直せばぐんと節約できることがありますよ。

食費はできれば安く済ませたいですが削りすぎると健康面が心配になります。

職場にも弁当持参を基本にして、無駄な物は例え安くでも買わずに、買った食材を無駄にせず、全部使い切れるように調理を工夫したいですね。

そしてシングルマザーが利用できる手当てをすべて把握して、使えるものは全部使うというのも節約につながっていきますよ。

シングルマザーの養育費

もし離婚で母親が子どもの親権を持ち一緒に暮らしている場合、もう一方の親である父親は、子どもの生活を保障するために、養育費算定表をもとに算出された養育費の支払いを行います。

養育する母親の年収や、養育をしない父親の年収、子どもの人数や年齢によっても金額は変わるものの、4万円前後が一番多くなっています。

養育費がきちんと毎月支払われているなら、生活や子どもの教育費において助けになりますね。

ただ、この養育費は子どもと離れて生活する方の親が子どもに対して負う義務でありながら、実際にはきちんと支払われないというケースが少なくありません。

厚生労働省のデータでも、母子家庭で養育費の取り決めをしているのは42.9%なのに対して、実際に支払われているのは24.3%だけになっています。

少し前までは、養育費が払われないと諦めるしかなかったものの、現在は裁判所が強制執行で、お給料や財産から差し押さえできるようになっています。

それにもかかわらずこんなにも養育費がストップしているケースが多いのは驚きですね。

子どもが成長するまで変わらず払い続けてくれるならそれに越したことはないですが、双方の状況によって増額される場合もあれば減額になる場合もあり、不確定要素も多いお金ということは心に留めておいた方がいいかもしれません。

そして養育費と関連して気になるのは、シングルマザー家庭の子どもの父親との面会交流です。離婚時に面会交流について取り決めをしたというのも実際に面会交流しているのも30%以下になっています。

父親と子どもの交流は、父親にとって養育費を払い続けるモチベーションにもなるので、ここが改善できると養育費の支払い状況も改善していきそうですね。

シングルマザーは家を買うことができる?ローンは組める?

毎月結構な額の家賃を払い続けるなら、ローンを組んで家やマンションを購入したいなと思うシングルマザーの方も多いと思います。

実際ローンを組んだ方が、家賃と同じくらいかそれよりも安い月額で条件のいい物件に住めることもありますよね。

シングルマザーは住宅ローンの申請に受からないというイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

シングルマザーでも、条件が合いさえすればちゃんと住宅ローンを組むことができるんですよ。

一番審査に通りやすいのは正社員で年収が200万円以上ある場合ですが、もし派遣社員やパートでも、勤続年数が長く収入が安定していたり、頭金が多く借入金が少なくて済む場合などは、審査に通りやすくなります。

安定した収入の他に、キャッシュローンなどの借り入れがない、健康に問題がない等の基本的な条件がクリアできているなら、金融機関や住宅会社に積極的に相談してみることをおすすめします。

シングルマザーの老後の備え

シングルマザーにとって、老後どうやって生活していくのかは相当頭を悩ます問題ですよね。

毎月の生活に精いっぱいで、老後のことまで考える余裕がないという方も結構いると思いますが、だからこそ今のうちから色々考えておいた方がいい課題でもあります。

まず年金を毎月納めるのは絶対だとして、少しずつでも老後資金は貯めておきたいですよね。

子どもがいると、どうしてもまず教育費のことを考えてしまいますが、自分一人で老後暮らしていけるだけの資金があるかどうかは、成人した子どもたちの生活にも重くのしかかってくる問題です。

教育費が足りなくてその分奨学金でまかなうことになったとしても、やはり親である自分の将来に対する備えは不可欠ですよね。

もし少しでも余裕があるのであれば、国だけでなく民間の保険や年金に加入するのも将来の不安を和らげるのに役立ちます。

一度ファイナンシャルプランナーに現在の支出や老後のための資金の作り方などを相談してみるといいかもしれません。

専門的な視点から資産をどうしていくかについて的確なアドバイスがもらえるので、将来の見通しや目標が立てやすくなりますよ。

シングルマザーがもらえる手当と控除

手当,シングルマザー,

国や自治体によって、ひとり親世帯に様々な支援が行われていて、内容や運用方法も年々充実してきています。

せっかくある支援を知らずに申請していなかったとなると損なので、シングルマザーになったらどんな支援を受けられるのかしっかり把握しておきたいですよね。

ここでは代表的なひとり親家庭への手当の概要を紹介していきます。

児童手当

児童手当は子どもが生まれてから中学校を卒業するまで支給される手当で、シングルマザー家庭だけでなく子どもがいるすべての家庭に支給されます。

ひと月の額で、子どもが3歳未満だと子ども一人につき一律で15,000円、3歳から小学校を卒業するまでは1人目と2人目が10,000円で3人目からは15,000円、中学生は一律で10,000円が、年3回に分けて振り込まれます。

子どもが生まれると市町村に児童手当を申請しますが、毎年6月に現状届を提出しないともらえなくなってしまうので注意してくださいね。

児童扶養手当

シングルマザー家庭への支援が、児童扶養手当です。

1人で子どもを育てている世帯に、子どもが18歳になってから最初の3月31日まで支給されます。

児童扶養手当がどれくらいもらえるかは、シングル家庭の収入や子どもの数によって変わる上に、毎年支給額が変動するので、各家庭で試算してみないとはっきりとはわかりません。

平成31年の場合は子ども1人の場合は42,910円から10,120円、2人目がいる場合はこれに10,140円から5,070円の追加、3人目以降は6,080円から3,040円が追加されます。

資産にはシングル世帯の前年の所得が用いられ、子どもが1人の場合上限いっぱいの額を支給されるのが年収87万円以下の場合、子ども2人の場合は125万円、子ども3人以上は163万円になっていて、これ以上収入があると減額される仕組みになっています。

所得が多いと、例えひとり親だからと言って支援の必要はないとみなされ支給されませんが、その年収の上限は、子ども1人で230万円以上、子ども2人で268万円以上、子ども3人で306万円以上になっています。

また死別で遺族年金を取得している場合、遺族年金と児童扶養手当を比べて遺族年金の方が多い場合は児童扶養手当が支給されません。

逆に児童扶養手当の金額の方が高い場合は、遺族年金との差額だけ支給されることになっています。

そしてこれまで児童扶養手当は、児童手当のように年3回に分けて支給されていたのですが、平成31年度からは年6回に分けて支給されることになり、より家計のやりくりがしやすくなりましたよ。

児童育成手当

児童育成手当は、児童扶養手当と同じようにひとり親家庭に子ども1人につき現金が支給される制度です。

自治体によって運用方法などが異なっているので、参考までに東京都の制度について紹介することにします。

子どもが18歳になって最初の3月31まで、子ども1人につき13,500円支給されます。

所得制限があるものの、児童扶養手当より制限が高いので、所得が多くて児童扶養手当がもらえない家庭も、制限内であればこちらに申請することができますよ。

乳幼児医療費助成制度

ひとり親かそうでないかにかかわらず、ほとんどの自治体で乳幼児の医療費は助成されます。

東京都の場合は6歳になった最初の3月31日までは通院費、薬代、入院費などが自己負担なしになりますよ。

この制度を利用するには自治体に申請しマル乳医療証を発行してもらいましょう。

こども医療費助成

シングルマザー家庭かどうかにかかわらず、子どもが病気になると治療費や薬代がかさんで家計が圧迫されるなんてことはよくありますよね。

小さい子だと熱を出すこともしょっちゅうありますし、入院なんてことになったらどうやって費用を捻出するか本気で頭を悩ませてしまいます。

でも実は色々な自治体でこども医療費助成制度を導入していて、通院費や入院費を自治体に負担してもらえます。

自分の暮らす自治体がどんな医療費助成を行っているか、詳しく確認しておくようにしましょう。

ひとり親家庭等医療費助成制度

ここからは、こども医療費助成やひとり親家庭ならではの医療費助成について、個別に詳しくほり下げていきましょう。

まずひとり親家庭等医療費助成制度、通称マル親と言われる制度です。

実はひとり親家庭の場合は、所得が限度額を超えない限り親の医療費も助成されるケースがあるんですよ。

例えば東京都では0歳から18歳までの子どもを扶養しているひとり親が対象で、住民税非課税世帯の場合ひとり親の医療費は通院・入院とも全額免除されます。

また住民税が課税されている世帯の場合でもひと月通院で18,000円以上、入院で57,600円以上かかったらその超過分を自治体に申請することで返金してもらえます。

ママが病気になったら所得が減ってしまうというシングル家庭も多い中、本当に助かる制度なので、必ず申請してくださいね。

申請するとマル親医療証というのをもらえるので、医療機関を受診する時は必ずこれを持参するようにします。

義務教育就学児医療費の助成(マル子)

6歳以降は医療費がかかるのかとショックを受けたかもしれませんが、6歳以降の子どもでも医療費が助成される自治体が多いです。

ただ乳幼児と比べると負担金額が大きくなるケースが多く、助成を受けられる年齢の上限も異なってきますよ。

東京都の場合15歳になってから最初の3月31日までは国民健康保険や健康保険に加入している場合申請するとマル子医療証を発行してもらえます。

この医療証があると入院は自己負担なしになり、通院は1回200円の負担だけに軽減されます。

全てのタイプの医療証に共通しますが、国民健康保険や健康保険に加入していることが条件になります。

そして東京都内で発行された医療証を持っている場合、東京都内の病院や診療所では会計時に助成された金額を提示されます。

東京都外の病院で診療を受けた場合は治療費を健康保険証の自己負担分を支払い、後日領収書などを持って自治体に申請すると払い戻ししてもらえますよ。

マル親・マル乳・マル子の医療証は全て毎年10月1日に更新手続きが必要なので注意してくださいね。

住宅手当

ひとり親家庭対象の住宅手当は実施していない自治体も多いものの、もしお住まいの自治体にこの制度があれば家賃の一部を助成してもらえます。

所得制限があり支給額も10,000円以下が多いものの、もしもらえるなら助かりますよね。

東京都では家賃の助成だけでなく、シングルマザーが賃貸住宅を見つけるためのサポートも行わていますよ。

就業サポート

就業サポートは数あるひとり親家庭の支援の中でも政府が特に力を入れていこうとしている項目の一つです。

マザーズハローワークや母子家庭等就業・自立支援センター事業がその一環ですね。

また自治体によってはシングルマザーの資格取得をサポートしてくれます。
東京都でいうと取得したい資格に合わせて高等職業訓練促進給付金、自立支援教育訓練給付金、ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付金など多彩な制度が設けられていますよ。

職業支援や資格取得の支援を活用しながら上手にキャリアアップしていけるといいですね。

生活保護

病気など、自分ではどうしようもできない理由でどうしても働けない場合は、生活保護の制度もあります。

生活保護が支給されるにはとても厳格な要件を満たさないといけませんが、どうしても生活していくめどが立たなくなった場合は、お住まいの自治体に相談するようにしてくださいね。

保育料の減免

2019年10月から3歳から5歳までの保育料の無償化が決定しましたが、子どもが0歳から2歳の場合は一体どうなるのでしょうか。

0歳から2歳の場合も、自治体や預ける施設によっては、シングルマザーで住民税非課税の家庭であれば、保育料が無料になることがあります。

教育費の貸付・支援・奨学金制度

国には高等学校就学支援制度や奨学金、さらに受験料や塾の費用の貸し付けなど、子どもが貧困を理由に就学を諦めなくてもいいような様々な制度が用意されています。

進学を諦めてしまう前に、一度日本学生支援機構などの期間に相談したいですね。

減免や割引手当など

シングルマザーは、手当だけでなく様々な控除や減免を受けることができます。

まず寡婦控除ですが、これはシングルマザー世帯で母親以外に稼ぎ手が存在せず、さらに母親の所得が500万円以下の場合に適用され、所得税の計算から年収のうちの27万円もしくは35万円が控除されます。

また収入が低い場合、市役所に相談し申請すると、月々の国民年金の支払いについても全額や一部の支払が免除になる場合があります。

ただ、免除されると将来支給される年金が少なくなるので、注意が必要です。ただ、離婚してすぐの休職期間などには、とても助かる制度でもありますよ。

さらにシングルの場合、東京では水道代が安くなる場合があります。東京水道局の営業所で相談してみるようにしてくださいね。

手当に関する先輩ママの体験談

らんぴママさん
私の場合シングルマザーになってから実家に戻ったのですが、家族の収入が多く手当がもらえず困っています! そうではない方の方が多いかと思いますが、手当をもらおうと思っているのであればそこは気をつけた方がいいと思います!!

まり09さん
私は、子どもが1歳の時に離婚して、約7年間シングルマザーとしてフルパートで働きながら子育てをしてきました。私の場合、実家の家族やまわりの友人の支えや協力もあったおかげで、なに不自由なく過ごすことが出来たと思います。もちろん、金銭面で余裕はなかったのですが、色々と手当てがあったおかげで、贅沢は出来ないけど生活する面では十分でした。

シングルマザー恋愛、彼氏、再婚

笑顔の女性,シングルマザー,

生活していく中で、新しい男性と出会うこともありますよね。

子どもが一番なのはもちろんですが、仕事や子育てに追われる生活の中で恋人が精神的な支えになってくれることもあります。

順調に付き合って、その先に再婚を考えることも十分考えられるのではないでしょうか。

【参考】
・平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188147.html

・ひとり親家庭の支援について(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-katei/index.html

・平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告
ひとり親世帯の親が現在有している主な資格 、養育費の状況、面会交流の実施状況、ひとり親世帯の平成 27 年の年間収入、母子世帯の母の預貯金額(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188147.html

・児童手当制度(内閣府)
https://www8.cao.go.jp/shoushi/jidouteate/annai.html

・児童扶養手当について(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/osirase/100526-1.html

・医療費助成制度、ひとり親家庭等医療費助成制度(マル親)、乳幼児医療費助成制度(マル乳)、義務教育就学児医療費の助成(マル子)(東京都福祉保健局)
http://www.guide.metro.tokyo.jp/vaccination/jyosei/index.html

・住宅手当、就業サポート(一般財団法人東京都ひとり親家庭福祉協議会東京都ひとり親家庭支援センターはあと)
http://www.haat.or.jp/article/15240865.html

・生活保護(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/index.html

・寡婦控除(国税庁)
https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/1170.htm

・水道料金・下水道料金の減免(東京都水道局)
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tetsuduki/ryokin/genmen.html

まとめ

シングルマザーなら知っておきたい情報を一挙にまとめていきました。

手当は申請しないともらえないものが大部分なので、自治体の情報をきちんと調べて手続きをしましょう。

1人で子どもを育てていくというのは、大変なことです。親や友達そして自治体や国の制度など、頼れるものは全部頼って少しでも負担を減らせるとよいですね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。