食中毒について

食中毒,

食中毒は、食べ物や飲み物などに含まれていた有害もしくは有毒な物質を摂取することにより腸などの消化器の症状(下痢、嘔吐、腹痛、発熱など)を中心として発症する病気のことをいいます。

原因物質が直接的に毒物として作用する場合と、細菌やウイルスなどの微生物が増殖して腸などの消化管の感染症として発症する場合の二つに分けられます。

365日年中無休で診療をする小児科クリニック「キャップスクリニック」では、小児科受診前に保護者の皆さんに知ってほしい病気と健康の知識として、以下のように説明をしています。

食中毒の予防・治療の基本方針

・食中毒菌を「付けない」「増やさない」「やっつける」という姿勢で、予防をすることが大切です。

・食中毒を発症してしまった場合には、更に感染を拡大させないことが大切です。

・食中毒の治療のほとんどは対症療法で、適切な水分摂取を行い、脱水にならないようにすることが基本です。

※食中毒はそれぞれの原因となる細菌、ウイルスや毒素によって摂取してから症状が出るまでの時間や症状の種類や程度が異なります。代表的な原因による食中毒の感染経路、潜伏期間、主な症状は以下のリンクから続きをご参照ください。

,

※365日年中無休で開院する小児科「キャップスクリニック」提供

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード