哺乳瓶の消毒が必要な理由

月齢の低い赤ちゃんは、抵抗力や免疫力が子どもや大人と比べて弱い

赤ちゃんの足,哺乳瓶,消毒,

月齢の低い赤ちゃんは、抵抗力が弱く感染症にかかりやすいため、哺乳瓶の消毒はしっかりとしなくてはなりません。目には見えない汚れをしっかり落として殺菌することは、この時期の赤ちゃんにとってはとても大切なことです。

栄養たっぷりのミルクや母乳は時間がたつと汚れが落ちにくく、洗い残しなどがあると菌が繁殖しやすいので、使い終わったらなるべく早めに洗浄・消毒したほうが良いでしょう。

哺乳瓶の消毒はいつまで

赤ちゃん自身で免疫を作れるようになる生後3~4ヶ月頃までを目安に、気候や体調・健康状態を見て判断を

哺乳瓶をくわえる赤ちゃん,哺乳瓶,消毒,

赤ちゃんが生後4~6ヶ月になると、うつぶせをしたり、いろんなものを触ってその手を舐めたりし始めるので、哺乳瓶はきれいに洗うだけで消毒はもうしなくていい、と判断するママが多いようですね。

生後3ヶ月を過ぎた頃から自分で免疫を作れるようになってくるのですが、それでもまだまだ大人と比べると抵抗力が弱いです。

感染症の流行っている時期や夏場、赤ちゃんの体調がすぐれない時などは、消毒を続けた方が良い場合もあります。心配なら、そのまま哺乳瓶の消毒を続けても良いでしょう。

哺乳瓶を消毒する3種類の方法

煮沸・消毒液などの薬剤によるつけ置き・電子レンジを使った方法について

哺乳瓶おもちゃ花,哺乳瓶,消毒,

哺乳瓶の消毒方法は、煮沸・つけ置き・電子レンジの3つのやり方があります。

煮沸は消毒をするたびにお湯を沸かすので手間はかかりますが、お湯で煮沸するだけなので経済的ですし、お鍋さえあればできるので簡単です。

つけ置きは手間がかからず簡単にできますが、消毒液を購入する必要があります。電子レンジは短時間ですみますが、こちらもはじめに専用ケースを購入する必要があります。

どの方法がいちばん良いかは、哺乳瓶を使う頻度やパパママの好みによって分かれそうですが、まずは何も購入する必要がない煮沸消毒からスタートしてもいいかもしれません。

煮沸消毒のやり方とは

お湯が沸騰してから10分たったら自然乾燥をして完了!

哺乳瓶の煮沸,哺乳瓶,消毒,

それでは、哺乳瓶の煮沸消毒のやり方をご紹介します。

(1)哺乳瓶を洗う
ますはしっかり汚れを落とします。専用ブラシを使うと、楽に細かいところまで汚れを落とせますよ。

(2)鍋でお湯を沸かす
哺乳瓶がすっぽりとすべて入る大きさの鍋に、たっぷりの水を入れて沸かしましょう。

(3)お湯が沸騰したら、哺乳瓶だけを投入
まずは哺乳瓶だけを約7分間煮沸します。沸騰状態をキープしてくださいね。

(4)7分経ったら、乳首やキャップを投入
そのまま3分煮沸します。哺乳瓶本体は合わせて10分間煮沸するということになります。

(5)煮沸完了
火を止めて、トング等を使ってお湯の中から取り出し、ふきんやキッチンペーパーの上で自然乾燥させます。

以上が煮沸消毒の流れです。

7分後に乳首などを入れるタイミングに気づくよう、また、赤ちゃんのお世話などでお鍋を放ったらかしにしてしまわないよう、キッチンタイマーを使うとわかりやすくていいかもしれませんね!

煮沸消毒のメリットとデメリット

消毒薬や専用ケースなどの用意不要なので、お手軽で経済的!

キッチンにいるママと赤ちゃん,哺乳瓶,消毒,

煮沸消毒のメリットといえば、やはり自宅にあるもので消毒できるという手軽さです。消毒液や電子レンジを使う方法だと、どうしても薬剤や専用ケースの購入が必要になってきます。

また、煮沸消毒は高温の熱湯でしっかり除菌できるので、安心感もありますね。実家に帰省するといった際も、特別なものを用意する必要がありません。

反対にデメリットといえば、火を使うので火の元を注意してみていないといけないということや、お湯をわかすのが少々手間というところでしょうか。哺乳瓶はガラス製など耐熱性のものでないといけなかったり、お湯をわかすので電気代やガス代がかかったりはします。

哺乳瓶の消毒は毎日のことなので経済的に済ませたいという場合は、まずは家にあるものでできる煮沸消毒から試してみるのはいかがでしょうか。

外出時の消毒方法について

おでかけ先で除菌消毒をするのは難しい

赤ちゃんとのおでかけ,哺乳瓶,消毒,

外出先での哺乳瓶の消毒について、どうしようかと考えるママも多いと思います。出先で使用済みの哺乳瓶を消毒するのはなかなか難しいので、消毒済みの哺乳瓶を何本か持参するママが多いようです。

少し重くなってしまうのですが、一度使った哺乳瓶を再度使うのは衛生的によくないので、外出の用途やかかる時間に応じて2、3本持っておくと安心ですね。

その際は少しでも荷物を軽くするために、ガラス製ではなくプラスチック製の哺乳瓶を使われるのがおすすめです。

煮沸消毒の時にあると便利なアイテムをご紹介します

【1】スヌーピー ほ乳びんブラシ スポンジタイプ|リッチェル

プラスチック・ガラス製両方対応 小さいブラシも付いていて使いやすい

【楽ギフ_包装】スヌーピー ほ乳びんブラシ スポンジタイプリッチェル Richell ベビー用品 哺乳瓶 ブラシ,哺乳瓶,消毒,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

お鍋さえあればできる煮沸消毒ですが、しっかり消毒するのに便利なお助けアイテムをいくつかご紹介します。

まずはじめは、リッチェルから発売されている「スヌーピー ほ乳びんブラシ スポンジタイプ」です。煮沸消毒する前に哺乳瓶をまず洗いますが、その時に使う専用ブラシです。

プラスチック製・ガラス製どちらも対応しています。付属の小さなブラシで哺乳瓶の乳首や細かい部分の汚れを落とすことができます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥540

商品の特徴
*商品情報 ガラス製・プラスチック製両用材質/ABS樹脂、ポリウレタン、ナイロン、ステンレス

口コミ

・ガラスの哺乳瓶にもプラスチックの哺乳瓶にも使えるので便利です。スポンジも洗いやすく耐久性があるようで、長く使えそうです。

・哺乳瓶のこまかい箇所を洗うためのブラシがついているので、使いやすいです。長すぎないのでキッチンでも邪魔にならずにすみます。

【2】ナイロンブラシ 2WAYタイプ ガラス製哺乳びん専用|ピジョン

煮沸・薬液消毒両方対応 持ち手部分が回転して使いやすい

ピジョン ナイロンブラシ 2WAYタイプ ガラス製哺乳びん専用,哺乳瓶,消毒,出典:www.amazon.co.jp

こちらはガラス製哺乳瓶専用のブラシですが、持ち手の部分が回転するようにできており、くるくると回して瓶底までしっかりと洗うことが可能です。また、持ち手部分も角度がついているので持ちやすく使いやすいですよ。

簡単に汚れがよく落ちるブラシがあると、ママの負担も減ってかつ衛生的で、一石二鳥ですね!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 540
*メーカー:ピジョン
*カラー:ブルー
*商品サイズ:5cm x 31cm x 7cm
*商品重量:41g

商品の特徴
*素材 : ブラシ/ナイロン、柄・ハンドル/ポリプロピレン、ブラシ軸/ステンレス
*製造国 : マレイシア

口コミ

・持ち手が回転するので洗いやすく、とても泡立ちが良くておすすめです。

・持ち手をひっかけておくことができるので、使い終わった後乾かせて衛生的で良かったです。

【3】ビーンズライフ 置くだけたっち! 乳首洗い|まめいた

奥まで届き、しっかり洗える

まめいた ビーンズライフ 置くだけたっち! 乳首洗い,哺乳瓶,消毒,出典:www.amazon.co.jp

続いては、まめいたから発売されている「ビーンズライフ 置くだけたっち! 乳首洗い」です。こちらは哺乳瓶の乳首専用の洗浄ブラシです。

先端部分がしっかりと硬くつくられているので、洗いやすくなっています。そしていちばんの特徴は、立てた状態で置けること。このまま乾かすことができるので、とても手軽で便利ですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 378
*メーカー:まめいた
*カラー:イエロー

商品の特徴
*[製造国] 日本
*[素材] ハンドル:ポリプロピレン、先端パーツ:エラストマー、スポンジ:ポリウレタンフォーム

口コミ

・立てておけるので乾きも早く、衛生面でも安心です。うちの台所はあまり道具を引っ掛けるところがないので、助かっています。

・哺乳瓶を洗うのに必須ともいえるくらい便利な商品です。乳首洗いの部分が少しかたいつくりなので、すみずみまで洗えている実感があります。

・自立してくれるのが、衛生的で良い!

【4】哺乳びん野菜洗い|コンビ

赤ちゃんから使える安心の液体洗剤 天然ヤシ由来成分使用で食器や野菜にも使えて便利

コンビ 哺乳びん野菜洗い 300ml,哺乳瓶,消毒,出典:www.amazon.co.jp

続いてご紹介するのは、コンビから発売されている「哺乳びん野菜洗い」です。

リン、香料、着色料不使用で、赤ちゃんにも安心な成分でつくられている洗剤です。泡切れがよく、ぬめりなども残らないタイプなので使いやすいですよ。

哺乳瓶以外にも、赤ちゃんのストローマグや食器にも使えます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 540
*メーカー:combi(コンビ)
*商品重量:0.3kg

商品の特徴
*内容量:300ml

口コミ

・他の洗剤も試しましたが、泡立ちが良くなかったり、洗剤のぬるぬるがとれにくいものもありました。この商品は泡立ちも良いし、軽くすすぐとぬめりがとれて使いやすいです。

・離乳食を開始したので子どもの食器洗い用に買いました。洗浄力もあり、手荒れもなく気に入ってます。

【5】哺乳びんハサミN|ピップベビー

安全で滑らずはさみやすいので、手を火傷する心配なし! 薬剤と煮沸兼用タイプ

ピップベビー 哺乳びんハサミN,哺乳瓶,消毒,出典:www.amazon.co.jp

続いてご紹介するのは、煮沸した熱々の哺乳瓶をお鍋から取り出す時に使えるハサミです。つけ置き消毒の時にも使えます。

トングなどでも代用できそうですが、やはり専用につくられたものは使いやすいので、ひとつ持っていると重宝するアイテムです。グリップ部分にビンのフタ開けがついているのも、使いやすいポイントですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*ブランド:PIP BABY
*メーカー:ピップ
*カラー:イエロー

商品の特徴
*[本体サイズ] 105mm×20mm×290mm
*煮沸・薬液消毒共用。
*抗菌剤入り樹脂使用。
*ビン等のフタ開け機能付。
*[セット内容・付属品] 入数/1個
*[製造国] 日本

口コミ

・お手頃な価格ですがはさむ力が強力です。乳首を枠にはめる際に、けっこうな力で引っ張らなくてはいけない時にも役立っています。

・扱いやすいですし、とても洗いやすく重宝しています。お値段もリーズナブルですね。当初、一般的なトングを使っていましたが、専用のトングはやはり使いやすいです。もっと早くに買っておけばよかったと思いました。

【6】のせのせミルクボックス|リッチェル

哺乳瓶などをすっきり収納・保管できて取り出しやすいケース

リッチェル Richell のせのせミルクボックス 目皿 スプーン立て ほ乳びん立て7個付,哺乳瓶,消毒,出典:www.amazon.co.jp

続いてご紹介するのは、リッチェルから発売されている「のせのせミルクボックス」です。

こちらは消毒が終わった哺乳瓶を収納できるケースです。哺乳瓶・ミルクスプーン立て付きなので、きれいに収納できます。

もちろん乳首やキャップなども入るスペースがあります。扉が広く開くので出し入れしやすくなっています。

また、ケースの上にも、ミルク缶やおしりふきなどの小物を置けるようになっています。哺乳瓶自体使わなくなってからも、卓上小物入れとして使えます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 2,700
*メーカー:リッチェル
*カラー:マルチカラー

商品の特徴
*授乳グッズ衛生保管スペース、ほ乳びんたっぷり8本収納、粉ミルク大缶ものせられる省スペース設計
*【材質】ポリスチレン、ポリプロピレン、エラストマー
*[本体サイズ] 31×19×25H(cm)
*[製造国] 中華人民共和国

口コミ

・我が家はミルク育児中なので買いました。見た目はレトロな雰囲気ですが、本当に使い勝手が良い商品です。衛生面に気を付けて哺乳瓶をしまえます。

・哺乳瓶を煮沸した後に保管しておくのに、ほこりや雑菌を気にせず使えて安心です。容量もたくさん入り便利です。買って正解の商品でした。

【7】ボトルスタンド|シンセーインターナショナル

立てかけて自然乾燥 折りたためるので場所もとらず旅行などのおでかけにも便利

シンセーインターナショナル ボトルスタンド 折りたたみ式でコンパクトに収納,哺乳瓶,消毒,出典:www.amazon.co.jp

こちらのボトルスタンドは、消毒粉後の哺乳瓶を乾燥させるのにとても便利です。スタンドの高さに変化をつけているので、乳首部分や瓶などが立てかけやすく、使いやすいです。

折りたたんでコンパクトにしまえるので、使わない時はさっと畳んで収納できるところもいいですよね。帰省などおでかけの際でも、軽いので簡単に持ち運べます。

お値段もお手頃なので、家にひとつあると便利なアイテムです。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 864
*メーカー:シンセーインターナショナル
*カラー:イエロー

商品の特徴
*[本体サイズ] 収納時/約24.5×14.5×4.8(cm)
*[製造国] 中華人民共和国

口コミ

・スタンドの長さがバラバラなので乾かしやすいです。使わない時はコンパクトにしまえるので重宝しています。

・除菌後に哺乳瓶を乾燥させる際に使っていますが、とても便利に使っています。折りたためるので旅先などでも使えそうです。

【参考】哺乳瓶のその他の消毒方法について

薬液消毒・レンジを使っての消毒

消毒には煮沸消毒の他、薬液消毒・レンジを使っての消毒などの方法があります。それぞれについての詳細は以下の記事をご参照ください。

まとめ

以上、哺乳瓶の消毒方法と、煮沸消毒についてご紹介しました。色々な消毒の方法がありますが、煮沸消毒は非常にシンプルですね。

特別に専用のものが必要ないので、たとえば実家に帰省中などでもすぐにできる方法です。いつもはつけ置きやレンジ消毒をしている方も、ちょっとやり方を覚えておくと役に立つことがあるかもしれませんね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。