マイコプラズマについて

マイコプラズマ感染症,

マイコプラズマは、風邪、肺炎、気管支炎などを引き起こす細菌の一つです。肺炎になるのはマイコプラズマ感染者の3〜5%程度です。幼児〜学童が肺炎を起こしやすく、免疫反応は弱いので何度でも感染する可能性があります。

マイコプラズマ感染症は、学校で流行した場合、必要があれば校長が校医の意見を聞き、第三種学校伝染病としての処置を講じることができる疾患です。

365日年中無休で診療をする小児科クリニック「キャップスクリニック」では、小児科受診前に保護者の皆さんに知ってほしい病気と健康の知識として、以下のように説明をしています。

マイコプラズマはどうやって診断するの?マイコプラズマの治療法は?

マイコプラズマは細菌の一つで、感染すると風邪、肺炎、気管支炎を起こします。

5~12歳が好発年齢で、症状の多くは風邪と同じです。 咳のしぶきを吸い込んだり、患者と身近で接触したりすることにより感染すると言われています。

感染から発症まで潜伏期間が2~3週間あります。 感染した人の3〜5%が肺炎になり、発熱の後、痰を伴わない乾いた咳が強くなります。

当院では年齢、症状、レントゲン所見、採血(炎症反応の度合い)結果などを総合的に考えてマイコプラズマの診断を臨床的に行い、その上で必要ならDNA検査を行い、2〜4日後の結果にて最終判断するようにしています。

治療は、マクロライド系抗生物質(クラリスなど)が第一選択になります。 しかし、基本的には自然に治癒しますので、必ずしも抗生物質は必要ではありません。

しっかりと体力を回復させ、水分栄養補給と休養が重要です。

,

※365日年中無休で開院する小児科「キャップスクリニック」提供

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。