ふたり暮らしの“仮住まい”から、赤ちゃんと暮らす“家族のマイホーム”へ

どうする?赤ちゃんのスペース!生まれてきてからは忙しいし…

出産準備といえば身の回りのことを中心に考えがちですが、もう少し大きな生活の変化も考えてみませんか?

第一子の誕生であれば、今までおうちにはなかった赤ちゃんが暮らすためのスペースを用意する必要がありますよね。

それは「夫婦」から「家族」への、第2子以降なら「新たに増えた家族」への変化です。家族全員にとってふさわしい住まいに思いをはせるのは自然なこと。

80849_02,

およそ70%の方が「妊娠中」に新しい住まいを考えている

コズレが今回実施したアンケート調査※ではおよそ55%と過半数の方が子どもが生まれる(た)、増える(た)ことで、新たに住まいを考える(た)ことがあると回答。

そのうち、「新しい住まいを考え始めたタイミング」についての回答で妊娠中は65.5%と高く、次いで生後0ヶ月~生後5ヶ月の半年間では13.5%でした。全体の80%近くの方がこの期間に「住まい」を考え始めているのです。

80849_03,

妊娠や出産、乳幼児の子育ては住まいを思い描くきっかけの一つかもしれませんね。

※【住まいの意識変化】に関するWebアンケート
※実施時期 2020年11月
※n=1,084

「住まいの妄想」はしばらくおあずけ?新生活に夢がふくらむけれど外出は…

赤ちゃんと暮らす住まいのイメージこそが、マイホームの理想形?

引っ越し、家の購入、家づくりなど住み替え時に想像することをたずねると、赤ちゃん中心の考え方についてのコメントが多く見られました。

avator misakira0128さん
赤ちゃんが動き回れるように広いリビングの家に住みたい

80849_04,

avator おすしすきさん
カウンターキッチンにして赤ちゃんの遊んでいる様子を見られるようにしたい
avator Daima28さん
ベビールームを作ることを想像するとワクワクする

80849_05,

avator むちごんさん
赤ちゃんが寝たり遊んだりするスペースをどうするか考えた。家族で川の字で寝るのが夢だった
リビングやキッチン、寝室にベビールームとおうちの妄想で赤ちゃんは欠かせないご様子?

「家」はそこに住む人のためのもの。赤ちゃんが仲間入りすることは、やはり「住まい」を考える上で大きなきっかけと言えそうです。

外出がたいへんになってきた…コロナもまだ気になる…家のことは後回し!その理由は?

その一方で、妊娠中や出産後しばらくは住まいについて具体的な行動を取りにくいと考えている方が76.1%と多いことも明らかに。

情報を収集したり、物件や土地、住宅展示場にでかけたりするのが難しいと考える理由(複数回答可)の回答では1位が「育児がたいへんで他のことに手が回らない(60.1%)」でした。

そして、2位の「身重の体だから外出など体に負担がある(53.4%)」、4位の「コロナが気になるので不動産会社や住宅展示場にでかけたくない(29.9%)」などからは外出をためらう気持ちもうかがえます。

新しい「住まい」を考え始める方が多いものの、こうしたおでかけの不安要素があるのも事実のようです。

妊娠中や手のかかる乳幼児がいるうちは、在宅がちだから新たな「住まい」に向けた行動は控えるべきなのでしょうか…

でもせっかく盛り上がったマイホームの気分をおあずけにするのは残念ですよね。

そこでおすすめしたいのが、リモートスタイルの情報収集や家づくりです!

ココまでできる!「オンラインで家づくり」はプレママにおすすめ!

住宅総合メーカーのダイワハウスが掲げる「オンラインで家づくり」は、先述のようなおでかけの不安をやわらげてくれる一連のサービスのこと。

スマホのアプリ感覚?手の中で今日もマイページから“未来の”自宅へ!

家族のライフスタイルにマッチする家をweb上で簡単にシミュレーションできるのはLifegenic(ライフジェニック)です。

インテリアやファッションなどのアプリを使うようにweb上でさくさくとマイホームのイメージをお試しできるから楽しい♪

80849_06,

こんな風に家の具体的なこだわりポイントから探し始めて理想に近いイメージを探り出すことが可能。

80849_07,

また、ライフスタイルに関する質問から、コンシェルジュのようにおすすめの住まいイメージを提案もしてくれるんですよ!

80849_08,
80849_09,

占いの診断結果を楽しむようなわくわく感?「本当に自分らしい家」をカタチにすべく考えられたLifegenicらしさが伝わります。

80849_10,

自分が「何を大切にしているか」をさまざまな質問から浮かび上がらせながら、オススメのおうちスタイルとして提案してくれるのは画期的。

「マイページ」に登録をしておけば、家づくりの費用感がわかって、プロに「住まい」の相談もできちゃいますよ!

リモート展示場なら気軽に行ける!おうちにいながら360°全方位チェックできる!

マイホームを本格的に考える際、一度は足を運びたい住宅展示場をリモートで見学することが可能

ビデオ通話機能を活用して各展示場のスタッフがご案内。

現住所から離れていても見学できるメリットも。

80849_11,
80849_12,

北海道から九州までの全国各地、エリアごとに気になる展示場へいつでも、おうちにいながらオンラインでおでかけできますよ!

ちなみに、東京都HS新宿展示場(3階建)と埼玉県新越谷展示場(2階建/動画下)では住宅展示場見学動画もスタンバイ。

※上記以外の展示場が気になる方は、リモート展示場見学をご活用ください。

360°全方位ぐるりと、現地の様子を臨場感たっぷりの動画で視聴できます。

出典:youtu.be

「それでは、中の方へどうぞ」「こちらが玄関ホールとなってございます」とていねいなご案内に導かれて、気持ちは自然と室内へ。

今回のアンケートで動画を視聴した方からはこんなコメントも。

avator ととさん
展示場にいくと、勧誘が怖かったり、子どもがなにか触って壊さないか気になったり、今だとコロナも気になるのでなかなかゆっくりみられないので、こういうのがあると自分の好きな時間に見られてよいです。 たくさん見たくなります。
avator くうちゃん914
さまざまな部屋を短時間で回れた気分で、妊娠中なら体に負担がかからなくていいと思う。

先輩ママパパ家族の家づくりをケーススタディーに!

さらに、ダイワハウス独自に取材したオリジナルコンテンツも充実。もちろん、おうちにいながら家づくりのステップとして楽しめる内容ばかり。

TRY家guideには、住まいのイメージをふくらませる楽しさがぎゅっと凝縮。

実際にダイワハウスで家づくりを体験したおうちへ!脳内トリップでお住まい訪問もOK

ステキな二世帯住宅のおうちも!

80849_13,出典:www.daiwahouse.co.jp

オプショナルルームの学習スペースも!

80849_14,出典:www.daiwahouse.co.jp

動画ギャラリーではオーナー家族のご自宅や、家づくりに役立つムービーもチェックできますよ!

先輩ママパパのケーススタディーだけでなく、マガジン形式で実用性の高いお役立ちコラムも大充実。

80849_15,

家づくりは家族にとって一大プロジェクト。知らないこと、知りたいことはたくさんありますよね。

そんな疑問や好奇心にしっかりと応えてくれるので、こちらもおすすめ。

無料でカタログをプレゼント!

スマホで情報をチェックするのに加え、見応えたっぷりのカタログを「おうち」で楽しむのはいかがですか?

今なら3冊も無料でもらえるプレゼントが実施中!

80849_16,

さまざまなテーマのカタログがある中、特にvol.7は参考になる内容が盛りだくさんです!

まとめ

新たな生活様式が掲げられ、さまざまな分野でライフスタイルの変化が訪れている昨今。

妊娠中や乳幼児のお世話でたいへんな時期でも、おうちにいながら「理想のマイホーム」に近づけるのはうれしいですね。

「オンラインで家づくり」はこれからの住まいづくりで新しいスタンダードになるかもしれませんよ!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。