赤ちゃんが生まれたら、まず最初に頭に浮かぶ育児用品が「哺乳瓶」。母乳なのかミルクなのか、赤ちゃんが産まれてみないとわかりませんが、産まれてすぐに哺乳瓶は必要になるので出産準備として一つは準備しておきたいですよね。

哺乳瓶といっても、大きさや必要な本数はどれくらいなのか、除菌方法はどうするのか、素材はガラスとプラスチックのどちらがいいのか、など、知っておきたいことがたくさんありますよね。

今回は、そんな哺乳瓶についての基礎知識や、粉ミルクを急に使うことになっても慌てない、おすすめの除菌方法、便利な除菌グッズなどをご紹介します。

哺乳瓶の正しい除菌方法を知っておけば、おもちゃやおしゃぶりなどの消毒にも応用できるので、母乳育児の方も知っておくといざという時、便利ですよ。

今は便利な哺乳瓶除菌グッズも増えています。口コミも併せてご紹介するので、出産前にぜひチェックし、出産準備の一つに加えてくださいね。

【哺乳瓶にはどんなタイプがある?】

ガラスタイプ

ガラス哺乳瓶 PIXTA,哺乳瓶,除菌,方法

クリアでミルクがおいしそうに見えて、環境ホルモンの影響の心配もないガラスタイプ。熱伝導がいいので、ミルクを作るときにすぐ冷めるのも、嬉しいポイントです。

スポンジでゴシゴシこすっても傷がつかないので、傷の隙間に入った雑菌が繁殖する心配もなく衛生的です。においもつきにくいので、薬液消毒をしても残り香がありません。

ガラスタイプの哺乳瓶の素材は、耐熱ガラスなので、安心して煮沸消毒ができます。その反面、ガラスなので衝撃には弱く、落としたりぶつけたりすると割れてしまいます。

合わせて、ガラスの性質上どうしても重くなってしまうので、外出には不向きです。

プラスチックタイプ

プラスチック哺乳瓶 ピクスタ,哺乳瓶,除菌,方法

プラスチックタイプは落としても割れにくく、軽いので、安心して持ち運びできる素材です。少し大きくなって赤ちゃんが自分で飲む時にも飲みやすいです。

細かく分けるとポリプロピレン、トライタン、PPSUと区別があり、後者になるほど、ガラスの性質とのいいとこどりになります。

プラスチックの気になるところは、耐久性です。衝撃には強いですが、消毒に使う薬液や、熱などに弱く、変色したり、変形してしまうことがあります。

トライタンの哺乳瓶に限っては、レンジ消毒が使えないのも把握しておきたいところです。においがつきやすいので、残り香が気になって赤ちゃんがミルクをのまなくなってしまう事もあります。

【出産準備に用意しておきたい哺乳瓶の詳細】

本数

哺乳瓶 本数 ピクスタ,哺乳瓶,除菌,方法

完全母乳を目指しているママはあらかじめ用意せず、入院中に様子を見てパパに買ってきてもらうこともあります。

けれど、哺乳瓶は種類が多いので、入院前にリサーチしておく事ががおすすめです。ネットを活用して、出産前にチェックしてブックマークしておくと、必要となったら入院中にすぐ買えてバッチリですね。

完全ミルクで使うのならば、2~3本はほしいところです。新生児の授乳回数は2~3時間に1回と頻繁なので、ミルクをあげて、洗って、消毒してを1本でまわすのはあわただしくて大変です。

加えて薬液消毒だと、消毒ができるまでに少し時間がかかるので、3本と多めに用意しておく方が安心です。

サイズ(大きさ)

哺乳瓶 大きさ ピクスタ,哺乳瓶,除菌,方法

メーカーは色々あるけれど、サイズは大体2種類です。120ml~160ml程度の小さいサイズと、240ml~250ml程度の大きいサイズです。

赤ちゃんの飲む量は月齢とともに増えていきます。生まれてすぐ、80mlほどを一生懸命飲んでいた赤ちゃんが、生後3か月になると一回で200mlほど飲むようになります。

最初に用意するのは小さい哺乳瓶を。月齢が進み、たくさん飲むようになったら大きいサイズに切り替えて下さい。

【哺乳瓶の除菌方法】

【1】煮沸消毒

専用道具がいらない煮沸消毒

哺乳瓶と専用ブラシ,哺乳瓶,除菌,方法 出典:PIXTA ※ 写真はイメージです

一番、手軽で家にあるものでできる哺乳瓶の消毒方法が「煮沸消毒」。昔は消毒方法がこれしかなかったので、当たり前に使われていました。

大きめのお鍋にたっぷりのお水を入れて沸騰させ、その中で哺乳瓶をしばらくグツグツさせる方法です。

火にかける時間は沸騰してから5分。気を付けなければいけないのは、ガラス製の哺乳瓶はお水から、プラスチック製の哺乳瓶や乳首は沸騰してから入れるということ。

時間差が必要な理由は、ガラスは熱いお湯に急に入れると割れる危険があるため。プラスチックは、長時間火にかけてしまうと劣化を早める恐れがあるためです。

実家帰省や、旅行の宿泊先でも対応しやすい方法なので、覚えておくと便利ですね。専用の道具も不要なので、混合育児をされているお母さんにも取り入れやすい方法ですね。

【2】電子レンジ消毒

レンジでチン! ラクラク消毒

電子レンジ,哺乳瓶,除菌,方法 出典:PIXTA ※ 写真はイメージです

次にご紹介するのは、電子レンジ消毒です。哺乳瓶を電子レンジで、スチーム消毒しましょう。消毒専用の入れ物を買わなければいけないですが、簡単にできる方法なのでおすすめです。

洗った哺乳瓶や、乳首をまとめて専用のケースに入れ、お水を足して指定された時間電子レンジでチンするだけです。

煮沸消毒と違って、消毒している間もその場から離れても良いのが何より助かりますね。また、消毒が終わったら中の水を捨てれば、そのまま保管できます。

哺乳瓶は保管にも意外と困るものですよね。電子レンジ消毒なら、消毒から保管までひとつでできるのでとっても便利です。

大き目の電子レンジ消毒専用ケースもあります。専用ケースがご自宅の電子レンジに入るかどうかを事前に確認してから購入しましょう。

【3】薬液消毒

つけおきタイプの消毒

食器かごの中の哺乳瓶,哺乳瓶,除菌,方法 出典:PIXTA ※ 写真はイメージです

薬液消毒もメジャーになりましたね。ほとんどの病院でもこちらの方法が使われているそうです。産後、病院から薬液消毒を指導されるお母さんも多いかもしれませんね。

洗った哺乳瓶を薬液につけておき、使用するときはそのまま水けを切って、すぐに使うことができます。

つけおきをするケースは、基本的に大きめで哺乳瓶をまとめて入れておくことができます。哺乳瓶の保管場所を作らなくて済みます。水道さえあれば(洗浄さえできれば)どこでも消毒できることも、おすすめポイントです。

ただし、薬液消毒は専用薬液が定期的に必要なため、他の方法と比べて若干お金がかかります。薬液を洗わずに使うため、気になる方もいるかもしれませんね。

【おすすめの哺乳瓶除菌グッズをご紹介】

【1】電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょ~ず|コンビ

電子レンジで除菌できる便利グッズ

【日本製】コンビ 電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょ~ずα バニラ,哺乳瓶,除菌,方法 出典:www.amazon.co.jp

電子レンジで5分で除菌が出来てとっても経済的なコンビの哺乳瓶除菌グッズです。こちらには哺乳瓶セットが3本入って除菌後はそのまま保存もできるのでとても衛生的です。

哺乳瓶の煮沸消毒はとても手間がかかるし、薬剤タイプのものはコストもかかります。消毒臭さが嫌で哺乳瓶に口をつけない赤ちゃんもいるようです。

こちらは洗って電子レンジに入れるだけなのでずぼらさんでもとっても簡単です。新生児のうちは、3時間置き一日8回も消毒が必要です。少しでも楽したいですよね。

とてもシンプルなデザインなのでキッチンにおいても目立たないし、どんなインテリアにも合うのでおすすめです。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 2,592
*メーカー:コンビ
*カラー:バニラ、カスタード

商品の特徴
*[本体サイズ] W253×D125×H205mm
*[製造国] 日本国

口コミ

・手軽だし3本まとめて除菌できるのでとても便利です。

・とっても楽ちんで簡単でした。哺乳瓶の保管としても使えます。ケースもばらして簡単に洗えます。

【2】ミルトン 専用容器|杏林製薬

一日一回作ればOK、長く使える

ミルトン 専用容器,哺乳瓶,除菌,方法 出典:www.amazon.co.jp

CMでもおなじみの産院でも使われている哺乳瓶消毒のミルトンです。錠剤等で薬剤を作って1時間浸しておけば消毒完了です。1回つくれば24時間効果は続くくので、1日1回容器を洗うだけで問題ありません。

ミルトンにつけた後は、水洗い等も不要なのでとても楽です。専用容器にはメモリも付いているので薬剤を作るのも簡単です。専用のトング付きです。

哺乳瓶だけでなく、おもちゃや離乳食が始まれば食器等も消毒できるのでかなり重宝します。少し大きくなってからも体調の悪いときやもどしてしまったときに消毒するのに使えるので残しておきましょう。

哺乳びん6本が入るゆったりサイズなので、離乳食器やマグカップなどの除菌にも利用できます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,944
*ブランド:ミルトン
*メーカー:杏林製薬
*カラー:水色
*商品重量:0.8kg

*セット内容:タンク本体、フタ、落としブタ、トング

口コミ

・持ち運びもしやすいし、哺乳瓶や食器などたっぷり入ります。表面の浮きを防止する落としブタがとても便利です。

・メモリがあるので水の量も一目でわかるし、哺乳瓶が浮いてこないように落としブタや蓋の内側にある専用トングの格納があり、とても使いやすい工夫がされています。

Milton CP チャイルドプルーフ 60錠|杏林製薬

Milton CP チャイルドプルーフ 60錠,哺乳瓶,除菌,方法 出典:www.amazon.co.jp

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 2,052
*ブランド:ミルトン
*メーカー:杏林製薬

商品の特徴
*内容量:60錠
*サイズ(外装):140×75×40(mm)

口コミ

・おもちゃの消毒や、嘔吐した時の消毒に使えて便利でした。

・液体より軽くていいです。

・消毒液の交換は1日一回でいいし、漬けっぱなしで使うまでそのままにできるのがとっても楽ちんです。

【3】紫外線(UV)除菌器 UV除菌ボックス|uPang(ユパン)

一家に一台あると便利な家電グッズ

(日本仕様) ユパン uPang 紫外線除菌 UV 除菌 殺菌 哺乳瓶消毒 100V 正規輸入品 (ディープピンク),哺乳瓶,除菌,方法 出典:www.amazon.co.jp

こちらのUV除菌ボックスはスイッチひとつで簡単に操作できます。自動モードは40分で赤外線での低温乾燥、紫外線除菌、換気をしてくれます。

除菌モードは乾いたものの除菌の際に使います。リモコンや携帯電話、時計などなんでも除菌できます。換気モードはボックスの中を換気してくれるのでいつでも清潔です。

韓国で生まれてたUV除菌機で、日本ではまだあまり浸透していませんが除菌力は99.9%ととても優秀です。フィリップスの赤外線ランプを使用していて、約1年に一度交換が必要です。

哺乳瓶以外にも除菌が可能なので、一家に一台あるととても便利です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 19,800
*メーカー:uPang(ユパン)
*カラー:スカイブルー、ディープピンク、ベビーイエロー、ライトグリーン

*100Vの日本仕様、正規輸入品です。

【4】ミルクポン 哺乳びん除菌セット|ピジョン

お得なセットで出産準備におすすめ

ピジョン ミルクポン 哺乳びん除菌セット,哺乳瓶,除菌,方法 出典:www.amazon.co.jp

ミルクポン哺乳びん消毒ケースと除菌剤ミルクポンS20包入の除菌セットです。セットになっているので出産準備の際にもおすすめです。

哺乳瓶が一度に4本入る割にはコンパクトで場所を取りません。半透明の容器で、中の哺乳瓶がよく見えるのでどれを消毒中かわざわざケースを開けなくても大丈夫です。

哺乳瓶を取り出すトングも付いていて、ケースに引っ掛けるところも付いているのでスムーズに使えます。

顆粒タイプの除菌剤で1回分ずつ包まれているので測ったりせずに使えるので便利です。24時間取り換えが不要なので、何度も消毒が出来ます。一時間のつけ置きで除菌が完了です。

消毒ケースが大きいので、まぐまぐやおしゃぶりなども一緒に消毒できますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,850
*メーカー:ピジョン
*カラー:マルチカラー

商品の特徴
*「ミルクポン哺乳びん消毒ケース」と「ミルクポンS20包入」の除菌セット
*[製造国] 日本
*[素材] 【ミルクポンS】成分:ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム
【ミルクポン哺乳びん消毒ケース】材質:[フタ・押えブタ・本体]ポリプロピレン、[トング](本体)ポリプロピレン・(先端部)水添型スチレンイソプレン共重合樹脂
*[セット内容・付属品] ミルクポン哺乳びん消毒ケース×1個、ミルクポンS×1箱(20包入)、トング×1個

口コミ

・薬液タイプの方がすぐに水に溶けて使いやすかったです。

・哺乳瓶と一緒におもちゃも手軽に消毒ができて便利です。

【5】オーラクリーンBB 哺乳びん用乳首専用紫外線除菌庫|ファミリーサービス・エイコー

乳首専用の除菌庫

オーラクリーンBB 哺乳びん用乳首専用紫外線除菌庫 オレンジ DV-500DT,哺乳瓶,除菌,方法 出典:www.amazon.co.jp

乳首専用哺乳瓶の乳首部分専用の除菌庫です。どのメーカーの哺乳瓶にも対応しています。大腸菌・黄色ブドウ球菌で、殺菌テストを行った結果、除菌率99.9%以上だそうです。

小さな子どもが触っても危なくないように、安全配慮もされています。持ち運びにもとてもコンパクトなので、外出先でも安心して除菌をしてから哺乳瓶を使うことが出来ます。

自動電源オフ機能も付いているので、カバンの中でも安心です。外出先ではなかなか衛生面を気を付けるのが難しいですが、旅行の際などにも便利です。通常の哺乳瓶キャップの代わりにいかがでしょうか。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 3,240
*メーカー:ファミリーサービス・エイコー
*カラー:オレンジ、グリーン

商品の特徴
*サイズ:幅約8.4×高さ約8.5X厚み約8.4cm
*重量:約125g
*素材:本体/ABS樹脂
*生産国:中国
*電源:単4形アルカリ乾電池2本(電池は付属していません)
*保障期間:お買い上げ日より1年間
*付属品:取扱説明書
*使用可能時間:1回6分で、約40~50回(ただし、電池の種類、使用環境により異なります)

【6】電子レンジ除菌バッグ(5パック) クイッククリーン スチームバッグ|メデラ(medela)

メデラ(medela) 電子レンジ除菌バッグ(5パック) クイッククリーン スチームバッグ,哺乳瓶,除菌,方法 出典:www.amazon.co.jp

メデラの電子レンジ除菌パックは少し割高ですが、専用のパックに水を入れて哺乳瓶や搾乳機を入れて約3分レンジでチンするだけで除菌が完了します。パックは約20回繰り返し使えます。

かさばらないので旅行など外出先で除菌がしたい際にもコンパクトに持ち運べるのでとても便利です。何より毎回薬剤を作ったり、ケースを洗ったりしなくていいのが一番の便利ポイントですよね。

哺乳瓶消毒は一時期しか使わないので、わざわざ除菌ケースを買うのも面倒だし、キッチンに置いておく場所がない方にもおすすめです。

海外製のため説明がすべて英語なので苦手な方は要注意です。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:medela(メデラ)
*参考価格:¥ 1,550
*商品サイズ:30cm x 25cm x 8cm
*商品重量:95g

商品の特徴
*メデラ搾乳機ハーモニーやスイングなどのパーツ、哺乳瓶の消毒にお手軽にご利用いただけます。
*除菌バック・・・5枚入り、1枚あたり20回使用可能(100回分)
*スチームクリーニングにより99.9%の一般的なバクテリアや細菌を消滅させることが可能です。

口コミ

・煮沸や薬剤と比べてとても手軽です。

・パックをカバンに入れておけば、病院やベビールームなどどこでも外出先で電子レンジがあれば除菌ができるので大変便利でした。

まとめ

哺乳瓶の除菌方法と、おすすめの除菌グッズについて紹介しました。

ミルクで育児をされているお母さんにとって、哺乳瓶の洗浄、消毒は、毎日欠かせなくて、大変ですよね。少しでも、お母さんの負担にならない方法で簡単に済ませられると助かります。

特に夏場は、雑菌の繁殖も盛んなので衛生面には気を付けたいですよね。近年は、電子レンジや薬液を使った消毒で手軽にできるようになっています。

まずは、どんなご家庭でもできる煮沸消毒を試してみて、ご家庭に合った消毒方法を選んでみてはいかがでしょうか。

ぜひ出産準備の参考にしてくださいね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。